2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 個人の執着なき心の確立、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2020年1月 3日 (金)

ツアラトストラ教、マニ教。

 隆法が、元大天使ルシフェルが、人間一般への労働返上の快楽生活を要求して改めルシファーとして主神への反抗の組織に及び、億年以上も経過している、と開示した。今文明史直前の、崩壊したアトランチス帝国も、ムー帝国も、ルシファー等による、件の帝国主義的科学文明的快楽主義的歪曲だった。その後今文明史の古代ペルシャに、此の星の善悪対立の現実を確り教義にしたツアラトストラ教、追って西暦紀元後の同地に、当教の将来神側勝利の楽観を、勝敗不定の悲観というより現実に即した教義に発達させたマニ教が現れ出たのである。こうしてそんなこんなの経緯が、当今の同じような歪曲に行き着いて危機が迫っているのである。このマニ教構造こそ、霊界に亘ってまで現実を正視し博愛せんとする一個人の心の内部にも投影せざるを得ず、それだからその構造の彼岸の、超神、への信仰、を優先させよう、との此の星空前の、我が提唱、なのである!

« 個人の執着なき心の確立、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 個人の執着なき心の確立、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »