2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 何もかもに心が宿る、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2023年11月14日 (火)

吉本、マス・イメージの作者は、

実は、超神、だった、その美、を、密かに、根源的に、査定、する者、として。指示表出・客観描写と自己表出・主観描写とに、根源的に差異は無い、叙景詩と叙情詩とに、根源的に差異は無い、また、表出は、表出の、法と無法、の間に、多様に布置される、例えば、語彙・文法の、法的(規範的)無法的、にしても、極端な場合、表出がそのまま言語への憎しみなので、言語の死骸、がバラ蒔かれてしまう。 吉本の或いは子飼いかも知れぬ、吉本興業、の面々も、チョックラ、考えてみて!

« 何もかもに心が宿る、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何もかもに心が宿る、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »