2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 企業修羅道、消費者畜生道の | トップページ | 原始人を埋没させて生態系、 »

2019年2月 3日 (日)

核を廻っての現時的国際政治への

関与などからは程遠い、戦後的国家謹慎条項に過ぎぬとみなすべき九条改定の毛ほどの議論も始められない(特に反対のための反対の国政に何らの責任感無き革新諸派には呆れるしかない)当国は、経済的図体が大きいばかりの国際政治上の欠陥国なのだと言ってよい。スポーツ界での成功も、防衛分担を狡猾に回避しての実現に過ぎないと後指をさされても仕方がないのである。早く諸々の現実課題から目を逸らせての五輪騒ぎに浮かれていないで、国家としての当然の責務を果たせ、これも件の守護神の切望であろう!

« 企業修羅道、消費者畜生道の | トップページ | 原始人を埋没させて生態系、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 核を廻っての現時的国際政治への:

« 企業修羅道、消費者畜生道の | トップページ | 原始人を埋没させて生態系、 »