2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コロナが国民の消費過剰を | トップページ | 無分別智。 »

2020年7月12日 (日)

唯物。

 神霊がこの地球在所にあり、神霊粒子を物質素粒子も分出し物体地球を造り同時にそれに宿り、一方それを囲む霊界も造りそれを仕切ることにもなった。そしてその後、諸霊魂、諸身体、を進化的に整備し生物、人間とし、生態系と人間社会の調和の下、諸霊魂は霊界、地上世界を循環することになった。然るに生態系と人間社会との接点で強要されてある労働に不満を持ち反抗を始めた者達が抱き合わせで、物を非情なると言い触らし、また精神すらその非情な物の所産、と言い触らすことになった。つまり脳の崩壊が即、精神の無化だという訳である。そしてこの時代もその唯物の言い触らしにより、土木作業員がそれを実は御神体と知る由もなく、何の躊躇いもなく、カラーコーンを蹴り飛ばす日常が営まれてしまっている。その挙げ句、御神体の方も流石に我慢堪らず、自然に宿れる神霊共々の決断により、そのような日常国土へのあの通りの、大規模な蹴り返し、となってしまったのである!

« コロナが国民の消費過剰を | トップページ | 無分別智。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナが国民の消費過剰を | トップページ | 無分別智。 »