2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大漱石、あなたも、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2020年3月12日 (木)

主食穀物草(稲、等)の栽培の反復、

に、人生の心の仕込み、の喩、を見る、つまり自分達百姓も人生の秋に、この稲のように、たわわに孫を稔らせ、心も稔らせ、体は枯らせて、心としてあの世天国に帰って行くのだと、この古来東洋にあった、ギリシャにもあった、農本信仰に、余計な物の作り過ぎるのを止めにして、人類は帰ってみない、そしてさらにそれを、物的農耕から、先祖を知り尽くす学的農耕へだ、そしてそれがまた、世界自由共産主義、ということだ!

« 大漱石、あなたも、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大漱石、あなたも、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »