2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大地震の報道については、 | トップページ | 前衛とは本質的に反神的、 »

2019年5月21日 (火)

仏教について。

 霊天上界の、根本白光から黄光として分光した、悟達修行、の光線を態して、釈迦が、前バラモン、バラモン、のインド宗教史の改革者として地域の基軸宗教として確立する筈だったが、十分ではなかったようで、その後は小乗の流れとして継続され大乗改革の動きはあったものの十分ではない内に流入したイスラム教に駆逐され、また、前バラモン、バラモンを融合するヒンズー教に当地の主軸を奪われ、当地以外に広まるという有様になってしまった。そこで早く、その現代的教義改革を宜しくして本来の確立地であるインドの主軸を奪い返し、かつ今ある極東を本来の当地の主軸宗教、儒教(紫光、実業礼節、の光線)に譲り渡して、この先撤退ということを考えるべきであろう。因みに、禅系はこの儒教からの、浄土系はキリスト教(橙光、福祉、の光線)からの、法華(日蓮)系はイスラム教(赤光、政治、の光線)からの、仏教本流への出向だった!

« 大地震の報道については、 | トップページ | 前衛とは本質的に反神的、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大地震の報道については、 | トップページ | 前衛とは本質的に反神的、 »