2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 世界自由共産国へと自己解体 | トップページ | 価値は、限り無く無価値に近い »

2018年3月 3日 (土)

思いつき。

 神から分出されながらその神との付き合いの直中で、時に神にに反抗的非神にまでなりながら、全体を本来の超神に跳躍させるべく、企てる。 どんな者もどんな時にも、無々(ムウ)と言って、超有・有(我等皆がこの通り直中にある)の仕切者、無々、の気合を頂け。そして一切の可能事。 神の側の指導者ならば、物的にも知的に清貧にして、重労働・長時間労働も良し。特に魔王の側の手先と対決仕切る、心身重労働が不可避に必要になる。そこでこの時代なら、大物ヤクザ、即、何度生まれ変わって、負けずに潰し切る、件の鉄槌神を懸けよ。 昔は女はそれが普通の、神期待の実直百姓女が、草間の美術を好がることはない。 手錠になる泥棒までの反抗とは程遠い、警察の規制を伺いながらの、表現的ヤンチャでお茶を濁しても詰まらない。 帝国解体が俄には無理なら、最低過剰な物的生産を学的生産に振替ての、生態系を害しない、贅沢解体を、だ! 

« 世界自由共産国へと自己解体 | トップページ | 価値は、限り無く無価値に近い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思いつき。:

« 世界自由共産国へと自己解体 | トップページ | 価値は、限り無く無価値に近い »