2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月31日 (土)

科学法則恒常が堅信されて、

その運用による、利己的技術開発の発展が行き着いてしまっている。此の星の神よ、この際、法則過程外から神霊力により関与するということのみならず、一定の法則撹乱、も及ぼして、分からせてやったら!

香港暴動でも自覚されぬ

世界の目を覆うばかりの、民主化の履き違え、を止めよ、代表民主制とは、個人の利権や願望充足に即して代表を選ぶのではなく、個人が日頃から全体政治に通ずる努力をしながら、自分が最も公平な全体政治を敷いてくれると考える、代表を選ぶのだから。それに唯物偶然などではなく、自分の作為により美わしの自然を設えた神が、同時に、人類に共産農耕、を無論良かれと思いつつ、求める、ファシスト(それを回避したくば、他を犠牲にするしかないであろう)、なのだから!

九州への反復攻撃も

いわくあることなのだろう。財政借金を、経済の帝国支配の拡大によって手当てしようとする、反神的リードの中心地であることを止めよ、自分の借金は自分の贅沢のツケなのだから、自分の生活を引き締めることによって返せ!

霊界の独立国魔王国由来の、

各国のギャング・暴力団の皆様、お早う、まんまと、先進国部分として一部の地域の支配を、神国側の仕切神の、大天変地異掃討、を引き出すまでに成功なさったようですが、これらもその信念に従い、星の統治を廻る路線闘争、頑張り抜いてみて下さい、因みに霊界魔王国は神国天国とは正反対の、この世の盛り場の薄明かりの延長のような領域ということになっている!

漁師いる故に、

我等の、骨病、無し、骨病回避のための、ビタミンD、が殆ど魚にしか含まれていないからである。そこで結局、人間を漁師並みに働かせる気でいる(或いは、交代でそれをさせる)気でいる(人間を公平に扱う気でいるなら)此の星の神には、この先、宜しく御願いして置きます!


此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。投資も、地理的・文化的近隣地への投資の方が反って、一見非効率に見えて、当国も地域も世界も、を発展させて行く筈である。つまり、アフリカへは、米国・西欧が行き、日本・中国は、東南アジアへ行くべきなのだ!

2019年8月30日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月29日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。アフリカ取り残しを関連会議に絡めて、口だけでなく何とかして貰いたいというにが、各国博愛の仕切神、の願いである筈だからね!

2019年8月28日 (水)

税金不払い、厄介払いが普通の

ご時勢の下、少数犯罪者を庇える御仁は、鉄槌神懸かり・超鉄槌神懸かりをするのでもなければ、まずいないであろう!

プライバシー、誰に見られても

恥ずかしくなければ一々隠す必要はない筈だ、と一応、言えるんだけどねー・・・・・。

生物進化は神為であり、

恐竜絶滅も、哺乳類中心化のための神為であり、ホモサピエンスは、他の古人類とは全く別系列に恐竜時代から、共存した、と隆法が開示した!

超神主催、この子の心

よく分かるコンテスト、での、神にしてのランク余りに御粗末、の返上、の程を、神国魔王国戦争(内部に強弱上下抗争も含む)を継続させて来て、現は日本でこうして、制裁(弱者苛めへ、そに弱者込みでの)大雨神、の、此の星の神には、自分も本来は超神なる者として、宜しく御願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月27日 (火)

悪い奴が増えている、

という土地神の有難い頭突き認定に、市長以下、何時までも頭を下げに行く訳でもない、当市の行く末も、最早、知れたものであろう、世界は凝視せよ!

村落の時間構造。

 去年に支えられて、来年を支える、今年、の積み重ね、は、体の枯れる人生の秋、に、他を深く愛う心、確実に稔らせるであろう、その時見る秋の紅葉は自分の心を目の前に見るように、心に沁み入るであろう、天国の門も垣間見えて来るであろう!

諸国仏教徒よ、龍樹の

、空論、何時までも有難がっているようでは、この時代庶民にも、如何にも固定的な実体、不燃ゴミ、を持ってこられてしまうぞ、いい加減にしなさい。それに君達の、無分別智、による手を変え品を変えの涅槃心の伝道こそが、愛の宗教の、愛、に当たっている(そしてこちらの分かち合いの中心は、心の平安、だ)のだから!


GG、震災鉄槌神よ、

隆法初め、諸教教祖にも、諸国宰相にも、諸国軍隊にも、諸国警察にも、諸国国民にも、暴風雨神、噴火神、そして、霊界主宰神、と共に、その、愛なる実存を、紛うことなく、御示し下さるよう、此処に宜しく御願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月26日 (月)

三景・百名山・

国立公園・国定公園、全て自然景勝は、神創造(つく)り、だ、自然の廻り、だって神創造り、だ、それへと、実直農耕並みを逸らしておいて(それが結局、財政赤字ということだ)目線を向ける、のすら止めにするため、国民皆、何時も下を向いているか、アイマスク、をし世直しに励むことにして誠意を示し、次の震災も已む無いかと心が衝き上がる、自然を早く鎮めなさい!

大塚文雄さん、仕切神御勧めの

文化模範を、今日も有難う!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月25日 (日)

モローよ、震災神も何時か、

一旦創造ったエデンの園を多くの人間のために犠牲に出来る程の神に、超えてくれるであろう、しかし現在は程遠い、そこで多く悔い改めぬ者達は、この先の顛末に、覚悟を決めて置きなさい!

鳴虫が蝉から蟋蟀に替わり、

人生にも喩えられる、米、初めを稔らせ、心を稔らせ、の、稔りの秋、がちかい!

震災鉄槌神が、競争より

自己目標の実現を、さらに優が劣の介助を、さらに超鉄槌神が、低頭御奉仕、を、と言っている!

民族神霊界がまだ粗放なる下の、

地上の原始多数氏族共同体の群存の直中に、民族神霊界が自体も整え、さらに地上に一国中心を設え統治を開始する(当国では、縄文時代後期、紀元前八百年頃、現宮崎県に当たる、日向・高千穂の国が立ち上げられた、と大川隆法が開示している)と、魔王界も対応の民族領域を設え対抗することが習いとなって来た。それ故、魔王国由来の政治家による強欲非情の階級支配が頻発し、この日本史も神の求める共産から逸らされるに従いそれなりの、マルクスの所謂、階級闘争の歴史(そしてその変革を後押しする自然変動)、ということになって来た。そして特権階級の住まう中心都市の周囲は、例外なく、生態系の破壊、ということになって来たのである。そして一国内の階級矛盾を、国際進出によって逸らし、国際間にその矛盾を転嫁することとなれば、さらに、自然神・霊界神共々を不興にして事態を悪化させることとなり、現在にまで行き着いてしまっているのである!

動物同相にして、

穴居生活、採集等生活の、旧石器時代から、縄文時代、弥生時代、古墳時代、・・・・・、と経過して、当盆地でも原始以来の人間生活が、連綿継続して此所まで来ているのである。その原始人に、科学的な解明により遺伝子が仕込まれていたことが判明したように、宗教的直覚として、原始人が、囲い込む妙なる自然や、原始群神いましましたろう霊界との、大いなる交感、の下にあったことは間違いない。そして精妙なる遺伝子が、誰知らず仕込まれていたことは、恐らく一切を設えし、民族神以上仕切神までが、を人間社会へと、その原始の設えの有様を、飽食なんぞで心を堕落させることなく、そこそこの生活水準の実直学問生活の下、徹底解明せよ、暗々、歴史的要求、をなさっていることを、証示して余りあるのである!

自動車用の石油、

日本人、一滴も掘ってないの知ってる?そしてそれを掘ってる、中東の労働者、現場に歩いて通ってるの知ってる?だから、石油代金は、現地の資本家が殆ど懐に入れてしまっているの知ってる?それで先進国皆が、大なり小なりどいうことをやらかしているの知ってる?地球を博愛してる筈の、此の星の仕切神が許す筈はないのである。そこで被害国からの同時多発テロの放置、自身による大震災炸裂ということに生ったのである。そして皮肉にも、それと重なる主張を、長く嫌われ続けている、当国の無神論(唯物論)の、共産同諸派、の皆様が主張して来ていらっしゃるのである!

自然と調和する、百姓庶民の

生活を、科学技術を発達させ生産力を上昇させて、しかも自然との調和を保つべく、考古学作業庶民の生活へと組み替えさせようと仕向けたところ、魔王側の操縦により、一部民族による、帝国支配の快楽生活へと、歴史歪曲的に逸らされてしまったが故の、同時多発テロの放置、自身の大震災炸裂だった。如何にも神様気ない、非神本位でない、神の所行だが、文句を言っても仕方がない、その夢を叶えてやりなさい!

唯物学問は地震学を初め、

世界中の大学の、書物・論文を、現状のように塵の山にする、いい加減にしなさい!

鉄槌主宰神と傍観副神は、

自分の方が偉いような態度はこの先、金輪際御止めになって下さるよう、自分本来の、超神、と共に御願いして置きます。序でに継続する、無言制裁、を、もっと人類に分かりやすく、史上空前に返上することも、御考えになって下さるよう、御願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。昔の百姓並みに、実直に働き、相当数(但、昔は少し数が多過ぎる)の子育てをしながらの、夫婦間での適量の性、でなければ、魔王達に仕掛けられた、邪性、ということになって、これも震災鉄槌の理由となっています。我儘な少子化、など、最初から問題外、なのです!

2019年8月24日 (土)

地球を救う愛、

と言うなら、刻々外国の労働者犠牲の当の馬鹿騒ぎ(真相は日本魔王国仕掛けの)止めにしなさい。震災鉄槌神を敵に言うイベント、などはもってのほか、です。自然に宿る神も、連動の霊界仕切る神も、自分の暗々命じた道徳から外れた人間の、自分自然へ向ける視線すら許していない、自国の伝統無視の(唯物吉本等に唆された)飲食も許していない。そのような者はこれら早く、何時も下を向いていることを心がけ、警察現場報道番組、も証明している、心悪い国情への次の震災による、堕地獄責苦、を免れなさい。また取り締まる警察良心派、を初め、何時も、震災鉄槌神懸かり、を心がけなさい!

超神というものが、

愛の迸り故の、絶対矛盾的自己同一、であることが、誰しにも納得出来たことであろう、序でに愛には、一秒で地球を救う、量より質、も大事だね!

オー

 ジョージー ガアーーーール !(18:49)。

ルシファー御大仕切る

霊界魔王国は、神仕切る天国附属の懲罰獄の下方に広がっていて、神への反抗心が一定レベルを超えた者だけが霊界的に実存出来る領域なのである。そして地上に魔王国同通領域(各国暴力団等の生活域)を創出出来ると、ぐっとその霊界実存を安楽に出来ることになっている。逆にそれが神の側の掃討の目いあうと、連動でその霊界実存が苦しくなる、ということになっている。然るに、神の側の繰返しの掃討による霊界衝撃、に都度打ち勝って、その霊界魔王国の実存性を強化してここまで来ている模様なのである。つまりこれが、此の星に継続する、マニ教構造、ということなのだ!

現今、ウパニシャット風哲学。

震災鉄槌神我と、自己の日常の、悪粉砕自我の同一。そして目標は、神の善、六分以上の回復だ。 半端仏を縁起に魔王連の立ち上がり。 正見とは慈悲見ということだ、此の星の仕切仏が未だ半端であるところの。 この先、何させんだよーの反抗声が低まりますように。 垢抜けば、結局超神でない神も抜く。 神要求の弱者保護の義務の放棄、その弱味の漬け込んで喝上げ、魔界に取り込まれるな。 金というものを、社会貢献の徴表に。 鉄槌神・超鉄槌神の二段構え! 

思いつき。

 たった一人でも除ければ、場合によっては、激しい報いが返されtも仕方がない。 犯罪者を世間に向かって庇うことを、此の星ではこの時代のように、下生これまで副神大川隆法すらしない。そこで絶望したその者が長く、自己本来は超神なる、を掴みとって来た。 仕切神が貫徹なさろうとする百姓善を回復するには、楯突く者達との、鉄槌神懸かりでの戦争の構えしかない。 どんな共生者の心をも何時も出来るだけ汲んでいることである。 百姓善を貫徹させる、自分創造のエデンの園、を惜しがって、反抗者達の要求を決して聞き入れない仕切神しかいないから諦めなさい! 

思いつき。

 理想の神・現実の神。 調和も進化も別でない。 自分から厳しさを求める。 不満になったら、いなくなっていいよ。 大差の勝負を加減してやる。 弱者誰も頭を下げることなく、根源的な恨みが、だ。 禅宗・日蓮宗が世俗向きでいいんだ。 仏道の大乗展開は、常に俗還元を心がけて、だ! 


サンマ不漁も牽制継続で

ある筈ですから、告げ知らせて置きます。但、関係あると分かっていて、関係ないと言わせ居直らせる者達の唆しに乗り続けるのはそれぞれの自由です。まt、こうやって盾を突かれるについては仕切る神の方にも諸々問題があるかと自分は考えますので、代わってお詫び申し上げて置きます。しかし言うことを聞かなければ、仕切りの建前に従い、さらにの震災鉄槌が下されることは確実な状況ですので、これも告げ知らせて置きます!

仕切る神以下の何の正当性

もない上から目線の指導者面の不快に、恨みを長年溜めるだけ溜めてきた者達、お早う、自分にも本来は超神なる者として、神以下が気づけないで来た、君達の思いがかなりよく分かる、これからも、彼等、にその非を認めさせるべく、頑張り抜いてみて下さい!

超神が、劣に妬まれるのは、

劣に、自分超神のように、低頭御奉仕、の態度がない、お前優の方のせいだ、と言っている、長く全くその態度がなく、星の有様を現況にして、例えばその状況下引きこもる者にさらに此の星への恨みを加重させざるを得ないだろう、此の星の震災鉄槌神にも!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月23日 (金)

喧嘩は人間の諸能力の

円満な発現を阻害する筈だから、仲間内の喧嘩位は、極力、止めにしよう。がしかし、一切の不良を最後は自分が歯止めとして仕置く神の闘争強さはまた人間の想定を超えて格別で、一方で判断で弱者にこよなく優しい、ということを兼ね備えている筈である。またそんな心にまで行き着くための方便としての仲間内にしての責め合い、ということも考えられる。 発達しない不良は、何れ、善良の仕置きに屈するだろうが、決して屈しない不良のことを認識していてその不良に絡めて善良一人一人を値踏みするであろう、だからどんなレベルの不良にも、仕置く善良はあまり威張りくさるのは、止めにした方がいい! 

2019年8月22日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月21日 (水)

エデンの園(自然・社会)を

自分の体のように纏っているとも言える、此の星の神には、既に一部人間にそれが貪り食われている現況に鑑み、この先、そのエデンの園の、人間へのより深い愛、故の、犠牲的改造の程まで、宜しく御願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月20日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月19日 (月)

仏教はインド・バラモン教の

流れの中に現れた改革宗教で、顕著なのは、バラモン教の教えにある、バラモン以下の階級差別に従った転生を否定し去ったことであった。つまり、階級所属と、仏に向かうべくの霊格の高低は無関係といい放ったのである。しかし現実には階級対応に霊格の高下が実現されることが、インド民族神に期待されていたのである。しかしそれが有名無実化してしまった時、改革者の釈迦が、霊格が階級とは全く無関係という行き過ぎた主張してしまったのである。彼が先ず修行を反世俗に錯誤させてしまったことと大いに関係していて、彼がいい意味で還俗出来なかったことは、彼の死後の続いたのが小乗の流れでしか無かったことにも現れている。また、教えが極、抽象的で俗離れしていることにも現れている。その後の大乗改革の流れでも、要は涅槃確立を、全体に及ぼすべくの、諸法無分別智、を噛み砕いて説くべきところを、ここでも極、抽象的な庶民にが理解しがたい論議が教学、として流布してしまった。大乗・中観派の竜樹、の教えを継ぐと言われる、当国奈良仏教三論宗は、その所謂、空論、を永遠に変化しない実体はない、という意味に教えているらしいが、それがその通りなら、それは全く愚説、と言わねばならない、何故なら、それが伝えられた日本国自体、確かに具体内容は変化させていておも、抽象的な意味での日本国は何時も民族神の下、一義に存続して来ていた筈だから、そこで空とは、むしろ、存在がいかにも、空、しいように思われるが、普遍実体である根本仏の慈悲心、となすべではないだろうか。そしてそれより一切の、色(具体存在)、が立ち現れるとなすべきではないだろうか。詳説はこの後に譲ろう!

大川隆法は不良の増えた社会を

仏も神もなく、都度都度ブチつけてここまで来ているのに、信者にブツ仏教を教えず不良と常時付き合いの苦しい生活をさせて稼がせ(つまり教えが殆ど役に立たないということだ)金を回して貰って、自分は奥の院の安楽な生活をするのを止め、自分もこの先ブチつけられるだろうことを免れよ!

インド・テリトリーの仏教が

極東日本で幅を利かすことになったには、その昔蘇我馬子という、天皇を民族神の継子とも思わぬ、日本魔王界出で唯物無神大物政治家の走りであるものが、極東日本の儒教・神道の伝統も構わず引き入れてしまったからなのである。ここに日本宗教史の、それだから日本史の悲劇は始まり、ろくに政治を善導出来ることなく、中世、かの戦国時代に突入してしまったのである。その戦国を経過して、仏教が衰弱し、儒教が興隆したことはいいことだった。また、明治期、廃仏キシャク、により当国から仏教気が徹底払拭されようとしたのもいいことだった(但、神道は常に極東儒教の統制の下にあって、極東協和に資するべきなのである)。それが、この時代下生した、副神(副仏)大川隆法が、態態、その望ましく衰弱した仏教を再興するという愚挙に及んで、刻々、霊天上界の顰蹙を買っているのである。それ故、近々の台風神までに来た、制裁自然神よ、彼がこの先、そこのところに無反省である時には、悪しき国土のみならず、彼自体にも容赦なく、厳しき報いを与えよ。序でに当国衰退仏教は本家本元の地の、インドに帰る支度を、トットとすべきなのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。当国のように、速度違反営業すら止めず、その悪いことだらけ(他国民族の犠牲まで)を認めず居直り毎日涼しい顔でいる、霊界当国魔王国勢力に操られた、現況、を、他の諸国も、改めなさい!

2019年8月18日 (日)

生産を差配する知性と

精神力に長けた者と、実際に生産に従事する者、との比較において、前者少数を後者多数をそのような知性や精神力の丈の違いにより、差別してその結合による社会構成を怪しまなくなる時、マルクスの所謂、階級社会の文化観念形態、が形成されてしまうのである。そこにある美術は均なみに、表現が精緻ではあるが、多数の生産者の、心の汗、情、とは無縁で冷たいものとなり、人を感心させはするが、人を感動させるものとはならない。それで一体、誰が、人間に生産活動、を仕向けていることになるのか、だ。このことが、有史以来、長く気づかれずに来たそのこと、をテッケツして序でに宗教も階級的あったが故に全否定し去り(これは勇み足だった)、唯物論により、史上初の広域の共産国家の共産文化の樹立に繋げたのが、マルクスだった、これが大正当であることは、美、こそ、諸部分の感覚的共産、に他なるまいからである!

三ガク(楽・岳・学)都。

 ピアノ(近々、市民の自由演奏のために中心駅に据えられた)にも山にも魂があり、やることもやらない市民には寄って来て欲しくはない筈である。そんな思いの代弁として、直下炸裂ということにもなった。そこで、学、でもそのようなことを優先に学ぶ都市であるべきだろう!、

一切此の星の魂、

神、天使、善人、生物霊、生物身体、物質粒子、物体霊(自然物、機械、道具・・・)、事物霊(歌霊、詩霊、・・・)、そして魔王系対応のもの(魔王、悪魔、悪人、悪生物霊、悪物体霊(兵器、爆弾、・・・)、お早う、超神、を拝み出して拝み、時間を超えながらしかも何時か、未だ誰も見果てぬ、大調和、を果たそう!

唯物吉本は日本魔王国の手先

であったことは判明しており、死後、刻々仕置に掛けられているが、あの強固な反逆性の故に、中々、聞き入れないであろう。しかし何より、彼に悪しく洗脳されてしまった労働者(例えば富士山が偶然の物質的堆積のように、庶民の低知能に漬け込んでその健康な信仰感情を無にしながら洗脳するとは、何という男だろう、共同幻想とは、日本民族神の我が子日本民族への紛う方無き愛、である)は、我が言説により早くその洗脳を解消し、彼のような堕地獄、を免れなさい!

四六時中

好きと言って ・・・・・・・(1:57)!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月17日 (土)

当国公共職業担当の者が、

企業社会も出来ることなら、共産内容、で回って貰って、自分達の公共的勤務意欲をこれまでのように殺ぐこと無きように、と願望しているものと信ずる、世界自由共産主義、へ向けて!

悟りの欲望により、

悟りの修行をする者は、ろくな悟りは得られない。往時、釈迦も、世俗と自己を分離して、反仏以外地球一切自己不二、の、悟れる根本仏、では、無かった。まして、仏反仏不二、の、悟れる超根本仏、では無かった。そこで、現代大川隆法まで、末裔、を惑わせるここととなった。悟りの修行は悟って悟った自分を他にひけらかす、ためにされるのではない。自己に隣在する他者を、自在に慈悲利益(救済)する魂の力、を営々身に付けるためにされるのである。そのために反世俗の修行の構えに拘る必要はどこにも無い!

今朝のあおり運転の報道も、

警察の非力を補う、自然神の制裁暴行、の必要な当国現在、を物語っている!


此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月16日 (金)

ラヴミドル教。

 愛、する者はこの時代も、そちこちで、中道(ちょうど)いい、ことをしたであろう、当市でも!

これからは、世俗も

実は仕切超越者(神、天、仏)の仕向けと、正しく掴み取り、かつ、農耕を人間神聖化の所以だとも掴み取って来た、ギリシャ宗教、儒教の伝統、優先だ。イスラム教は、政治を支配して世俗的でも、その農耕神罰観・終末観を改めよキリスト教、仏教はその名実共の(修道院、サンガが人間の中心生活、そして政治にも距離を置く)反世俗、を改めよ。因みに天上界の地上宗教運営の思惑と違い、キリスト教は欧州へとテリトリー違背を犯し本元の中東で廃れ、仏教は極東へとテリトリー違背を犯し本元のインドで廃れる、という戯画を演じてしまっているのだ。またキリスト教では新教が世俗への接近(世俗内禁欲)であり、仏教では禅系が世俗への接近(脚下照顧)だ!

現代唯物考古学の提出、

と違って、宗教的直覚が捉える、日本神霊界、人間を喜ばせる、その神霊超能力(この神霊の超能力への、人間の可能性は、日本仏教中の密教系列も既に開示している)んいより、自然景観の下に、原始日本人を存在させ、追って農耕に移行すべくしたのだった。そして農耕移行後は、上下一体の共産農耕が期待されていたところ、その日本神霊界対応の日本魔王界から、長年の労働拒絶要求にしたがい、人民顧みぬ搾取支配者や、収穫期の野盗の親玉の類いが送り込まれ、そこに神も仏ない有様の社会撹乱を度々仕組まれることとなって来て(無論、状況の悪が高ずれば、諸々の自然変動が報われるということであった訳だ)、正に、自国ばっかり、自分ばっかりの悪徳帝国を高じさせている当社会に、台風強風吹き荒れる、当現今、ということになっているのである、自覚して総理以下、自分の言った通りの世直しをしなさい!

夜間暴走車ほっぽり投げの

当市にも現在、台風余波の強風が吹き込めているね、そんなこんなが御不興なんだろう!


此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい、台風の規模、強さ、進路、速度、等、神の胸三寸だと、誰しもが納得出来たところで!


2019年8月14日 (水)

吉本よ、心の愛が強ければ、

人生を往相から見ている息子に、還相から見ている父親が、その息子の誤った考えによる息子の将来の苦しみを、現在唯今の息子に実感出来る程にしてやり、息子の考えの誤りを正しても上げられる。心の愛の強さ故の父親の語る程に目に溢れてくる涙が息子を納得させることになるのだ。この強い心の愛こそ、君のように一定の人類愛はあっても唯物的なる者には到底、獲得出来ないものなのだ、序でに往時中国を導いた孔子にも、天ならば時に、匹夫の志も奪う(正に現今だ)という超論語を告げ知らせて置こう。こうして、愛も仁も、無限の可能性を秘めている筈なのだ(それを証明し得る超神、では残念ながら未だない、此の星の神にも)!

香港暴動者よ、

自由を確保したいが、他の中国国民のことが知ったことではない、では、当国の東京一極集中同様、地域エゴ、以外の何物でもない、現今大多数、無神唯物的で実は頼みにならぬ国際社会などより、香港にも実は実存する筈の、土地神星の仕切神までが支持しない。それに、自由には同時に応分の義務も伴うものなのである!

霊界のルシファー等の

魔王国の日本国当県当市管区の地上的手先の当市地回りの息のかかった若い者の年寄りには迷惑なだけ迷惑な夜間暴走を一定時間だったとは言え放置するような市政・警察行政・市民生活では、数年前の土地神頭突きへと殆ど市民の多くが無反省は明々白々で、近づく台風神、日本列島見参による一定の当市への叱責にも覚悟を決めなさい。市民生活の悪へと立ち向かう少数残存善人は、頭突き土地神から以上から星の仕切神までを懸けて、悪との戦争に構えねば済まぬことを知りなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。働かざる者食うべからず、自分の謂った通りに働かない者を、場合によっては生かしてはおかない厳しい此の星の神だから、弁えなさい!

2019年8月13日 (火)

中国は、一つの中国への抵抗

(現下のような)大幅に緩和するためにも、早くその唯物国家を止め、古来からの天神への信仰、を回復しなさい、日本接近中の台風神、も、最前の、四川震災鉄槌神、もそれを願っている!

贅沢是正・財政健全化促しの、

自然災害拠点集中には、被害を実質税で復興して被災欠損を全国的に均し(借金減らせと災害が打たれているのに、何をさらに借金を増やして(復興債)いるんだ)、災害神に誠意を示し、諸国の範となれ、と何度も繰り返して言おう!

日本民族神が、

どんなに言い訳しようとも、自分の心知らずに韓国を併合した、当時の日本政治権力が悪い、と言っている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月12日 (月)

親の愛情は神の愛情に

通じて行くものだ。それだから、分裂朝鮮の政治家・人民のみならず、周囲国の政治家・人民も、朝鮮民族神の長年の悲哀、をこそ思い早期統一への力、としなさい!

坂本 九

割神か、と勘違いした人も、だって、ささやかな幸せを祈ってる、なんていい文句だったもんなあ!

夏に素直に働いてくれている、

ミンミン、のように人間もなれんのかい?

超神ならば、他の星の神に

自己の星の統治を任せた、また治下の弱者の自己防衛力も信じて、自分が星に対決的に存在させてしまった魔王と同化も出来、その心をも動かす!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。資源や製品輸出先を外国に求め、経済圏と拡大したら、社会も自然もその拡大対応に観念して、震災を喰らった日本経済圏のような、その構成人員の本質的な生活格差、を無にして、対応の拡大自然の全体を震災など起こらぬように安らがせるのである!

2019年8月11日 (日)

真、も、美、も、

善、と番う、とは存在絶対の理法である。然るに、現下、人が善なるとは、近々の震災の、向社会指弾、なると固く信ずること、なのである。そこでその気振りもない、学者の言は、人は先験的に虚偽、なると断定して間違いない、また同じようにそのような芸術家の作物は人は、実は、先験的に、邪醜、を実現してあると断定して間違いない!

現に事件をやらかした人に、

自分の人生航路の役に立って貰うというのも、不易、の本来超神なる我々ならではの、智恵、であろう。 超神が、人を品物評定することと、そう評定した者の身になることとは違う、と言っている。そして側にいる者の身にならなければ、必ず害が返される、とも。 超神だけが、自在に、丸ごとヤクザご一緒、もやって上げられる!

垢抜く・神抜く。

 年寄りも、糞も苦にならぬ、野良の実直熱血の百姓に、と古来から仕向けていて、それがこの時代抗菌水洗追求の多数人間に逸らされて、その魂の自己中薄情快楽臭さに我慢堪らず、近々の津波大海水洗、となってしまったのだ。がしかし、超神、が、未だ未だお前は、理想の神様気ない、と言っている!

嫌な奴、は、貴方の方も

嫌な奴、と想っていますから、そんなことも分からず空しく人生を経過させてしまった、有名人多くは、この先生まれ変わって、一生、ダサい、職業を逸らことなく全うして、魂、出直してみて下さい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。神が暗々言いつけている、行儀、を外してやらない者は、一方で自然景観へのその視線だけで刻々、そこにも宿る神の心を不興にし、最後は地震やら噴火やらを報われることになるから弁えなさい!

2019年8月10日 (土)

働き方改革、

戦前の百姓のように、余計な物はなくても心は安らかな生活に戻し、物の生産不要で余った人は、先祖の生活(或いは先祖以来の生活)を知る学問に振替なさい!

今文明史。

西洋のキリスト教、東洋の仏教の反世俗的なる欠陥は、近々まで俗世を魔王側の蹂躙のままに捨て置くことになり、人類の多くに無神唯物・宗教相対の状況感覚をもたらし、そちこちで虐殺の横行も屡々ということになってしまった。唯一、政治志向のイスラム教だけが、世俗統制の面目を保ったのと言えようか。一切が、超神でない、此の星の主宰神の無能の責任として大過はない。自分が代わって人類に深く詫びて置こう。そして受ける人類に一人一人も、本来は超神なるを宜しく自覚して強くあれ。そして超神への進化を心しつつする、主宰神の未来の新しい仕切りに期待しよう!

こんな男(吉本隆明)のために、

労働者多数が死んでから、どんな苦しみを味わわねばならない羽目に陥ったか、自然景観の一切が、神造り、だと確信出来る程に、この先敏感になれ、死後、霊界仕切る神に向かって、改心、した、マルクス、もそう言っている!

気象庁初めは、

この先、無駄な科学研究は止めよ。台風の規模、強さ、進路、速度、等、古来、国情を睨んで、神が、その胸三寸で決めて来た(科学的に追求すれば何時まで経っても、その原因に偶然力を想定せざるをえないであろう)ことなのだから!

隆法さん、俺は半端な優等生

ではなかった、って、世間に触れ回ってばかりでなくてさー・・・・・。 隆法さん、修行のための生活費を回してくれる方々にしっかり修行の成果を還元する考えでないと、宇宙即我、って悟ったって言って、その宇宙の正真正銘、一部の目前の日本とも全く即ぜす、選挙全敗、かい。口だけ隆法、先ず自民党即日本、でそのまま九州集中攻撃から始められる、民族神以上の手になる、この先の、大鉄槌対象、なのだと悟りなさい!

不具が生まれて来て

いる時に、具有、はそのままでは怠慢者だ。超神のように、不具に低頭御奉仕と心がけなさい。それに不具は、イケメンの不具、始め、無限多様だから!

涙こぼれるようにー

・・・・・・・(4:15)。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月 9日 (金)

高校野球、我が故郷県チーム、

当県チームに大勝みたいで、こんな時反って、相手チームにその力の違いにつき頭和下げる、此の星の神以上の、超神、のようなチームに、先駆けてなってね!

疫病を感染菌を遣いとして

人間の不品行への仕置きとするのも此の星の神のなさることです。無論、反逆心が一定程度以上強ければ、縷々説明した通り唯物治療も可能ではありますが、徒らな医療費膨張を防ぎ止め神のさらなる御不興を鎮めるためにも、品行是正による対処をお勧めして置きます!

仏教者の愛情について。

 貪りを断ち、怒りを断てば、それが自然に周囲のためになっていて、またそうして心の平静(涅槃)を実現出来れば、それも周囲の好感を呼ぶことにもなるにである。そこでその時仏教者の心には、自然に他への愛が滲出するのである。さらに一切本来無分別の悟りにより、その心境確立を我が事だけにせず、広く他に広げて行こうと努力する時、彼の心の愛は、さらにさらに滲出して行くのである。こうして仏教の発展の極で裏側の愛の宗教キリスト教と帰一して行く子細が誰しにも納得できるのではないだろうか。一方キリスト教はその、隣人愛し合う、を常にそれぞれの内核人格にに安らぎあるものへと、高めて行く訳なのである!

同じ心の傷を持つ、

お前が、側にいてくれるだけでいい、・・・。サンドの漫才も、現に同じ心の傷を持つコンビになれれば、超深い味を、醸し出すのかも知れない。此の星の神以上の、超神、だけが、一切非神、と、自在に、同じ心の傷を持つことも出来よう。また超神だけで、一切他者の心を自分が喩えて表現してやって、本人から百点満点を頂き、その他者への愛の実践の完璧、の必要条件、を満たすのである!


愛を食べては

生きて行けないと 貴方は言うけど ・・・・・。君達、全く考えが浅墓です。他への愛のない作物栽培は、何時か天候不順その他で、必ず不可能になります!

関東大震災を、しっかり神罰と

受け止め(著名人でも、儒教者の渋沢栄一、キリスト者の内村鑑三位だった)国情を反省する当国国民であったならば、シベリア抑留も原爆投下もなかった、悲惨な歴史の失敗に学びなさい。神仏を信じぬ功利主義者、福沢諭吉の脱亜論の唆しによる、朝鮮民族神も日本民族神もそれ以上の神も傷つける、日韓併合初めの大陸進出が、既に謗られていたのである!

Twitter社さん、ココログさん、

NHKさん初め、その他世界公共を愛う此の星の仲間には、この先も宜しくお願いして置きます!


此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月 8日 (木)

当国仏教伝播の錯誤。

 時の天皇を殺した蘇我馬子は、同じ伝で一国の伝統を安易に無視する崇仏派で聖徳太子もその蘇我一族の流れの者として安易に仏教受容ということをしてしまったのである。その神道伝統の無視は、今も刻々日本を統べつつある日本民族神の心を傷つけたことは間違いなく、この神道統治の撹乱を大元でもたらした蘇我氏こそは、日本魔王界発出の撹乱分子であったことは間違いない。日本は、極東担当の地域宗教、儒教の下の神道が統べよというのが、星の主宰神の御命じであるある筈で、一方仏教は、本来インド近辺での地域担当であった筈なのである。この地域担当の道理を無視した仏教教派の専横こそ霊天上界で顰蹙を買ったことは間違いない、鎮護国家は何も態々仏教などによらずとも、儒教神道によって執り行えば済むことだったのである。そんなことが歴史現実として自覚されぬまま、仏教は庶民遊離の哲学的詮索に明け暮れ、遂に世俗を戦国的騒乱にまで陥れ、民族神を嘆かせ(神仏習合とは、神道の側からの抵抗の企てだった)自分達をも自滅に導き、やっと江戸期以後に儒教神道の正常性が回復されたのである。それであるのにこの時代下生した副神(副仏)大川隆法は、いつの間にか霊天上界の仏教光下の専横なる者に翻弄されまたぞろ仏教最優先の教義定立をするという錯誤を犯し、しかもその仏教こそ根本で他教と帰一する根本のものではなく、悪しき国情をブツなどから程遠い、理屈過多のホットケ低次元仏教、なのであった!

今、有、の相にある、

超有の、此岸にして彼岸、の、無々(超々々神)、に各々実存は、根底絶対同通していて、それだから、此の星の仕切神を、揶揄罵倒する者も、現れ出たのである、彼を、各国ギャング・暴力団を手先にし媒介させて、跳躍進化、させんとして!

令和元年。

 震災命、令、を謹んで受け止め、自然・社会相、和、し初める、元年、にと宜しくお願いして置きます!

噴火神、台風神、地震神

の牽制継続の国情改革を、引き続き宜しくお願いして置きます、序でに、学問の進化の程も!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月 7日 (水)

松本突風被害、

ほら、その内、制裁ぼんぼん、だって言っただろう、エリ穴遺跡経由で、先祖縄文人も心配している!

税金を払わず、その税金を払って

災難を免れなさい、と言ってあげている自分に、その手数料と言えるようなみのも、一円も払おうとしない国民、お早う。自分も隆法達のように、少しずつ震災鉄槌神に、委細処置、を御任せするつもりです!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。無限の観念を数学的に明確にしら数学者のコーシーも真っ青の、諸国のギャング・暴力団を許さず、無限鉄槌を下せる(彼等に直ぐに転生復活されかねないので)ところの、神を信じなさい!

2019年8月 6日 (火)

マニ教構造の江戸的展開。

 財政赤字とは、庶民の贅沢の自己責任である筈なのに、この田沼という男は星の善悪マニ教的対立の下の日本魔王界から生まれ出た男らしく、倹約によって庶民に自己責任取らせることなく、対外的商売により財政補填を果たそうとして形。それを実現したがそれは対外に犠牲的に日本人の自己責任を転嫁するることでまた、内部に賄賂政治を横行させ、取り囲む自然神の大不興を買い、浅間山の大噴火や大飢饉を呼び込み、改革は元もこもないものとなった。そして、定信という名前も宜しき、神信ずる改革者の登場となった。現今日本に同型の状況あり、と思える者は、この歴史に学べ!

近代朝鮮への列強の侮蔑支配を

廻っての争闘は、関東大震災によって、現下と同じく鉄槌神の裁きを被ったのだと言える。当時そのように読み解き訴え出る者があれば、その後の原爆投下にまでなった(同時に大地震だって報われていた)世界戦は無かったのだと言える。それだから早く、実は、常時、神臨在だった、歴史に学ぶんだ!

先般、親に

殺されることになっても固く引きこもりを貫き通し、親を超えた神の顔にまで、泥を塗り切った者よ、その本来超神なる、の、面目躍如、を祝福しよう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。自然景観は自分、神が造って、その自分がやれと言っている行儀をやらない者は、眼だって向けてはならないことを、この先一人一人によーく分からせてやって下さるよう、神には宜しく御願いして置きます!

2019年8月 5日 (月)

当国総理には近々の次の

神の震災鉄槌(東日本震災鉄槌に向け依然、無反省なので)を便々待つことなく、その神懸かりで鉄槌政治を敷き、それだから正にその震災鉄槌到来を国から免れさせて頂きたく、ここに宜しくお願い申し上げて置きます!

他への愛情が、

自分の諸々の価値を営々育てる筈なのに、競うという他に愛無き利己心による価値向上の追求の最たるもの成り果てようする、来る五輪初め、は、その根本の考えを改めよ、選手一人一人、自分のちょうどいい目標、を追求すればいいことである!

日本国憲法前文に徴すれば、

当憲法は、科学音痴で時代遅れの伝統宗教に距離を置きつつも、この地球を仕切る神への信仰心を前提しとぃると見て間違いない、そこに書かれてある崇高な理想とは、何時かの時代に正にその神から下ろされて来て自覚されたものであった筈だから。そこで当憲法12条の、公共の福祉、なる人権抑制観念も、そこに精神性ある生産活動と観念するのが至当とされよう。然るにそれならば現下まで社会が、全くそに憲法規定の公共の福祉に悖るものとして実現されてしまっているのは間違いない。そこでこの実定憲法に、そしてそれをさらに深いところで根拠づける、自然が暗に内包する、自然法、に違背する政治経済状況が少しも正されること無き、が判断されて、二度の、その自然法根拠の自然暴力の行使となってしまっているのである。この、自然ー社会、を貫徹する普遍法理、をこそ、全世界は注視せよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月 4日 (日)

ショスタ、トウビン、の苦悩は、

誰もに別け隔てのない、無階級の社会、に目を細めてくれる筈の、取り囲むん自然の、その内に、或いはその向こうに神あり、などとは言ってはならない、矛盾した、マルクス主義国家、だったからだ。そこで残存マルクス主義大国中国、の共産党よ、同じく残存の諸国共産党を率いるべく、我が言説による、星の仕切神を信ずる、自由共産思想、に先駆けて覚醒し、再度の帝国主義状況の再現、をいち早く打開して、21世紀の世界の未来、を開け!

静物、は、精物、だ、

手を合わせて心の情を豊かにし、ゴミ問題の根本解決ともしなさい。自然は実は人間が手を掛けないと人間に恵まない。講壇哲学者や囲われ芸術家には、その肝心なことが見えない。その手がかかることを、決してキリスト教のように、神罰、だと思ったり、現代脱キリスト教徒のように、科学技術による回避、をしてはならなかったのだ!

学識だけでは、

諸々の資格試験に合格出来ても、目前の婦女暴行を抑え止めることは出来ない。そんなことも悟れず、この時代な無様な様を晒している、これまでの此の星の副神・大川隆法の書物臭さが、彼の息のかかった信者のこれまでの選挙全敗の原因なのかも知れない。誰しもが彼が作り出した此の星の、絶望状況、を自らが本来超神なる、の認識により、引き受けて行け!

小さな旅、企業勤めを

このように回避したい人も多いのだから、結果企業営為も派生させる、食料関連の農業その他を人間に強制し、その数々の逸らしに鉄槌を報いた、星の仕切神から民族の仕切神までの仕切神には、この先、宜しく御願いして置きます!

当市、ぼんぼん、の悪天は、

無反省の市民生活へのこの先、神の制裁ぼんぼん、の前触れであろう、また、近づく台風の直撃も、国民生活無反省が継続されるなら必至であろう!

基本、老齢安楽死願望でいる

弱者の前にこんな殺伐とした社会状況を作り上げ、自身がその暴力的清算を余儀無いものにされてしまっている此の星の仕切神初め、弱者に少しも行き届いたことが出来ていない者は、相互の品物比較によらずその品物の違い前提の、義務履行の十分なるか、の検討により然らざる時は、決して弱者に大きな態度であってははならない。そもないと、弱者の方から一定期間に、天衝く憎しみの返しがされるであろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。各自治体首長も警察署長も、速度違反営業・携帯使用違反営業という日常の明白な、泥棒稼業位は、徹底的に止めさせ、関東大震災頃以来から心の悪化の一途を辿ってここまで来た国土の、この先の壊滅、を何とか防ぎ止めなさい。その他先進国、新興国も同じようにしなさい!

2019年8月 3日 (土)

キリスト教よ、人生がほんのスカ

でしかなかった人間にも、次の生まれ変わりがある(当教では、普通人で二、三百年先と想定している)と言って慰めてやれる、仏教その他の転生輪廻の認識を何とか取り込み、この先進化せよ!

遠くの、ビルの破音、が、

その工事現場で働く季節労働者の咳の音との共鳴まで通行人にもたらす、この言語感覚の達成の力を信じて、詩、は、自他の絶対の死、の時まで、書き継がれよ!

祭りの日に急に大雨、

とは、市民一人一人の、心の無反省、推知させるに余りあることのなのも知れない。例えば、全体のために公平にやってくれる政治家を選ぶ、と選挙に正しい自覚を持って進んで選挙に行く市民に、早く一人一人が脱皮しなさい!

真に大宗教というなら、

信者に難しい理屈どより、人間は年を取り弱ると、自分の故郷の幼い頃の生活が懐かしくなる、という素朴な真実、を弁えさせよ!

ギリシャ宗教は

人間は皆善良でまた、農業は神恵だと言った、キリスト教は人間は皆不良で、農業は終末までの神罰だと言った。古代四大文明を、ギリシャ・中東・インド・中国、ということにすると、神罰観は中東だけで、よって仕切神の考えあは、ギリシャ等のものであろう。然るに客観は件のマニ教構造の下、善良・不良五分五分で、それが当国近々の選挙の投票率にも投影している。さらに先進帝国は、神の世界自由共産に徴して、多発テロ・大震災対応に、国際上、何の正当理由もない自己の特権化による国家悪以外の何物でもなく、さらにその内部で暴力団が悪リードしてしまうのである。一方、途上国は国際上、国家善だが、その内部で特権階級や野盗団による悪歪曲もされるのである。因みに、諸国民主党の唯物リベラルは、マルクス主義を経由したギリシャ宗教の系譜の政治思想なのだと言える!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月 2日 (金)

仕切鉄槌神から

民族の鉄槌神、土地の鉄槌神まで、逆に魔王達が暴力団・引きこもり経由で仕掛けた、それら実質支配(本来反社会的勢力である者の実質支配)の社会へ反社会的であるのが現今であるのを知りなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2019年8月 1日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »