2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 遠くのブッラクホールより、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2019年4月11日 (木)

ナポレオンがなまじの聖職者より

輝いて見えたので(当代のゴーンみたいに、決して善人ではないのに)、ヘーゲルの、理性(神)の狡智、だ。ベートーベンだって、英雄交響曲、ダビッドだって、戴冠式、だ。自分ならば、キリスト教を発展させんがための、超理性(超神)の狡智、と言うだろう。因みに放浪者ランボーも、ただ一つ、驚異の放浪詩人の自己に言及するまでのことは出来なかったが、歴史は、超神繰り広げ詠い出す、叙事詩、と言い切って後、若年限りの詩的生命を抹殺して果てたのだった、歴史は美しい、と言い置いて、追って当国批評家の心臓をも鳴動させることとなって。これが19世紀西欧文化の枢軸、だ!

« 遠くのブッラクホールより、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠くのブッラクホールより、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »