2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 劣等の惨めな思いと、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2018年3月 8日 (木)

思いつき。

 手のかかるのは赤ん坊で一年、二年、年寄りで同じ位が理想、後は皆、百姓中心で世の生活を支えるために働く、ないしはそれに準ずるんだ(学校での学習にしたって)、金はその交換手段とだけ、観念されていい。 学校で色々知識を仕入れて理屈を語る子供の精神内容より、食わしてくれる親の生活力対応の精神力、だ。 食卓を賑わす多様な食物対応の食糧共産の生産力向上に伴う人余りを寧ろ、先祖を解明する学的共産に振り向けるべきところ、衣料や家電や自動車を付加しての徒な贅沢利便の追求に向かい、心を堕落させ生態系も破壊したので、二度の大震災まで報われたのである。世界に先駆け、速やかに懺悔し改めよ!

« 劣等の惨めな思いと、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183983/66472720

この記事へのトラックバック一覧です: 思いつき。:

« 劣等の惨めな思いと、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »