2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

2017年11月24日 (金)

思いつき。

 信仰者でも反抗者でもなく、中間者として報いを打ち破る。 誰しも、一つ、決して、芽吹かぬ種のようにもなれる。 内容いかにも空しい人間に、自分が最高内容だと自己満足しながら、どんな思いをさせて来たか、だ。 自分の改造拒否を棚に上げて、人間の何かにの拒否を詰って来なかったか? 価値最低内容者に超時空的に低頭御奉仕と、超神が。 反抗者達は低頭御奉仕即配食、と恐らく要求している。 自然改造がされないので、多数他民族を犠牲にして元なる自然に組み込み、かつ、自国の廻りの自然を破壊する、という、簡便自然改造の態になっている。 深い悟りは、世界への、魂実存の、絶望、の力、によってもたらされる。 こんな世界の下故の、魂の長年おの固定性は、変え難さ、と、まさに一気大変革の可能性、の両義性を持っている! 

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183983/66081750

この記事へのトラックバック一覧です: 思いつき。:

« 此の星の神の御望みのように、 | トップページ | 此の星の神の御望みのように、 »