2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 真に大宗教というなら、 »

2019年8月 3日 (土)

ギリシャ宗教は

人間は皆善良でまた、農業は神恵だと言った、キリスト教は人間は皆不良で、農業は終末までの神罰だと言った。古代四大文明を、ギリシャ・中東・インド・中国、ということにすると、神罰観は中東だけで、よって仕切神の考えあは、ギリシャ等のものであろう。然るに客観は件のマニ教構造の下、善良・不良五分五分で、それが当国近々の選挙の投票率にも投影している。さらに先進帝国は、神の世界自由共産に徴して、多発テロ・大震災対応に、国際上、何の正当理由もない自己の特権化による国家悪以外の何物でもなく、さらにその内部で暴力団が悪リードしてしまうのである。一方、途上国は国際上、国家善だが、その内部で特権階級や野盗団による悪歪曲もされるのである。因みに、諸国民主党の唯物リベラルは、マルクス主義を経由したギリシャ宗教の系譜の政治思想なのだと言える!

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 真に大宗教というなら、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 真に大宗教というなら、 »