2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 外交関係も双方国の愛し子 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2019年2月 1日 (金)

働き方改革、冬場に反って

ガサつく働き方を早く止めにしなさい、他の生物が迷惑する。因みに、仕切神は生物一体の、百姓男と百姓女による共産を理想とし、経済発展は余った人を余計な物作りに回すのでなく、先祖にに向かっての学識(遺伝子学だってその一環だ)を稔らす学的百姓男・学的百姓女への転容による生態系との調和の維持を考えていて、現のような格差のある物余りの経済発展、富裕層の奥様だけが高級百貨店や好みの美術展に通うような生活はとんでもないものとして心不穏になり地も揺らしたのだから弁えさい。民主選挙とは自分の得になる政治家を選ぶのではなく、皆に公平に良くしてあげられる政治家を選ぶのだという弁えもない多数市民に諸々の意見を徴するなどより、その弁えのある、少数(もしかして唯一じゃないのか?この虚妄民主主義の惨状)賢人市民に伺いを立てなさい!

« 外交関係も双方国の愛し子 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働き方改革、冬場に反って:

« 外交関係も双方国の愛し子 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »