2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2024年5月25日 (土)

世界の高齢者でも弱い方々、

此の星の神は反発も多いのに、期日指定安楽死、は決して許さず、老衰死するまで、それぞれなりの社会参加、健康管理、を要求する神だから諦めなさい。然るに、その社会参加は、それぞれの社会の改革、ということになっている。  偉くなれようもない者も多数生まれて来ているのに、自分を偉ぶるがための追求は、l早く止めにしなさい。  世界中の賃金水準、を早く平準化して、世界共産、の実を実現しなさい。  此の星仕切る、主神、副神共々、これから人の心をよく掴めぬ自分達を深く反省する、と言っている! 

此の星の神の御望みのように、

帝国。を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい !

2024年5月24日 (金)

女だって格闘技をやりたがる、

男だってレース編みをやりたがる、野良で一生百姓なんてとんでもない、と次々に貴方へと仕掛けられる、魔王達の反抗に、自らが仕込んだ心身相関による身体癌の報いや、能登地震、異変暖冬カメムシ被害までの自らの自然変動仕置によって応酬している鉄槌神は、早くその鉄槌反覆を止揚し、自然改造、生態系改造による、人間の扱いの変更をしてやれる、超神、に進化して下さいね !


歩行で震源点まで行き、

今週も鎮めてまいりました。安易な外来語の使用も、外来生物の蔓延に結びつき、神の不興の種になっていますからね。神主も、教主も、教祖も、総理も、警察も、実質、周囲住家への盗みの、速度違反位は、止めにし、止めにさせ、少しでも神を、鎮めてやって下さいね。  性的少数派をそのまま認めるのも、残念ながら仕事嫌いも酒飲みをそのまま認めるのと同じで、神の考えではないから諦めなさい !

この時代、鉄槌神の求める

唯物魔王勢力との闘争を引き受けて、命を惜しがらぬ者で無ければ、この先、上に立って何をやっても仕方が無いとは思われるが、決してそんな者にはなれぬ自分も、神意思の告知位はかようにして続けて行きたく思う。  大東亜戦争は、東亜の欧州帝国支配と、日本帝国支配の、東亜からの駆逐を、ソ連 ・中共と、方便としての米帝国の援用により実現したというのが神意のあるところかに思われる。そして戦後は、東側に唯物の止揚、と、計画経済の再検討を求め、一方、西側には、その内部からの共産主義の発展と、既成残存信仰の現代の地球神への信仰への進化を期待していて、冷戦崩壊後は、自然変動牽制を掛けつつ、ここまで来ているのだと言える。そんなこんなだから、世界の思想的知識は、寧ろのその左脳の徒な活性を抑え心を沈潜させ、世界に囲う自然をも設え、かつ関係的労働も仕向けている者の意図を、右脳的に正しく、直覚判断して政治家に提言して行こう !

超神ならば、女の方が偉い、

という価値観も具有して、同時に、男の方が断然偉いという価値観の世界も制してしまうのである。女:の方が偉いという価値観は、家の自室に鍵を掛けて引きこもる娘、が証明するのである。そしてさらに、人間世界には、女のような男まで、生まれて来ているのである !

悪行は今すぐ、これまでのことは

措いて、未来への惰性継続、だけは断ち切って、神へと誠意を示すことは出来る。お勧めして置きます。  隆法 教には言行不一致が多いが、実際そう行動して無言なる、だから最高に行言一致の、鉄槌神傍観、が、この先何時の時代も信者の基本スタンスで、情けな宗教となる。  禁欲とは他のための 忍耐で心熱くなることである。今暗黒宇宙内の、太陽神も、受継地球神、も、反抗魔王も、それらを見守る超神、もそうなっている。  白色から分かたれた色に意味あり。  競争で無くマイペース、そして劣介助、競争は状況により、方便悪として。   こうして宗教には唯物吉本などには鈍い、右脳的直覚、の方が重んじられるのである !  

一介の、鉄槌神へと、

正に鉄槌神だから、半端信仰なる者なる自分、、そして軟弱なる自分、の告知を無視するのは自由だが、鉄槌神自体は無視しない方が、と言って置きます、尤も、この言を無視するのも自由です!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい !

2024年5月23日 (木)

食糧生産による向神心培養、

を、学的食糧生産へと転容させつつ貫徹せよ、との神要求が、魔王歪曲の向配食遊興へと逸らされて神破壊間近い先進国域だ、超神本来の我等に相応しい愛すべき運命、とも言えよう。  焼け石に水でも、日本は属国返上の努力などもしてみよう。  労動者はどんな労動者も、百性でもいいが、と言わねばならないのが、神要求、だからね !

より以前の記事一覧