2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 文民、軍人を統制するとならば、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2018年4月 6日 (金)

二度の震災生起に大きに与って

力があった、吉本の唯物ながらの思想業績を、我が教開示のマニ教構造、を信じて、誰か止揚して返せ。言語にとって真実、美なるとは何か?恐らく長らく解消せぬ、此の星のこの分裂構造の無化への祈念として、個人により真摯に表出される時の言語態様、というほどにもなろうか。一昔前の江藤と同じく健全保守の不自殺という最低の道徳律も放擲せざるを得なかったらしいし西部よ、その苦衷は忖度するが、世界情況どんなに悪しくとも此の星に神は存在していて、自殺は不可、だ!

« 文民、軍人を統制するとならば、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二度の震災生起に大きに与って:

« 文民、軍人を統制するとならば、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »