2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2018年6月14日 (木)

思いつき。

 稲穂のように、人生の秋にたわわに孫を稔らせ、同時に愛(おも)う心も稔らせ身体は枯らせて愛う心として天国に帰って行く。がその仕向けたを居直って、自己中心の快楽生活・道楽生活に逸らしてしまう者も少なくないのだ。 家族には、首相にも神にも俺のために掛け合ってこいと嘯く者も生まれ出かねない程に深さがあるのだ。 歳を取ったから病気直しをしないでそのまま死ぬのは、神の許さぬ緩慢な自殺行為だ。 動物の好みと人間の気質には相関がある。 公私混同のようなブログ。しかし、地球家族の戸主、神、には、プライヴァシーもパブリシテイーもない筈だ。 人生の心底苦しい人は、一人で何もやって行くしかない本来、の自分と悟るのだ。億年の引きこもり。 価値内容の総合評価でピカ一の神の仕切りを受け止めた非神の誰彼が、その神の価値欠陥を見出だしたのだった。不良同士の通じ合いに、此の星の神はよく推参出来ることなく、ピカ一とひけらかして来たその諸々の価値も、絶対最高でなんかない目標になんか決してしない、と不良達に嘯かれるに到ったのだ!

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183983/66830281

この記事へのトラックバック一覧です: 思いつき。:

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »