2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2009年3月29日 (日)

市場の需要に

有限限界がある以上、企業一般に一番望ましい経営法を説くことは、理念的には潜在力同等のそれぞれ企業に、市場の需要の均等分割の業績を結果として齎すに過ぎない。それ以上の業績を企業が求めるのは、他企業の失策・怠慢を期待することであり、善なる心ではない。

2009年3月21日 (土)

日本の輸出の

戦略商品の自動車・家電の基礎資源である鉄鉱を掘り取る外国人労働者の賃金水準は決して高くない。またその使用を可能にする基礎資源である石油にしても然り。またさらに、それら商品の製造を低賃金の外国に移転するにおいて、戦後以来の日本帝国主義はさらに拡大しているのだと言える。人は、簡単な国際経済書を紐解いて、日本本国のみならず、日本経済圏をイメージするべきなのだ!

2009年3月15日 (日)

アフリカの一切の政治指導者は、

援助物資の私物化を止めよ。そしてこの星の、都市・農村の美しきつながり実現の先駆けとなれ。米国・西欧は、早く、アフリカとの、悪しきつながり、追放、の歴史悪を超えて、未来に善きつながりを回復せよ。ロッキーも、アルプスも、キリマンジャロ、も見ている!

2009年3月10日 (火)

業界。

 多数の初期的には対等内容の小規模競争者から初めて、生来の経営能力の差により、少数大規模企業によって業界分割される。つまり彼等、残存経営者が、神が生前に指定した、その業界の宰領者だったことになるのだ。その時それだから、利潤を専有せず労働者に還元し、それをしない時の、経済支配者の薄情と非支配者の不平不満とが絡み合う、階級社会的悪想念を回避するのだ!

2009年3月 5日 (木)

金属が

人の隔てを悲しみており ラグワンの工場の秋の夕暮れ 全世界の労働者・農民諸君、君達には、この星の神と、カール=マルクスと、自分、多円太郎(兼ラヴミドル教教祖)、がついている!

2009年3月 3日 (火)

帝国主義解体が、

金融不況解決の抜本策だ、と神が言っている。そこで、米国・西欧が先ず手を取り合って、アフリカへ、だ!

2009年3月 2日 (月)

パイが小さく、

均分した場合、一人一人食った気がしないと、自分だけ多量に分捕る者も現れる。この星の神は、この先、宜しく御願い致します。 しかし、アメリカ・アフリカ・ヨーロッパ=アアヨ、はどうしても、実現するんだ!

2009年2月26日 (木)

この時代、政治悪とは

(つまり魔の勢力の仕向けとは)、帝国であることと、その帝国に載った帝国内保守の金権と、帝国内革新の、北朝鮮様のスターリニズム守旧派(某左翼政党、、新左翼諸派)である。一切を神を信ずる国際(世界)自由共産主義勢力が覆滅することになっている。にもかかわらず、星のレベルのこれらの反抗者の遣い達に、頭を下げて反抗の思いの所以に御伺いを立てる(表敬訪問宜しく)ことが必要なのである。これが、我が超神教、そして神地球魔の勢力敬訪根本神仏天教(二つ合わせて、二重信仰のラヴミドル教)、の政治展望、なのである!

2009年2月25日 (水)

採集・狩猟から

農耕・牧畜へ。歴史社会は、時代即応の宗教と共にある、生活安定、そして生活充実の類的生産、として発展し続ける。 階級社会はそれを肯定する低次神天上界と地上との同通により、或いは無神論的時代相において現れ出る。高次神天上界の求めは、常に社会自体が基本戒律から外れぬ共産社会だ。

黒人。

 白人の罪の鏡だ。早く和解の灰色世界へ。 アフリカ、政治を近代化し、農業生産性を上げ、豊富な鉱物による、鉱工業の立ち上げだ。

より以前の記事一覧