2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 超神のようには他者の | トップページ | にほんご。 »

2019年6月21日 (金)

思いつき。

 古来、武士は共産社会の有力者として、農政・警察・軍を兼ね備える仕事をする者として主に都市に住まう者だった。そしてそこで都市の心はは田園向きの心であるべきだった。それで自然の心は何時も平らかで有り得た。これは歴史貫徹する原理であるべきだった。 現代、政治家は、有権者の神喜ぶ、美わしの政策要求を誘導せよ美わしの市場消費を誘導せよ。 自分自身の何もかもを捧げ尽くさんの思いが、誰しもに秘められている。 息の熱さを感じ合える共存が、誰しもの心も熱くする。それだから、それを引き裂く、人殺しは止めよ。もしやってしまったら、物的のみならず、その心的なるものも償え。 憎い、恋しい、・・・、今は恋しい、なんて、また、心が忘れても膝が重さを覚えている 、なんて、また嫌よ、は本当は反対の意味よ、なんて、やはり此の星では、界隈の作詞家の方が仕切神などより、余程超神評価する人間通、ということになってしまうのかも知れない!

« 超神のようには他者の | トップページ | にほんご。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 超神のようには他者の | トップページ | にほんご。 »