2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 昨日。 | トップページ | 北朝鮮のように国家的に »

2019年5月31日 (金)

社会学。

 選良・一般人・暴力団・引きこもり。雅楽・民謡・ロック・ジャズ。ロック・ジャズは先ず、神の敷かんとする此の星の自由共産体制への反逆としてあって、音楽的強盗・窃盗行為と聞いて間違いない。反逆性がアフリカ原始人のビートと結びついてロックだった。またそれはアフリカ黒人を圧迫する、アフリカを蔑ろにする体制批判ともなって行く音響だった。米国だけを止め、中南米に、アフリカに行け、とはそれは神も求めることではあるが、残念ながら、ロッカーの求める世界連帯的なる、規律的労働からの解放、は神の設えし自然構造がそれ不可能にしていて、そこで君達は結局、神の応報の大自然変動を引き出すルシファー等魔王の音楽的手先、の客観を実現してしまうことになるのである!

« 昨日。 | トップページ | 北朝鮮のように国家的に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日。 | トップページ | 北朝鮮のように国家的に »