2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 核を廻っての現時的国際政治への | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2019年2月 3日 (日)

原始人を埋没させて生態系、

の一切の生物に、露知られることなく、何者かにより遺伝子が仕込まれていたことは、その原始人が歴史社会的に綿々発展させたれての、現代文明人により初めて解明されることになったのだ。マルクスの所謂、歴史社会の生産力の発展は、人類に世界へ向けての学問の余裕を作り出す。しかし遺伝子の仕込みは分かったものの、それと
諸生物の諸形質との対応は、殆ど何も分かっていない筈である。そこで自分の直覚として、その全的解明には全人類的取り組みが必要であろう、と。そこで、そこそこの生活水準を維持しながら(それで廃棄物過剰による生態系の破壊も回避出来る筈だ)、物的共産を学的共産へと次第次第に転容させて行く経済発展の追求、に現世界の過てる経済発展の追求から切り替えよ、と言っているのである!

« 核を廻っての現時的国際政治への | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原始人を埋没させて生態系、:

« 核を廻っての現時的国際政治への | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »