2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

我が教の4重信仰(

超神・地球神・地域神(西洋神・中東神・東洋神)・国家民族神のさらに末端的部分の当市の土地地震神信仰に当市全体が目覚め市政を整え、それを全国自治体に勧めて出よ。こうしてさらに国家全体をも国家民族神への信仰に目覚めさせ、全世界の国家にまで勧めて出よ。そして遂には、地球主宰の神への信仰、さらにはその現実の主宰神のように、このような混乱を持ち来たらすことはない筈の、理想の主宰神、超神、への信仰だ。因みに主宰神は一方でどんなレベルでも、政治も実業も医療福祉も仏教の悟達修行も道教の自然心観照も哲学もスポーツも、総帥している!

引き続き、隆法一切反対(

だから衰法、と)、とそれを言って出ている自分(謂わば新(真)幸福の科学として)への支持、を、社会的ナリの大きさ、に囚われず、宜しくお願いします!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月27日 (月)

嵐、等、と台風神等(

大塚・大黒舞、御勧めの)、対立はこれからも続いて行く!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月26日 (日)

秋元百億誘導員百数十万、

のバカ格差の放置、も許されることではないのだろう!

想定マグニチュードについて

適当なことを言って、国内に危険原発を乱立させてしまった当国の地震学者は、自分等の地震学は最早何も当てにならない、と自分から言いなさい。いずれ同類であろう、他の諸学の学者も!

正男は、癌国家北朝鮮に

革命的にして敗れたのか。北朝鮮は他国の働きかけを待つことなく、早く、その、非普通、を自己解体せよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。大塚・大黒舞、が御好きな神は、うたパス、は帝国的に軽薄で(つまり、実直農業破壊・自然破壊に対応していて)みんなパスだぜ、早くしなさい!

2017年2月25日 (土)

引きこもり新聞。

 特集「我々と、かのトランプは、何故こうまで違っているのか?」、・・・

私達は、本当は、

一人一人何事もの、超神(こえがみ)様、です!

単に訓練ばかりのテロ対策では、

大きに片手落ちであろう。何より大事なのは、この時代思い余って、唯一、正当世直しテロ、に走った、民族守護神に、総理、警察を初め心を向け心を同じうすることなのである!

弱者も自分の内なる超神を

を頼み、銃殺予言による強制も、自然力行使予言による強制も、一瞬集中の反抗力により拒絶し、後は好きなだけ休養しなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月24日 (金)

国家元首の家族と、

一庶民の引きこもりの家族とを、不等価、に考える国際社会、を早く止めにして貰いたい!

船村徹の頓死。

 何時どうやって死んで行けるのか不安で仕方なかった老齢の彼に、そんな死なせ方しかしないで周囲にも衝撃を与え、その他、扱いの不行き届きにより、多数に盾を突かれている仕切り神しかいないから諦めなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。富裕国も、富裕層も、中間国も、中間層も認めること無く、あの世霊天上界も仕切っていてこの世地上に人も送り込むが同時に、自然にも宿っていて、近々の当国の豪雪にまでに至っているように、その都度色々の程度に制裁を加える神だから弁えなさい!

2017年2月23日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月22日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月21日 (火)

標準語を我が土地を愛して、

アクセント的に変容させる者は、男気の善人である。今、然らざるひたすらの東京かぶれが増えて、自然を不穏にしている。ついでに、どこか言語的に女々しい、東京より、男らしい北関東のどこそこに遷都するのが、未来の日本のために良いことなのかも知れない!

瞑想する暇があったら、

寧ろ直覚により、正当行動をとれ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月20日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月19日 (日)

静物画が証明して、

物にも心があるのだ 。だからその障害者も高齢者もふんだんに使って、安上がりにして、超ハ―トフル、な生活をしている!

身体の長から初めて

(先ず何より、身体を動かして身体のために食糧確保だ、その他散髪だとか・・・)星の長に至れ、と仕向ける神しかいないから諦めなさい!

自分は、暮らし、とは、飯を

噛み締めて、それを提供してくれた労働者(つまり、百姓だ)を偲ぶのが基本だ、というのが此の星の仕切り神の考えだと告知しているから、この人の洒落てはいるがどこかうら淋しい絵には、誘い込まれたくないと思っている。但し、人がどうするかは今までも言っているように、人皆の本来、に鑑み、大いに自由だ!

人の家の飯粒の数まで

数えかねない(人の家に来て)厚かましい方が増え過ぎたので、魂の科学的な結論として距離を置くことにし、流石に自分とは違う、鉄槌主神に纏めて始末して貰う考えの、これまでの此の星の副神、そしてそのように掛け合う主神しかいないから諦めなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月18日 (土)

慕情。

 愛とは、自然が教える、人生の理由であり、社会共産の原理、だ!

当市検診のいい加減さも、

当市6.30震神の心を高ぶらせたのであろう、何時までも、無反省でいてはならない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月17日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月16日 (木)

日本有史以来、赤子人間を、

愛し、んで来た日本の主宰神もそれだから、この日本の現状を深く悲しんでいる、早くしなさい!

特権階級の居住域、

(国家間交通少なの間の一国内の中心都市、国家間交通の繁かる後の中心の帝国)の周囲の生態系は必ず荒れる。熊や鹿を悪者にして捕獲に向かっているようでは、この先の国家の結末は見えるだけ見えているのだ!

一社、一市は、

その経営を神の求める善なるもの(自由共産経営、自由共産企業の連合体)にして、他社、他市、にも促せ!

東芝は土光の時代からの、

家電販売の伝統破壊(安易な時代迎合の)が経営破綻の原因だと知れ。また一般に何らかの違法経営による売上は、その分、泥棒同等なのだと知れ!

豪雪神等を鎮めるべく、

冬場の公共事業の積み増しや、金持ちによる、冬季遊興過剰を止めよ。因みに、御嶽を怒らせたのも、金持ちによる、週日登山だった。また、御嶽海は、御嶽と東日本の海の繋がりの象徴として、その鉄槌神の象徴として、世直し相撲力士、角界直し力士、そしてフィリピン初めアジア各国と日本との共存共栄の実現を励ます力士、となれ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。序でに、下克上・癌国家北朝鮮(本来は天を信じ礼節重んずる儒教国家である筈の)は、早く悔い改めなさい、飢饉も直下型も報い、核兵器なんて何でもない、制裁自然神(近々は日本を制裁にかけた)が、何時も見守っている。因みに、唯物とは、同時に天であり、神、である超越者、仏について言う、唯仏、への考え違いだったのだ、これは中国、ロシア、にも言って置こう!

2017年2月15日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月14日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月13日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月12日 (日)

トランプ、この際、日本のためにも、

役にたってくれよ、それが結局、世界へも、のためだ!

城の世界遺産登録以前に、

近々潰しがかかった他の城ののように、なってしまいませんように!

君達、心醜い金持ちを

喜ばせるために一生を潰して、心空しくはないのかい?

星の仕切り神がいまして、

国連憲章があり、各国憲法があるのであり、その逆ではない。世界人民にはその仕切り神への、当然の、信教の義務、があるのだ。因みに仕切り神は自分の位から、そこここの土地神にまで層を重ねて、その土地へと頭出しするのも自在だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月11日 (土)

人の身になれる、

それが魂が魂の、その他の価値内容も絶対最高(つまり超神のそれ)に行き着かせるための、必要条件、なのである、そのことを、その超神ならざることを言うことを決して聞かぬ者への鉄槌振るいで証明なさってしまっている、此の星の神にも申し上げて置きます!

この災害、自然には魔物でも

住んでいるのかでも負けねえ、なんて何時までも言っているようじゃ、この先大変だよ!

父帰る。

 星の父に限りなく近い長兄触れ込みの大川隆法が反抗兄弟のルシファー等の仕掛けた当国状況に恐れをなして父、鉄槌神の御始末を待ち望んでいる。こうして、星の、最長兄伴連れの、自分が鉄槌を振るうばかりの、父、無能神、が帰っている、我等一人一人が本来超神なる、を証明して!

超神同士は絶対WinWinの

関係にして、それが神・非神に成り変わってもそうあらしめよう!

この世の孤独地獄と

あの世のそれとの往還を時間を超えて繰り返して来た者に敬礼、自分を初めの不良指定解除と今までの非不良にその不良の疎外体験を反芻共有させることまで此の星の仕切り神に要求して此の星のこれからの免れ得ぬ運命を確定し、本来超神の面目躍如たる者として!

日米同盟

という先進国利己は、星の仕切り神の求める世界改革=三世界論、に逆行することだから弁えなさい!

冬ごもりの時節に

反って公共事業を増やすとこうされる(豪雪)、いい加減にしなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月10日 (金)

都市の中心の消費生活は、

食品中心に意識して実直なものにし、さらにそれが周囲の農業への感謝に繋がるものにすべきだった。それが逆に、農業忌避無関心のエステサロン等を横行させたので土地神の不興を買い、当市のような直下型ということにもなったのである!

魂の寒色光の

個人平静心(涅槃・無為自然・不動心)は、魂の暖色光の隣人愛・仁の満ちた共産社会でなければよく確立出来ないのである。万教白色光帰一、仏教:黄色、道教:緑色、哲学教:青色、以上寒色、耶蘇教:橙色、回教:赤色、儒教:紫色、以上暖色、となっている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月 9日 (木)

今も何処其処の家に

固く引きこもる、頭も悪いその他の能力も低い気も弱く性格も歪み自己中心で性的心身同一性も欠く、しかしその惨めな魂内容を億年(だから実質、時間を超えて)変えることなく、周囲の家族にもその向こうの星の仕切り神にも逆らって来た(だから心に周囲への愛の皆無の)の者の心に誰かにでもの愛を宿させるべく、人間の扱いが如何わしい仕切り神の存在とその扱いに囚われることなく、一人一人本来は超神なる者として、努力して行こう、近々物故した唯物論的反逆的大思想家、吉本隆明、も!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい

2017年2月 8日 (水)

言わず語らず。

 美しい山並が、それと真逆な世の中の乱しが、それに報いた大自然災害が。早く、日本から初めて同類国皆、懺悔の構えを固めなさい!  

農業に恩知らずの、

工業生産者も、学者も、宗教修行者も、本当は生きていられない、厚顔な穀潰し共、なのである。因みに、百姓が稲の成長を介助する時、その百姓を自然の神も霊界の神も一体で介助しており、しかし近々はそれと真逆な真実が示されてしまったという訳なのである!

米を稔らす稲にも

心も稔り枯死してあの世に帰って行く。その稔らすことを毎年繰り返す百姓の人生の秋にも孫が稔り、百姓の心が稔り、同じく枯れてあの世に帰って行く。この単一透明な真実を態しての、毎年の、新米、という、人間の味覚、への、そして社会の核なる、絶対芸術、だった、此の星の神・東洋の神の仕向けたところの。しかし西洋でも同じように仕向けたそれをユダヤ教は被害神罰と解釈してキリスト教に引き継ぎ、長く(現代、マルクスによる打破、に至るまで)西洋を悲劇的に呪縛してしまったのである!

石油ストーブ。

 この石油を掘っている中東の労働者、そしてそれを支える農民の惨めな生活を思えば申し訳なくて、自分は決して無駄遣いは出来ません!

神がエデンの園(

ユダヤ教の言うような労働少なで生活が済むようなでなく、我がブログに言うような一定量の労働が人間の心を少しでも神聖に近づけるために不可避になっているところの)やアダムとイヴ以来の人間心身を改造をしなければ、その疑似改造を企図してこの地上に帝国主義を仕掛ける、あの世のルシファー等の魔王国自体は(この地上から仮に帝国主義分子が完全に掃討されても)、決して崩壊しない、諦めなさい!

当国総理、難しいが公用車位は

速読制限を固く守って、震災鉄槌神に少しでも誠意を示してみよう。ついでにこの鉄槌はこの先、日本だけのことではないぞ。さらについでに、総理は知己の各国元首に、国民一人一人のパソコンやスマホの中に、神と我の聖ブログが既に大量に置かれていて何時でも読めるようになっていつことを伝えて貰いなさい。それで内容の骨子は、何時でもどこでも世界人民が、この聖ブログが読めるような世界に、ということだ!

ああ ひとは

むかしむかし・・・・・(3:30)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月 7日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい、やたらの競争に耽り、冬場も騒々しくして周囲の冬眠中の多くの生物に顰蹙を買うところの!

2017年2月 6日 (月)

超神は鉄槌神にも

鉄槌を振るえる者として、神・非神共通の本来の自分として、それぞれの内に潜んでいると同時に、何時でも外化して、それぞれを支えてもくれる。よってそれぞれは常に時に、孤独になっても同時に孤独でない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさ。しかし、此の星の神には、貴方の星への愛の放射が億年、此の星の分裂の解消へ無効だったとなら、この先毎日、その億年の未だ無限ならざる愛の積分値を1日で上回る愛の放射の心がけ(貴方が基本に設えし、世界、生物心身、の改造、を含めて)、を宜しく御願いして置きます!

2017年2月 5日 (日)

選挙全敗言行不一致の

宗教(疫病神宗教)団体の解散追い込みを、引き続き世間の心ある人士には、宜しく御願いして置きます

生まれつきの負け犬が、

人生努力して勝ち犬になれ、とのたもうた教祖の安眠をどうにかして妨げるべく、今日も生まれてから繰り返して来た、遠吠え、を繰り返している!

最早帝国居直りへ歯止めは、

その居直りを社会の裏筋から暗々に仕掛7生ヤクザ達(死後に生前の行為を責めに来られても神への反抗の頭目達に支えられて屈せず、何度も潜入生まれ変わっては、この世地上社会の撹乱に向かう者達)を流石に負けずに7生その度に許さず潰す、震災鉄槌神しか残っていない。政権警察の未だ心ある者達は、早く拝んでその神懸かりをこそ、心がけなさい!

日本は改革開放をした中露、

を勇気を持って信用し、相も変わらぬ、地域違い・文化違い、の、日米同盟、を止めよ!

入国禁止は、

日本を見せしめに、先進国・新興国に中東を初め途上国への奉仕を求めている、仕切り神、の御意思に悖っている、止めにしなさい。トランプ、テロ対策なら幾らだって他に方策がある、今、自然制裁神に今、日本で、制裁自然神に転じて見せた(日本で江戸期に田沼の悪政に噴火で報いてその神由来の美姿の一部を敢えて醜くし、分かる者には分かる、噴煙により刻々心ある者として生きていることを証明ししつつ以後日本に不断にその姿により警告を発し続けてきた、浅間山神、が典型例)、民族神乃至国家神・地域神(キリスト教神)・惑星主宰神の三層重ね、を畏れなさい。因みに仕切り神以上の超神ならば、求める奉仕は単なる奉仕を超えて、低頭御奉仕、だ、それを仕切り神に先んじて実践すつなら、それも結構!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。何にも悪いことをしていないのにこんな目に合わせる、自然の中の魔物やISや左翼ヤクザ、に負けない、じゃないんだってば、君達大多数の方が悪いんだ!

2017年2月 4日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月 3日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月 2日 (木)

衰法、トランプの

心だって自由に出来る、鉄槌仕切り主神、が、その内御前の夢枕に立って御前の心も自由にするぞ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2017年2月 1日 (水)

ローマ法王にも、

核兵器無用の世界の実現を阻むことを核兵器を持ってする国家には、負けずにそれを上回りかつ勝者がそのまま生存継続可能な発達した核兵器を持って対抗せよ、と命ずる此の星仕切る、厳しき神、を告げ知らせよ!

北方領土を回復

したかったら、神国らしい、先ず毅然たる軍事自立を果たしなさい!

全面入国禁止は、

リベラルをも受容している超保守の米国主宰神・キリスト教神・地球主宰神の認めるところではない、止めにしなさい!

環太平洋は世界経済の

輸送コスト・通信コスト・文化コストを浪費しながら、裏で、環大西洋の、西アフリカ発の海賊横行を差し招く、止めにして、神と自分の、三世界論によりなさい!

日銀の国債買いは、

インフレを差し招き、そのことによる円不信による安が、貿易悪化も指し招くであろう。成長は財政・金融政策などによるのではない。自己責任の財政赤字解消のための緊縮に耐えた国民一人一人の精神力が転じてする、自助努力による旺盛なイノベーションによるべきなのだ。かつその成長はこれからは、一定の物資の生産者を削減する体の(物資をどんどん増産して精神堕落を差し招くものでなく)ものであるべきだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。当国では例えば、いい加減な地震学者の御墨付きによる乱造危険原発が未だに放置されていて、皆、平気な顔で(顔をひきつらせての危機感がある訳でもなく)生活しているのが、自分には気が知れなく思われる(またそれだから、半分、諦めている)。地震学者の最大地震規模の想定は全くいい加減だったのだし、また、古来大地震は、自然法則的に生起したのではなかったのだから!

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »