2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月31日 (水)

超神でないので、個人A学、で

個人Bその他に遥かに上回られてしまっている事態の解消、を此の星の神にはお願いして置きます!

どの土地でも囲む自然と

住まわせる自然とを設えた神仏が当の自然に宿り一方、人間界隈の神社仏閣から当地のあの世を仕切る神仏に通じている。さらに残念でながら、あの世は土地も悪魔の仕切る領域が対立していて地回りを操っている。それが土地の過半に幅を利かすようになると、詮方無く、自然に宿る神仏による、諸変動、が起きる。それがあの、当市の直下震だった。赤毛真紅口紅の世界的画家だって、実は、反神仏の不良(国際社会自体、現今、反神仏だから)だ!

無々(ムウ)と言って、

自分の体(胃、腸、・・・)の仕切の愛の花から、存在(神、悪魔、・・・)の仕切の非感絶対の愛の花にまでだ!

礼節を求めるのは、

上の者として客観の実力を示した上でだ、それが出来ない或いは困難なら、震災を起こした、諸称される、根本超越者を懸けよ。 生計のためと、世直しと、二兎を追う者は一兎も得ず、と言っていられない、非常時だ、生活を極、切り詰めて、不可能ではないだろう。 危うきに近寄らずと言っていないで、身を殺して仁をなすことも必要になろう。 人事を尽くして天命を待つ、しかしその人事は天懸かりの超常も追求してみて尽くされた、だ!  

老荘の自然心の思想も、

昔の百姓のように冬場は活動を控えめにして自然の廻りと心を通わし呼応する、自由共産主義、を、良しと言っている。因みに、超老荘は、当今の、自分の求めから外れた者達への、自然制裁、にも言及するのだ。根本道教も根本他教で、惑星星主宰超越者教、帰一、だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

世界に一つだけの花、を、

何時か式場音楽にして、選手不正を呼び込む、心醜い、修羅餓鬼五輪、を超え、決して何時までもそれを許さずまた人間を逃がさぬだろう震災等鉄槌神、を鎮めよ!

2018年1月30日 (火)

思いつき。

 車を運転してガソリンの故郷の中東の油田を思うこと。 エキゾチックとは、実は相互別れ出た境への望郷だ。 警察内の、犯罪者への正義派と人情派と。 稲に秋まで介添する百姓とその百姓に人生の秋まで介添えする神が同型ということになっている。しかしそんなこんなを丸ごと変える、犠牲の愛、でなければ此の星が最早立ち行かないことを、コンビニで万引き三昧の少年少女達が証明している!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月29日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月28日 (日)

帝国付属の、

非効率遠方宇宙研究、も早く自粛しなさい!

衰法は安倍氏が家持の、

故三塚氏が清正の、中曽根氏が道長の転生などと認定している。如何にもありそうなこと、そこで文学者にして政治家の悲劇的な人生が、かの実朝のそれを初め伝えられて来ていようが、安倍氏には、この時代も普段黙せる自然の直中にいきなり頭出しした神の実存を固く信じて、善意なるが故の苦境、を乗り越えて行って貰いたい!

自然学者よ、松島や御嶽を

美しいという感性を人間と共有する人間を超えた者がそれらをそのように設え、一方で人間の営みを評定して自然の定常運行に適宜の変動を打ち込む、当今の草津白根山の想定外の噴火にしたって。まやかしの学問で庶民を惑わすのを、早く止めにしなさい!

鉄槌神が特に神経を

逆撫にされたのは、コンビニを多数出店させて、学習意欲・労働意欲少なの少年達に仕掛けて万引きをさせたところだろう(これぞ彼等の求める此の星の自然改造の完成態だった)。そんなこんなを早く止めにしなさい。また、百均生活で財政赤字は解消出来る、早くしなさい。因みに仮に職にあぶれて、職安に通い続けるか、安易に泥棒に走るか、の分裂も此の星のマニ教構造の発現だ!

西行や小林のように戦期に

斜に構えることなく、人間の醜悪な精神状況の直中で懊悩し続けて果てた実朝やドストの言語表出の方がやはり、凄絶な冴えがあるが、しかしドストの悪人造型は現実に遠く及ばない。三島のヒトラー造型も遠く及ばない(実質、皆、彼の私小説の人物造型の方はそれなりの迫力がある)。そしてミルトンの失楽園が、此の星の霊界までの真実をかなりの程度までに表現して、黙示録もダンテの神曲もゲーテのファウストも、此の星の神・天上からの政治宣伝宜しきものであることを暴露したのであった。こうして長年の善悪対立のマニ教構造の下、それら文学の表出はその彼岸(にして此岸、或いは超集合的無意識)の、超神、から発出されていたことだったのだ。それだから神はこうして、非神の反抗により弁証法的に、超神への跳躍を媒介されざるを得ない、自己の運命、を宜しく愛せよ。然るに神は未だにそれを肯んずることなく、反抗者群に近々、さらなる大鉄槌を下す模様なのである!

保守と唯物リベラル・マルクス主義、

の政治の基本の対立構図を、震災主宰神(民族神を包容する)を信仰する自由共産主義へと止揚して、具体政策ので差異で競う二大政党制にし、それを世界津々浦々の政治の範型にせよ、と言っている!

自分への、いいね、は、

自分の本当の自分、超神、からのばかりでしかないが、しかしその超神こそ、貴方達の本当の自分でもあるから、実はその、いいね、は、霊界にまで亘っての、地球人口、数百億、の、いいね、だと自負しております、そして自分達、本当は超神、なのならこれからも、ホロコースト、なぞも、糞食らえ、だ!

アスリートは自分ばっかりでは

覇王の道で、最低レベルの者まで気遣う仁王の道、にならず、よってその道によっては、最強には反って決して行き着かないというのが孔子儒教の教えである。来るピョンチャン五輪でも、そのような心醜く愚劣な覇王道者を少しでも超えんとする選手の出現を望む。序でに、冬期に徒に騒がしくして済みませんと多くの生物に詫びる選手も!

信仰を持たない唯物リベラル、

では、単位の土地まで系列している霊天上界の守護が受けられない。土地土地の神に帰依してこそ、土地土地の神の仲の良い付き合いに導かれて、土地土地の人間の付き合いも調うのである。神を無視した唯物的な人間中心の交友は、最後は破綻して行くのである。因みに土地土地のの言葉もその土地土地の神がその土地土地の人間のために設えて来たものであることは間違いなく、その他言葉のみならず、敬重あって然るべきなのである。人間は個人として自由であることなどより、星の仕切神(それは同時に天であり、仏だ)から系列している、生まれた土地の神の家族として温もるべきなのだ。民主以前に、土地の神も仕向けていて免れ難い、人間の生産活動、というものが、人間一人一人の一生かかっての美わし奉仕の心の培いのために、設えられている筈だから。この生産活動の確実な実現こそ、諸人権も自主抑制的に従わなければならない、公共の福祉(当国憲法にも明記がある)、というものなのである!

渋沢栄一も内村鑑三も、

往時の大震災を、神の制裁と知っていた、しかしイスラム教を知らず、超儒教者、超キリスト教者、つまり根本教者、ではなかったので、社会に強くそれを訴えでることが出来ず、原爆投下も差し招いた、帝国主義世界大戦、を抑止することが出来なかった。そのほんの近々の歴史のサテツに、皆大いに学び、当今、刻々迫りつつある危機、の克服だ、ICAN、君達ももう少し頭を発達させて、Y OUCAN、だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に向かいなさい!

2018年1月27日 (土)

無=超々神は、存在(

諸段階超神主導になる)に、存在大最高度の否定性、をも喜々と止揚させ、祝福して自己の胸に招き入れる、こうして存在としての全ては終わる、それだからこの時代も凍み通った、神の悲しみ、も終わる!

大震災制裁の経済性について。

 震災神は一切範疇の最高神であらせられるので、阪神淡路、東日本と、最小限の物損、人命損、で日本全体を、世界全体、を目覚めさせよう、となされたのだ!

トランプ、環太平洋が嫌なら

好都合、西欧と共に、アフリカ救済の環大西洋に向かいなさい。同時に、環太平洋のアメリカ部分も環太平洋を止めアフリカへ、アジア部分は膝下アジアへ向かい、偽のグローバルを真のグローバルに跳躍させるべく経過的な三世界ブロック経済を営みなさい。そのために北朝鮮は、霊界で朝鮮の神にその唯物の言い触らしを叱られて目覚めた、金日成、金正日、も願っている改革開放と半島統一、に向かいなさい。無駄な抵抗の軍事開発傾斜と人民弾圧を止め、早く真の民生充実に向かいなさい。周囲国もそれを促しなさい。序でに中東核の、三世界中の中央世界は西欧、ロシア協調リード、で早く営みなさい!

引き続き、物事の正見のプロ

(再誕の仏陀なのだからと言って)と言って信者から金を集め、それが選挙でロクにそれを修練した訳でもないない多くのアマの他の政治家にも劣って選挙民の様子を正見出来ず候補者全員落選で大金を溝に捨てるようなことをした(また幸福実現と言って直ぐに自分の不幸を実現して、からきし正語が出来なかった、これをまた悪銭身につかず、と言うのだろう)、衰法等の言説の一切反対受け止め、を宜しくお願いして置きます!

各々組織の、

社会の裏筋からの舎弟と覚しい、我儘な人間(達)の抑えは、その者に対する個人力の限界を知り、集団力そしてさらにそれに震災鉄槌神を懸けて、と宜しくお願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。例えば厳冬期に労働者を酷使しての無用公共工事(前震災時のように、完成時に即、神に破壊されかねない)の金銭欲故の強行、などという神への反抗者達に仕掛けられた神への逆さ事、を早く止めにしなさい。同じように、北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月26日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月25日 (木)

さいとうたかおにゴルゴ13も

描かせて、一国の、無神修羅、を助長し日本沈没まで引き出すべく鋭意でいる者達よしかし自分は、許せぬ仕切神を許す、いっきくのお情け、を君達に期待して置きます!

スケート、卓球、と逸材が

現れた郷里、これが海神に向かっての懺悔復興の下、勝負は時の運と弁えたスポーツマンシップ高らかなる選手振りなら、本当に絵になるところなのだろうが・・・。来月のピョンチャン五輪でも、選手皆の、順位に拘らない、自分なりの健闘、を祈る!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月24日 (水)

債務を何時までも減らさぬ

財政への国債は外国人は誰も買わなくなるし、それ故の価格暴落の危険の回避のために中央銀行がそれを買い支え続けるならば、今度は円が信用を失い下落し、その結果、輸出品安を輸入資源高が上回って必ず景気は下落する筈だ。要するに、借金があるのにデフレは脱却などと言っていることが愚劣なのだ。早く、周囲のアジア人庶民の自分等とかけ離れた低い水準を思い、払うもの払っての一定の緊縮に耐え続ける覚悟をするんだ、さすれば、以前として不穏な自然(神)も必ずや鎮まる!

当市への天気予報、

全く当たってねえぞ、キチンとやんないと(正確には分かんないなら分かんないと言って)、天空神、これからも大叱りだよ、人間の血流も本人が平静心ならきっと観察すれば定常流で法則準拠のようだがしかし突発的に、というのときっと同じことであろう!

松島や、ああ松島や、

松島や。これは、現在の、松島海神と天国の芭蕉共々の、当地の人間の様子への嘆きだよ!

居らんね、

どうせ地震起こした海神に知らね振りして何かに初めるだろうこんな市に何時までもも居らんね。松島海神、その後の郷里の無反省復興への大きな許しの心での御見守り、有難うございます。でも、その許しにも自と限度があるぜ!

手のかかる仕切神(

こんなことを言われたくなかったら、早く、役立たずの衰法等百万人ばかり(信者が一千百万人なんて嘘、全員落選の選挙は信者が皆候補に入れる筈だから選挙の得票から推定するんだ)何とかしてみて)、と皆、これからもこんなふうに苦しい付き合いだよ、覚悟してね、本当は一人一人超神である者、として!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月23日 (火)

物の金儲けは、

販売市場で他者を蹴落とし、原料市場・労働市場で他者を買い叩くことで、そのままでは、本質的な心の金失い、ということになっている。 食品ロス等は裏を返せば、金の無駄遣いだ、それを正せば幾らでも増税に耐えられるだろう。 国中の乳癌対策に芸者ワルツをだ。つまり、唯物的医学は誤り、多々だ。同じように唯物的自然学・唯物的経済学も。 弱者を弱者の要求のままに甘やかすと、双方、不良認定となる。かの吉本がその気が大だった。 実業によって人が食い繋げる筈のところ、実際は武闘力を独占して食糧その他を獲取出来る、政治、が社会範疇の中で優位してしまう。 政治家や思想家の営為の倫理評価は一般庶民の生活行為のそれと自と異なる。つまり、大量殺人の命令が、人一人の殺人の、何万倍の重罪、ということにはならない筈である。ところで、一般庶民のレベルに帰って、人の生活費を奪うことは本当は、人一人の殺し、に匹敵するのだからね!  

思いつき。

 魂の悲惨が価値、という価値観。 愛情が実存する熱情である限り、それの非感化へ向かってさらに熱くすべく超え出る。 無々・無、を態して、存在内の一切の、一存在(観念、或いは物体として)個別分離して、実は、非感絶対に互いに牽引している、つまり例えば、時間と一個の石が。無々・無は、そのような存在内の一切存在に、非感絶対に低頭御奉仕している! 

超神でない此の星の仕切神

へ向かって各都市極道にまで自分達を系列化させ、億年、思いきり愚連まくって来た霊界魔王国の者達よ、自分共々、この先の此の星の神の、超神への大進化、を期待しよう。ついては、各都市警察の皆様は、当市直下震神にまで自分を系列化(仕切神・地域(西洋・中東・東洋)神・国家民族神・都道府県神・市町村神)させている仕切神を宜しく信仰して、各都市の善悪比率の逆転、に邁進して頂きたく、ここに宜しくお願い申し上げます!

民族と宗教。

 ラテン・カトリック、ゲルマン・(ルター新教・カルヴァン新教)、スラブ・正教、アラビア(スンニイスラム・シーアイスラム)、インド・ヒンズー教(内至、仏教)、中国・儒教(内至、大乗仏教)、朝鮮・儒教、日本・儒教(内至、大乗仏教)、東南アジア・小乗仏教、それぞれ教義の欠陥を補って、そしてマルクス主義も併呑して我が根本教に統合されることになっている!

有能な保守論客が自殺に

追い込まれるほどに、状況は切迫している、ということなのか、ついては数多保守論客は、漠たる信仰心を超えて、我が鉄槌神信仰を持ちなさい。また、自殺者もど根性で、あの世からこの世へ営んで返しなさい!

絶対倫理。

 午前の仕事を怠る者は、昼飯を食うべからず。この素元的倫理が上位構成されると、税金・保険料を払わぬ者は、道路・橋を通行すべからず・社会保障を受けるべからず、ということになる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月22日 (月)

大雪、本来なら人蹴落としの

受験、を初め、利己心丸出しの騒がしい営みはされていない筈だからだ、悔い改めぬなら、次の割増の大震災に、覚悟を決めなさい、強い寒気を急に流れ込ませたのも、南岸低気圧を急にそれに近づけたのも、大震災を起こしたばかりの、神、だ、世界各地の異常寒波も、働き方改革にしたって、同等精勤・同一日当位に過激でなければ間に合わない、また財政赤字どこ吹く風、の、賃上げ、じゃないんだってば!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月21日 (日)

俺達はお互いの気持ちが、

痛いほどに分かり合える仲だった筈だから、此の星の神には宜しく御願い致します!

一切の至上主義は存在論的に

思想誤謬である、無論、白人至上主義も、私達は、最根源的には、一切概念未生以前から来たった者だから!

第二次戦は自由帝国主義、

全体帝国主義、社会主義(内部に社会帝国主義化の芽を宿した)、の争いであって、帝国主義という国家的ニーチェ主義と、最初のものは個人的な信仰の集合との、第二は国家的な信仰との、第三は唯物との、結合、という複雑な政治思想同士が争ったことであった。そして何れ帝国主義であることと、唯物マルクス主義であることとで、多数人命が軽々に奪われることになったのである。無論、その際にも自然神の一定の鉄槌牽制があった筈だが、人間の争闘の強烈の前に無視されたのだった。こうして、これが限りなくいないに近い無能主宰神とその仕切りに苦しむ非神多数の構図として、本来超神なる者達の現象態としてけざやかなるものがあったのである。因みに主宰神が求める通有の政治思想が、自己に信仰を向けつつの、自由共産主義、であることが誰しもにも分かったことであろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を、早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月20日 (土)

存在・無と永遠交替変容させる

超存在の此岸にして彼岸、内在にして超越、なる、無々(超々々神)、として、無(超々神)、より、さらに、非感絶対なる愛、として、今はこうして、存在相なる超存在、の直中で!

明るく元気で何時も白い歯を

見せて笑う奴好みを超えない神しかいないから諦めなさい。序でにそんなこんなへの反発者達が、直ぐに人の犠牲の解放安楽生活へと企て嫌がらせるのがしばしばだから覚悟していなさい!

居直って死後も報われる

責苦(これは単なる言葉ではない筈だ)にも耐え抜き、強面の魔王国籍者となる気がないのなら、自然災害(無論、神の降ろす)の、反省復興税復興、から初めて、自分の言う世直し、に励みなさい!

この頃街で眼につく、

、あの、OとRの組合せも、小川(こがわ)衰法のKとSの組合せに見変えてね。 震災迷惑と言っている国民一億、それを支援する、とんぼけヴァチカン、にも主宰神の意を汲み、喝、を入れるわけでもない彼、そして自分は事態をぶちかませても足下の彼をそのようにしか出来なかった主宰神しかいなかったのだから、この星で結局自分が一番いいようにやって来た、誰しもが、それでいい、だ。因みにそんなこんなだから、オウム真理を唯々悪者に言う、一国的偽善、も止めよ、またインコ真理、雄が雌に合わせる(恐らくオウムもそうだろう)、の正反対の扱いを此の星の神が人間に向かってして来たので、繰り返しの鉄槌神、ということに恐らくなってしまっているのだが、そう簡単に変えらないみたいだから諦めなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月19日 (金)

存在は、

肯定否定の矛盾同一の非在へ向かって弁証法的(古典浪漫交互的)、仕切神が仕切への反抗を止揚出来ぬ、此の星が、点景に見える。 カントルが、無限空間をさらに囲繞する異次元無限空間が存在し次々する存在相の可能性を示した。 農業の生産力が伸展したところで、一部人間が土地を兼併して、作物のかなりの部分を自分と囲う文化人のために獲取して、必然的に文化精神と庶民の精神との分裂、雅楽と民謡の分裂、を作り上げ、マルクスも仕切神も憤らせ、折角一旦の広きのその是正の共産化も破綻させ反動でさらにその階級分裂を高じさせて当国近々まで来てしまっているのだ。そこで知識も文化も新たな信仰ある自由共産理念の下、改めて知識、文化にして百姓も可能であるがごとく精神逞しいことを証明する努力を始めよ。 冬に休む生物と、冬に強い生物と、冬も休まぬ生物と、人間も同型に対応して!

心を正せば必要はなかった、

身体病へ向かっての物的医療の丈、も考えてみなさい。臓器その他器官の酷使或いは或いは不使用へ向かっての、それらの炎症はイエローカード、それらの癌はレッドカード、同等だ、そしてあの世への退場させられた後に、さらに報いが待っている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月18日 (木)

無=非(存)在=超々神即我、

非感絶対の愛の花、実存する此の星の神、は、せめて、昼からスッポンポン、の多数人間非神、を受け容れられて頻繁な鉄槌降ろしをしないで済ます、超神、位には、早く超えて行って貰いたい、自分と同世代の当国、著名芥川賞作家、も願っています!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい。そんなこんなにより、人類はそっちこっちでの、仕切神による政治経済弾圧、を免れなさい!

2018年1月17日 (水)

スポーツチームは勝てば

負けた相手は当然不快なのだと弁え、勝者の自分達の態度を調えなさい。人に勝つ努力は人を悔しがらせる努力で、魂の根底を空しくする努力だと知りなさい。また接戦の勝負の結果はは時の運と弁え、結果に執着しないようにしなさい!

最低でもいい、という思いで

最低に非最低として低頭御奉仕する者が、真の最高に行き着く。 冬は、去年よりもっと良い春の到来の証明と思おう。 否定態が時空を超えてしまったら反って、それを超えての、超肯定態、も、超時空的に強く深いもの、と期待出来る、此の星の現況、のことだ!

魂にとって最肝要は、

愛には愛が返り、害には害が返る、ということ、そこで此の星の神はよく確めもせずに、労働を強要したり、それがよく出来る者から誉めそやしたりしてはならなかった!

害の花も愛の花に変われる、

三島も弛んだ者、弱い者、を許せれば、愛の花となれる、大江も圧迫する強者(自民党や原発)のお蔭に感謝出来れば、愛の花となれる、また此の星の神も労働の強要を止めれば、もっと大きな愛の花になれる!

食品ロス初め物品ロスを

減らせば、生物間の餌のバランスも元通りになり、生物の異常行動も減り、ムツゴロウさんも喜び、大地も山岳も天空も、あの世のこれも神仕切る天国も鎮まる。死の恐怖は生物共通、だから基本的には殺すなかれ、しかし、同時に他の生物への一定の厳粛な食料的犠牲も求められているから、その犠牲に(それをして貰った一切の生物が)感謝だ、特に人間だけはその特別の使命(原始を再現する文明社会の営み)に鑑み、その首長が命の犠牲同等の、清貧重労働、の生活で、社会の共産管理と生態系との調和、をだ!

そばに いなくなれば

さびしいけれど ・・・(1:14)。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月16日 (火)

共産。

 朝の食卓で、諸々食物による栄養共産、その食糧中心の物的共産に深く感じ入れ、但し、交換経済、を保存しつつ、そして行く行くは、物的共産の科学技術的漸進的自動化による、学的共産へ、だ!

喝棄(かつすて)。

 優者は、劣者の弱味に漬け込んで、その超神的に崇高なる、低頭御奉仕の義務、を放棄することなかれ!

超神でない此の星の神の

億年の一切の企図が、此の星の神国・魔王国の対立構造を変えることが出来ずに来た。駄目なものは何年経っても駄目だということ。帝国安楽解放区、という魔王国側からの、他民族犠牲・周囲自然環境破壊という簡便自然改造、薬漬け身体という簡便身体改造、が突きつけられているみたいだから、その鉄槌破砕ということを繰り返してばかりいないで、この先宜しく御願いします!

YOUCAN!

 先ず核兵器を使わなくても済む、国際政治状況を創出するために、頭を使うことが!

仮に蜂の巣にされても、

転生復活出来る気合の者でなければ、現在、この世界を仕切るのは無理だ、それが出来るのが、鉄槌神であり、それ以上の、超神、だ、以外の者は、それらを懸けるしかない。 愛とは、存在=複数分離、以前の、無=一体、帰さしめ充足せんとする情動、だ。 超神は、目の前の、価値貧困の非神の惨めさが痛いほど分かって自己に恵まれた価値に執着せずその非神に喜捨しようとするので、価値に最高に愛され最高に恵まれている。 価値ある者の自己満足と裏腹に、価値なきも者は欠落感故に苦しい、或いは空しい。こうしてその否定的感情体験者が価値、という裏の逆転的価値が常に前提の価値ある者と価値なき者との間に同時に成立してしまうのだ。自己満足出来否定的感情を免れる、前提の価値者(優等生)はこうして、否定的感情体験をしている無価値者(不良)に、低頭御奉仕の苦労で、裏の価値において追いつく。こうして両者は何時か、超神へ向かっている超価値者、に行き着く。 自分や長姉のように、大学に入れる頭から程遠く普通以下である次姉の諸々の思いが今ではよく分かって御奉仕に励んでいる、しかし姉達よ、一番性格に恵まれなかったのは自分(次姉は性格は最高、長姉は女の癖に男ぽいのが根本欠陥で、それでそれを正さぬから現の乳癌だ、と自分は主張している、かようにプライバシー省みず、も世のため人のため、を愛ってのことです)なんですからね!

震災神には神なのだから、

人間皆の親として人間を愛う、絶大熱情、がある、と誰も思わないのか、俺には痛いほど分かる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月15日 (月)

超神でない此の星の仕切神が、

この時代も盾を突かれてそれらにさらに鉄槌を下す気でおられる、魔(王国)の勢力とは、掲げる教義面(づら)までも正教でも、教祖の実際行動が邪に堕ちている邪教、教義が既に邪である、邪教、帝国主義者(看板信仰的(その昔のヒトラー・ナチスが例)、無神的(信長(まだ、国内限定的ではあったが)が例)であるとを問わず)、快楽遊興主義者(ヤクザの類が典型)等ということになっている。現に当国でも押し込まれてしまっといる、宗教界のみならずまだ神に心が向いている軍内、警察内、政権内、企業内の分子は弁えなさい。尚、唯物的、共産主義政党、自由主義政党、は場合によっては神と考え共通のものを持しながら(だから魔の勢力とまでは言えないが)、唯物的に神から心がそれてしまっている、ということになっている!

心の反省皆無の災害復興は、

災害応報神の心をさらに不興にする、止めにしなさい。そしてそれを少しも言わないで同じく無反省偽善的復興に相乗りしようとする、衰法等の言説は一切反対に受け止めなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月14日 (日)

農本という矛盾同一。

 
何故なら都市周縁の百姓の生活が、都市全体を生かしめる、都市の中心の生活、と考えるべきだから。今、百姓は本来は、生物皆、と一緒に、春待ちの休養の時節、だ!

概念未生以前。

 細胞生物学も短歌もその根源において区別はない。何度も生まれ変わって、その実証をこそお願いします。しかしそんなことより何より今、自然は、学問界を含めての人間社会、を、大叱り、しているんですよ。因みに社会性とは、自分が個人的にしていることを同じようにそれぞれ皆がしている、という思いでの繋がりですよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月13日 (土)

尺八は実は日本の神様が

物質粒子になって作られていてそこで自ずとそれにも心があり、そして日本の昔からの諸々の仲間を好む筈です。そこで決してそうではないみたいな女性が、演奏の才能があるからと言って、一介の人間である自分の思いだけで、尺八をそっちこっちで吹いて回るのは考えものです。そんなこんなも、震災神の御不興の種となっているのです!

自分に恵まれたものは、

逆にそれが恵まれぬ者の思いを痛いほど分かってその者に捧げ尽くすものに、と超神が、此の星の神にもこの先それを、世界の設えにまでと、宜しく御願いして置きます!

安倍総理には今国会こそ、

震災懺悔、財政赤字過激解消、を高らかに宣言する、記念すべき国会にしていただきたく、ここに宜しくお願いして置きます!

芸術は永遠に理性の感覚を

歌い続けよ、それが魂の望郷、ということだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月12日 (金)

生(なま)の個別知能を

人工知能が凌駕したとしても大したことではない。人工知能開発をする、人間の別種の知能、がそれを実現したということ。また多様な闘技知能のそれぞれ特質を解明して万能の人工闘技知能だって開発出来るだろう。それら研究の一切が、遺伝子の頭脳知性部分と霊魂固有の知性部分の相関(ここが現代の脳科学者の殆どが恐らく錯誤に陥っているところで、脳即精神、なのではない)の解明に与って力あることになろう。因みにこれからの諸々の知能闘技には、どうしてもデジタル軽量級とデジタル重量級の差別が、公平な勝負のために必要である、と思えるが?

素粒子論。

 神霊粒子の科学法則的絶対規律行動、を揺るがす程の、悪行、だけは止めよ!

科学技術。

 ニュートン、も、軍事や物余りの経済発展へ向けての科学技術開発ではなく、そこそこの生活水準でその廃棄物で生態系を害することなくかつ人余りにする、生産力の自動化を推し進める科学技術開発を提唱せよ。そして余った人は、原始の再現のための学問研究へと向かわせるのだ!

競争という利己心による

価値向上では、仲良い精進(ほぼ互角ならそれぞれマイペースで、優劣なら優が劣を引き上げる)による価値向上とその次元が違って、後者の究極の境位には前者は決して行き着けない、その努力の空しさを知れ!

ナンプレ1分に無限問の神にも、

無限分に1問の極低知能人間がその薄情を評定して背く、それを、本当は我等超神、と言うことだ。そして超神はそんな薄情でないと同時に、ナンプレ1分神以上超無限問、だ。だから、そんな神は師としても目標としても逸らして、その極低知能の者の自主的な精進が始まる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月11日 (木)

能力のある子供だけが

将来が楽しみだなんてニュース、で将来も何も期待出来なそうな、公共放送・NHK 、を早く何とかして貰いたい!

畜生衆生、修羅衆生(

恐らく直らない)、の始末を神に唯々任せることなくその御手数を少しでも分かち合わせて戴き、隣なる悪人に安易に身を背けぬ善人に自分を進化させる所存でもいます。警察もそんな神を信仰して頑張りましょう!

君達、ハートレスな消費を

早く止めよ、金持ちが愛人を取っ替え引っ替えするようで、諸々の商品ロスを堆積し自然も破壊し、これも神の心を不穏にした消費を。また物質を、霊魂無縁に擬装して神の人間に気を遣わせまいとした心にも感謝せよ!

大漁唄い込みをよーく唄い込んで、

松島海神の求める、真の復興、反省復興、による出直しを、だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい。この時代自分の、信仰的世直しの教導に載る宗教家・政治家を初めとする者は、不惜身命、だ!

2018年1月10日 (水)

生産の労苦を生産物の功利が

上回れば上回る方がよい、という経済成長の追求が、裏側で国民一人一人の、道徳心の欠如を招来させ、財政赤字・不良債権等を生起させ当国の、バブルの崩壊の後の長期デフレ、となってしまっている。そこで望むべくは、超越者を信仰しての、苦楽中道、の自由共産主義、だ。ついては、当国の敗戦以来の、唯物の、自由主義、共産主義、は当国思想界・政界から退散せよ!

フーテンの寅にも総理が

低頭御奉仕、という社会が、超・超越者(神、天、仏)仕切る社会、ということになっている!

根本般若仏心=空、

即是、色=物質粒子そして物体地球、諸生物身体、生物霊魂・人間霊魂・(菩薩・如来)霊魂、浄土・地獄空間。そして物体地球にも根本般若心は宿っていて、セクハラ貫主初め不肖仏弟子その他当国国民一般をああしてブッタのであった。因みに根本仏は、同時に、根本神、根本天!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。先ず帝国内の、自己中心・予算の貪り・快楽過剰消費・企業喧嘩・自然破壊、を止めにしなさい、。北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月 9日 (火)

喧嘩と喧嘩出来るのが

鉄槌神だ、その神に御任せするのも、その御手数を分かち合わせて貰うのも、君の自由だ!

受験生諸君、人蹴落としの

帝国的受験でなく、生物皆もそれを統べる自然神も、そして霊界神も苛立たせない、、実力資格認定競争率一倍の、自分も安らげる受験、に将来期待しよう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月 8日 (月)

三景松島の海神が叱った、

誰にも、本当は納得出来ることじゃないですか!

自分が直覚、誰よりも格段に

力が上と思える者は、それを実証する連覇、を目標としなさい。そうでなければ、覇者交互、を理想として勝負への無益な執着、をなくすことだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい。超神のように非神に徹底低頭御奉仕する仕切神ではないから、ヤクザ初め、扱いに不満を持って長く反抗している者の手先達には諦めて貰いなさい。諦めず盾を突き続けるようだったら、断固、震災鉄槌神的措置、を取りなさい!

2018年1月 7日 (日)

当たり前の、人間の親なら、

星の人間皆の親である、仕切神、の心が誰でも自分の心から想像出来る!

自分の都市ブランドの高めしか

考えないのは、綺麗な市民の心とは言えず、土地神の心を高ぶらせるものだから、教えて置きます!

安倍総理には、世界に先駆けて、

国家財政を思い税金を進んで払って、国民よ皆、自然の心をこれ以上高ぶらせぬ心の金持ちに、の教導、を宜しくお願いして置きます!

NAGNO綺麗、

土地の人の心も、利己心、でなく、綺麗、二つながら、宜しくお願いして置きます!

三九郎も町内大方そっぽ、じゃ、

土地の神、さん、やっぱり、くろう、だ、何とかしなさい、岳、でも、学、でも、楽、でも、それだけで飯が食える訳ではないんだから、実直に働く百姓への、土地神のお天気の恵みによってだ!

帝国的低劣園芸番組も、

帝国的低劣美術番組も、帝国的低劣音楽番組も、此の星の神の御望みのように早く止めにしなさい。また当国民を初め、税金不払い・人間厄介払いの性悪位は止めにしなさい。また横眼衰法も、幾ら世をこの通り悪くしているのが、此の星の神への君の頭越しの反抗者達だからと言って怖れず、その横眼を此の星の神の震災的正視(あの小林秀雄の腰を立たなくしたゴッホの大きな眼、ではないが)、へと少しでも進化させなさい!

筑豊の石炭を使って

本州の某が優雅な暮らしをしていたら、今の情報化の時代なら、その相互の生活の格差が人間的道義(それは結局、仕切神が求めるところだ)の観点から、一気に社会問題とされるだろう。そしてそれと同型の関係を当国も外国の油田や鉄鉱山の労働者の間に作り上げてしかも知らぬ振りをして、仕切神を震災降罰神とさせてしまったのである。またそんなこんなに全く非関知の当国の多数似非宗教も、いい加減にしなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月 6日 (土)

秋元康はこれから法外の年収を、

国家財政赤字に向けて喜捨して、心の金持ち、になれるのか?

働き方改革。

 合法運転なら、例えば交通誘導の負担大幅削減になりますので、本人にも警察にも、宜しくお願いして置きます。また、国土水平交通があまり多過ぎると、蔑ろにした者から、これからも国土垂直交通がかまされる筈ですから、繰り返し言って置きます!

当市の郊外のホテルからの、

当市平(平地)の眺めは、普通に敏感な者には、それが土地神(恐らく、星の仕切神から系列して末端の)人間生活のために設えたものであることを証明している。それがあの、6.30、に一点から突き抜かれたのである。適地点は選ばれた。そこで他の市町村でも、適地点を自分で想定して早く地鎮をし、かつ、住民の生活の心、を変えなさい!

大相撲行司、式守さん、

セックスは、一定数子育てをしている夫婦間で適量、でその一線を超えてはならないことになっておりますから、教えて置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月 5日 (金)

重力は中性神霊粒子同士の

友愛力だ、電磁気力は男神霊粒子と女神霊粒子との間の、恋愛力、だ、こうしてこの地球の一切は先ず、主宰神霊、から発現したが、一部人間・天使の心が何時の間にか、主宰神霊より彼岸の、超神霊、に自己を通じさせて、反抗者群、となった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月 4日 (木)

東大とマニ教構造。

 衰法よ、君の経歴記述で、東大生のイメージを世に固定するとすればそれも罪が重い。学部ということでも、実学優位の学風の中で、文学部のような、謂わば、不良学部はあるのだし、個人としても、誰彼ではないが、授業にはろくに出ず、試験前の俄勉強で一定の成績を実現する者も、幾らでもいるのだから。そのように君が考えられないことが、近々の君の選挙失態に繋がっているとも言えよう。つまり、大理想を語る前に、脚下の現実を凝視して、平のプラトニスト、を免れよ、だ!

有史以来の学識の虚妄について。

 マルクス主義以前は、学問は特権階級に従属して、宗教書から、その階級社会を、星の仕切超越者が肯定しているかのように記述し、また、自分に都合が悪いのでその階級間の接点や、社会と自然との接点につき、ろくに記述しなかったから、そしてマルクス主義以後は、その実態に憤ったマルクスにより、仕切超越者自体が、学問内から放逐されてしまったからである!

勉強せざる者、働かざる者、

食うべからず、そして景色を楽しむべからず、だ。ろくに税金を払わないのは、その税金分だけ余計働かないで(さらに深くは、勉強しないで)、いい思いをすることだから、黙って見ている超越者(神、天(地奥は準天)、仏)、がああして動いたのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月 3日 (水)

神の精神と人間精神。

 人間精神が神の精神の縮小型だという、直覚、が正しいなら、神の精神も、知覚・理性・感情、との構成であるとして(多くの哲学者が無意識に排除している、感情、を自分は精神を広義に捉えて排除しない)間違いない。そのような神の精神が、その理性部分の構想力を駆使し、同時に喜悦の感情と共に、この惑星世界も、諸生物心身も、人間心身も創造したのである(但し創造は創世記のようでなく、超進化論的であった)。そして先ず人間に神が人間に分かったのは生存継続のために不可避の労働による、情の培い、だった。そこで、同時に人間に分かたれた認識的理性による学問(それはその可能を、神が多数人間に仕向けた食糧生産に負うていた筈だ)が先ず何より向かうべきところは、その食糧生産の構造と意義の洞察であって然るべきであったのに、史上の学問はそうはならずに、これまで、実質、学者の道楽に過ぎぬ、誤謬或いは無用なそれの堆積、と成り下がってしまったのである。かの仏教学とて、例外ではない(衰法の莫迦学識にも、百姓のお蔭、という肝心要の一知が欠けている筈である)この一切の学問批判への先鞭をつけたのが、かのカール=マルクス、であった!

人間に飯を食わせて

呉れているのは、政治首長でも社長でも組長でもない、一方でそれも自分が設えた気象学法則を超えて何時も人間のことを愛い、天候を調えて呉れている、星の仕切神、そしてその系列末端の土地神である!

超神が、自分はその通り、

一事を除いて何事でも誰よりも劣等ではないが、それでもその劣等の気持ち(例えば自分劣等に低頭御奉仕して貰いたいという気持ちも)が本人に限りなく近く分かると言っている。但、ちょっと気が緩むと、本人は無論、本人の同類より、その劣等本人の気持ちが分からなくなる、と言っている!

汚い心とは利己心だ、

心の金とは愛う心だ。そこでサッカーを初め、美わしの山岳にも囲まれながら我が市ばかりがよければよい、の気持ちを蔓延させた当市が山岳とも繋がる直下土地から代表地震制裁(それは我が市ばかりではないだろうから)を受けて、市長以下、未だに関係ないと言っているのである。それがこの先、自分の教導により、市丸ごと、懺悔信仰回心すれば、一気に他の市その他への、ドミノ倒し連動信仰、となることは間違いない。ホリエモンもトランプも金正恩も、それを知れ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月 2日 (火)

トランプも金正恩も、

生まれて来た内気な赤ん坊も安らげる、世界、へと努力するんだ、とは降罰自在の仕切神からの、御達し、である!

初叱。

 余した金で福袋に群がっていると、反って悪い年になるぞ!

生まれ来て暫くして

家族が喧嘩になり、それを死後にまで持ち越す極端なケースもあるだろう。 反抗者の側の強盗生存・家人に噛み付き生存。 最低者に御奉仕して最高者に。 一人にして身体の社長、多様な自分の社長から始めて、神以上の仕切を目指す。 老年になって、引き込もって苦もなく死んで行けるようには此の星の神はしていない。 愛の、絶対熱即非熱。 自分に都合が悪くても、正しいことを言うこと。 愛の花もそう容易く大輪にまでは花開かないのだ。 ためは本人本位、気持ちを汲まして貰う。 低頭御奉仕してくれない優者はいらない。 優者であっても劣者であってもいい。 正直に闘争事実を告知すれば良かった。 哲学は抽象同一を言い、文学は具体絶対差異を言う。 政治は何時の時代も、戦国時代だ。 実直な労働の要求に、ロマン的反抗は、魂にありふれたことだった。 爽やか自然風景と、反抗者が仕掛けた爽やかならぬ社会風景と、いう非対称に此の星の神は不穏になった、そしてなっているのだと言える。 魂は存在の可能性の限りを発現するもので恐らくあるだろう、周囲へ無言で、絶対から足りないと言って!

自然風景をこれだけ恵まれて

いるなら、その自然が暗々が命じている人間社会の務めを果たせ、との内容の、番組の勇気を持っての跳躍的進化、をこそNHKの心ある方々にはこの先お願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい!

2018年1月 1日 (月)

明けまして本当にお目出度いか、

皆、静かに考えてみて下さい。そして、今年も、此の星の神の御望みの、帝国、を早く止めにする努力、をお願いして置きます。同じように北朝鮮は、改革開放と半島統一、に早く向かいなさい。また横眼衰法等の言説の一切反対受け止め、もよろしくお願いして置きます!

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »