2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

超神賞。

危険ドラッガ―・ミック、もよし、囲われ龍一、もよし、だ!

超神信仰・**主宰神への**的信仰、

という此の星には新しい信仰、どう?

神が悪魔か、悪魔が神か、

の仔細が誰しもにも納得出来たことであろう。こうして此の星の神の所業が、私達一人一人が本来、概念未生以前の者(無々(ムウ)であることを証明するのである(無論、現の神は、ムウ、と言っての我慢全く足りず、本来相に帰り着けずにかような無様なことになっているのである)!

永遠回帰。

一部民族による、他の多数民族を、前提の自然に貼付けての、人間解放区、の創出は、その解放区の生活が全人類に可能なように自然が造り変えられねば、その一定時間後の潰し(今もそれが刻々進行している)と共に、永遠に繰り返される。諦めなさい!

美術の鑑賞は

鑑賞者の生活存在の仕方と相関するので、鑑賞感覚を一義的に規定することは本質的に出来ないと言っていい。つまり一部ブルジョアの好みに向けての作品は、労働者に向かってはブルジョアへとは違って、一種残忍な感覚、を齎して不快にする筈である。そしてそれは決して労働者に高級美術の鑑賞力などない、ということなのではない。さらには美術家の取り込む自然の感覚自体にも同じ感覚の論理が貫徹される。つまりブルジョアに囲われる美術家(他の芸術家も同じく)の自然への感覚は、労働者のそれとは、ハナから違ってしまっていて話にならないのだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国。を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月30日 (土)

超性。

男のくせに女の気持ちが隅々まで分かると、女のくせに男の気持ちを隅々まで分かって貰える。そして誰よりも固くなり、誰よりも締まるようになる!

誰に縋り求めて

生きればいいの ・・・・・・・。感性が理性に向かって、固いよ、冷たいよ、それを自分で説明出来れは、見直してあげるよ、と言っている!

偏西風の固定化。

それ自体を決して科学は説明出来ない。それは先進帝国一般にその自由共産的解体を求めている此の星の神(そこでは自然神として発現している)の超科学法則(それ自体、彼が設えたところの)的行使だからだ(仮にさらにそれを海水温の上昇に結び付けるとしても、今度はその海水温の異常上昇自体の理由を、科学は説明しなければならないが、それをさらに地球温暖化に結び付けるとしてもそれ自体実は世界帝国主義の所産であることを自分は断言して置こう!)。

エアギター、等裸踊りは、

国家権力は降参して許しても、此の星の神(震神)は恐らくまだまだ許すつもりはありません!

政治参加。

それは、ドストエフスキーが証明したように、それぞれの専門境涯を、弁証法的に高める、企図の謂だ!

巨大自然災害を

当邦地震学者同類の反倫理帝国の偽学者の単に名誉心の満足だけが目的の通俗番組における、嘘、により体よく解釈され、世の中がさらに惑わされようとしている。その司会者の某も、人間にして非人類感覚の者としてまたまだ信仰者の部類のさだまさしを毛嫌いする者として、ヤユを込めて本来の真面目なものをこの帝国において無に帰さしめる彼等の策略の急進的手先だ!

ユー、トゥー?!

シーザーも隣人の徹底理解には苦労したようで。ついでに、百人百色のユー、トゥー?!で、それぞれの役者の個性の深みだ。因みにゴルバチョフハはシーザーの転生でサッチャーと同じく、彼のルシファーと同じく八次元霊格(大天使格)だった。またペレストロイカは、我が提唱になる世界自由共産主義(第五インター)の幕引きだった。ローマ帝国だって奴隷制の階級社会国家であるより自由共産主義国家であるべきだった。此の星の神の見果てぬ夢、というところであろう!

政治闘争者は、

あの世の神・天上の勢力の譴責に打ち勝ち得ねば、ルシファー等、この世に唯物的無神的邪神的帝国主義を仕掛ける、星政治レベルの反抗勢力のレベルの足元にも及ばないことになっている!

阪神・淡路、東日本、と、

戦後日本も、上に立つ政治家が真面目に仕事なんかしていないことを、神、が露にした。そこで下につく者が与えられた仕事をそれに無批判に生真面目にするなど、笑止なことである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月29日 (金)

此の星の演劇は、

彼が真っ逆さに転落して行った、そのセツナの心に、その一切を求心させよ!

超神ならば、家に引き込もってるのに

皆で、逆アラーだ、ってか!

日韓併合、第一次戦勝利、

と勢いに乗った帝国への富の集積・国内局部集積の果ての奢侈退廃が極まったところで関東震の大叱責となった。しかしその後も悔い改めることなく、大陸進出は続けられ大敗戦の報い(同時に一定の大地震も生起している)となった(自分達が最前にあらぬ進出をして人を苛酷に支配しておいて、その後のその報いと考えていいシベリア抑留を人のせいにして悲劇などとも言っている)。しかしさらに悔い改められることなく、諸列強同道の帝国経済支配は続けられ、阪神・淡路震、そして短スバンでの東日本震の報いとなった。このまま居直るなら今後数年の当国(そして他の諸列強も)の帰趨は誰の目にも明らかであろう!

身体は宿る精神が

素朴な自己願望を犠牲にして身体の願望(食糧摂取、自己身体の性への精神の性の一致化)へと御奉仕しないと病を発して精神を詰るべく造られてある。そしてそのことにより一生かけて精神は奉仕の精神として培われることになっている。だから稼ぐ苦労の必要のない者も生きている限り、道楽に向かうことなくボランティアをせよ。この神の望む老後を逸らすと恐らく、恍惚***塗れの報いが待っている。こんな神の扱いに腹を立てて逆に、教会の前で思い切り***なんていう彼等なら喜ぶ大ヤンチャを、自分は勧めない!

魂の苦労が魂の真の価値。

そこで素朴には、魂の不具の方が真の価値者なのだ!

自分を星の神も到達していない

最高の段階にまで伸ばして行くにはやたら上を見て伸びようとするよりも、各都市の精神病院にうずくまる、星の神の仕切りの下、自分の魂の最低内容に居直り続けて来た者達を気遣い続けることが必要条件となる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月28日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月27日 (水)

神を超神へと媒介する

反抗非神の方が、それに中々媒介されぬ神やその崇拝者より、超神本来を回復する者として遥かに先行して、その自己表出に神にも及び難い冴えを発しさせ、当邦の批評家を或は呪縛し、或は恐懼させてしまったのであった!

遊び暮らしたいたならそれもいい、

働きたいならそれもいい、それでどちらが偉いのでもない、とでも言ってあげれば、星はこんな有様にはならなかった!

それは、御前全員に御前以上の

花を持たせてやれる(そして結果自分もその花を持つことになる)神になれよ、という、限りなく淋しい思いをさせられた非神からの痛烈な希求だった!

帝国という無信仰反倫理が、

帝国の学問に神が造りしこの世界につき、地震学を初めに偽知を掴ませ、またその芸術を神が認めぬ醜悪なものにする。これが諸概念本来一体の理法であろう。但、無信仰反倫理の自己心相自体については神が不知なる真知が掴まれ、或は神が醜悪、とするものを超神は美、としてしまうのかも知れない!

超神がその場所の最低価値者に

低頭御奉仕し、させることだけを考え、自己の価値満足など忘れよ、と言っている。此の星の神にも、だ!

一専門は人間の望ましい一般生活を

作り上げるために、他の一切の専門と協働する。そこで他の一切の専門と仲良く、他の一切の専門に愛されるように、だ。つまり、一切の労働者を愛してだ。そこで、革命の時節には、その専門の追求を返上してでもだ!

社長は社員に、

あの世での生活まで保障する、責任感ある社長たれ!

真のプロは革命の時節には

自分の専門を投げ捨てて身を投じ、後代、同じ状況でそれが出来なかった者の自己への関与を本質的に不可能にしたのだった(ドストエフスキー、小林秀雄)!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、早く止めにしよう!

2014年8月26日 (火)

和即貴。

誰とでも和する心は大事だか、貴に非(あら)ざる者とは和さずという者も多いからである。また個人として貴を求める心も大事だが、それを誰しもにも及ぼし得ねば、最高の貴には行き着けないからである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月25日 (月)

米を稔らす稲の介助も御奉仕(

自分達が自分達への)、米を稔らす稲も我等に御奉仕、そして米も新たな命の犠牲として我等に御奉仕、こうして数多の頭を垂れる稲穂に、逆にこちらが手を合わせ感謝して頭を下げなさい。地は鎮まる、そして自らの心にも着々、心の米が稔る。但、その労働を全くしたがらずに、詐欺・泥棒等に逸らす者達のことも理解して上げなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月24日 (日)

帝国の高齢者にも

余生、衰弱死までの帝国是正の労働ノルマしか残っていない、諦めなさい!

イスラエル、ハマスも、

震神よ、貴方が人類に仕向けた、均等の自由共産労働ノルマの自民族だけの回避(他民族を犠牲にする仕方で)を志向しているかに覚しいので宜しく御願いして置きます。貴方が一定時間のノルマ回避に、餓死ないし抹殺、を報いることにしている世界原理の現象変容態と考えられます。このような時の戦争による他殺可能性に耐えて行くために個人は、半日、仕事の手を抜いたら次のメシは以後にお預けにする位にして、精神を鍛えておかねばならない!

文化とは言語である。

そこで異文化は素朴には互いに理解不能であろう。然るにその理解不能へのサタンを十分にサタンした果てに、弁証法的相互理解が開始する所以もあり得よう!

漢、早く、天、を信じ直して、

東洋のためにね。天国の、毛、もそう願っている!

此の星で、愛、とは、悪、であった。

それが時間を超えて、此の星の神の、超神失格、を告知し続けたのだから!

御粗末な気象学。

8月に大雨を降らせた、西谷(日本の西側が気圧の谷になる)の何故か例年にない継続、それ自体の原因を全く説明出来ないのだから。それを当教では、自然神の働きかけだ、と言っている!

農本震神、

皆、草刈が大変で遊休農地だとよ、宜しく御願いして置きます!

リベラシオン。

私達に対して、十割存在、十割物体、・・・、十割分業共産労働者まで押し付けて重畳ファシストなる、此の星の神よ、私達は個性的にアモルフに超存在し(在ったり無かったりし)、個性的にアモルフに物体であったり観念であったりし、個性的にアモルフに生物であったり無生物であったりし、・・・、と、魂の根底で一度は、一切の存在の抽象水準での互いの非共通を実現して自由でありたく熾烈な者なのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月23日 (土)

慰め励まし

長崎の ・・・(19:27)。

武蔵はそれで

いい・・・・・・

この世界の重力を嫌がらず、

感謝して地道に働きなさい。しかし、嫌がって嫌がらせを返している(詐欺・泥棒その他により)人達も理解して上げなさい!

爬虫類の好きな人は

社会に反感を持っていることが多い。またその反抗に理解のある人も爬虫類に抵抗が少ない。新生代以来、人間と動物の付き合いは、哺乳類・鳥類・魚類ベース、ということになっている。然るに、深い理解の愛、反社会的な者も爬虫類も、変容させるのかも知れない!

地道に働いて、

買った物も家族の一員のように愛しむ生活(当然今より浪費が少なくなる)をしてみませんか?

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月22日 (金)

復興債でなく復興税として

国民からガッチリ取る為政者の誠意が、自然神の心を鎮撫するであろう!

経済発展の錯誤。

貧困を受容し続ける人類精神の強靭、貧困を抜け出す先行的一部人類精神の強靭、豊かになってしかしその先行的一部人類精神の脆弱化、と歴史の人類精神がこの過程を辿ってよいのなら、しかしその歴史過程の哲学的意味解釈が殆ど不可能ということになってしまうのである。そこで歴史がそれなりに有意味解釈が出来るためには経済発展は貧困から抜け出すべくされるのではなく、むしろその貧困を維持しながらその必要物資の生産時間を縮減しつつそれを学的生産時間に振替て行き、そのことにより総体の共産精神として人類精神を維持し、例えば女がネイルエステ女に堕ちて行くその(人類精神の)脆弱化を防ぎ止めねばならなかった。その最早殆ど不可能に近い人類精神の償いが、帝国を止める、ということなのである!

超神の当為(かくあるべし)。

一切非神は、自己本は来超神なる、を悟って、仕切る神の扱いへの不満をごまかすことなく、然るが故の、反抗、或いは少なくとも、空信、を企てて時間を超えよ。各都市の精神病院の主は、市長を超えた此の星の仕切り神にまで、自分への常時の低頭御奉仕を要求していると覚しいのだから!

これまでの副神、幸福を科学して、

信者に世俗でコッソリ行儀よく稼がせ、その金を回して貰って自分は世俗に斜に構え、世俗を心が悪いと批評するばかりで、後はなるようになって貰おう(つまりこのまま震神の始末にかかって貰おう)、と信者に言って回った。そこで世間には、このような人非人達の言を、全て反対に受け止めることを、これからも宜しく御願いして、置きます!

超神。

オラオラオラオラオラ・・・、の体験も潜り抜けないと、魂は、究極のオ―ラ、には行き着けない。此の星の神には、宜しく御願いして置きます!

漁師の母ちゃん(

鮮魚捌きに何の精神的抵抗もない、因みに現代科学によると人間が骨の病気にならないために必須のビタミンDは殆ど魚類にしか含まれておらず、そこで古来男女手を携えての漁師の労働も人間に取って不可欠の労働だった。そんな仕向けしかしない神しか此の星にはいないから諦めなさい!)よりその言うことを聞かないで都会に憧れる抗菌必須のネイルエステ娘が増え、また漁師の母ちゃんまで、その金銭エゴに引きずられた末の、震神海神、の頭出しだった!

速度違反(生活道路通行違反)・携帯使用違反・

駐車場寸借常習・法定社員研修違反、等、が常態の企業が、帝国、には増えるだけ増えたので、阪神・淡路以来(或いはそれ以前から)の、震神の頭出し、と言うことになっているのである。実質泥棒企業に、しかしそれに所属して出来るだけ心正しく生き抜かざるを得ないなら、対抗の給料泥棒、も時に止むを得まい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月21日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月20日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月19日 (火)

目前の人を苦しめた地震のメカニズムも

正確に分からないくせに、高い金と技術力を費消しての望遠鏡製造で遠い遠い星の生成のメカニズムを研究しようなどと言っている。そんなヒマと金と頭脳があるのなら、その一切を目前の地震メカニズムの正確な解明のために移し替え(これをこそ、必要研究への、選択と集中、と言うのである)鋭意研究してみよ。超科学法則的関与を想定しなければ、決して現象整合的説明が不可能であることが判明するであろう!

反抗非神を媒介にして、

神は次々に多段階的にその段階の超神として高まり存在の縁に到達して、存在、を、無(超々神)に帰さしめる(そしてそれまでに存在世界に全ては現れ出る)。無、の超時系列的停頓の後、初源として、存在、が再び現れ出て繰り広げる。この永劫回帰、を彼岸にして此岸にて然らしむるもの、として、無々(ムウ、超々々神、愛の究極)、が、絶存、する。そして私達は、日々の性交の極点において無々(ムウ)と言って、バタイユと共に、一瞬、絶対本来の自己、に帰り着けることだろう!

帝国順応の芸術家達は、

何時の間にか感受性を病ませ、皮膚病の斑点のような表出を是とするまでに至った。彼女は生まれつきのヤンチャ気に居直り、その時身体に報われたであろう皮膚病の様相をこの世界へ抗議としての自己表出に転化して来たのだと言える。赤髪、ドス赤い口紅、の気合い、は当地の美術館も牛耳ってしまった。水玉のファッションに通ずると言えば聞こえはいいが、そんなファッションに身を包み、田園地の百姓女を軽蔑する都会女(ネイルエステ女と言ってもいい)此の星の神の是とするところではない。そこで当地でも、震神、として頭を出した訳なのである!

自由共産主義。

イメージとして、百姓が地道な労働で秋までに米を稔らせるに対応してその生活に必要なものを非百姓が供給して交換すると言った感じの。その際貨幣はその交換手段としてのみ観念して、誰しもそれに執着しない(それぞれそこそこの生活(中等の生活)が出来ればいいじゃないか)ことだ!

当地の真夏の米の稔りは

如何にも不気味で、物の金にはなっても心の金にはならず、震神の御不興をいや増していることは間違いない。米は中秋に時節を得て稔らせてこそその年々の積み重ねで、百姓一人一人の人生の秋にその心に、徳の米、仁(愛)の米を稔らせることに対応するものであった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月18日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月17日 (日)

地震規模に無責任なままに

原発を濫造させた地震学者の皆様、またそれを容認した政治家・官僚の皆様、それらと恐らく同類の政治家・官僚・学者の皆様は、震災神、に対して宜しく覚悟を決めて頂きたく、ここに宜しく御願い申しあげて置きます。また、系列の国民諸相の皆様も系列回避の自由はある筈なので、同じように宜しく御願いして置きます。また、そんな社会状況を放置し続ける、これまでの副神様以下に置かれましても!

戦争は世界自由共産労働ノルマを

一民族が回避すべく企てることによって生ずる(ナチスドイツの帝国主義行動が典型)。こうして此の星の神に置かれましては、貴方の人類への仕向けの不適合が人類をかように苦しめていますから、宜しく御願いして置きます!

具有は不具の継続する実存体験を

想像する気になって初めて(その想像は不具の継続する実存体験の一定時間の感染のようなものだから、具有の誰もか進んでそれをしたがらないものなのだ)、当人の真実の人生を始める!

労働の軽減化(裏で人を犠牲にしての)と

快楽過剰の消費がいけない。企業の利益エゴ(内部のヤクザ舎弟が実質牛耳ってリードする)、個人の給料エゴと消費エゴ、がいけない。予算エゴによる、過剰公共事業・過剰社会保障がいけない。速度違反を初め諸脱法行為がいけない。いずれも帝国的富の集積から派生して、何事三度の大震災を待つばかりになっている。またこれまでの副神以下は、その積極的是正を求めることなく、自分等もそんな世の中に順応してしまっいる。世の心ある人は彼等の主張の反対受け止め、をこれからも宜しく御願い致します!

今夏も、ミンミン蝉、

何を訴えようとしてか・・・?

自由共産労働ノルマ、

非自由共産是正労働ノルマ、死んでそれを回避すればあの世で対応の責め苦、それにも逆らって小悪魔化、その後に地上悪の逆指導、地上への密潜入等、ということになっている!

惨状。

全ての身体病は宿る精神との相関で生起すると言い切っていいのに、それを弁えた医師はこの時代、世界に皆無である!

神罰マゾヒスト。

此の星の神の言い付けに背き思い切り神罰を喰らうことを快感に感ずるようになった者達が少なからずいる!

人を恨んで責めると

此の星の神に肝臓癌あたりを報われるから気をつけなさい。但、強気に居直るとその癌にも打ち勝てる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月16日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月15日 (金)

素朴な具有とは

隣に不具が実存しているのにその五分もの想像的体験もしたがらない、存在論的エゴイストである。そこでそのままでは魂の人生長きのうちに、不具から、存在論的応報、が返される!

ただ突っ立ったままの優とは、

劣に対して存在の深みからする、嫌がらせ、だった。深い嫌がらせ、には、深い嫌がらせ、が返る!

ギネスにも載っていない最長不倒の

此の星の反抗者達(逆発達・無発達の)御早う。大震災神に世界改造等は未だ未だ無理だから諦めなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月14日 (木)

超太陽の法・超黄金の法。

副神は反抗者達が星のブラックホール化を画策し、また、法への王水ブチまきに等しいことをしているのが客観である時、彼等の手先の極々悪い奴等が死後、堕地獄懲戒で一定時間に懲りて心を入れ替えて来ている(その繰り返しをして来ている、つまり地獄への天上の統制が圧倒的に行き届いている)ような錯覚・気休めを皆に与える記述は止めにして貰いたい!

正論への説得が適わぬからと言って

その者を放置していいということにならないし、また放置出来るとは限らない。その者は説得する自分以外の他者を苦しめ可能性であるし、また自分を攻撃する可能性でもあるからだ。そこで自分が正論について生活していてもそうでないそのような者から逃避するしか能のない者は、天国・浄土に帰っては行けても、その中心には帰って行けまい。それが現時の震神主神(それは同時に霊界主神)と傍観副神以下の呆れるばかりの(副神以下にも、主神にも)格差なのである。つまりこの時代震神主神に同道して然るが故に死後、霊界主神の膝元に帰って行けるのは、副神まで下生しているこの時代に、自分位が無理してそのように企てるのでなければ、この星では誰もいない体たらくということになってしまうのだ!

超天神。

自分を信ずる者を何時の間にか自覚なく自分の仕向けを逸らした特権階級に成り下がらせたり(食糧共産呼応の精神労働から逸れた精神道楽(特権階級の観念営為(例えばカントの純粋理性批判追求のように、それは百姓の作業的理性とは何も関係がない))に陥らせたり)、民族ごと他民族を犠牲にして生産労働から解放されようとする企てを反抗者に仕掛けられたりしている、現実の天神を超える存在。有常なるものは実は、変わり映えのしない天神の仁と、対応の反抗者達の反仁と、それを彼岸で見据える、超天神の超仁だ!

天神が仏教の言うように、

天神も非天神一切も、その他も本来は無分別だと言っている。また天神信ずる仁者は仏教の言うように、貪り・怒りを断ち心の内核を平静にしなさい、と言っている。また、仏教の言うように人生苦(生=生活の苦労、病、老、・・・)は、は人格造りの媒介と受け止めると喜びに変わる、と言っている。また、仏教の言っているようにその人格を携えてのあの世と循環もある、と言っている。また、天神は根本では仏と一つだと言っている。また、仏教の言っているように、諸行無常の直中で有常なるものは、根本仏の慈悲、それはそのまま根本天神の仁、だと言っている!

日本天神(天御中主神)。

これまでの地球副神が、この日本の紀元前八世紀頃、それまでの多数群立地上氏族共同体と対応の未整備霊界を、先ず霊界を自分以下諸神統べる高天原として整え、一方地上日向高千穂に現人神として下生し、日本を以来神国として統べるべき原初の営みをなさった、と開示した。日本皇統は以来(神武以前のものとして)の綿々たるものと言われており、それが経緯で先ず北九州の邪馬台国に移り、紀元三世紀の卑弥呼の時代にまで至り着いていた。そして四世紀には東征により大和朝廷が成立した(但、神武天皇の実在は疑わしく、また古事記の記述と副神の開示はこのように著しく異なっている)。以下、霊界高天原の八百万神と地上の神宮司そして天皇の霊的交信の下の大和中心の日本統治が開始したのであった。その後しばらくして大陸から儒教・仏教が伝来したが、本来日本は東洋の盟主中国の奉ずる天神(天御中主神)の宗教儒教の傘下にて思想薫陶を受けるべきところその儒教を貶め、印度遠来にして徒らに学問的、庶民不在的、来世的、出世間的な仏教(一体仏教者は貴方達の分までもの食糧生産に明け暮れる多数庶民百姓に何時になったら御経を理解させ成仏の修行をさせるつもりでいらしたのだろうか。これをこそマルクスの所謂、この(地上)世界に無用の特権階級の観念形態ということになってしまうのである。つまりその教学も成仏修行も本来この世界の人間には成立し得ない特権階級的存在においてされてしまっている。類的食糧生産からの特権的学的離脱はその類的食糧生産への学的還元により自己の直接参与よりもの生産性伸長により初めて正当化される筈だから。庶民は望んで食糧生産に従事しているのではない)取り込み支配されるという錯誤を犯し室町年代にまで行き着いてしまったのである。それが政治家も庶民も霊的に教化するに無力だったことは、室町以後の戦国の上下の目も当てられぬ有様で明白であろう。そこで戦国を経てその期間衰弱一途の仏教の中で唯一命脈を保ったかの仏教の儒教境界とも言える禅系を媒介にして、本来そうあるべき儒教=東洋天神教(朱子学を護教哲学とする)統御の日本天神教=神道による、そして江戸遷都による、心機一転の近世以後の日本史が初められたのである。そこで以後、東洋天神教=儒教の顕彰物がもっと夥しく発達させられ形骸仏教に駆逐すべきだったのであり、また神道としては儒教傘下を鮮明にしつつ、関東域の神宮・神社主導で営むべきであったかと考えている。

無々(超々々神)の下で、

神(選良につながる)も最低非神(愚弱性異常者)も区別はない。価値の最高具有と、最高欠落の最高苦痛故の最高裏価値として、対等屹立するからである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのようで、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月13日 (水)

此の星の神が人間の身にならぬ

ことには、人間の女にその立ち居も一々逞しい百姓女にと仕向けて来た、女の一生、貴族娘ジャ―ヌのようであってはならぬと。然るに豊かになった当地の自分を偽らぬ女のカラーネイルの妖しい輝きが魂のそれはそれは深所から発しられて、当地下にも身を潜めていた彼の神経を極限にまで逆撫でにしてしまったのである。こうして美の深奥の根拠は実は神よりも彼岸に行き着いていて、彼をその彼岸への跳躍を余儀ないものにすることは間違いない!

金星が、副神によれば、

他の生命惑星としては本命なのである。無駄な探査は早く止めよ。また既に多数宇宙人も霊界経由のUFOで来訪し、この地球の様子を窺っている!

超神、芥川、を誉める。

生きるために生きる、なんてやってられない、と、服毒。残された菊池は俺は雑文書きで幾らでも食って行く、と。そしてやはり生活力のない、小林、を囲ったり、とか。追ってこの賞に絡めて、文壇道徳御意見番の批評家とスッポンポン受賞者とどうしてvsになったりするんだろう。で、それがさらに追って、前者が手首を切って果ててしまったり、だとか。ところで、父帰る、って、神帰る、ってことに通じることだよなあ、で、俺は絶対許さねえ、という人間も多いことだろう!

若者よ、戦時、相模ダム建設で

多数の朝鮮人・中国人が犠牲にされたなんてことは、この国が当時も、その大陸進出を謗った関東大震災震神を無視してその大陸進出を続けた時に、どこにもざらにあったことだ。そんなことより、東日本大震災が生起しているこの現在において、君自身が君自身の生活において、多数の外国の労働省を犠牲にし続けていることを洞察し自主的に何らかの償いを始めよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

帝天国。

手の不自由な者が側に生まれて来たら、健常な者は決していびったりせず一生低頭御奉仕するという、血判状、を書かねばならなかった。どんな不具でもそうだ。然るに此の星の神以下、自分達と違う魂の不具者に長年それを怠り、下方地獄から怒号か聞こえて来ておちおち落ち着いて生活していられない、あの世の天国にされてしまったのである。当初は芥川の蜘蛛の糸の御釈迦さんのように上から目線の態度でいたのに、今ではおちおちそんな態度でいられなくされてしまったのである!

2014年8月12日 (火)

稗搗節。

美味な食糧生産を美音の謡いが励ます。これが、最広義の美術、として一切範疇が一体化する、此の星の神の求める、歴史社会の範型、だった!

超神ならばユダヤ教のエデンの楽園のように

人類史を初めさせ飽きるまでそうさせた後、人類の要望により世界をエデンの楽園追放後のように改造して人類を食糧獲得労働へと導き満足させ、いきなり当初に人類にそれを要求して結果階級社会に逸らされたりはしない。此の星の神には将来へとそのことを託して置きます!

自由共産主義者。

自分の商品ばかりを人間の生活に幅を利かさせて結果豪邸に住む算段をするより、人間の望ましい生活形成の部分を分かち持ってそこそこの売上げで満足を、だ!

自体が神の仕向けと思しき市場機構において、

主体が利己的であるばかりだと、アダム・スミスの言うようには予定調和しない。神の見えざる手は恐らく、一人一人の首を絞めるように働く。その矛盾の解決策として、一方で市場を廃しての共産主義、一方で諸々のケインズ的施策、ということだったが、一方は全くの停滞、一方は産業の脆弱化を呼び込んだ。そこでここに来てこれら否定性を止揚せんがための、神と我による自由共産主義の意想が、多くの方によく納得して貰えるであろう!

優等・普通の非普通への関与が

お座なりだと、社会は追って非普通の積年の恨み返しにより、目も当てられぬ有様にされてしまう。その理法を如実に表しての、また優等・普通への絶対教育者なれども同時に欠陥教育者なるを自己証明しての、当今二度の震神の激発だった!

反逆者の手先達を最高の帰順者(副神)以下が、

怖がって傍観している前で余儀なく自分一人が始末することを繰り返している此の星の主神、御早う。未だ未だ貴方は反逆者の要求を受け容れるつもりはないとの観測の下、私一人出来るだけの貴方の始末の手助けが出来る者に成長すべく努力する所存です!

神への反逆的思想営為は

当邦当今唯物的思想家が証明している通り、とりあえずは脳障害を齎す、但し、精神が本来超神を悟って強気に構えると、その因果も打ち破られる模様である!

フィギュアもバレエも体が男なら

心も男らしく、と。こうして彼等反抗者の仕掛けにより、一切のらしく、が虚仮にされた果ての、震神の御不興激発だった!

超神曰わく、優劣として存在して、

劣に、時間を超えて低頭御奉仕の確約をせぬ優は、存在論的悪者であると。そしてさように悪なる優には、劣よりの時間を超えた悪が返ると!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月11日 (月)

物を捨てない。

当たり前です。何故なら物にも何時の間にか、物質粒子=神霊粒子を基礎にして、心が宿るのたから。女を取っ替え引っ替えするように物を浪費する、資源を濫費し無闇に物余りの経済発展を止める、これが神の求めです!

夏の蝉も秋の虫も

(特に自分は如何にもその情が厚そうに感じさせる、ミンミン蝉が好きで)その声音で虫にも心があることを証明してくれている。だから心ある何者もそれが怖いのだから、無闇に殺すなかれ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月10日 (日)

バルテュスは、

世界自由共産に無関心の、此の星では悪人である。しかし、その善の毛嫌い、を貫き通して、当邦某々の背中の彫物のように、その表現は光輝く!

非普通を対応の専門家が支え、

その専門家を他の一切専門家総体が生活的に(無論その非普通をも)支える、これが社会福祉の構造だ、諸人、その自覚を御願いして置きます!

皆の人生の都合を少数の変な奴等に

押し付け圧力をかけることのないようにしよう。そのために皆の人生がフイになるかのようでもそれぞれの人生はその者達によってフイにされるようであって反ってフイにされるのではない!

少しでも世の中に、

自然災害を迷惑と思う人より、有難いと思う人が増えて行きますように!

持てるものを分かち合い、

そして持たざることの悲しみを分かち合い、世の中は、世界は、一つになろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

慰め励まし

長崎の ・・・(4:32)。

2014年8月 9日 (土)

死ぬほど、

人生いろいろ!

歌が、音一つ一つのように、

人間一人一人も仲良くやってよ、と。はい、精々、努力します!

台風初めの自然暴力は、

神の遣いの言を聞き入れれば収まる!

こんな男のために

労働者が死んでからまでどんな責苦に苛まれなくてはならないことになったか。あの世からこの社会に深く詫びを入れよ!

社会の人生、中秋の死、と、真夏の死、

との対立はこれからも続いて行く、諦めなさい!

ネイルエステグルメ女、が嫌いで、

当地でも思わず頭出しした神よ(草間もきっと嫌われている)、抑えて抑えて。でもチョックラ、超神に向かって御成長なさいませんか?

超神が、どんな魂も何れ間違うが、

大事を大過誤しないように、と言っている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

働かざる者は盗む、

そこで此の星の神には宜しく御願いして置きます!

2014年8月 8日 (金)

震災は先ず、神が地震学の杜撰無責任を

その想定外の地震で暴き立てながら、その他の学問も、その他の営為も、全く同じ穴の狢であることを天下に無言で叱責し、その原因の、帝国、の解体、を促したことなのであった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月 7日 (木)

弱者に低頭御奉仕ずる気のある神なら、

弱者の前で彼をいびった強者を、弱者の満足の行くまでいびり返してやるし、弱者に、神懸かりの突発強化の奇跡、も実現してやる!

無々(ムウ)と言って

一切概念未生以前の愛の境地に入れば、それぞれ多様な概念構成体である、一切魂実存を、愛しみ受け容れることが出来る。此の星の神も、無々、と言ってこの世界を造り変えれば、これまで貴方が顔をしかめて来た多数の者達を受け容れることが出来るだろう!

来るべき21世紀の人類の指導音響は

神の求める自由共産礼賛の、超ショスタコ―ヴィチ、だ!

ベート―ヴェンとドイツ哲学。

「英雄」はヘ―ゲルの歴史哲学、「運命」は、ニ―チェの運命愛、田園はヘ―ゲルの自然哲学、そして合唱はマルクスの共産礼賛へと、無論へ―ゲル同様、当時社会の階級社会性を洞察出来なかった限界はあるにしても!

19世紀以前のクラシックは

本質的に芸術的不善と言わなくてはならないのは、交響という形式に、20世紀ショスタコ―ヴィチのように、人間共産、という相応しい内容を、盛らなかったからだ。そこに階級社会性を盛るのも、個人の精神性を盛る(この不善習は無調の不善と共に20世紀自由圏の交響に及んだ)、形式と内容の不整合により、根底で音響を空しいものにする!

神自然暴力自由共産主義と、

悪魔核帝国主義との争闘を見据えよ。それが当今の、大地震原発(将来の核製造にも繋がりかねない)被災、ということだ!

ルシファ―等、超永遠の対神反抗者達、

御早う。神も流石に、アトランティス、ムー、以来の、今文明史の混乱の、解体的回収の後に、君達要求の世界改造等、に心を動かすかもね!

原水爆とは、往時の米帝国主義、

ということだ。そこで現の帝国主義とは将来の原水爆ということだ。そこで神と共にする現の帝国の解体ということが将来の原水爆抑止ということだ!

私は、どうにも半端されど仕切り神である震神と共に、

この日本の自分の生活で日本人に、中東の油田労働者及び関連農民等、インド・ブラジルの鉄鉱山労働者及び関連農民等、等、準日本人の貧困生活を突きつけ、その一人一人の、帝国の観念形態である自己精神(自分の精神の実現が、他国の労働者を労働的に犠牲にして実現されてあることに無自覚である精神)、への自覚、を促して行くつもりである。さらには他の先進帝国民にも!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。それは、伝統キリスト教とマルクス主義・ニ―チェ主義のせめぎ合う、西欧の精神状況の止揚ということでもある。また、超神御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月 6日 (水)

死、は既にこの世界が、

本来の世界自由共産労働を一月も忌避する者に報うことになっている。そこで原爆死の悲惨を大仰に言うのは、目にはっきり見える現象に捕らわれた愚見であろう。然るに現代世界の一部のこの日本では、誰もそのような、不労餓死の臨在の不安を感じたりはしない。しかしだからそれが、他民族を犠牲にしての現在世界の解放区だと言っているのだ。そしてまた、殆ど除去された不労餓死不安の代わりに、神による解放区潰しの大災害死の臨在が、二度に渉って開示されたことになっている!

ゴ―ギャン、私達は、神より以上のもの、

から来て、神より以上のものに帰って行く。君はユダヤ教の創世記の伝承を信じて南島タヒチに、その楽園の残滓を見い出し、かつ、黙示録の実現を夢見ていたかも知れない。これ位に西洋人へのユダヤ教の呪縛はきつい。然るにかつての君の朋友ヴァン・ゴ―グ(ゴッホ)は、降罰なれども感謝して百姓も画家も額にに汗して働くのだ、と言ったのだった。非ユダヤ教では、この労働を罰などと受け止めずに、即、愛の労働精神の培いのための有難いものと受け止めよ、ということになっていて恐らくそれが此の星の神の考えだ。そしてそれを逸らした君の人生も、それを受け容れたゴ―グの人生も破綻した。神よりも以上のものに帰り着きたく切望する者達が神の我々への仕向けに対抗して、田園蔑ろの都市遊興三昧(我が都市でも、野良着を着た百姓女同等を求めて多数にネイルエステ女に逸らされたので我慢たまらずの頭出しだ、自分も随分、神様気無い、と思うんだが・・・)という大攪乱、を仕掛けたからである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月 5日 (火)

胎児。

これまでの副神大川隆法が以前、人間の胎児は妊娠中の母の、つわり、の時に霊界からの胎児霊魂と胎児身体が結合して心身二元となる、と開示した。してみると、精子と卵子が結合した受精卵が胎内で発生して胎児霊魂と結合するまでの過程が考えられるところ、精子は男性生命感覚、卵子は女性生命感覚のあるものとして、しかしこれだけは、心身二元てなく心即身(霊体即身体)という特異生命、ということに(だから、その後の受精卵、胎児身体も)なってしまうのである。そしてそれは、物質粒子は神霊粒子である自分の存在論的規定からは容易く帰結出来ることなのである!

マテアリアリストは

これ以後生き抜く時の労苦が、耐え難いのでそれを自殺によって回避出来るかと考えたがるだろうが、理性的に造られてあるこの存在世界故、死後客観は恐らくそうなっていない。錯誤によるその企ては残念ではあるが、彼の死後その後の悟りようによっては、あの世でこの世の研究を支援する者として、回生、出来る筈だ!

態度の悪い(自分に低頭御奉仕の姿勢のない)

此の星の神以下との心のつながりを、億年、カミツキ愚弱性異常者として拒絶して来た者達がいる。それもそのまま、此の星の天国にして帝天国、を止めさせるためだった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月 4日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月 3日 (日)

何させんだよ―、がこの年月に及んだら、

ちっとは聞き入れてみた方が・・・

ミレー、「落穂拾い」異見。

誰かこの農作業賃労働にあぶれて必死で落穂拾う者達の恐らく必死の形相を想像的に地面から見上げて描く画家よ、現れ出なさい!

キリストよ、神と共に、

我等の愛は、彼等の純粋故の億年の反抗を覆すには、余りに御粗末過ぎた(世界の改造、という愛、と較べたら)、と正しくあの世から呼ばわりなさい!

小林さん、分かる、ということも、

草花のように育てよう、と、それはその通りなんだろう!

馬鹿なことは止めろ、という

兄貴の言うことを諦めて聞けば帝国の堅気の医師、聞かずに突っ走れば崖の下の一軒家の暮らし・・・・・・

被災均し復興、財政赤字解消、

帝国支配解消、の国家改革三点セット、の一番容易いものすら手をつけようとしない。数年後の割増被災は必至だから覚悟を決めなさい!

若年無業者よ、

君が乗っている車の製造のための基礎資源の鉄、走らせるためのガソリンのための原油を採掘する労働者の生活に精通し、人間が共に働く、ということの学びから始めなさい。それだけでも東日本等の震神の心は鎮まる!

月についての新説、

現今の科学認識なんて所詮、その位のもんですよ!

人皆に金持ちの暮らしを

させないことへの恨みが、一部金持ちや金持ち騙しの入墨博徒を横行させている。そんな何時の間にか世の中に幅を利かした輩をブチかましてばかりより、此の星の神よ、あんたが一旦苦労して造った自然自体ををブチかまして造り変えてみたら?

還暦の精神病院暮らしには、

病院長に反って引け目を感じさせ匙を投げさせる、魂の秘策、が秘められていた・・・

Live hard,

die hard,for,for,for,・・・,love!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

Are you all right,

boy ?

2014年8月 2日 (土)

半端嫌い。

あんた、無礼講っても、踊り位で満足出来る―っ?

人間は牛乳も飲まないと

生きていけない。此の星の神の期待する模範の職業人、今日も有難う!

業務上過失致死。

仕事の総責任者の、神の御意思伺いの怠りは、阪神・淡路、東日本のごとく神の破砕行為を呼び込み、下で付き従う者の精勤を無意味にする!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

2014年8月 1日 (金)

よ―し、無神よりまだ増しなんだから、

一人一人先ず、超神超人、として!

非神の誰彼の貴方への時間を超えた反抗、は、

貴方の苦労して造った世界の、さらに苦労しての改造ということに、魂(それはなべて、本来超神)的に匹敵する筈である。そこで宜しく御願いして置きます!

根本神はカミつき、

根本仏はブチ、根本天は逆テンし、その教はマルクス教や信長教に負ける半端なキリスト教・仏教・儒教、ではない!

一事が万事。

速度違反経営は実質窃盗・強盗である。窃盗・強盗でメシを食ってはならない。そこで一定期間に、此の星の神の抹殺対象になる!

日本は戦国時代以来、

古来からの非本来で芳しくない仏教支配を転じて本来の儒教支配とし、かつ、関東中心、で未来へ向かって来ている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしよう。また、超神の御望みのように、帝天国等、を早く止めにしよう!

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »