2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 思いつき。 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2019年11月10日 (日)

上人も天皇も生きていなければ、

上人でも天皇でも有り得まい。その生きていられるための食糧獲得の、楽でないは労働、恐らく人間超越者が大自然を調整創造し、それを人間社会に不可避にしている労働、を人に押し付けておいて、何が社会の内の偉人なのか、と突き上げ、歴史の前後を切断したのが、カール・マルクス、なのだった。マルクスその通り、と言わんばかりに、その人間超越者による当今当国の大雨までの、鉄槌、となっている。 技術は泥棒のそれとしても、また泥棒同等の特権階級礼賛のそれとしても、発達させ得ようが、仕切神は、人間共産礼賛のためとして発達させよ、と言っているのである!

« 思いつき。 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思いつき。 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »