2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 自己責任。 »

2018年9月13日 (木)

リーマンショックを唯物的、

経済技術的に評価解釈することは、不毛な努力で、事態は、利己心のみで動く市場に神の見えざる絞殺の手が働いた、と言うべきなのである。そればかりでなく、その事態に、現の日本のように、大自然変動も連動することになっている。市場下の主体一人一人に公共心を求める、自由共産主義、によるしか方策のないことなのである。元々、経済的自由権の行使も公共の福祉に従う、というどの自由主義憲法にもある筈の法条がいつの間にか看過されてしまっている。それを何とかせねばならない。そうでないと今の日本のように、その実定憲法を基礎付ける自然法根拠の、制裁、に繰り返し見舞われ、人間経済はガタガタにされてしまうのである!

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 自己責任。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーマンショックを唯物的、:

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 自己責任。 »