2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 現実の花。 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2018年12月28日 (金)

吉本(キチモト、

自然景観に狂気じみて、鈍感唯物、の者達の本締め)が、法的言語と共に実直農本共産労働の仕切神の仕向けを思想的に撹乱し、そんなこんなもあってその自然景観を設えた仕切神による、両震災の炸裂ということになった。究極の理想は、一人一語彙総体一文法、ということだった。こんな志向が、そちこちの職場での労働を不全に陥らせたことは間違いない。早くそのような国民の公共心の衰弱を矯めるべく、災害復興税復興位はして、仕切神への誠意を見せなさい!

« 現実の花。 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉本(キチモト、:

« 現実の花。 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »