2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 許容される殺人は、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2019年2月25日 (月)

神国と魔王国と。

 仕切主神(上エル・カンターレ)副神(エル・カンターレ、現下生、大川隆法にして、霊格降下中)、霊界神国と付属の懲戒地獄と、反逆者頭目ルシファー仕切る魔王国と。地上転生は神国からだけの建前が、転生役人の魔王国密通により骨抜きにされ、戸主以下選良の家庭に、一人、他の家族の血を下げさせるヤンチャが生まれ出たりする。かの信長の生まれ出ではその典型例だった。こうして、この地上は、霊界の善悪対立をそのまま反映して神国に心を向けた、共産政治、を敷く善政家と、暴力団の類いと交んで特権階級支配を強行する(それを廻っての前提の、修羅道政治も仕掛ける)悪政家の争い、となってしまうのである。一国の階級社会は進んで、国際社会の帝国支配となって及んでいくのであって、それが今、先進帝国ということになっている。その帝国の中心都市(例えば、東京)は、特権階級国のさらに特権階級が住まう場所として、一部人間の不労富裕な生活が実現され、それを全人類に長く要求して来ている反逆者達がこうして仕切神に突き付け、現時のように大自然変動制裁向魔王国掃討、を呼び込むばかりにしてしまうのである!

« 許容される殺人は、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神国と魔王国と。:

« 許容される殺人は、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »