2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 非盲者は盲者を | トップページ | 西洋の社民勢力は、ギリシャ文明から »

2018年12月 4日 (火)

人間が生態系埋没の原始から、

定住農耕に移行することになったのは何故か?より生活の安定を求めて、そして文化(学問・芸術の余裕を作るため、と一つの回答を与えて置こう。然るに、人間を超えた者がその移行を予定していたとすれば、その文化は生産者の方を向いて生産を鼓舞することにより、生産者と匹敵することが期待されていた筈である。これが以降歴史に貫徹されるべきであった共産文化というもので、それが早くに物の見事に裏切られて近々まで来てしまっていたのである。序でに農耕移行後の生活地の直下こそ原たる生態系がそのような人間的生活への犠牲を供して、刻々耐え抜いている者が潜むところ、という認識が獲得されるべきだったのである。さすれば実は自然心の内の主たる者は、人間生活を囲繞するそれではなく人間生活の直下で犠牲を供しそれだから時に叱責にも出るそれの方である、深い哲理において、老荘由来の自然心の宗教、道教、と犠牲の愛の宗教キリスト教、悪行叱責の宗教イスラム教が、根本で帰一する所以のものがあったのである。こう説明すれば縷々自分が告知している当今当市の、直下震、の実態を、誰しも納得出来るのではないだろうか?

« 非盲者は盲者を | トップページ | 西洋の社民勢力は、ギリシャ文明から »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間が生態系埋没の原始から、:

« 非盲者は盲者を | トップページ | 西洋の社民勢力は、ギリシャ文明から »