2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 当国公共放送の、小さな旅、 »

2023年10月31日 (火)

当国でも、主食作物栽培として、

田植前の労働から稲刈り後の労働まで、不可避に、歴史の一定段階から調整して、それを全うしなければ、社会として来年まで生きていられないようにした、国家民族の神、取り囲む地域の神、そして星の仕切神は、対応の魔王国の手先達に、暴力携えての収穫時の強盗、に対抗されて長く来てしまっているのである。これらは各時代の警察が取り締まって即刻、あの世送りにするのが、相当であったろうが十分でなく、何時の時代も社会内に放置されることになった。無論、仮にあの世送りにすれば、向こうでこの世の労働対応の、霊的な責め立て、により、別教育する算段となっていたが、それも不可能と匙を投げさせた者達が、その後に魔王国に堕ちて行って霊魂の溜まりを造る、ということになっているのである!

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 当国公共放送の、小さな旅、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 当国公共放送の、小さな旅、 »