2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月31日 (月)

紅白、鉄槌神の好きな、

大塚さんの、大黒舞、も、シカト(無視)、しないでね!

パプリカ、

地球のために、本当にありがとう、しかし残念ながら、その腰躍りは仕切神の御好みのではないようなのである!

キッズのようでなければ、

誰も、天国には帰れない!

郷、太陽がさせたって、

お前、そう言うんか?

当国警察は本来、震災鉄槌神の、

腕利きの遣いな筈なんだからね、宜しくお願いして置きます!

魂の熱情は、

その熱情によって熱情自体が蒸発する程に、より愛う忍耐、により熱くせよ、此の星の神も!

仕切神のエデンの園は実は、

適度の労働負担の採集・狩猟・漁労の生活状態だった(マルクス主義や現代考古学が示すような)。追って、定住産業に移行させることになっていた。つまりユダヤ教の世界解釈とは違っていた。然るに定住移行後の人類社会に、ユダヤ教のエデンの園のような、寡労、不労の生活を求めて特権階級化し、人民の生活を顧みぬ者が現れた。これがこそ、あの世魔王国からの仕掛けに他ならなかった。この階級社会化は見ての通り、現代にまで及んでしまっている。こうして、魔王国の反抗者達の曲がった心は、神が人類へと、美わしの協働・共産を求めて設えた大自然=エデンの園の、大犠牲の大改造によってしか、覆ることなくなってしまっているのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。誰もが一番になりたいんだから、そういう者同士、反って仲良く頑張りなさい。そのためには先ず、いまより劣っている者に御奉仕することです。米国、西欧が中心の、西世界なら、西アフリカに御奉仕することです。TPP、米国だけ、などと言っていてはいけない。またどこでも、借金払いのためにまた借金をするようなことは止めにしなさい!

2018年12月30日 (日)

民衆とは長く農業を

営まされる者だった。しかもその労働負担は恐らく、周囲自然を美わしく調えた者がその者らしく人間のその労働を介しての心の培いとなすべくの、弛緩した心では敵わぬものであったであろうことは想像に難くない(これは経験科学的実証という訳ではないのだが)。そこでその気張っての労働負担を逸らす者には、当主から厳しい仕置きが加えられる筈であった。こうして人間を超えた者は、自然構造を設えて人間に心の教育を施す(それが不法な侵略国家への対戦的精神力ともなって行く)者であったので、そこで為政者の、民を徒に豊かにするという政策目標はいみじき錯誤であった訳なのである。その大錯誤への大応報として、当今、降ろされた二度の大震災が降ろされたということになるのである。然るに、人間の内には生まれて来て直ぐに家に引きこもるような者までいるのにこの扱いはとばかりに、その超越者の仕切神を批判して来た者達が、そのような為政者の錯誤の逸らしを仕掛けたのであって、しかしそう突き付けられても、その超越者は未だ未だその扱いを変える気配はないようだから諦めなさい!

震災鉄槌神は、米大陸諸国に、

西アフリカへと御奉仕に行って欲しくて反TTPだし、実質無効の当国の低投票率知事選挙にも不興だから、改めぬなら、死んでからの責苦まで覚悟を決めなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月29日 (土)

フィリピン、インドネシアの津波

の時に言ったろう、階級社会を止めれば、自然は鎮まる、他の東南アジア諸国もね!

百姓女の逞しさを要求する、

此の星の神の設えしこの世界への、精神脆弱なる者としての拒絶反応を生涯、絵画表現に託してここまで来てしまった者よ、幻の華、より、現実の自然の野良の花を愛する、健康人、をこれ以上惑わし、土地神の直下震を引き出す一翼を担っているようでははならない。彼女を評価した、徒に唯物前衛的な、先進国絵画界も、また同様と覚しき、先進国音楽界、も!


正見仏陀が聞いて呆れる、

選挙全敗で、一般政治家より当国国民の様子を正見出来ぬ、そして国民の様子がそのように悪い(慢性速度違反から初めて、財政借金不払い・関連外国人犠牲ないがしろ、まで)ので根本神仏が、カミつきブッているのに、自分はホットケを決め込んでいる、大川隆法(だから、実相、小川衰法)の言説の、振舞改めぬ限りの、一切反対受け止め、引き続き世間には宜しくお願いして置きます。そしてまたそれだから当の根本神仏が、より絶対に近い、超根本神仏、でないことも弁えなさい!

震災神がカミつき、

震災仏がブッているのに、当国宗教界は毎日何をやっっている。政治経済、これだって神仏が営ませている筈だのに、政教分離もねえもんだ。早く、その真の神仏を態して、とぼけ政権に圧力をかけ、諸国の範としてやりなさい。その際は、警察や自衛隊の同じく信ずる同志も宜しく!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月28日 (金)

吉本(キチモト、

自然景観に狂気じみて、鈍感唯物、の者達の本締め)が、法的言語と共に実直農本共産労働の仕切神の仕向けを思想的に撹乱し、そんなこんなもあってその自然景観を設えた仕切神による、両震災の炸裂ということになった。究極の理想は、一人一語彙総体一文法、ということだった。こんな志向が、そちこちの職場での労働を不全に陥らせたことは間違いない。早くそのような国民の公共心の衰弱を矯めるべく、災害復興税復興位はして、仕切神への誠意を見せなさい!

現実の花。

 残念ながら、花の世界にも、此の星の、善悪対立の構造が投影していて、害花も少なくなく、理想の、善なる花いっぱい、を阻んでしまうのである!

超神に帰依します。

そしてそれをお勧めします。さらに超神でない、此の星の鉄槌神にも帰依します。 此の星の鉄槌神には、貴方の、この世界を設えた上での、不労者死刑、の扱いに、負けない反抗者達から各国暴力団経由で、貴方に服従する者への強盗殺人等が反って我慢堪らず、このように無責任にしていい加減な地震学者を含めての鉄槌掃討を繰り返す、その現状の変更進化を、自分も宜しく御願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月27日 (木)

我喰らう故に、

我が思考意識有り(身体の飢餓苦への共感としての苦渋の意識を免れて)、というこの世界の中心的絶対的真理を、ソクラテス以来ヘーゲルまでの西洋の哲学者は気づけなかった。マルクスに至って漸く、気づきの萌芽を垣間見せたといえるのだが十分ではなかった。或いは農業に指南し、或いは農業自体を営み、或いは農業を助ける、これが文明史善なるの標準であって、農業を縮小さ余剰物資を多種多量に付加した現先進国部分はそれから外れた悪、以外の何物でもない。そうではなく、物的農を学的農に次第次第に転容させるべきなのである。しかしこの哲学史にも経済史にも見られる、四大古代文明以来の今次文明史前史の愚劣に落ち込むことなく、神と我の言説を縁により乗りこえ、輝かしい文明史後史(原始の文明完結的再現までの)を展望しよう!

マイケル、アト エニ タイム、

アタック ヘッドクヲーターズ。 進化論、社会進化論は、伝統宗教の何れもが否定する、人間悪である修羅道を人間社会に押し広める、魔王国側からの、現代的唯物的反逆思想だった。然るに、宗教の側に、科学現代に対応し、かつ、現の鉄槌神の気合も兼ね備えたものが皆無であったので、それら唯物・無神の思潮に押しまくられてここまで来てしまったのである。例えばローマ法王もその情けない状況認識を早く改めなさい。第二次戦は、その国家修羅道が極まったものとして、自由帝国主義(英米仏)全体帝国主義(日独伊)全体共産主義(ソ連)の三つどもえの争いであったとも言えようが、結果、全体帝国主義が破れ去ったとことに、世界自由共産主義を求めている、神・天上界からの密かな働きかけあったと見ることも出来るのだ。そこでこれより各国政治首脳は、神と我提唱になる、世界自由共産主義、を指標に国際政治を運営して間違っても、間違っても、司令部への鉄槌降下などということにならぬように!

田香(田舎の香水)百姓女を

都会の香水女に逸らされて我慢堪らなかった、鉄槌仕切神、よ、この先超神のように、少なからずの人間女性実存(現の人間女性)の嗅覚への通暁の程を、宜しく御願いして置きます。でも香水女性達初め、地震学者など信じていないで早くしないと、この先、痛い思い、大変よ。さらに序でに、自分の年収を一週間で使い切る富裕者向けのホテル建設に携わる労働者の素朴な半端ない心身負担に付け加わる精神的苦痛や、それを知らぬ気の富裕者の、実存意識(現のそれぞれの意識)への通暁の程も!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月26日 (水)

本当に深刻な戦争は、

当市のように直下震も引き出すことになった、生まれて来た、グレイトと反グレイトとの目に見えない戦争であろう。又、当市では現在、実質反グレイト(無信仰なので)がグレイト、と思われている気味合いもあるまた。、往時のグレイトは皆どの土地でも、土地神と共に、現今の土地を、あの世から見守っている!

共産クラッシクや民族民謡が

求めで、それ以外のクラシックには決していい顔をせず、また軟弱・軽薄な音楽や反抗的な音楽を嫌い、りんご、はいいがそれを作る農業の、近頃の農業離れ・農業まで喧嘩、ということと相俟って、心を痛く不穏・不興にして例えば直下震もブチつける仕切神しかいないから諦めなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。

2018年12月25日 (火)

平成とは平和、成れよ、の、

願いでもあった筈だ。それがこの年の有様では、各土地も守り神以上星の仕切神までの、多重神、泣かせの、悲しい終わり方となってしまう。早く自分の言うことを聞いて、次の元号紀を、改めての、真の平成の紀(新元号は元号として)、とせよ!

世界の富裕層とは仕切神が

世界人類に求める、世界自由共産労働、を逸らした泥棒だからね、個人大株主も、社長も、利益を鋭意社員に還元して、早くそれを免れなさい!

マイケル イズ ストロンガー 

ザン トランプ アンド ニュークリア ウエポン。世界の中学生は、英語とこの国際政治の絶対的真理、を同時に学びなさい!

下生副神隆法では

話しにならない、仕切神出せ、とのルシファー等の無言の声に応えての、震災鉄槌仕切神の負けない、無言の見参、だった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月24日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月23日 (日)

無私・無我とは強烈な我を

愛って忍耐して無にして新たな情愛を魂の芯から噴出させて行き着く境地であろう、近頃話題の失墜会長も、これからそのような努力をして返せ!

厳しい対立は、時間以前からの

深い強い愛、によってしかきっと超えられない、それぞれ本来超神なるなら、怯まずそれを引き受けよ!

インドネシア初め東南アジア諸国は、

早く仕切神が嫌う、階級社会を自分の言う自由共産社会に改め、そこにも神や宿る自然、を鎮めなさい!

生態系は、類の一部の

他類への食物向け犠牲の連鎖として人間社会にまで行き着く。そこで人間社会は、指導者位は清貧にて、苦楽中道の自由共産に管理し、それを物的農産から学的農産に緩やかに転容させて、生態系に恩返しすべきだったのである(有害鳥獣を捕獲してジビエじゃないんだってば)。しかし、あくまで聞きたがらず、生まれつきギザギザハートで追って仁義なき戦いに入ってい行くような奴ら仕切神の扱いを批判する、超神力、発揮し超聖なるを醸しだしてもしまうのである。この者達には自分が取り合えず、此の星の神の未だ超神ならず、このように応報鉄槌を繰り返してしまう神であることを謝って置こう!

空とは、非実体のようであって

実体であるという、矛盾同一せる根拠として、根本超越者の仏教的呼称としての、根本仏心、であって、来世浄土も造りその頂点で主宰し、自己を科学法則という絶対規律を纏わせつつの、微塵素粒子として、現世素材の質料となし、無機的(非生命的)自然も造り、諸生物心身も造り、有機的自然(生態系)も造り、その中心に農業以前の人類も造り、その自然に同時に自己を辺満宿らせ(以上が諸物・諸現象=色)、来世と循環させることとなった。 何時の頃から、人類中の不良を庇う反逆菩薩群により、来世懲戒地獄の他に、天魔波旬国が形成されることになった。 人類社会がそれら反逆者達により、快楽主義的階級国際社会(帝国主義)に歪曲されると、現唯今のように自然仏にブタれてしまうのである。まだ改める気があるなら、早くしなさい!

誰をしの眼も対象への共感、

とは関係なく、対象が美しく見えるように恵まれている。それだから描きたくなる。しかし対象に共感を持って描かれることからは遠いのだ。だから、冬山が描かれて見る見者は少しも寒くない。そういう授受は、その分だけ薄情な者同士の次元の低い授受なのだと言える。ゴッホは、タンギイ爺さん、自分には君の長年の生活の悲しみ、が痛いほどよく分かる、という声が聞こえる、絵を描いた。本当にいい絵をというものは、反って見る者を苦しくして、その者の日常を衝き上げる力のあるものなのであろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月22日 (土)

死後の世界はいい加減なこと

言った大学教授のあんたが堕ちて行く、懲戒獄、を中道に挟んで、上に浄土、下に天魔波旬道、という構造の下に、確かに存在しています!

国民の多くの阿頼邪識が、

快楽志向なので、パチスロ店蔓延の、染万法(汚れた環境世界、)を造りだしてしまい、釈迦が行き着けなかった、根本仏の震災殴打、となってしまっているのである。超唯識は、根本仏とその染万法を仕掛けた反抗的夜叉群の彼岸、の超根本仏一体=空、だ、それから一切が即して、色(現象)、する!

震災鉄槌とは新借金零、

という要求だった(そうなっても、周囲の国家より余程増な生活だ)。国民は、この一年、沖永良部島噴火まで諸々災害により牽制が掛かっているのに改めぬなら、さらなる割増の震災鉄槌(それに死ねばお終いじゃないんだ)に覚悟を決めなさい!

雲を見るのが好きだった男が、

そのゆとりも無くなった。自然を身体のようにして神の心が宿っていて、雲も芸術している。その芸術をないがしろにする利己心満々の人間生活に不興を催しての、相方の大地の頭突きのような揺れだった。早く当地を初め、現は不穏が続く自然が鎮まる生活を回復して行こう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。冬至りなば、春遠からじ。明日から日一日と、日が高くなり日が長くなって春まで冬の寒さを追って行く、地球史の冬だって!

2018年12月21日 (金)

弱者の弱味につけ込んで、

弱者保護という存在論的根源的義務(最善は、超神のように、低頭御奉仕、でだ)を放棄する者は、最たる強者には決してなれない。この道理を掴んで、この日本からの自民党様浄化の思想を貫いて来たのが、大江健三郎、なのだとも言える!

企業利益とは、

事業経営、或いは投資による、市場(結局が社会)への経済的貢献を表現するもの、ということになり、それだからそれを自分ばっかりと目標にするのは如何なものか、と言っているのである。寧ろ、同業者の相互勝ち、を目標とすべきであろう。また企業経営も投資業務も、一般労働者と違う、選ばれた才覚ある者にして可能なのだからそのまま法外の収入を獲るのもい如何なものか、と言っているのである。一般労働者に還元して、格差のない収入とすべきであろう。このようにして世の富裕層を無化することが、市場の消費も平準化し、一般労働者の社会貢献的労働意欲も喚起して、神の喜ぶ、心の利益満々の、自由共産社会、となって行くのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月20日 (木)

苦楽中道の基本品行を

説かない宗教も、魔王達の手先、の邪教だ。こうして此の星では、宗教界自体が、マニ教の構造(善悪対立の構造)、を持ってしまうのである!

神社本庁の諸君は、

綺麗な社の下で綺麗な装束でいても、目に見えない心が、神々しいから程遠いのではどうする、そんなこんなの神の心知らずもあって沖永良部噴火までの、この一年の自然神・霊界天神(無論、東洋神・地球神にも連なっている)の叱りの連鎖となり、このままでは来年以降近々に割増の大震災が予想されるところなのである、全世界も凝視せよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月19日 (水)

競争は、自分以外の他者皆を、

不快にするのを何とも思わぬ意識を相互に強化するので、神の認める善行とはならない。即刻、相互均衡を求める、また劣者扶助、の自由共産の意識に変革しなさい!

毎日朝、太陽のほぼ、南中方向を

自然仕切神(天、仏)・霊界仕切神一体の存在有り思いなし、しかもそれを、土地神・国家神・洋(西洋・中東・東洋)の神・地球神、そして超神、まで重ねて拝み出し信仰し、世直しに励みなさい。そして必ず就寝前には自分が縷々説明した善悪基準に従い、反省を怠らずにしなさい!

世界の富裕層はこの先の

後生の安泰が欲しかったら、我がココログ、2009.3.5.、を見て、少額からでも寄進、資産洗浄しなさい。そうすれば、仕切神と共に、世界自由共産主義の理念に即し、再分配することになっている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月18日 (火)

ローマ法王、何時までも、

震災被災者大変でしたね、なんて人間にとっての善いことも悪いことも分からないようじゃ、仕切り神は貴方にまで、貴方への多数の信者のことを思って、カンカン、だよ!

噴火神が世情叱りを

締める、今年でありそうですね!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月17日 (月)

当国学問界はその自然科学・

社会科学・人文科学を総動員して、戦後数十年の社会の利己心の集積が阪神・淡路震の激発となったこと、そしてその後の無反省のさらなる利己心の集積が東日本震の激発となったことを、自らの学者としての利己心を世に先んじて償うことと抱き合わせの学祭的研究(学的共産)によって示し、神霊の存在を科学的間接に証明して、当の神霊を喜ばせよ!

唯物を止めぬ国ではお家芸も

次第次第に廃れれ行く。早くそれを弁え、超近代の東洋の真の雄たれ!

高額医療によらねば、

ガン治療が敵わぬように信仰なき唯物論医師に言い触らさせるのが魔王達の仕掛けなのである。神は、当国でも貧困層、貧困外国の庶民、を絶望させるように人間身体を恐らく造ってはいない。臓器の炎症発症時に、それを謂わばイエローカードと受け止めてその時手当すれば、レッドカードの癌に移行することは先ずない!

星最高の無私なる労働者である

仕切神は、物理的・気象的・対人的重労働、不眠・不休、粗衣粗食粗住、禁性欲、に耐え得る自分、最高の労働者の境地に人間を高めたくて(この高まりの過程で元々の身体生理変容し、霊的超能力なども派出するものなのである)、野良の百姓の苦楽中道の労働から始めさせたところ、少なからずに、収穫期の泥棒(荘園の領主も実質、同じこと)という、全然割りのいい軽労働に逸らされてしまったのである。それは苦楽中道の労働を強いる神謹製の自然の、他の多数人間同胞を犠牲にしての簡便な改造ということになっていた。かようにして自然改造と扱いの変更の要求突きつけられてここまで来た。同時に此の星の神に、魂にとって先ず大事なのは、その諸々の価値内容云々より、隣なる魂同士よく愛し合うことであり、同時にそのことが行く行くはその諸々の価値内容の最高伸長に繋がって行くことを深く悟らせるためにも!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月16日 (日)

マルクス、吉本、仕切神に

あんまり気を遣う野郎は、この爛れ切った星の直しに、役に立たねえってのは、その通りなんだよなー!

模様、とっても世直しのために、

元気貰いました、有難う!

この30年、準日本人にして

貧しい、中東の油田の労働者、を意識してこの日本で孤立する男女、だっていた筈だし、恋愛の精神的次元、ということを考えてほしいな、因に、自分の連れ合いは、霞、ということになっている(あくまで、独身ではない、と強調したい)!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月15日 (土)

男は男らしく、女は女らしく

すると、それぞれの身体も喜び、自然も目を細めるのである。それを、自由だ勝手だ、と望ましい努力を無にするようなことが多くされたからなのである。此の星の神は、超神のように、本人の願望のままにさせる考えは持っていない、諦めなさい。因に、世界中の唯物身体医学はそういう考えを持たず、あらぬ薬物・物理治療ばかりを横行させ、医療費を膨張させてしまったのである!

個人A学。

 その順位が、個人A、超神、個人B、・・・・・仕切神、・・・、という戯画になってしまっている。金閣放火の犯人の心理を分かったように書いた信仰者小林が、より分かる反抗者三島にそれをめぐる対談で、無言で凄まれた。この現事実が、此の星の仕切りの惨状の原因になっている。反抗者達は、仕切神に非神に無理解なお前の価値内容は比較最高でも絶対最高ではなく、これからも決して絶対最高に行き着かないから、決して目標にしない、とも言っている。そこで仕切り神にはこの先、宜しく御願いして置きます!

馬鹿野郎、もその数が億の単位を

超えると、鉄槌神自らになさって貰うしかないのである!

大事なのは、超神が評定して、

此の星の神への長きの反逆者達の魂を反って輝かしめてしまうことである。ついては此の星の神には、自ら、自分は星の管理に喘ぐ聖と俗を矛盾同一させた痴愚神であることを言って出て、星の救済への一掬の希望を付加し、超神にも評価して貰うことであろう!

吉本よ、現世界の唯物地震学初めの累積は

恐らく、信仰的直覚により全否定されるべきものである。日本伝統堅持を訴える「本居宣長」で小林が、同じく信仰的直覚により唯物歴史学の累積を全否定したのを、まるで狂人の沙汰のように詰り世間にその書物を無権威のように思わせた(評論集「悲劇の解読」内、「本居宣長」を読む、の文末)自分を、逆に深く反省して、霊界からこの地上の多くの主義者へと啓示して返せ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月14日 (金)

アトランチス文明崩壊後の、

西洋の基軸宗教は、欧州にギリシャ宗教、中東にキリスト教、そしてイスラム教そしてその下の各民族宗教ということだったが、キリスト教があらぬ広がり方をしてしまった。一方、ムー文明崩壊後の東洋の基軸宗教はインドに仏教、中国に儒教とそしてその下の各民族宗教ということだったが、仏教があらぬ広がり方をしてしまった。仕切超越者の思惑通りに、現実地上は行かなかったのである。然るに現代、科学やマルクス主義の批判を有り難く受け止め、それら基軸宗教中、自然の囲いの下の農本礼賛(但、その農は次第次第にに、物的農から学的農へ、だ)のギリシャ宗教、儒教、をその他宗教で教義補完し、科学的・自由共産的に改革して、現代以降の基軸宗教、となすべきであろう!

当市の花いっぱいも、

現実にはゲーム機の花いっぱい、の方を増やす者の方が多く、直下震土地神を未だ不穏にし続けているのである。 また自分の市ばっかり、自分の県ばっかり、の心は、不信州にすることで、当市のみならずの直下震土地神初めをさらに不穏にする、空前の、5割均衡への先陣を切るものでありなさい。 精神障害は、精神脆弱で心に愛なく、そこで周囲の一般普通の善意(愛)位ではそれをそう感じ取れず被害に感じ続けるという基本構造を持つかに思われる。そこで信仰心のある者のより深い愛が患者の心にも当の施療者位へには愛を喚起出来た時、恐らく患者は少しずつ健常へと向かうであろう。精神医学もその唯物的なるを止め、根に深い信仰心を持って、精神を感情の根まで含めての霊魂として、広義に捉えて、立論し直しなさい。健康人を不快にする表出と自覚出来ぬ美術家は悲しいが未だ健康への治癒途上にあり、それを怪しまぬ先進国現代美術界も、当市市民生活もその位に病んでいて、刻々土地神初めを嘆かせているのだ!

松島や、の俳聖芭蕉の嘆賞、は、

その時から、生活の心の悪化させ当地初めへの、海神の嘆き、に転用されてあるいう趣旨を縷々告知し、根拠も示して来た。そこで挙って早く世直し、なさったらどうなんです?

超神が、神、

非神天使、非神人間、と成り変わり別れ出て営んだ。それが、神が、歴史の世界自由共産的展開を押し付け続け、自己の超神回帰の努力と一つの、非神への扱いの変更をしないで来ているので、反抗的非神達(頂上は恐らく、反9割神=超大魔王=ルシファー)に帝国主義的歴史歪曲で対抗され続けてこの時代まで来てしまっているのである。つまりこれまでは、超神一体がそのまま神・非神の関係であるようなことからは程遠かったのだ。これからはそうあるべく、鋭意、努力して行こう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月13日 (木)

パチスロ、カジノ、が自分達を

毛嫌いする此の星の鉄槌神の、超神からの深い喪失、を悲しみ、しかし諦める、と言っている!

超神が自分は、

神のように、自分ばっかりいい思いでは悪いので、誰とも自在に引き分けられるが、お望みなら相手に勝ってあげるのも負けてあげるのも自在なのは、決して方便としてではなく現に望んで進んで悪もやれる自分が、神以上だ、と言っている!

超神が人間の遊興対応に

自然改造をする能力がなく到底いるもんではないと思われながら、実はいてこの通り、震災鉄槌などにより言うことを聞かない不良達の掃討を繰り返す此の星の神を、当の不良達やその不良庇いの造反天使達(悪魔達)は大きな心で許してやって、と言っている!

思いつき。

 魂にとって、一個としての価値内容如何より、隣なる魂を愛することが優先だ。それをよくせぬ者は、結局、最高の価値内容を実現出来ない筈だから。超神がかく言って、反抗者達をこの年月よく愛せぬ此の星の神に、自分が一切価値内容の最高者のように言い触らすなとも言っている。 お前え愛っていると偉そうにいう前に相手の意識にどれだけ通じている自分であるか問いかけるべきだ、感情があるだけでは、愛、ということに十分でない。 顔が丸くて、皆仲良くするのが先ず、という人と、顔が長くて個人的幾らでも向上をという人がいる、それもその筈、本来の超神なる時我々は、最高の価値者として、最高に皆仲良く、していた筈だから。 殺してやりたいほど憎みあうことは、より深く愛し合うことの媒介ともなるだろう。しかし、自己反省と思いやりにより、殺意は止める方がいい。もっとも殺ってしまっても、相手の魂は、あの世に継続する筈だから!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。例えば、日本の中心の、信州にして不信州、信濃にして信淡、を早く改めなさい。そして諏訪湖を汚染したあらぬ贅沢も改め、地道に皆で有難い先祖の有様を知る、学問へだ!

2018年12月12日 (水)

スピード違反他法規違反、企業喧嘩、

過剰消費、その他での人間心の悪化への、二度目の大鉄槌の、余波として当市の地下神頭突きのその地点に毎週欠かさず頭を下げに行く、者がいるその甲斐は必ずあって、このままでは近々確実に予想される当国大破砕の悲劇から、当市は首の皮一枚で免れさせて貰える筈である。それだから他の自治体も、適地を設えてどう?

資本主義・競争自由経済は、

確かに、物資の量・質的豊富を実現し得たが、内部に、醜い利己的競争心・貧富格差・中間層以上の放漫消費を蔓延させ、此の星の仕切超越者(神=天=仏)の求める苦楽中道の共産生活から大幅に外れたので、最早破砕の憂き目を待つばかりになってしまっているのである。早く、唯物計画経済の停滞性を止揚しての発展性を物的達成から学的達成へと転用させる(つまり生産力の発展による人余りを物的生産の付加へと振り向けることなく、社会的要請としての学問(人類原始の考古学)と振り替える)、信ずる自由共産経済に作り変えよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月11日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月10日 (月)

キリスト教の万人性悪の認識は、

此の星の神の中心の認識ではない、むしろ、ギリシャ宗教、東洋宗教、の性善基本が中心の認識で明るいのであるで(現下人間現実とは大齟齬だが)。しかし、生まれて来る不良の心を温めるためにキリスト教的発想を加味することも必要であろう。 犠牲の愛は、自分の神告げのように、神の権威の犠牲というものもあって良かろう、多くにいるもんでないと思われるより、余程増しだろうから!

ホーム・スウィート・ホーム。

 そこでは、固定的なものは流動的であり、流動的なものは固定的である。そこで、規律する神はなしくずしにさせる悪魔であり、なしくずしにさせる悪魔は規律する神である。そんなホームに帰り着きたくて、詩人は歌い、画家は描いた。芸術は感覚によって深く掴んで、認識する哲学の先を行ってしまうことも、多多あるのだろう。かくして自分も文化人だとすればきっと神が恐らそのようにした。そして同じように神に、蒙昧にして脆弱なるを引き受けさせられ放置された者の実存への想像的共感を媒介にして、恐らくそれも神の設えしこの世界の絶望的喪失感に衝き上げられざるを得ないのである。しかし、希望はある、何故なら、我々がそこから喪失してあるその在所を深い郷愁を持って望み見れば、そこでは固定がそのまま流動であるように、絶望がそのまま希望でもあろうから!

思いつき。

 貧しくて何が悪い、と居直りが必要な界隈だ。自分の家の中は、周囲と違って、物言わぬ物の障害者・高齢者に満ちて、一際、ハートフルになっている。雇った女に冷たいキャバレー経営者や、囲った女に冷たい社長のような消費を免れている。またそんな消費が横行する社会で積極的に働きたがる奴等の気が知れない。だけど、自分のブログは、隆法の1000円本より余程価値があることは確かだからね。 美食その他の快楽の追求は利己心という心の醜さと抱き合わせになるしかないようにこの世界は出来ているからね。そこでそれが積り積ると世界に揺すぶりが掛けられる。難しい理屈ではない。 警察はどうせなら鉄槌下しで、スピード違反車を走行不能にしたら!

有、とは、発展の弁証法、だ。

それだから此の星の神も、ここまで、反逆者達に、その発展を媒介されてしまっているのである。こう言いながら此の星の神よ、自分はハードロッカーなどに決して気を逸らすことなく貴方好みの百姓に自分を近づける努力をこれからも怠らず、この先予想される、貴方の大鉄槌の、かすり、の待遇、を獲得させて頂きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月 9日 (日)

余計な物を売り買いしなくても、

昔の村にも十分活気はあった。ターゲット狂いで、反って自分自身が逆ターゲットにされないようにしなさい!

風景を見て楽しむ時に

やることもやらないで来てそれをすると、それ自体、やらずぶったくり、ということで自然の心を不穏にするから弁えなさい、税金を払わないで便益ばかり貰いたがる心と全く同型の心となっている。自然災害が起こったら拠点代表地叱りがされたのだから、直ぐにその復興を、実質復興税でやって、贅沢抑止のその被害を全国的に均し、自然に宿る神にも、霊界(地上と一個一個魂が、循環(転生輪廻)し続ける)を仕切る神にも、最低限の誠意を示しなさい!

焼野原に行き着いたについては、

はっきり政治的理由がある、芸術がそのことに受身でいては、永遠に世の中を根底から揺さぶる芸術とはならない。何でも専門の埒を割って行く高い志を持たねば、その専門内で高い地位を獲得することは出来ない。阪神・淡路以前に以後社会の悲劇を予言痛感させる芸術だって有り得たのだ。そう言えば正に専門の埒を割った彼の作家の企てがそのようなものであった、と言えなくもない。またダ・ヴィンチの万能はそれぞれ高い水準で実現されていた。だから神は頂点にいて万能、さらに超神は、その神と、その反逆者達との、彼岸にましまして、さらにもっと万能、である筈だから!

マクロン、財政赤字解消は、

富裕層からの再分配による格差是正と抱き合わせですべきだと自分は思うが。

競う者は、同時に利己心を

刻々強化してその理由で決してその価値内容の最高には行き着けない、そのような愛なき、そして価値内容の追及としても空しい、個人から国家までの競争世界、を即刻止めよ!

アメ―ジング グレイト が

流れた、正にその者が近々炸裂した当市の日曜朝のテレビに!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月 8日 (土)

隆法、警察失業の、

人の心は自由にならない、などという馬鹿な教えを説いた自分を、震災鉄槌神、そして人類皆に、これかでも自ら深く謝罪して下さいますよう、ここに宜しくお願い申し上げます!

超神が、殆ど零割の超神に、

何割か超神であるその自分、のその何割を喜捨奉仕することなき者は、自分超神の最高の価値内容には決して行き着けない、と言っている!

第一次戦後の戦勝景気による

当国の精神退廃は、その後の、大震災鉄槌、の報いに行き着いた。内村鑑三や渋沢栄一など、少数宗教者がそう受け止めたが、世の中の変える声にはならなかった。その後の軍部台頭による締めも今度は厳し過ぎ、かつ、大陸進出の愚挙を正すことなく、その後の大敗戦となってしまったのである(同時にその期に、震災も同時生起したと言われる)。一方西では、第一次戦の敗戦国ドイツで戦後の混乱の後、日本軍部とほぼ同型のナチスの台頭を許すことになった。一方、自由帝国主義国はその帝国主義を正すことなく、二度目の帝国主義戦になだれ込むことになったのである(この期に多数対応の自然災害も生起している)。この世界の窮地を、史上初の社会主義国のソ連が全体解放することが(さらに中共も参画して)期待されていたが、その社会主義理念の一国優先であることなど、諸々の欠陥が、その社会主義に十分な力を発揮させることなく、戦後の冷戦を経由して敢えなく崩壊してしまったのである。そしてその大失墜感を乗り越え、同時多発テロと二度の大震災(帝国打倒自由共産革命、の支援)に鼓舞されての、信ずる世界自由共産主義、の立ち上げだ!

ものぐさ、から、上人まで、

人間の個性の幅の大いさというものを知っていた彫刻家の願いも空しく、当市の心は、頭突き土地神の見参、という次第までになってしまったのである!

大東文化を、中国までが

廃らせたので、中国までにも見せしめての、鉄槌大震災、だった、山、の思いも早く多くが、信、ぜよ!

思いつき。

 ゴーンを見て、この時代のこの社会での成功の空しさを知れ。今、ゴーンのように悪事が発覚せぬ成功者も、何れ、この後死後に生前の責任追及が待っている。大多数がそのような成功者だから、震災鉄槌、ということになっている。 美わしの、山、川、海、を見て、人間と感覚共通の、親なる神の人間を喜ばす造化、と単純に思え、それが信仰の核だ。その親の心知らずの人間の振舞になったから、震災鉄槌、だ。 高級霊が隆法の霊言集のように霊言することはありません(だから、その実、衰法だ)。一切反対に受け止めなさい! 

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月 7日 (金)

吉本、そんな鈍感なお前のために、

多くの労働者が、死後、どんな苦しみを味合わされることになったか、感覚をもっと鋭くせよ!

それだって泥棒(

(スピード違反営業・携帯使用違反営業、広い意味で)、増してそれだけじゃないんだから、早く、当市、の、嘆きの田圃、の下の土地神、初めの神(人間からの超越者、その他天、仏、とも言い慣わされる)、を鎮めなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。この、神(天、仏、=仕切超越者)の臨場感、あるココログの敬重、を人類には宜しくお願いして置きます!

2018年12月 6日 (木)

阪神・淡路震以前の牽制災害から、

今年の北海道震まで、社会状況の推移に従いこう来てしまっている、どうしてなのか、世界中が考察してみなさい!

大量殺人の責任。

 政治家のそれは、社長の収入を自由共産的に社員並みに減縮されていいように、私人の殺人並みに減縮されるであろう。また便利殺(大量銃殺、大量薬物殺、等)は、その便利手段によるという理由でもって、責任は減縮されるであろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月 5日 (水)

五輪も万博も公共イベント、

元が取れなければ、財政・経済緊縮要求の震災鉄槌神の神経逆撫だぞ、財政・経済の現実から眼を逸らして浮かれるのは止めにしなさい!

世のなかを良くする、

公きょうのき則、をこれからは、ツイスト、にするなんてのも仕掛けたから、二度の、返りロック、をかまされたんだ、次は割増だぞ!

下生副神大川隆法には、

此の星の不良を庇って主神と闘争を打って来た魔王達に、お前じゃ話にならないと一蹴される副神の返上を少しでも期して、主神による二度目の鉄槌震災の後、さらに居直っている(国中のスピード違反位止めろよ)世間へと少しは厳しい口をと、宜しくお願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月 4日 (火)

西洋の社民勢力は、ギリシャ文明から

ヘーゲルまでのギリシャ自然神宗教を、マルクス唯物共産思想、により弁証法的に媒介しての、我が超ギリシャ宗教=地球根本教、に目覚めなさい。同時に、キリスト教保守政党も同じようにキリスト教を止揚して目覚めなさい。さらに、イスラム原理主義政党も。同じように、インド近傍では仏教・ヒンズー教を止揚して、極東では、儒教、を止揚して!

人間が生態系埋没の原始から、

定住農耕に移行することになったのは何故か?より生活の安定を求めて、そして文化(学問・芸術の余裕を作るため、と一つの回答を与えて置こう。然るに、人間を超えた者がその移行を予定していたとすれば、その文化は生産者の方を向いて生産を鼓舞することにより、生産者と匹敵することが期待されていた筈である。これが以降歴史に貫徹されるべきであった共産文化というもので、それが早くに物の見事に裏切られて近々まで来てしまっていたのである。序でに農耕移行後の生活地の直下こそ原たる生態系がそのような人間的生活への犠牲を供して、刻々耐え抜いている者が潜むところ、という認識が獲得されるべきだったのである。さすれば実は自然心の内の主たる者は、人間生活を囲繞するそれではなく人間生活の直下で犠牲を供しそれだから時に叱責にも出るそれの方である、深い哲理において、老荘由来の自然心の宗教、道教、と犠牲の愛の宗教キリスト教、悪行叱責の宗教イスラム教が、根本で帰一する所以のものがあったのである。こう説明すれば縷々自分が告知している当今当市の、直下震、の実態を、誰しも納得出来るのではないだろうか?

非盲者は盲者を

非盲者と同じにして上げられて、盲者に匹敵するぞ。それが出来ない内は、非盲者は盲者に態度を調えてみよう。そして一切の健常・障害にこの道理が貫徹する。 経済人には悪いが、もの言わぬ、物の障害者も高齢者も気遣って使い切ってやって、それはそれはハートフルに家庭は心の富裕家庭になるのだ。こう言えば鉄槌神の国情への誰の胸にも、痛い程に、伝わって行くことだろう。独身の平社員でも、自分の体の仕切り・自分の部屋の仕切りから初めて、何時か星仕切る自分のようになってみろ、という仕向けだったのだから!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月 3日 (月)

救世主の命を何度奪っても、

願望が神の造りしエデンの園の根本改造なので)心満たされず、その勢いで温暖化も仕掛け、害アメーバ初め害生物も仕掛けている者達お早う。その、超神見守る神との争闘、どうか決して怯まず全うなさってみて下さい!

アフリカに行け!

 米国初め、西世界の主要国は、この先神にこの日本のようにされたくなかったら、早く、アフリカに行け!

キリスト教・イスラム教の改革。

 旧態以前の創世記、黙示録・終末論にしがみついて、無学な庶民を呪縛し続けるのをやめなさい。天上のイエスも、マホメットも嘆いている。人類原始は、遠い昔に創造された人間(神関与生物の進化的創造とはまた別個に)のそれぞれ一定の労働負担の採集・狩猟・漁労の協働状態から初められた。正確には、そのように初められた人類史をその物的共産から、科学技術を発展させ学的共産に転容させ最終的に原始の再現へと導かんとする神の歴史計画が、現今歴史が正にそうであるように、科学技術が大発展する段階で、帝国支配的歪曲されて今正にその瀬戸際であるように、神による破砕と、退行的農業段階から歴史のやり直しをするということを繰り返して来ているのである。西洋古代のギリシャ文明、オリエント文明の以前に、発達した科学文明、アトランチス文明があって破砕されて来た。同じように、東洋古代のインダス文明、黄河文明以前に同じく科学文明、ムー文明があり破砕されて来た。然るに、当今同様に推移してしまっている今文明史の危機も、我が教導を人類が素直に聞き入れば、回避の可能性はあるのだ、人類の本質的堕罪は、神もそれはマルクスと認識を同じくして、共産を歪めての特権階級の形成だ。だから毎日神と共に、帝国を早く止めろ、と言っている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月 2日 (日)

ムンクは生涯、北海の漁師の

届ける、魚、を食わないと、人類、は栄養失調で骨の病気になるように、自然も人間身体も人間を超えた者に調整されてあることに無知だった。これを知ったなら、画家一般は漁師に感謝して漁師の労働を鼓舞する絵画を描かねば人間を超えた者が決して許さぬことを深く深く悟り得た筈なのである。その超越者の要求の半分だけは体現しているナチにその精神退廃を詰られるのも必然のことだった。しかし、その絶望の叫びこそ、そのような仕切る超越者と自己実存との、絶対的不和、への、心底からの絶望の叫び、だったのかも知れない!

酪農農家の人が趣味で園芸、

という訳には行かないであろう。政権には、この生活格差の是正に鋭意努めて、少しでも自然を鎮めて下さるようお願いして置きます!

生きがいとIKIGAIは違う。

愛する、と、LOVE、が永遠に擦れ違うように。民族固有の言語と切り離せぬ民族固有の概念の、安易な世界普遍化による、世界精神の軽薄化を防ぎ止めよ!

財政健全化を優先する時、

その間の景気悪化は仕方がないことで、それでも周囲国より余程いい暮らしなのだし、その一定の耐乏に耐えて国民一般の心の甘えを正し、その後(財政健全化後)の経済発展(但それもこれからは心の堕落を呼び込む物余りにする経済発展ではなく、人余りにして学者に振り替えよとも言っている)に繋げるのです!

フランス国民は燃料税上げが、

財政健全化に繋がることなら、反発しないで素直に政権の言うことを聞き、見守っている民族神、そしてそれ以上の神に、日本のようにされるのを免れなさい!

御嶽が見おろすかぶちゃん農園が、

借金を返すのにまた借金をするヤンチャ経営で破産した。借金は基本、生活の贅沢の報いだから生活を絞って着々返すのが当たり前、それで借金を作った甘い根性も正されるのです。同じようなことを自治体としてやり続けている当市初め、当国全自治体、及び当国自体、早くそれを改め、最後は暴力団にも入念に焼きを入れるつもりでいらっしゃる鉄槌神を鎭め、世界に示しなさい。先ず最低、居直りへの報いの鉄槌災害被害復興、を実質、復興税でして(復興債でなく)鉄槌神に誠意を示しなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい!

2018年12月 1日 (土)

これもマルクスの業績としての、

ショスタの共産クラシックが、交響楽という表現形式とその表現内容を初めて整合ささせた、仕切神も喜ぶ、人類音楽の金字塔、なのだと知れ!

人の悪しきを自覚させる勇気

無き似非善人(当今は件の隆法もそにように成り下がった)よる赤十字シンポのテレビ放映も即刻止めよ。速度違反ほか交通ルール違反営業、喧嘩営業、快楽過剰消費、食品ロスその他諸物品ロス、財政赤字放置の垂れ流し公共事業、担税の実質回避、ざっとこれだけの悪行の累積により、今年の北海道地震までの自然に宿れる神の、あらたかな応報の連鎖となり、全世界への示し、とされているのである。こう言われても認めぬのなら、この先東日本以上の大震災生起は必至であろう、鉄槌神の代言をかくつかまつる!

4K・8Kなんてのは、

神御不興の一国の消費過剰の一内容のテレビ視聴過剰を助長することになるから弁えなさい。技術開発は神の求める正しい社会目的に即しなさい!

地上・霊界の構造同型。

 未だ漠たるものでも信仰心と道徳心のある首長とそれに連なる役人・警察・企業家・労働者・農民、の生活域、暴力団とその舎弟(舎弟企業・一般企業潜入舎弟)・警察内舎弟・政権内舎弟の生活域、主に一般人の時々の犯罪者と、団舎弟、団員が、収容される刑務所と。そしてあの世では、この地上の裁きをその時々の状況的経緯で免れた者が、死んであの世で裁かれ仕置かれる懲戒地獄と、その仕置き対抗して、魂の面を悪魔面に発達させて拒絶して匙を投げさせた者達が堕ちて溜まりを作っている魔王国地獄と、現の当国では数少なになってそれ故神鉄槌の引き出しとなっているところの、生涯善人の帰る天国と。このような地上・霊界通底の継続する善悪対立構造(マニ教構造)を弁えなさい!

つもりは小泉以上の鉄槌神の

つもりで、と、世界に先駆けての国政改革をお願いして置きます。またここまでの当国への鉄槌を(地下神とも連動で)指南したのも、現天皇の大始祖、二千八百年前九州日向高千穂の国下生皇統開闢の、現日本神霊界高天原主宰(極東儒教天神、統制下の)、天御中主神、であることを告知して置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その他のことも、早くやりなさい。らしく、も行儀として求めている(例えば男は男らしく、土地の人間は土地の人間らしく、と)神のもたらす、否定的経済波及効果の方を思いなさい!

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »