2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近代哲学は教義歪める、 | トップページ | 学都の学は、物的生産が »

2019年9月 8日 (日)

キリスト教初め、

伝統中東宗教よ、人間の原始の採集狩猟も一定の労働負担だった、それが神が設えしエデンの薗の真相だ、それが人間らし生活をするために、共産農耕に移行させられたのである。それだから人間の本質的堕罪とは、一部人間の特権階級支配や泥棒ということだった。その歴史の進行中、一般に一定間隔で人間の(普通人は、二、三百年)転生ということがされ続けたのである。またその際、人間の全てが君達の言うように、生まれながらの不良な訳ではなかった。然るに歴史の進行は現のように、科学技術を発達させんながら、国家的な堕罪としての帝国主義に歪曲されることになって、しかし君達の終末論の終末宜しい歴史歪曲も、現の震災鉄槌神の促しによる、諸帝国の、本来の世界自由共産、へ向けての自主解体により、明るい未来へと乗り越えて行ける可能性、はあるのである!


« 近代哲学は教義歪める、 | トップページ | 学都の学は、物的生産が »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近代哲学は教義歪める、 | トップページ | 学都の学は、物的生産が »