2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 当市の花いっぱいも、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2018年12月14日 (金)

アトランチス文明崩壊後の、

西洋の基軸宗教は、欧州にギリシャ宗教、中東にキリスト教、そしてイスラム教そしてその下の各民族宗教ということだったが、キリスト教があらぬ広がり方をしてしまった。一方、ムー文明崩壊後の東洋の基軸宗教はインドに仏教、中国に儒教とそしてその下の各民族宗教ということだったが、仏教があらぬ広がり方をしてしまった。仕切超越者の思惑通りに、現実地上は行かなかったのである。然るに現代、科学やマルクス主義の批判を有り難く受け止め、それら基軸宗教中、自然の囲いの下の農本礼賛(但、その農は次第次第にに、物的農から学的農へ、だ)のギリシャ宗教、儒教、をその他宗教で教義補完し、科学的・自由共産的に改革して、現代以降の基軸宗教、となすべきであろう!

« 当市の花いっぱいも、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アトランチス文明崩壊後の、:

« 当市の花いっぱいも、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »