2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神曰く、私が | トップページ | 神の数理問題解決芸術。 »

2018年6月30日 (土)

歴史の古代・中世と、

基本、一生百姓を押し付けなさって、少なからずに、非百姓一生、多様非百姓転々、野盗などに、人間に逸らされて来た此の星の神には、行く行く、超神のように、世界を自在に改造して、それぞれ刻々、好きな割合で存在して(存り続ける(10割存在し続ける、百姓一生は根底の抽象水準でそういう押し付けになっている)、存らな続ける(0割存在し続ける)、だけなんてことではなく今3割存在、次は5割存在、という感じで)と言って下さる、極限リベラルな神に、と宜しく御願いして置きます!

« 神曰く、私が | トップページ | 神の数理問題解決芸術。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183983/66884479

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の古代・中世と、:

« 神曰く、私が | トップページ | 神の数理問題解決芸術。 »