2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 総理以下自民党諸君は、 »

2024年3月 7日 (木)

ダサいという人間感覚の

意味するものは、その者が、中心制度的人間である、ということである。自然は、農耕ベースで人間が労働に繋がれるように何者かに設計されている。その者はそれを、囲む自然と共に恐らく設えていて、それを神と呼称してもよい所の者であろう。そこで、百性やそれに対応の首長や役人こそ、その神の期待するむ、中心制度的性格だったのだと知りなさい。それが、首長望む中に何時の間に神、神へと反抗的な者(縷縷説明のように、それらは神へと反抗の魔王付きであることが多い)が入り込んで、反抗的に社会をリードをし、その神期待の人間が少数勢力となった時、神は必然的な不興鉄槌を繰り返して来ざるを得なかった訳なのである !

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 総理以下自民党諸君は、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 総理以下自民党諸君は、 »