2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 船で皆で流れて行く川が | トップページ | 護国が口だけだから、鳥居も »

2019年4月 7日 (日)

思いつき。

 週6週1の要求に休みを増やせの魔王側の批判のままに、栗や銀杏などの、自動落果樹木へと、他の果実樹木の遺伝子組み替えへが、作物栽培の労働を回避すべく進められてしまうであろう。 詐欺団が職能は目的整合的であるに過ぎないことを露にした。人は腕がよくても、決して自慢にはならないのだ。 勉強せざる者も食うべからず、家庭共産原理を親が貫徹しないと次第に家庭は内部に収奪をはらんだ階級家庭化する。 美食は有閑精神の味覚と食物との相関で、一昔前の百姓精神の味覚にそれがよしとされるかは分からぬのだ、つまり此の星の神はそのような金持ちの美食の味覚体験を許していず、その蔓延に不興なのだ。 しかし同じ仕様のクルマすら実は一台一台であるように、人間一人一人も神の一般想定と相違して色々だった訳であろう!

« 船で皆で流れて行く川が | トップページ | 護国が口だけだから、鳥居も »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 船で皆で流れて行く川が | トップページ | 護国が口だけだから、鳥居も »