2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2009年1月26日 (月)

朝青龍が

絶倫(道徳無用)の、格闘力、それよりも何よりも強靭な精神力を証明した。この星の神の齎す虚無情況の只中で、無常に精神虚弱化を進行させつつある自分の想像を絶するような。或いは遊牧民族、と農耕民族との差が示されたと言うことか。そこで周囲の皆様には、仮に彼が我儘な時にそれに対処するに、元寇の神風の神を拝んですることを御勧めする。また朝青龍には、出来たら強い者にして周囲に腰低き態度(これをこの星の神にも無かった超神の態度と言うのです)を御勧めする。

2008年8月25日 (月)

競技は、

勝率五割均衡の、全員超金メダル、が超神の理想である。超オリンピックのために。

2008年8月22日 (金)

能力の拮抗した者は、

十回も戦えば、戦績は大体、五勝五敗だ。だから一回一回の勝ち負けは時の運だ。だからそれに拘るな。

2008年8月12日 (火)

北島よ、

超神である選手なら、自分が演出して、全選手の世界新記録同着を実現する。他を愛すること、熾烈であるからである。自分の満足しか考えられないチャンピオンが持て囃される現五輪であるところに、この星地球の、霊的な発達のためのこれからの長い道程、が示されているのだと言える。因みに勝負とは実はそれぞれの潜在力に従い、十戦やれば、五勝五敗なるか、十勝零敗になるか、で最初から殆ど結果は明らかなことなのである。選手は勝敗に拘らず、自分目標だけを地道に追求せよ!

2008年8月11日 (月)

王者フラストーレーションを

徒に蔓延させるだけの五輪は、即刻止めよ。人に勝つことは、自分の望ましい進歩向上とは自ずと違う。例えば極端な場合、金メダリストがその後に障害者になるようでは仕方がないであろう。選手は一選手として望ましい一生を全う出来たかということだけで評価される。徒に競う者は悪人共であり、その中で自分の目標だけを過たず追求して曲げない、善、を貫徹するのがそれはそれは難しいことなのだ。精神力は寧ろその難しいことの貫徹のために行使されるべきだ。神は、徒に闘争する者達と闘争する。また力のない者を侮るばかりの者達とも。

2008年8月 9日 (土)

私が北京で

重量挙げをすれば、選手皆に馬鹿にされるだろう。アーチェリーをすれば、やはり選手皆に馬鹿にされるだろう。私が・・・・・・。・・・・・・しかし私は私の気持ちを気遣わないそれら選手皆を尊ばないどころか、許さない。私はこの世界の神以上の絶対一が、そのような神にもない気遣いを兼ね備えている(神は一般にこの星のようにそうでないから、この星のように反抗者を多数存在させたりもする)ことを信じて、拝んでいるのだから!

2008年8月 8日 (金)

北京五輪の向こうに、

超金メダル乱舞の、未来の夢の五輪を、早くも、夢見ている!

2008年6月16日 (月)

北京五輪、

自分のベストプレイ(本当に本当の)の皆のに、金メダリストに与えられるとは限らない超金メダルを!

2008年4月23日 (水)

超金メダル。

 精一杯頑張った皆に、北京の一番長い日、っていうのはどうです?

2008年1月19日 (土)

朝青龍、ジンギスカンのように、

アジアを制覇してみても空しいことだぜ。モンゴル大相撲と日本大相撲との交流の架け橋となれ。そのためにもう少し、人格を調えてなあ。

より以前の記事一覧