2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月29日 (土)

科学と哲学。

科学は諸事物の事実についてその時代なりの最高の確からしさを示すに過ぎず絶対事実を示す訳ではないから、それに基づき、その事実の存在意味を問う哲学も 相関で時代的相対を免れ難いものとなる。ヘラクレイトスの哲学もその時代の科学との相関だ、近々のヘ―ゲルの哲学も同様だ。然るにそこで科学の時代的発達は対応の哲学の発達をその限りで保証することは間違いない。一方観点を変えると科学を待つまでもなく、我々が長く、食糧共産(特に大多数が主食穀物の共産に)に繋がれるしかない存在であるしかなくなったことはおおよそ直覚出来ることであり、その際経緯で特権的に世界認識=学問を許されることになった者は科学者も哲学者も宜しくその食糧共産を徹底的に科学し哲学して、以外社会制度にも自然にも決して気を逸らすべきではなかったのである(ヘ―ゲルまでの、そしてそれ以後もの、愚劣学問)。さすれば人間精神の人間身体への奉仕行が身体生命寿命の限り仕向けられているというこの世界の核心的事実が洞察されて、かかる現在の神の破砕を待つばかりの歴史運営の錯誤を差し招くこともなく、庶民、人民、大衆を諦めさせ、心平らかに営ませることも可能であったことであろう。しかしさらにかような一部国家の国際間の帝国としての世界共産労働の逸らして反逆者達の仕掛ける、人類一部による他を犠牲にしての、神の設えし自然の変造と思いなされ、長く此の星を救い難いものにして来ていることも、さらに告げ知らせて来た!

へ―ゲルよ、

認識は、私達の本来の在処を郷愁して常に、了解〈感〉、と共に現象している、一方、感覚も同じようにその直中で何時も、関係認識、を直覚している!

伝統宗教の諸禁忌は時代的方便で、

星仕切る神はこの超近代から、それを一切止めにしなさい、と言っている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その一環として、日本は阪神・淡路まで悪習として募らせた、無駄な公共事業、を早く止めにし、諸先進帝国に範を垂れなさい!

2014年11月28日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月27日 (木)

魂の光線系列。

10次元根本神白色光から分光して、橙(福祉、キリスト教)、赤(政治・軍事、イスラム教)、紫(実業、儒教)、青(哲学、ギリシャ哲学・西欧近代哲学)、緑(自然心、老荘・道教)、黄(悟達修行、仏教)、ということになっている。赤が最も男性的(行動的・理性的)、緑が最も女性的(陰セイ的・感性的)で、後は中性的ということになっている。青・緑・黄は脱世俗的・個人主義的で寒色系と言われる。その他はその反対。全体を覆って湿色光の芸術の光線、金属光の科学の光線があるその他、赤の光線系列近辺から、武道・格闘技・スポーツ・超能力等の技量の争いに明け暮れ、他の多数と中々調和が難しい者達の裏の光線世界が広がっている。また、全体が地域霊界・民族霊界と交差している。また天上と真反対に地獄懲戒獄そして天上光線円錐対応地獄解放区背光線円錐が形成されている(その尖頂にましますのがルシファ―御大)。また天上界と地獄界の中間に唯物論者の帰る無意識界というものがある。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月26日 (水)

ベースとして生活の不健全を省みず、

技術ばかりを濫用して目先の手当てをしようとする、これも帝国の愚行であるそれ、を止めよ。食事がうまくなる最大の秘訣は、一昔前の百姓同等に額に汗して働くことであるように、此の星の神が造ってある!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月25日 (火)

ラヴミドル教=(超神教・)地球根本神天教。

神の愛(キリスト教、イスラム教のような)、天の仁(儒教のような)を態せ。但、内核の人格は仏教説くように煩悩を絶って平静に、そして何度も生まれ変わってだ。そして政治経済は世界自由共産主義だ。またマニ教説くような、いつ果てるとも知れない、神の勢力と悪魔の勢力の対立(それはそのまま、世界自由共産主義と帝国主義との対立だ)を直視してだ。また神がこの対立を止揚出来る、超神、へと跳躍されることを願ってだ!

東洋史。

ム―文明の崩壊 → インダス文明(前バラモン教)・(黄河・長江)文明(古中国宗教)→ 前マウリヤ朝諸国(バラモン教)・((イン・周)(古中国宗教)→春秋戦国(儒教・道教))→( マウリヤ朝(仏教)→クシャン朝(仏教))・漢(儒教)→ グブタ朝(ヒンドゥー教)・(南北朝諸国(仏教・道教)→隋・唐(儒教))→ デリー・スルタン朝(イスラム教)・(五代諸国→ソウ→元→明(儒教))→ ムガール帝国(イスラム教)・清(儒教)→ イギリス統治(イスラム教・キリスト教)・清 → (インド(ヒンドゥー教)・パキスタン(イスラム教))・(中華民国・中華人民共和国(マルクス主義))。

帝国とは黙示録のルシファ―等の

の仕掛けるものであり、当今の大震災は同じく黙示録の終末様相の走りだと見てもよい。但し終末後に神を信ずる人類が救世主と共にするのは、世界自由共産主義だ!

西洋史。

アトランティス文明の崩壊 →( 古代ギリシャ(固有宗教)古代エジプト(固有宗教)・バビロニア(固有宗教・ユダヤ教)・古代ペルシャ(ツァラトゥストラ教))→(ローマ帝国(固有宗教・キリスト教)・ササン朝ペルシャ(マニ教))→(神聖ローマ帝国(旧教)・東ローマ帝国(正教)・サラセン帝国(イスラム教)→((神聖ローマ帝国(旧教・新教)・オスマントルコ(イスラム教))→(米国(新教・旧教・実用主義)・EU(旧教・新教・正教・マルクス主義・科学主義)・アラブ諸国(イスラム教)。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月24日 (月)

イメージとしての地獄界。

夜の都市歓楽街の電飾の直中の薄暗い空間のようなものが広がっていて、この世でのを擬したあの世なりの飲食三昧、性三昧、遊興三昧、そして喧嘩三昧がされていて、根底でルシファ―御大等が仕切っている。また天上界が派生的に設えた、本来の懲戒獄は領域少なになっている!

我、体と共に飢える、故に我存り。

この絶対的真理を、果たして百姓に役に立っているか知れたものではない教師を生業としていたのでは、決して悟れなかったことであろう!

未だ宮廷楽の体裁を脱し得ない

(ショス氏の共産管弦楽にしても)管弦楽が、楽器の革命も含めた、そこに、農業核心の世界共産精神、を器楽形式としても態する、新時代の世界の指導音楽形式として自己革命を果たす時節は来るのか?

「饗宴」批判。

ソクラテスよ、週日夜半、労働者は昼日の労働に疲れてグッスリ眠っている。さすればその同じ時に酒を酌み交わしてする哲学談義は、労働者を犠牲にしてする特権階級の観念形態として先験的に真知(歴史社会を正しく導くために必要な正しい知識)を掴めぬことになっている。労働者と共に未来に向かって食いつなぐべく学問するものだけが、この世界へ向かっての真知を掴む。例えば神が優先に我等に分かち合った理性は、食いつなぐための作業的理性であると、また食いつなぐとは、精神の身体へ向かっての、自己固有の欲(それこそ認識欲がそれだ)を犠牲にしての奉仕行であると!

超プラトン。

不善なる学問は真知を掴めない。征服民の犠牲の下のアカデメイア講壇のプラトン学も然り、プロシャ帝国講壇のヘ―ゲル学も然り、そして植民地収奪を償わすさらに実質支配を継続する先進帝国の学然りだ。震神を信じて世界自由共産へと革命的に企てその直中で学問する者だけが、その震神が一切を設えしこの世界への一切の真知を掴む!

植民地収奪を償わぬ西欧帝国故の、

虚妄な諸学の一端である、生物心身二元の基底認識のない、身体医学を止めよ。それは今朝の脳病への水素ガス使用などという、徒らにして不相当な、そして富裕層にだけ可能な広義の物理治療(先般の癌の陽子線治療もそうだ)を横行させる!

償い、は神の善悪基準を

認めるつもりがあるなら、それに従ってしなさい。倫理的に怠ったのだから、今度は倫理的に余計に苦労してちょうどいい。 価値自体の価値上下。頭脳より性格だろう。だから自分はその昔、周囲に性格の良さを鋭意、恵んで欲しかった。さすれば自分も周囲に頭脳を恵んで返したであろう。こう書いているのは、自分は周囲を許して自分で自分の性格を矯正して(一生そうしないで居直る人も此の星では見ての通り多数だ)自分の方は進んで償いとして、周囲に頭脳を恵んでいることでもある!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月23日 (日)

阪神・淡路以来、緊縮、が、

震神が促す、当然の国是、だったのである。この先デフレ数十年継続でも、非日本アジア人の現の生活水準位にまで落ちるものではない!

しかしキリコも結局は

共産的精神としては、一介の百姓にもゴすことの出来ない非行者、ということになってしまうのである。人間には絵画道楽に耽る暇は与えられていない!

シュルはゴッドのレアルへと

企てられ、そして此の星全体を丸ごと跳躍させる、そして互いの往時の深い愛、を確かめ合うものたれ!

当為の破産。

此の星では、一切の当為拒絶をしかも無償でしかねない者が現れ出る勢いだからである。さもありなん、当為とは畢竟、然らざる非当為なる自己現実からの自己変革の労働の強制、に他ならないだろうから!

刻々、弱者を震えあがらせている、

此の星の殺人の横行は、餓死回避の労働を人間に強いてそれを逸らした者を既に当地でも二度、大量**した、此の星の神の人間の扱いの故である。そこで此の星の神には宜しく御願いして置きます!

超神が魂を発達させるなら、

現の神にとらわれず、その現の神の下、長く臍を曲げてしまった魂の最低内容者の心を自主的に覆すためにこそそう(発達させる)せよ、と言っている!

震神は自分は黙って揺らしては、

刻々、社会の様子を窺っている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月22日 (土)

民主主義の不具。

政治は宰相が望ましい全体秩序を実現すべく采配を振るうものなのち、利己心しかない一人一人人民の多数におもねるものが宰相に選出され政治を不可避的に堕落させる。人民一人一人に自己が社会存在であることを深く深く再認識させる公民教育が急務なのである!

政治家とは

民主主義でない時には、前提に確保した食糧の下、同時に専有した国家暴力を後盾に人民に自己等に食糧供出を常に強いつつ、食糧生産を秩序づけ続ける者達だった。然るにそうだとすれば、限度を超えた悪政が敷かれた際には人民が蜂起のための武闘力を常々確保して置かないと悲惨をかこたねばならないことになる。こうして子女の教育も社会的労働に導いて行く学習ばかりでなく、悪政暴力にも、反社会的暴力にも対抗し得る武闘力の練成も適度に加味して置かねばならない(さらに対外戦にも備えるためにも)ということになる!

学校教育の核心。

生徒・学生に学習を、知識の理解力を具えた自己頭脳を形成する、親の自己への食糧その他の賦与と引き換えの準社会的精神労働と観念させること。反逆的思想家吉本の、工業高校在学時のようでなく!

一点化・延長自在な神霊が、

自体延長が霊空間であるように設え、同時にその内腔のように物理空間を設えたのだった(無論、超能力により)。物理空間に自己分出の神霊粒子である、定常法則規定的物質粒子も設えた。そして科学的過程と超能力とを適宜携えさせながら物体地球、そしてその表面の無機的(非生命的)自然が調えられた(しかしてかような惑星地球の創造基底は、さらに恒星太陽系、超恒星系、・・・に普遍化出来るところなのである)。そして心身存在として霊界と循環させることを期して、ウイルスから始める、地上生物の進化的創造(遺伝子突然変異を適宜、神為により行うことにより)へと向かうことになった。そして長期の試行錯誤により、新生代の哺乳類中心の生態系と食糧共産(乃至は獲得協働)労働をする人類社会の関係に落ち着いた(但し人類創造は特殊事情により生物進化とは別個にしかも中生代に行われた模様である)。そして講壇哲学者ヘ―ゲルは、この肝心要の生態系と人類社会との接点に言及せぬ、中抜けの愚劣大哲学をものして、後生、マルクスの痛烈な批判を浴びることになったのである。また、すでにルシファ―等の神のそのような世界創造を批判する反抗者が現れ出て、今の今まで、歴史に階級社会・階級世界(帝国主義)を突きつけ続けて来ていることも既に告げ知らせて来た!

ジャラジャラやモミモミは、

都市直下の者の神経を一番逆撫でにする、音感覚、だから、早く当市でも最低、程々にしなさい。また警察は彼等の根の遊び好きを理解しながらも、最後は今度は震神に手数を掛けぬべく、断固たる措置を心掛けなさい。また企業は警察に頼らず企業内警察を心掛け、舎弟企業化を抑止しなさい!

神とは、いみじくも相対観念に過ぎず、

痴愚神というものもザラに存在するようだ。その痴愚への敢然たる反抗者によって、その痴愚止揚の跳躍、を媒介されねばならない!

非正規(世界平均の生活水準

を実現するに足りるだけの)・世直しボランティア折半の生活は、震神御勧めの生活だ。世直しなった時の生活物資生産・原始への学的生産(我々の先祖原始人か神によってどう存在させられていたかの解明の努力)折半の未来の生活を先取りして!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月21日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月20日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月19日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月18日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月17日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月16日 (日)

松井が、俺は行く、と言ったから、

皆、その背を見たじゃないか!

錦織よ、御前はもしかしたら、

ランクそんなに上位にしてランク全く外外の者の、淋しい思い、が分かる奴かも知れないなあ!

超能力。

物質粒子=法則規律的神霊粒子、に神霊が直接、働きかけるところの。神霊は理性を構想的に用い、さらに理性を超能力(身体媒介的な人霊と違う、しかし人霊にも可能性とは秘められていることを、マリック等が証明しているところの)で自己分出の法則規律的物質粒子に働きかけ作業的に用いて地上世界を創造して、さらに理性により満足して総体を大認識した。そしてこの認識的理性は、人霊中の哲学者・科学者に主に分かち合われたのである。尚、霊界=霊空間は、人霊にも、移動や加工が自在ということになっている!

ダ・ヴィンチの万能が、

各々専門の行くべき道を示している。ドストエフスキーも哲学書も濫読し、政治活動もした。つまり、各々専門がダ・ヴィンチより万能の神に、帰り着く営みなのだから。しかし、さらに超神に帰り着くとならば、神へ向かう専門のそのような当為への反逆(例えば、専門自閉症)必ずしも悪しとは言えない、事の深さ、だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月15日 (土)

社会的ルールを守らぬ企業は、

実質泥棒企業だ。何故なら、ルールを守っていれば、企業の売り上げはないからである。ルールを外れて、金銭を獲得したからである。増して社会的ルールを超えた震神のルールがある。泥棒企業から生き抜くために泥棒をしても、それが反って震神のルールにかなうなら必ずしも悪ではない。震神のルールを守らぬ企業ばかりになってなり続けているので、そのように震神となっての両震災を初めとするその都度の仕切る神の御出ましだった。因みに地震激発は震神が突き上げる怒りをコントロールして人間を叱ったのであって、所謂、キレた、のはでない。それが仮にキレたのだとしたら、その激しさは当の幾倍のものになるか分からない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月14日 (金)

此の星で哲学を志す者は、

億年、仕切る神に人間を先ず遊ばせろと主張して盾を突いて来た者達の、存在意味、から哲学せよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月13日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月12日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月11日 (火)

抽象力。

宇宙人一人と付き合って、その者の粋を掴めば、故郷の星の一切が論理必然的に想像出来て(つまり故郷の星の自然なぞも)安上がりであろう。つまり宇宙を超えた存在の隅々まで、精神は、居ながらにして想定できる。それだから、誰しもが、その存在の此岸にして彼岸の、無々=絶対愛、と、即我、なのだ。ついでに霊空間経由でUFOにより超光速で宇宙交通可能(地球ではまだ認識されていないが)で現にも多数来訪し、或いは地上に密潜入している筈のことも言って置こう!

一生ドン百姓なんて

(現も世界平均であるところ)、一番嫌えだよ、と、本来は超神なる者の絶句だった。 「あ」、というある日の発語(発音)のままに口腔の形としてはらまれた石のイメージにつき、次の日から一生かけて語り尽くす、瀟洒な生(現はそれは特権階級限定だ)を願う者も。 此の星の神には宜しく御願いして置きます。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月10日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月 9日 (日)

人生は社会の直中での

経済の部分分担(つまりそれが職業引受ということで)かつそのことへの倫理の実現、というように神が個々に求めていることは間違いない。また経済というならば、交換経済を仕向けていることは間違いない。然るが故に、経済は論理必然的に、世界自由共産主義、にて、神の見えざる手が働いて、営々、発展して行ける、ということになるのだ!

悪行の原理的展開。

原理=基準の均等共産労働忌避、から、搾取、国境侵犯、予算窃盗、修羅的企業間競争、快楽過剰消費、学者の検証懈怠、学者の道楽学問、芸術家の道楽芸術、交通法規違反、学業懈怠、不登校等々、が現れ出ている。そこで此の星の神にはこの先宜しく御願いして置きます!

歌麿、という、シュ―ル(

だって美人ばかりじゃない?)、だけどそれがきっと、歌麿の思想、だ!

無々=絶対男、超有(

無と有の統一)=絶対女。その交接により超有(有)の胎にはらまれるものこそ、一切可能事物、であることを、バタイユ、と共に言って置こう、神の蹉跌、ということも!

帝国主義とは、落果(

木から自然に地上に落ちる食用物)による不労的食糧獲得を願望する人類が、その現には存在しない自然過程を多数人類部分に代替させてする少数部分的実現ということになっている。そこでそれを決して許さずとする此の星の神にはこの先、宜しく御願いして置きます!

壁の撤去は格差を解消せず、

少なくとも格差はなく連帯感にも満ちていた社会主義を懐かしむ者もいるだろう。しかし後戻りは必要ない、日本の悲劇のようなことを(日本経済圏内の本国外実質犠牲の有様に向かって、自然神によって超科学法則的にブチつけられたところの)この先回避するためにも、新たに今度は、真の主宰神(超キリスト神)を信じての我が自由共産主義へと勇躍、止揚、だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月 8日 (土)

唯物論の横行は、

物ならぬ仏の慈悲が、信長も落涙させる程に、熱くなかったからだ!

確かに孤独でもあり、

他人でもある自分を、動かす力がそなわっているだろうか。

三味(しゃみ)・背広・ボンゴの

ゴッタ煮風の音楽も、震神嫌がってます、覚悟を決めていなさい!

革命的の逆立性。

地上階級社会の特権階級は、此の星の神の敷く地上自由共産・霊天上界という体制を革命すべく、霊反逆地獄界と通じさせての彼等が創出する安楽解放区として、地上的には地上共産へと革命的に正常回復を図る者達の行動に対峙するという、相互逆立構造になってしまうのである。同様な論理で地上共産を拒絶した格好の芥川等は、神の敷く星の全体体制へ向かって革命的、ということになってしまうのである!

此の星の神よ、愛、とは、

本来互いが一体であることを証する感情である。それだからこの先余りのこの現状の変革を、宜しく御願いして置きます!

フ―テンの寅も、

御前等みたいなのがいなけりゃ、俺も星仕切る神々の寄合に気軽に顔が出せるんだとよ!

暫く振りで、幸福実現と言って

選挙全敗の自己の不幸を実現した某教を言行正反対の邪教として、全世界の皆様は怠りなくこれからも営々頭に刻み込み続けて頂きたく、ここに宜しく御願い申し上げす!

会計検査院どころではない、

震神等、を畏れなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月 7日 (金)

体は心の御奉仕を待っている。

神に言われた通りに。自分のために、食糧を獲得してくれと、性的同一化を果たしてくれと、神を信じて思想を営んでくれと、さもなくばと、但、自分は神への反抗者達を気遣い、敢えて神を信ずる以上の思想的営為に企てて、因果の脳病発生の危険を引き受けている訳だが!

超神へ向かう神の進化を、

本来超神なる非神としてそれぞれ判定しつつ、堅信仰から空信仰までの変動的信仰、を!

共産核心の食糧生産という

神聖美術(食いつなぐためのキリキリの労働にして味覚への美の提供である、日本農業他はそれぞれ経済圏が均等共産でないので、そうはならない)に、一切美術、芸術が呼応してこそ、それらが震神等の喜ぶ、世界自由共産の観念形態、ということになるのである!

有り余る生活物資の基礎資源を

他民族に現の被災地の仮設住宅より惨めな生活で掘らせまた同じく惨めな生活で食糧的に支えさせてそのことを何も考えていない、日本帝国の観念形態(精神内容)、として、歌「花は咲く」すらも、震神等の全否定の一端、 となってしまうのである!

パチンコ・スロットの本質。

遊興技の技量を高めることにより、物品的金銭的果報を獲得出来ることになっている。少々の金銭的逸失にもビクともしない財力の持ち主なら、その三昧の生活もさしたる問題を生じさせないところの、その生活を願望する者が此の星には少なからずいるところの、それだけにそれをさせない神への腹いせの犯罪を多発させているところの。人間皆に地道に働けよと求めてみても、金輪際、無駄なことである!

ルイ ルイ ダンス

ララ ステップ ふんで ・・・(4:19)。

無々=絶対非感愛

(何故なら感情体験も無々がそれを創った上でされることなのだから)=超々々神(無=超々神、超神は未だ存在内)=真正絶対知=真正絶対能。つまり、勝負に拘らず、究極に愛する者が(だから愛自体の勝負にも拘らぬ者が)、究極の能力も獲得するのだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月 6日 (木)

悲劇の解読。

今は故き吉本氏よ、それはパチスロなどは決して好まぬ神が、此の星を仕切って来ているからなのである!

不具(劣等)を馬鹿にすると、

自力で発達して優秀具有(優等)以下を上回って馬鹿にし続ける者になられる。本来、その者の不具(劣等)時に、その者に周囲が低頭御奉仕するのが魂の筋だったからである!

不具も本来は超神だから、

周りが低頭御奉仕しないと、その界隈の癌となって周りの怠りを分からすことになっている!

超神のように、具有は、

不具に、その具有でもって低頭御奉仕して具有同等にして上げて、自分が具有であることに執着していないこと(つまり自分が不具なら不具でもいいと思っていること)を証明して初めて、不具の心を動かせる。例えば強気が弱気に、性格がいいのが性格の悪いのに、頭がいいのが頭の悪いのに!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月 5日 (水)

動物にだって心はある。

そして無理解・無反省の安易な力による制圧は、人にだって動物にだって強い反発を招き寄せる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月 4日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月 3日 (月)

桑田、褒章貰ったはいいが、

ぬぁ―みどぁぬぉ、は早く止めた方が(な―みだの、と此の星の神好みにキチンとオペラ風に品行方正に、だ)身のためだぜ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月 2日 (日)

自己言及(自己批判)。

刻々人を苦しめながら知らぬ気に画業に耽る自分と、自分を初めとするそのような馬耳東風な者達に感情を募らせる自然とをどういう工夫かによって描く。このように芸術も、自己が革命的に企てるその直中で、同時的、にものされてこそ、後世、客観に高い価値を実現した、と評価されよう!

超神賞。

この究極の賞の下、神も悪魔も差別はなく、一切の賞の原理だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年11月 1日 (土)

警察の、団取締は

一般市民(住民としての)に実害が及ばねば発動されない。然るに各次々企業に舎弟が入り込んで次々系企業化し団の資金源にするという馬鹿げたことになっている。然るに各々 企業の系化は帝国=実質ヤクザ国家、に反って適うのだから話にならないのだ。それで裏筋の風評でも到底、男、とは認められていない総理が仕切っているようじゃあ、この国家の数年後の運命は確定したのだと言える。覚悟を決めなさい!

鬼達。

あんな野郎を、何も当てにせずやって来た、ってか!

助けるのは相手に言われないでも、

相手の、助けてほしいしかもこのような態度で、という思いを汲むことからだ、超神のように!

カジノ。

神、 嫌ってます、止めにしなさい!

劣等は彼を劣等と見て

あしらう態度でいると、その内その態度を改めるさせるためにその劣等のままに居直り、相手に或いは周囲に向かって、始末の悪い強力な嫌がらせを始めることになりますから(逆にその優等のその態度の悪さが劣等の心をそこまで追い詰めるのだ)此の星の神にも申し上げて置きます!

ロクに働かないのに

たらふく食って平気で生きている者、或いは将来のその生活を夢見て現在、自己中心にだけ働き金銭を得ようとしている者、を大量、**しようと御考えになっている仕切り神様、貴方に帰依することは、反抗者達とのそのような戦争に参画することだと弁えても、自分にやはりそのような、精神的にタフな行動、は中々出来ませんので、そのことは基本的に貴方に御任せして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »