2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 墜落死に便利に富裕に | トップページ | 学的農耕。 »

2023年9月17日 (日)

正・反・合。

 単位家庭は、正・反の親の異性愛的結合の下の、合両性具有の発展子、との全体として、その同類単位の全体結合としての共産社会を形成し、世界の前近代までは歴史は曲がりなりにも、此の星の神の理想を実現して推移して来たのである。然るに別の観点から、親が、農耕受容的神受容的正、であるのに対し、子に、現の宏洋のような、拒絶的魔王手先的反、が多数現れ出て、この近代の弁証法的撹乱が始められここまで来てしまっているのだ、と言ってよい。そこで果たしてこれからの超近代に、弁証法的止揚としての、合、なる世界新秩序、は実現出来るのか。しかし、単純に考えられる、農耕ないし農耕同等の労働者と遊興者の共存というシステムは、人間身体や自然生態系の都合上許されぬようになっているらしいから、またそれだから当国近々の二度の震災神仕置きとなっているらしいから止めて置き、物的農耕と学的農耕と共存という神の求めに従うの無難なところであろう!

« 墜落死に便利に富裕に | トップページ | 学的農耕。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 墜落死に便利に富裕に | トップページ | 学的農耕。 »