2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 松島や、の俳聖芭蕉の嘆賞、は、 | トップページ | アトランチス文明崩壊後の、 »

2018年12月14日 (金)

当市の花いっぱいも、

現実にはゲーム機の花いっぱい、の方を増やす者の方が多く、直下震土地神を未だ不穏にし続けているのである。 また自分の市ばっかり、自分の県ばっかり、の心は、不信州にすることで、当市のみならずの直下震土地神初めをさらに不穏にする、空前の、5割均衡への先陣を切るものでありなさい。 精神障害は、精神脆弱で心に愛なく、そこで周囲の一般普通の善意(愛)位ではそれをそう感じ取れず被害に感じ続けるという基本構造を持つかに思われる。そこで信仰心のある者のより深い愛が患者の心にも当の施療者位へには愛を喚起出来た時、恐らく患者は少しずつ健常へと向かうであろう。精神医学もその唯物的なるを止め、根に深い信仰心を持って、精神を感情の根まで含めての霊魂として、広義に捉えて、立論し直しなさい。健康人を不快にする表出と自覚出来ぬ美術家は悲しいが未だ健康への治癒途上にあり、それを怪しまぬ先進国現代美術界も、当市市民生活もその位に病んでいて、刻々土地神初めを嘆かせているのだ!

« 松島や、の俳聖芭蕉の嘆賞、は、 | トップページ | アトランチス文明崩壊後の、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当市の花いっぱいも、:

« 松島や、の俳聖芭蕉の嘆賞、は、 | トップページ | アトランチス文明崩壊後の、 »