2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

別れることは

つらいけど ・・・・・(10:17)。

財政赤字責任(

行政サ―ビスを受けるばかりで、相当の受益者税負担をしていない)は、この星の神の求める労働ノルマを逸らした(担税のための稼得労働の回避)ことになるので存命中に本人が償わないと死後に対応の譴責が待っている。その位の無自覚の罪責がなければ二度の震災は起こらない。ちょっと位の重税でも、先進国の生活水準は途上国平均のそれからは遥かに隔たって高いのだ!

聞き分けのない

女の頬を・・・・・・・・(0:53)。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年9月29日 (月)

地震、噴火、と昔の百姓なみの

地道な労働者の生活を逸らした日本国民を*してさらにあの世で責めることを繰り返している此の星の神は、そのような貴方の仕置きの全く効能のない者達を長く存在させ、しかし彼等の要求のように人間を先ず遊びたいだけ遊ばさせる(例えばパチンコ・スロットなどで)ためにこの世界や人間心身を造り変えるのが困難(自分がしんどくて?)なのでその仕置きを繰り返していることを、出来ることなら自分が出て来て懇切丁寧に説明してくださるようここに宜しく御願いして置きます。貴方に下手に逆らって、彼等のような、億年の地獄の底の反抗者にまではなってられない、というのが自分の本音であります!

苛められて苦しかったら、

今社会を黙ってみているこれまでの副神が鍛えて、地震主神、噴火主神、のようになれば助けて貰えるが、そのつもりがないようだから、地震主神、噴火主神、頼みをしなさい。しかしその主神も反抗もされ、副神以下をそんな有様にした主神だから、頼みにならないと思ったら、自己の本来を超神、と確信して、超神超人、として自分で何とかしなさい!

しかし、垢抜く、とはつまり、

田園の百姓との絶縁、ということだったのだ。そこで、地震神、噴火神、を初めに、宜しく御願いして置きます!

予知もそれは難しかろう、

恐らくそれは、神為、だから!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年9月28日 (日)

スポーツ大会も強化費が国富に

依存するというのでは、選手固有の力による公正な競争にならず空しいものになってしまおう。その意味でも帝国を止めにしろ、と言っている!

賭博の本質。

偶然の結果を、勘を研ぎ澄まして予測して精神的、物質的満足を得ること。神の仕向ける地道な労働の生活には無論相容れない。しかしそれだけに神への反逆の主内容とされ今現在にまで至って大相撲にまで及んだ。そこで神には宜しく御願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年9月27日 (土)

垢抜ける、それは痛切な郷愁

だった(だから、ユニクロもパルコも・・・・・・)。神よ、貴方はそんな貴方ではなかった筈だとの・・・・・・

ヘ―ゲル、神の仕向けは

これほどに深い。人間の美術の基本は、人間の味覚に向かっての百姓による主食の美味の実現であって(しかもそれは、来年の自分達を生かす、という崇高性とも結びついていて)、しかしそれは西洋では反自然の裏作の小麦であることにより、農耕創始より、一回も実現されたことはない、という神を嘆かせて余りある西洋史の悲惨なのだから!

御嶽噴火は、モンゴルによる

日本大相撲乗っ取りも関係ある、と自分は思う。そこで例えば豪栄道、日本(大和)の神を固く拝んで(賭博悪癖もすっかり払拭して)、来場所以降、宜しく頼む!

御嶽神、地鎮めあまり誠意込もらずに、

申し訳御座いません!

2014年9月26日 (金)

幸福実現と言って選挙全敗の自己の不幸を

実現した言行正反対の宗教団体の主張には、組織の規模・出版物の数・行事の数・施設の数、等に世間は、そして世界は決して惑わされることなく、寧ろかく評定した自分の言を信じて、未来永劫、一切の主張を無視を超えて反対に受け止め役に立てて頂きたく、ここに宜しく御願いして置きます!

命が惜しいなどとは

最早言っていられない乱戦国の為政者の皆様には、心が正しければ仮に*されても、神が天上に引き上げてくれるから、状況に怯むな、と言って置こう!

実力主義とは、

思想史的にはニ―チェ主義ということで、強者に都合の良いばかりの、礼節や弱者保護という精神原理を省みぬ、裏筋の論理だ。それによる営みは、最終的には破綻して行く!

軍事自立が出来ていない日本は、

その意味でも、現代東洋の真の大国ではない。そこで頼むなら民族の神を頼んで、早く軍事自立を果たしなさい。それも当今の国家課題の一つだ。またそれが取り敢えずの盟友、米国のため、そして世界のためでもある!

大陸騎馬民族と島嶼農耕民族の

(モンゴル・日本)の、本質的、格闘力の違いと言うべきか。放っておけばこの結果になることが予見出来ぬ、非理性的かな国民の哀れな姿とも言えよう。世界に恥をさらしての国技大相撲の乗っ取られようである。またこの日本の暗い行く末を暗示することなのかもしれない。この際、史上の神ユウ宜しく、神風親方でも先に立てての神頼みにより、最低の面目を保つしか法はないのかも知れない。因みに、未だ腐れ縁を絶てぬかの者達こそ、社会にそのような逆さ事の横行することを喜ぶ者達であることも言って置こう!

震神の気合い、とは、

反社会勢力をあの世に、ボって、やって、しかもあの世でさらに責める、その責めをこの世から支援する、つまり二回、三回*してやる位の気合いだった。この世の軍(自衛隊)・警察がそんな気合いどころでない軟弱さだったので、反社会勢力に舐めきられてしまっていたのである。大相撲だって腐れ縁は断ち切れていまい!

言語的睦み合いを示して日本語だ。

この自己言及、漢語・漢字のリ―ドで和語・かなが踊っている。こうして東洋の真の大国は常に、漢・中国だった。それは今も変わらない。そこで中国には、守護する、天、を固く信じての、周囲に仁愛深く賢明な国家行動を、宜しく御願いして置きます。天国の、毛大人、も、きっとそう願っている!

国家的不品行には当地の自然神が

日本のように最後は報いる。各国宰相・元首は常に常に、それを弁えていなさい。自国の行動が、真に世界のためになるか、だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。帝国内の貧富格差もその内容である!

2014年9月25日 (木)

日本国民は、ゲゲゲの鬼太郎、なんぞより、

民謡、そして文部省唱歌(ふるさと、紅葉、・・・)、等を主に歌って、地道な労働、そして品行方正好きの、地の下の者を鎮めて上げなさい!

欧米対イスラム国という、

という国際階級闘争の止揚には、我が提唱なる、東日本震神主神(イスラム神をキリスト神も自然に包摂している)帰依の、世界自由共産主義、によるしかないであろう!

構造。

小林、「ヴァイオリ二スト」、においても、リスト(優等)・小林(中間)・バカニニ(劣等)!

神・非神の超神等価。

神は、神の価値であると共に、非神の実存体験に非通暁で(ろくに低頭御奉仕出来ないで)超神から喪失している喪失苦が裏の価値として神の価値に付加され超神価値となる。一方非神=a割神は、a割神の価値に(10―a)割の喪失苦を価値として付加し、またa割神の実存体験の絶対通暁という価値も付加し、また他の非神の実存体験への通暁(低頭御奉仕性、小林の中原やバカニニへの理解のように)の価値・非通暁の喪失苦、も価値として付加し、超神等価、となる!

麓にいる者を一人でも

引き上げられない者は、決して頂上にはいない、そこでこの星には、問題外の神しかいないことになる。一方、麓の登りたがらない者を気遣って、自分のトハンを二の次にする者は、頂上に立つ必要条件を獲得する!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年9月24日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年9月23日 (火)

靖国。

神社の向こうの民族神に総理が参拝するより、その民族神共々、どこそこの精神病院の、億年の愚弱性異常にして発達矯正拒絶者に、またその他諸々の反逆者にも、神よりも彼岸の、超神、の遣い、として参拝する方が、より深い靖国、になって行くことであろう!

自力救済・他力救済。

ソクラテスギリシャ宗教・釈迦仏教は自力可能と言った。然るにイエスキリスト教、その使徒の転生仏教出向と言われる仏教浄土系列は他力本願をいうのである。一方キリスト教のぺラギウスの系列、また近代の哲学者へ―ゲルは自力を提唱して異端認定され(それだからへ―ゲル、プラトンの転生とは大いに有り得ることであろう)、正統よりのキルケゴールにも批判を浴びるのである。そこで正解は、自力・他力の中道ということになろうか。

億年戦争。

かかるこの星の情況の緊張に耐え得る、我等の本来性である、と開示した。霊界にまでわたる戦争(マニ(教様)構造)は、地上的には、世界自由共産主義対帝国主義という構図になることになっている!

キリスト教もイスラム教も、

伝統の、創世記の過去観、黙示録の未来観、を廃して、新時代の我が教の歴史観に依拠せよ!

先進帝国は中東石油資本と結託しての

油田労働者の搾取を止め、また自国の財政赤字解消のための税負担・社会保障縮減にも応じ、今より低いがしかし、アフリカ貧困国より何十倍も高い筈の生活水準で暮らせ、つまり君達の暮らしは世界全体の中で、取り分け贅沢過ぎるのである。テロ緩和の所以でもあろう!

日本にも神の国復活を期して、

二度にわたる、神テロ、が行使された、とも言って来た!

開闢以来の、非神への低頭御奉仕の皆無、を、

此の星の神はこの先、超神に向かってどう御償いになるのでしょうか?

EXILE,ATUSHI,は、

震災(民謡、そして文部省唱歌、等が好みの神の起こした)対応の不良である!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

内容御粗末な魂を助けるのでも、

相手を馬鹿にしながら助けさせるしか能のなかった此の星の神よ、貴方のその扱いによって心を傷つけられた者の貴方以下へ恨みはこの先も停止しない。まして、馬鹿にしているからその者にもその大変さをよく汲むこともなく、平気で労働を押しつけ続けるこの現状においておや。幅を利かす町内会長に町内の引きこもりは自分のために徹底、町内の優しさ管理をしてくれる(つまりそれが低頭御奉仕ということで)のでなければ、その恨みを停止させない!

2014年9月22日 (月)

直受容或いは些少啓蒙。

へ―ゲルを容易く理解出来る精神は、百回生まれ変わっても欠片も理解出来ない精神(空無絶対精神)に、低頭御奉仕せよ、とは、その空無絶対精神と絶対精神との対峙の彼岸の、超絶対精神(真の絶対精神、理念としての絶対精神)、の求めである!

全他(神をも含む)を認定して、

時間・空間を超えて孤立すること、全他を弁証法的に本来相へと媒介して、然るが故に全他に先んじて本来相に近づいて、超神に祝福されて!

進化は自発必然性を欠く時、

恐らく究極の進化に行き着くことは出来ない。進化を強要して非神の誰彼に進化拒絶を報われ続けた此の星の神は、早く、自分の所行の愚に気づいて欲しいものだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月21日 (日)

軍政階級社会。

田園地の百姓を、都市の一部特権階級が収奪して、その収奪を維持する軍も、非食糧生産の職人も確保する(こうして、伝統工芸は一部特権階級向けの、表現が精錬されていても霊的に冷たい感覚のものであらざるを得なかった)、こうして一部特権階級が他を差別して、(人)類に食糧核・一定量の物質共産を強いる自然を実質改造して、不労・物資豊富の解放区(星の反逆者の仕掛ける)を創出してしまうのだった。無論これが、一国と多国の関係に拡大されれば、現今進行し神為の自然変動により破砕を待つばかりの、帝国解放区、ということになってしまうのである。この繰り返しは、神が望ましく自然改造を挙行せねば、今後も解消しない!

カップヌードル好みの不良達よ、

此の星の神はそれで少しも健康に害がないように君達の身体を根底から造り変えてくれる能力などない神だから諦めなさい!

学問。

非神魂実存は、神が自己よりの退行内容として設定創出し実存させたが、その核なる部分は神にも窺知出来ず、実存固有の自己学問を待ってこの世界に開示されるしかないものとなった。私の内にも、一方的に神によって設定された理性や美感性、への変容の無償の熾烈な衝動が湧いたりしている!

長く、此の星の神(仏)に、

神、神、仏、仏、と言って崇め奉って来た者の最たるを表明している、副神・大川隆法以下はそういう者達らしく、何時までも、言うことを聞かない奴らを黙って見ていないで、早く震神、震仏のようにしてやって、震神、震仏、のそれが人間のためと考えている真の幸福、を実現して上げなさい!

低頭御奉仕の表現としての

個々の自由願望の受容、そしてそのための世界改造・心身改造なくば、反逆は永遠に停止しないことを、此の星の神に断言して置きます!

彼等の祟りっ子戦略。

選良家庭に、一生の引きこもりが予想される噛みつき弱者を潜り込ませて、親・教師から、総理大臣までへの文句を超え、著名宗教家まで脅して、神以下の自己への低頭御奉仕の要求を突きつけるという!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月20日 (土)

幾つもの 幾つもの

息の下でも感じられた ・・・・・・

USA,EU,

go to Africa,go to Mideast,and be love !

理性は此より、

熱情を醒まさぬ理性へと、超え出て行け、つまり、理性も熱情もない、概念未生以前の境涯へと!

此の星の自然環境汚染は寧ろ、

神のファシスト精神汚染、の鏡だ。そんな神しか実存していないから諦めなさい!

精神緊張、神にしては十分でなく、

野良着の労働女を要求して、精神弛緩三昧のパルコファッションの遊興女に逸らされ、さらに精神緊張足りないままに二度にわたり大地を揺らしその度に、シカト復興を報われてしまっている此の星の神よ、此の星の人間には、自分がもっと精神緊張して人間に精神緊張を求めないなら反って、最後にには人間が貴方の御望みの精神緊張に行き着く、と超神(真の絶対精神、へ―ゲルに歴史を然らしめる狡智と言わしめたもの)が言っております。早く貴方にも、超神のような神様気、を身につけて頂きたく、ここに宜しく御願いして置きます!

マルクス、物体とは

神の精神緊張の粒である物質粒子の集合だ、その重力・慣性力で人間の日常精神に不可避的に同じ精神緊張を齎すところの。つまり、絶対精神が多数自己分割粒子化しさらに集合物体化しての、日常の相対精神の、自己、絶対精神へ向かっての鍛えの仕向けだった。それを一方の物質粒子の恒常科学法則準拠性を便用し逸らしたので、あの震神絶対精神の炸裂、ということになった。絶対精神は、収縮・遍満・分割、自在なものだから!

明るくなるなら、超太陽、に、

ブラックホール、に弁証法的に媒介される!

どんな集団でも最劣等の者を

その逆の長、以下が馬鹿にすると、その最劣等の者の心に、集団へ向かっての癌のポリ―ブ、が宿される。それを徹底悟って然るが故にその者による集団の癌化を免れさせる長を、超神、と言う!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月19日 (金)

魂皆、この世界の最高の技量に

到達したいとなら、どこそこの精神病院を訪ねて、そこに恐らくいらっしゃるであろう、億年、その魂の最低内容からの進化を拒絶し続けて来た者の、その心の深奥に御伺いを立てよ!

生態系が共産社会と

整合するように全体世界を造ったが、共産が嫌われ階級社会に逸らされると、一気に生態系のバランスも崩され、謂わば生物一般が非行化するのだと言える。然るにその非行を生物の少なからずが願望していたのやも知れないのだから。つまり此の星の神の独り善がりの、人間・生物への生活理念の押し付けが、この世界の一切の破綻の原因である、と客観論定して間違いないところであろう!

2014年9月18日 (木)

働きたくない者・進化したくない者、は、

此の星の神が無期限にそれを認容してくれるまで闘い抜く覚悟でいる、反抗者の彼等が仕掛ける不良で、同じく彼等が仕掛ける帝国にはびこって、神の虐殺を待つばかりになっている、性的適性への反抗者(今朝報道のチアボーイ、など)も!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

此の星の最悲惨の愚弱性異常者の怨恨は、

仕切る俗物神以下魂のの中心を貫いて、此の星を解体へと導け!

2014年9月17日 (水)

信じ難い愚神、

億年、嫌がらせに嫌がらせ、が返っていたのに・・・。そんな彼に自分の愚を深く気づかせるために、無言であることが望ましかったのだろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月16日 (火)

コスモス。

一輪に、一輪を囲繞する地球、そして宇宙の悲劇を填め切って(つまり、フラクタルに)、自体、宇宙として語り尽くせ、その色の深みと花弁の肌理の、その悲劇故の由来を!

神に組する者は早く、

震災武闘性、を身に付けなさい、国家の軍も警察も!

汚物問題。

汚物をこれは神は、どんな考えでそんなふうになさったのですか?

地球大相撲。

内容劣等の天使の分際で敢然、反抗を企て一定期間経過した時点で、勝負は見えていた訳ではないか。そんなことも悟れずにこの年月、星の分裂をこじらせてしまった此の星の神の粗忽さだ。早く自ら出て来て下生中の、大ベンチャラ傍観副神と共に、遠の昔に貴方の一切の仕置き(天変地異虐殺死後責苦を初め)の効能のない者達に土下座して謝って下さい。そして、我が心の、虚無、も取り除いて下さい!

米を秋までに稔らさせ、

本人の心にも人生の秋までに、世のため人のためを愛(おも)う愛の米、稔らさせる算段だった。しかしその人間への仕向け自体が大した愛でなかったのは、地道な米作りより、高級車でドライブ、の方が良い者達が自分達だけ高額の金を獲得したくて、その方が金になる秋の前に稔る早稲種の栽培を始めたりしたからだ。そんなこんなの横行にあの通り、ブチ切れてしまったのだった。此の星の神よ、人間にそうやって心の愛の培いを仕向ける貴方の人間への愛は、少しも深くも強くもない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月15日 (月)

時間も空間も虚仮にして、

私達が未生以前の者なるをけざやかに開示仕切って来た者達よさらに、此の星では愛は、それが毒のように苦くなければ、意味も価値もない、と語れ!

錯誤。

食糧生産力が増大する気配を見せた時、社会は余剰人口を非食糧生産に回して多様な物質と対応の多様な職業を付加する選択をすべきではなかった。食糧生産の時間を縮減してつましい生活は維持しつつ、余剰人口は学的生産に振り替るべきだった。また、そのようなつましい自由共産なら、民族が民族を犠牲にすることなどなく、全世界に押し及ぼせることだった!

超神曰わく、相手の気持ちのよく分かる者に、

相手は悪い顔一つだって返さない。絶対的真理であろう。地球人皆は、己の星の苛酷な運命、を愛しなさい !

重畳ファシズムとリベラシオン。

存在・物体・生物・動物・脊椎動物・哺乳類・霊長類・人間・労働者・食糧獲得労働者。各個に任意の1,0だけによる無限数列を賦与して(1100010000・・・)、一秒ごとに存在と無が変容する、固有の超存在性、が得られる筈だ。これを上記の一切抽象水準に適用して、各個が、一切抽象水準で非共通、を実現出来る筈だ!

震災死。

震災被害は本来全国的に分散されて然るべきものであって、そこで震災死した者の内、他の地域で極、悪くて最早死んで貰ってちょうどいい者の身代わりにされた者も多いのである。そこでその極、悪い者達は、身代わりなった者の遺族のために、この先一生自分の労働ノルマに付加して無償労働(死んだあの世の者の霊的エネルギーを頂いて)をすべきである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月14日 (日)

ア―ト、はいっそ、

自己以外から与えられた一切を拒絶し置換する衝迫へと行き着け、それを与えた者、のためにいみじく!

神曰わく、働かざるして食い続けた者は、

即刻、抹殺すべし!

帝国を、帝国としない世界改造による、

帝国戦(近々は、第一次戦、第二次戦)の頻発の抑止、を、此の星の神は、無々(ムウ)と言って、更なる深い非神への愛の捻出により、おやりになるつもりは未だ未だないんですか?

彼等の特級戦略。

神が頭を撫でて来た選良の家庭に、逆に長年(億年)愚弱性異常者として星全体を恨んで来た者を潜入させ、家族の向こうの神まで呪う始末の悪い者にするという!

御前等、神の此の星全体の仕切りからの

解放区(帝国)の創出なんてケチな反抗を最早止めにし、堂々、此の星の、改造計画大綱、を神に突き付けてみたら!

田園の百姓の心の汗に全く不感のバリ人

(現代日本国民と同質の)の心に叶った。仕掛けられた無自覚の此の星の神へ反逆が表現を透明に美しくする。しかし最後はそのバリも、燃えないでは済まなかったのだから!

芸術家は人間の一般生活に馬耳東風で、

無自覚に金持ちに囲われて行くだけの存在、を早く止めよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月13日 (土)

ロパ―ト・キャンペル、

人間とは畢竟、類として食いつなぐために共産労働を継続する存在だ。然るに、史上の文学でそれを正しく洞察して表現であるものは皆無だった、此の星の神の、原罪、を、けざやか、に証明して!

世界性のない日本を早く止めよ!

内戦で毎日多数の人間が死んで行く国が世界には幾らでもあるというのに、カタギ一人のヤクザによる抹殺、を国中でガタガタ言っている!

概念(へ)の夫、概念(として)の妻、

として、無々(ムウ)、と言って営めば、誰しも、一切概念が互いに互いを決して分け隔てしない気の遠くなるような深い愛の境涯に、一瞬、至り着けるであろう、神すらも!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みねように。帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月12日 (金)

いたした後に拭うのに、

神の姿を刷り込んだティッシュでしていかねない世相に遂に、ブチ切れた神、しかしそうされてしまった自分の方も重々反省してみて下さい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月11日 (木)

喝上げに喝上げが

が返った。此の星の神は暗々の餓死予告で脅して、人間から、自分の望む労働者状態、を長く喝上げて来たのである。その喝上げに負けない人間のヤンチャから他の、神の言うことを聞いている人間への喝上げが返った。根性のあるヤンチャは、当地の震源ポイントを(自分は地鎮している)踏みつけにするってのはどう(自分の地鎮とは別の日にしてね)?

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神のお望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月10日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月 9日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月 8日 (月)

阪神・淡路時点で

関連資源採掘途上国労働者を犠牲にして富を集中した日本市場での企業の一切の稼得は震神が是としないと認定されたのに全く正されず(だからその時代に可及的に世直しに生きて貧窮せる少数の者がその時代、真の、神を信ずる善者だった)、次なる東日本、を呼び込んだ!

自国の勝利より相互の善戦、

を期待しよう。そのことが国民エゴ・国家エゴの是正にもつながって行くだろうから!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月 7日 (日)

ボンジュール、シュルブッダ、

聞かない芸術家どもも、ブツのが習いの!

芸術家が目に見えない心を

感受出来ないとすれば、共産を仕向ける此の星の神の評価としては最低の位置に止まる。ベルサイユにいて、その人民の収奪者王族の目に見えない醜悪な心がその築物から感得出来ないとすれば。また、その一切の、近い未来の、大破砕、の予感、を感得出来ないとすれば。但し超神は、恐らく評価を反転させる、と縷説して来た。彼の芸術は当邦の、例えば南部牛追い唄、を聞きながら鑑賞すると、その本質的な差異、が誰しもにも感得出来る!

吉本の個人自由思想(

或いはほぼ同様の米国その他の現代思想)は、個人自由を理想とするが故に、共存する相互の差異不快の耐え忍びを不可避のものにして相互を分け隔てし産業活動の不全を招来しかねず、むしろ例えばラグビーのように相互を、いい意味で画一化、し一体感を持たせ共産労働の実を上げさせようとする震神主神への反逆思想なのである!

世間はインチキ地震学

のことも含めた、震神の福島一発、で済んでいる間に、早く悔い改めよう!

これまでの副神大川隆法は、

自分位、震神主神が無言で言っているところを聞いて、震神がブチかました世間にそのことについて一口位聞いて、震神の宇宙的体面、を少しは回復して上げよう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月 6日 (土)

吉本の感覚、サルトルの感覚、

ハイデッガーの感覚、・・・・・・

言うこと聞かれずブチかまし震神

への、我が提唱の、星全体へのラヴミドル、事務的信仰、ってどう?

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月 5日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月 4日 (木)

極真(究極の真理)。

自分の内なる、他を分け隔てする一切の心を、無々(ムウ)、と言って打ち据えよ、此の星の神すらも!

行政に対しても、

自己が造った借財は(つまり、便益に対して受益者負担していないところのもの)、は自己の存命中に完済してすまさねば、決してあの世での浄福は得られない。だからこそそれを厳知するために、二度の大震災が生起した訳なのである。日本の政治のみならず世界の政治は、国民一人一人の、あの世での待遇、にまで責任を持つものに超え出よ!

世界の一切の停戦合意は、

前提の争いの本質を相互が洞察し合った上での、高次の平和、を実現するものであれ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月 3日 (水)

準薬理効果を持つ希少糖は、

薬と同じく、それを常用する愚は止めよ!

関東震時にキリスト教の愛者、

内村鑑三も儒教の仁者、渋沢栄一も、天譴、だと言った。そして言わないでいられない者だから、孤立したのだった。他民族を支配しての大陸進出は、愛、でも、仁、でもない筈だから。現時、放り置けば、日本資本は、アジアへと往時のごとく帝国的支配に赴きかねないのだから。民族丸ごとを、愛(おも)う、者は、何時の時代も心が悪くなった列島の、中程、を撃つ。先ず被災を復興債などでなく復興税で全国的に引き受けて、あらぬ贅沢、を是正することである!

何故か今朝、懐かしのGS、が、

多数来ている!

原発をひたすら弱者に優しい

雨の木に、の偏執に生き抜く文学者よ、超神でない此の星の神は、弱者をそのままに受容し、何時かダンベルの一つも持ち上げてみようか、という気になるまで好きなようにさせる、そのために周囲の強者にその醸し出す強者感覚を弱者のために犠牲的に無にする超強化(つまりより精神、強くなって相手に優しくする)を求める神ではないから(つまり世界調和のために世界に必要な労苦は少なければ少ないほどいい、という、労苦についての経済発想、を許す神のようだから)諦めなさい。そんな神の設えしこの世界との一実存としての一生の戦い、御苦労さん!

戦争の恐怖は、現時、世界の各所で、

その気になればいくらだって実体験出来る。また少なくとも誰しもが想像的体験はいくらだって出来る。映画祭の審査員には、宜しく正しい作品評価を御願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年9月 2日 (火)

亭主関白の復活、

それが現今大流行の、前立腺癌・乳癌快癒の秘訣であろう!

サンマ不漁、

早く、仁義無き海上バトル、を止めにしなさい!

科学を先に大発達させた西洋

ではあるが、伝統宗教が肝心の人間の労働観を錯誤させて、思想的風雲児マルクスによる全否定の憂き目に会い、その伝統宗教とマルクス主義が対立し合う思想的現在であるような地域柄なのだから弁えなさい。そこでこの近代において西洋化的否定を蒙ったこの東洋のこの時代からの、世界史的責務と言えは、伝統が西洋と違う正当な(主宰神が認容する)労働観を護持して来たことを誇りつつの、弁証法的、超近代超東洋、の創出だ!

今日もブチかまし地震神に

支えられて、その言いつけを聞きたくない者達が乱した(自分が稼がすぶったくり、の所産の財政赤字が証明している)世の直し、に励まさせて頂きます!

子供の微かな不平不満をも

お座なりにしないのは、癌のポリープをお座なりにしないのとの同じ理屈である!

指導者は、無々(ムウ)と言って、

存在(有)を支え、かつ低頭御奉仕する者へと!

皆は皆でも然るべき税金を払わない(

復興担税、財政赤字解消担税、ODA担税)払わない皆では、頼みにならない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

星直し。

彼等の億年の反抗者境涯に、他の魂が拮抗するとならば、自分なりの星直しへの積極的企図ということになろうが、何と此の星の神がそれが殆ど出来ていないように、誰も容易くはそれが出来ない。これほどに我々は、愛の存在として超神から現には喪失、している。せいぜい取り敢えず、然るが故の虚無、を小林等、のように、彼等に赦されて(或いは彼等に向かって居直って)そして超神に赦されて、深く嘗め尽くし続けることであろう!

2014年9月 1日 (月)

海の黄昏は

・・・・・・(6:04)。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »