2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 超神信仰優先にして | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2019年9月 7日 (土)

「悲愴」、はブルジョアクラシック

一般のように、人間個我を交響に盛る、という芸術上の反倫理を犯してしまっている、然るに、仮にその個我も神の自我と観念し変えれば、その反倫理は解消しようし、正に現に星の仕切りに進退極まっている、神の自我の悲愴の表現とも聞かれてしまうのだ、さらにその神と何時も一体の筈の、人間社会の悲愴、の表現としても、デイエゴは、無意識にベネゼエラの悲愴、を表現してしまったのかも知れない。それにしても、当市の政治家は、デイエゴの爪の垢でも煎じて飲んで、世界に先駆け、土地神の求める、市政健全化の強権を振るう考えが微塵も無いのか?

« 超神信仰優先にして | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 超神信仰優先にして | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »