2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 誰をしの眼も対象への共感、 | トップページ | 生態系は、類の一部の »

2018年12月23日 (日)

空とは、非実体のようであって

実体であるという、矛盾同一せる根拠として、根本超越者の仏教的呼称としての、根本仏心、であって、来世浄土も造りその頂点で主宰し、自己を科学法則という絶対規律を纏わせつつの、微塵素粒子として、現世素材の質料となし、無機的(非生命的)自然も造り、諸生物心身も造り、有機的自然(生態系)も造り、その中心に農業以前の人類も造り、その自然に同時に自己を辺満宿らせ(以上が諸物・諸現象=色)、来世と循環させることとなった。 何時の頃から、人類中の不良を庇う反逆菩薩群により、来世懲戒地獄の他に、天魔波旬国が形成されることになった。 人類社会がそれら反逆者達により、快楽主義的階級国際社会(帝国主義)に歪曲されると、現唯今のように自然仏にブタれてしまうのである。まだ改める気があるなら、早くしなさい!

« 誰をしの眼も対象への共感、 | トップページ | 生態系は、類の一部の »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空とは、非実体のようであって:

« 誰をしの眼も対象への共感、 | トップページ | 生態系は、類の一部の »