2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月30日 (水)

有、は、無、へと、優、と

思いなしている内は、無、の、頑な求心、を解くことは出来ない。劇作家つか、も残念ながらその例外ではなかった。その他、奥、は無論、あの太宰も田中も、一生精神病院の主の愚弱中性者、より随分、有、だ!

主神は、その昔、大陸沈降も、

大陸分割移動も、極移動もなさった、と副神が開示した。それだからこの度の震災など、どれ程に、慈悲ある手加減であるか誰にもよく分かることであろう。しかしそのような神だと分かっていて、敢えて負けずに長年逆らい抜いて来ている者達が現にいることも繰り返し、公正に、告げ知らせて置こう!

根本仏は末法世を

ホットケないでかようにブツ。そして新仏法確立の地均しをする。然るにそこでブツこともせず、また階級社会を悪しとも言わない、釈迦、は下生根本仏ではない。また同じように、刑吏に引き回された、イエス、も下生根本神ではない。また、危うきに近づきたがらかったも孔子も根本天の指導を受けてはいない。また著しい男尊女卑とマホメットに啓示した神も根本神ではない!

目の前の強姦は邪淫だから、

真の仏教徒は、震仏、のように、ホットケないでブツ。あの信長に見直して貰うためにもブツ!

無反省復興をリードする政治家は、

悔い改めぬならいずれ厳しい報いを受けるから覚悟を決めて置きなさい。また、あくまで世間に表面笑顔で終止しようとする、転落副神以下は、少しでも震神主神に近づくべく、気合いを入れ直しなさい。必須職業として血を嫌がってられないトサツ業・警察・軍隊だってある!

此の星では大した価値内容でない者まで

自分より劣った者に馬鹿にした目で見る魂の習性が身についてしまっている星で、勢い、例えば、男らしさ、ということでは最劣者の美川のような者に居直りのしっぺ返しを受けて、その場のリ―ダー格が男は男らしくなどと、軽々には言えない状況を作り出されてしまっているのである。超神でない、此の星の神の星開闢以来の御粗末な仕切りがここまで行き着いたのだ!

基本、精神病院に潜り込み腰を据え、

その都度、無々(ムウ)、と言って、一切の発達も、半端な関与も拒絶して来た者よ、明日起きても世界が何も変わっていなければそのままそれを続けてみて下さい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月29日 (火)

唯物論権力は彼等神への反抗者の

埒の内に未だあって(まして格差主義に転じているならさらに尚更だ)、例えば四川にも頭を出した、震神、を態さねば、中々太刀打ちは出来ない!

魂は倫理的であることが優先で、

その倫理的の最優先は超神が求めるように倫理的(出来るだけ自分を偽らぬこと、など)、だ。またそうあった時の経験が、経験として、先ず最も価値高い!

日本語、音韻を

おおらかに楽しめる言語(やまとは ・・・)から、日本精神が見え隠れする、なべて民族精神というものが・・・。そこで随分、神経質、なのは・・・。エデンの園は民族精神の妙なる花園として、歴史の終わりまで続けよかし、との、神の願いだったのかも知れないから・・・。

真創世記・真黙示録。

エデンの園では、木の実取って食うにも一定の骨が折れた。また、鳥も魚も獣も一定取って食ってよかった。また追って決して言いつけを守らなかったからではなく、食糧獲得の安定のために農耕・牧畜・定住漁労に移行した。そして農耕以前も以後も、交換経済を活用しつつの集団的協働(だから農耕以後は共産と言ってもよい)が言いつけられていた。そこで人間の堕罪とは先ず何より、少数が他の多数を階級支配してしまうことだった。然るにそれは既に神に造反を企てた天使ルシファ―等が人類の扱いをめぐっての路線闘争として人類社会に仕掛けることだった。そしてその繰り返しの仕掛けがこの現在、諸帝国の世界支配に行き着いたのである。そこでこの先自主的に帝国を解体して世界を自由共産化せねば、帝国域は自然にも宿る神によって破砕され、歴史は全体として遅れた農業中心段階からのやり直し、をさせられることになっている!

無論、デジタル優者はデジタル劣者に、

頭を下げて御奉仕するのです!

ツァラトストラ(ゾロアスタ―)・マニ構造。

アフラマツダ(震神主神)・スプンティマン(副神、現、霊格降下、さらに第二の魔の勢力化するか?これも超神の劇だ)―アンリマン(ルシファ―)。ツァラトストラが副神近辺の救世主として下生、古代ペルシャでこの構造を説いた(特にこの構造は何時か天上帰一的に解消する楽観論として)。紀元明け後のその後もツァラトストラ教圏にあるペルシャでツァラトストラがマニとして生まれ変わって、この構造は何時解消するかも知れないという悲観的だが客観的なる改革教義を説いた、が異端としてツァラトストラの末裔達に処刑される悲劇を演じながら(これも超神の劇だ)、異端は新たにマニ教として広がって行き、キリスト教教父アウグスチヌスにも影響を与えたのである。それから延々、キリスト教に支配された西洋の現代に、風雲児マルクスの出現によってキリスト教の全否定がされた状況下、さらに、アンリマン=ルシファ―が、二―チェをして、なんとまあ往時のツァラトストラをかたって超人を説かせるという、天上侮蔑の仕掛けをしたのだった。そしてこの弱肉強食の二―チェ主義は現代諸国家をも呪縛し、帝国主義戦争を現出させ、現在にまで至り至っているのである。しかし、超キリストにして、強肉弱食を提唱する筈の、主神=アフラマツダ(震神)がその状況を放置することは有り得ないから、多くがそれを弁えなさい!

・・・あなたがいて わたしがいて

・・・(4:24)。

隣人愛的(仁的)消費、涅槃的消費、

そして自由共産的知足(足るを知ること)経営が、自由経済を、恐慌や天変地異誘発なく、営々発展させて行く!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。阪神・淡路の無反省復興が、割増の東日本を呼び込んだ!

2014年4月28日 (月)

本心は悪者と思っているのに

反発が怖くて口に出してそれを言わない者達は、震神が別の意味で報いを与える情けない偽善者どもである。震神は自分が悪者達が怖くて無言で行使した訳ではないからである。然るに震神が今日までその偽善者どもをそのようにしか教育できなかったのも事実、またそれだからその他の多くの悪者達が震神の**の対象となってしまっているのも事実、で私の心は冷える。その心を再び奮い立たすのは、我等、本来超神、の認識、だ。当の偽善者どもも(或いはその他の心ある者も)、そのように認識し、また時に震神を懸けて、改心一番、頑張ってみなさい!

米国では、風神・雷神、が中心

のようだね。駄目だよ、カジノで被害復興なんて、神の神経を逆撫にしていては!

米を見事に稔らせることは、

神がこの世界に設えた、人間の味覚へ向かっての、同時に命懸けの、中心の美術、だった。それ以外の美術(広義)も、それに拮抗する程の美術でなければ、真の美術、とは神は認定なさらなかったのである。そのような交換がされる社会が自由共産社会だ。然るに人間の初期願望はそんな食糧生産に絡めた美術に向かうことにはない、と主張して階級社会を長く仕掛けて来たのが彼等だ!

此の星の神に置かれましては、

自分が世界改造を渋っていて、人間の誰彼の登校拒否は矯正させる、自己魂の不公正自体の矯正の程、宜しく御願いします!

高齢化社会の労働ノルマ。

人生の労働的全うを拒否しても、この世での病苦、あの世での責苦が待っているだけです。尚、あの世での責苦に対抗し抜けば、自主的に償う気になるまで地獄界に放置されることになります!

君達も何も知らない者達に、

この先、**れてからの責苦にまで耐えさせようとする、鬼の逆教育、を止めにしなさい!

職業選択の世界階級構造。

富を一方的に集中した帝国ならではでこそ、多様な職業選択が可能なのです!

此の星の善悪とはつまり、

星の次元での、体制・反体制ということだった!

ある価値内容の魂の実存体験への通暁、

は、本人が最高、ということで、超神がどんな魂にも最低限の、最高価値の花を持たせている。然るに原罪は此の星の神がその価値でも自分の方が誰よりも(本人よりも)優位と価値認識の錯誤をしたことであった。そのことへの、超神罰、が、目も当てられぬ現況、ということになってしまうのである!

魂の超能力。

世界の科学的物理過程に、魂固有の力で直接介入出来る。その力の程度は、潜在的には極限無限であろう。よって計算能力も優に現今のスパコンを上回る。これが神が、そして可能性としての自分達が、無限小数の全容を既に知っている、ということの意味なのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。(しかし神の方も出来たら、帝国が帝国と言われなくてすむ世界改造が難なく出来る位に、有能になってみて下さい)!

2014年4月27日 (日)

魂のIQ。

一般人の無限観念をωと表現すると、半直線上の格子点列に即すべく原点にωを置いて次々にカントル拡大してωからω番目の無限を得る。次にこれに平行な半直線の始点にωからω番目の無限を置いて同じくカントル拡大をして、ωからω番目の無限から、(ωからω番目の無限)番目の無限、を得る。この繰り返しを一辺ω、ω次元の立方体にまで展開して対頂点に極限の無限観念(あくまでとりあえずの)を得る。かように思考できる精神のIQの潜在可能性は、正にそれだからその位よりさらに以上の拡大無限ということになっていよう!

共産要求が、皆の本音の共楽要求の

一部人間の他を犠牲にすることの断行による満足、である階級支配として逸らされる。それを潰しにかけてばかりいる此の星の神には宜しく御願い申し上げて置きます!

超神ならば、空前の、弱者保護法

(生まれて来た最弱者に、それ以上の者が、一生頭を下げて御奉仕することを誓わせる)を世界に、各国に、打ち立てさせる。此の星の億年、他者の半端な関与を一切拒否し地上と地獄を行き来し続けた当の不発達最弱者の恨みつらみが、その超神の意思を暗々裡に伝えている!

全ての、意味(概念)、はその昔は、

他の意味に、クサい、と言われるような、クサみ、が無かった。そして誰しもが何がしかの意味を担う者、それだから日々、無々(ムウ)、と言って、そのクサみを取ることを心がけなさい!

画家は一際の才能を買われて、

有力者に囲われ気ままに描けるようになると、社会の人間関係をそれしか知らないままに、人間のために仕事をすると称して自然を精細に描く苦労に明け暮れて世の賞賛を博したりもするのだ。彼が全く同時代の、そして異時代の共々の多数の人間に全く無関係の仕事をしてしまうことは明々白々で、彼の描いた自然は彼のような人間として一般と違う存在の仕方をした人間の見た特殊な見方をされた自然に成り下がってしまうのだ。一方自然に心があるなら、人間社会を蔑ろにする心的態度では決して有り得まいから、無論その意味でも対象の自然の真実も決して表現出来ないことになるのだ。しかし彼の仕事は、社会を超えたこの世界が努力に応じてその成果を報いることの証明にはなっている。がしかし、この世界、この社会には、努力が極々嫌いな人間も実存していて、同時に何の才能もなければ、不可避的に、人間のくず、に言われしまうこの社会を超えた世界に反抗して、ネトライキ(毎日、寝たきりを決め込むこと)を打つに至った者の、その実存丸ごとのア―ト、にまさるア―ト、は有り得ぬ、と超神が評定することであろう!

詩、は、言葉達が一つだった、

その昔の、宴、を常に甦らすもの、として詩でありなさい!

五分、想像的に不具者の身になって、

自分が五分すらもの不具者の体験を嫌がっている者だと実感して、継続して不具者をやって来ている者に頭を下げなさい。また、自分も泣かないで不具者をやれると、現の具有者にして言い切るには、その具有で持って余計な苦労して不具者の苦労を完全に取り除いてやらなくてはならないだろうことを、少しずつ弁えなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を止めにしなさい。国家エゴ丸出しの環太平洋ではなく環大西洋を含めての、行く行くの真実のグローバル経済を目指しての、経過的方便の三世界ブロック経済へと向かうべく、現今の実相、世界不経済、を止めよ!

2014年4月26日 (土)

有難い、豚達不在、の交渉、は、

いい加減、止めにして貰いたい!

鎌倉仏教は

諸宗派の結集とは正反対の足の引っ張り合いで日本仏教を衰弱させてしまった。そこでこの時代、我が教との一体協働を拒否し、近々は憲政史上空前の愚行をやらかし世間へのその釈明もなく(どうせやるんだったら、震仏を態して、堂々、革命的に企てよ)性懲りもなく選挙立候補を続ける者達には世間は引き続き厳しい審判を下し続けて貰いたい。また一般政治家より情勢を、正見、出来ぬ似非仏陀に転落したことを証明したことでもあり、世間は全てその主張を反対に受け止めて(折角だから)役立て、しかし最後は宜しく解散の促しもおさおさ怠りなくして貰いたい!

極善人でも極悪人でもなければ、

死後、あの世で広い平原を歩かされ、さらに、地域ごとに特色のある、三途の川、を渡らされた後、さらに進むと、天の審問所に着き、生前を反省させられることになっている。弁えていなさい。そして首尾よく帰天出来れば、二、三百年そこで過ごすことになっている。然るに古代エジプト宗教には説かれていた、かような転生輪廻の教えが無にされ、創世記も未来観も誤っていて、唯物論のマルクス主義に全否定された、キリスト教・イスラム教に支配された西洋(広義)は最早救い難いものがあるが、長期の歴史錯誤に落ち込むことなく、少しでも啓発されて貰いたい!

田植え、機械でするとしても

昔と同じに楽をすることなくスピードを上げ、非帝国の資源採掘労働者にまで米を還元すべく作業するのが、自由共産的に最高、ということになります!

連休、週日は、新緑を

感謝して楽しむ、歩行本位の、普段の週日と変わらぬ、活動、の日々にしなさい!

神法の超神的運用。

反抗勢力の手先と思しき人達に、ギリギリまで頭を下げて頼み込むことです!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。震源ポイントでは、御歴々から全く挨拶が無い、という嘆きの声が・・・

2014年4月25日 (金)

人間を出来るだけ遊び暮らさせるために、

国内を先ず階級社会化し、次に国家が国家を階級支配する帝国化へと仕掛けが及んで現今の有様だ・・・

君達、我儘な此の星の神を赦して、

一回その歴史計画を全うさせてやりなさい。神もその後にきっと、その借り、を返すに気になるだろう!

会ってみたら、鬼畜、ではなかった。

そしていっそ、互いの心に秘めている、神以上のもの、を確信するんだ!

植木等も嘆く無責任、

を早く止めにしなさい!

四半日、真剣に働かぬ者は、

十時休みを取るべからず!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月24日 (木)

論理は感覚される。

感覚は分析される。男と女の付き合いのように!

超神は、被造物実存一切に、

任意の、例えば(何割(確率)存在という)瞬時微分超存在性を許す(そこで許された者は結果、常に一定時間のその割だけ存在するという)ほどに、リベラルである(知る人ぞ知る、超無限個(数学者カントルが拡張した一般観念の無限以上の無限)の区別が可能だから。此の星では十割存在のファシズムで覆われている)!

超神、ネイル嬢、エステ嬢、を嫌う神に

それだからそれだけの魂の愛しか供給せず、補う愛を反って悪魔に供給して彼女達に降り注がせ妖しく輝かせている者よ、魂の愛の真相をかくほどに露わにしてくれた者よ、今日も自分魂にも眠っている、無論、神以上の、悪魔以上の、そして貴方ほどの、愛、を確信して、隣人へと向かうことにしよう!

超神、気付けぬ神を初め、

この世界の一切の、価値エゴイスト、に報いの永劫の責苦を与える者よ、今日も貴方のその行き着いた、存在の洞察力、に合掌しよう!

死期の明定も安楽死の保障も

されていません(どうにも)。仕方がないから平均寿命をよすがに、カスカスになるまで働いて衰弱死しなさい。尚、中途途絶死には、あの世で残余労働ノルマ対応の責苦が待っています(こうしてこの世界に、一部不労の金持ちを仕掛ける、反抗者達の恨みつらみが、多くの方によく分かって頂けたであろう)!

全世界の弱者よ、此の星の神は、

栄養失調にならないために、家畜のト殺の気合も求めている(どうにも)神だから諦めなさい!

非食糧生産労働者=間接食糧生産労働者、は、

貨幣を媒介に自分の生産物を食糧と正しく互換しなさい。宗教家・政治家も食糧生産労働者の中から脱け出て、自分が直接食糧生産に従事するよりも全体生産性をあげるべく対応の精神労働(神意告知・政策構想等)をするのです!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。それだから、此の星の、首脳、が、勇気を持って、日本はアジアへ向かえ、米国は、アフリカへ向かえ、と言っている。自分はだからかようにその首脳の、首席報道官、しかし夙に示した通り、既に少しヤンチャなそれなのである!

2014年4月23日 (水)

創世記の虚偽に呪縛されたキルケ氏、

マルクス以前の悲劇的なる西洋文化人の一人よ、来たるべき自由共産社会の哲学者は、時間を考察するなら、自己のそれより、自己のために物資を生産する者の時間を考察してそれを共産愛念の刻々の創出性と洞察して、自己の哲学認識定立の時間もそれと同致せしめて、その余り、同性間のエロスすら発出させる勢いを魂に持つ筈だ!

西洋史の原罪は、

人間の内の一部威勢の強い者、知性の高い者が他の一般人に自分の分まで食糧その他を生産させる特権を設え、その挙げ句、自分達ばかりを人間と観念する、ようになってしまったことだ。宗教も政治も学問も芸術も気づかれずにさような観念の下で、巡り巡ることとなった。近々、カ―ル・マルクスがそれら一切を、正当にも、階級社会の観念形態、と断罪した。そしてそのように正当だから、我が信ずる此の星の主宰神もそれを肯う!

彼等の極限策謀。

選良家庭に、神以下(だから無論総理大臣以下)土下座して謝る位でなければ決してその居直りを止めない気でいる、嫌がらせ愚者弱者性不一致者を潜り込ませるという!

復興は三県を後の四十五県が支える

震災反省復興でなければならなかった。しかも阪神・淡路の時もそうだった。全く然らざる現況、数年後の割増震災に覚悟を決めなさい。然るに少しでも望ましい努力をした者には、存命・軽被害・(後生に帰天、の善果、が報われる!

自由共産主義者の神に随い、

手の付くところから改革すること。行政金権、を止めること。他社との競争に不利のようでも、企業内を徹底共産化すること。望ましい消費を社員から指導して行くこと。顧客にも押しつけでなく消費提案をして行くこと。他企業にも以上を提唱して行くこと。社外活動でも消費提案をして行くこと等。こうして、何時か大政治が帝国解消の方向に動いてくれることを待つことです。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月22日 (火)

主宰神霊が、物質粒子・科学法則も造り、

物体地球も構成し、霊界も造り、下位神・天使も造った。また物体地球にも宿り、霊界頂上でも仕切り相互に同通することになった。その後に生物心身・人間心身も進化的に造って、生態系・原始社会からの歴史発展の下、転生輪廻を繰り返させることになった。途中に人間の扱いを廻って造反する天使群が現れ出て地獄界を造った。そこで文明史は発展を完結することなく、中途途絶、退行的再開を長く繰り返すことになった。今時文明史の各古代神話は、上述の地球開闢以来の歴史を神話冒頭に縮約して表現して(或いは今時文明史の個々地域的開闢を世界開闢に擬して表現して)、次に今時文明史の伝承を連接させる体裁になっている。然るに、ユダヤの神話は創世記も黙示録も客観と違い話にならないことになっている。また転生輪廻も想定していない。それはギリシャ神話も十分想定していない。それをしっかり想定しているのが、なんとまあ今は廃れたエジプト宗教である(東洋では無論仏教)、という体たらくなのである。また善悪分裂をはっきり言っているのは、ゾロアスター教・マニ教だけ(或いはギリシャ神話の神々の争いにそれが偲ばれる)ということになっている!

超神、超々神=無、超々々神=無々、

この、形而上的三者他者、との、常時共存、で十分だ。半端神、に良くなって貰うためにも!

どうしても、これだけでは満足出来ぬ、

と言って、遂に、存在の超神の劇、の、脚本、を少数自覚したる者、として演じ切り果てた者よ、演劇、ということの根底たる、を掴み取った者よ、誰しも何時かは貴方のようであるしかなかろう。そして、超天国での幸福を祈る!

ちょっと位のルール違反

構わない、とする世間は、少数哀れな非普通者位省みず切り捨ててもいいとする世間だ。生まれて来たその者達の人生を一生苦しめるところの!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。諸能力も根性その他性格内容もそこそこだが、神の実存を信じそして帰依する者として、そう申し上げて置きます!

2014年4月21日 (月)

父帰る。

可哀想だと追って行く弟と、・・・。我々の星仕切る父、へ向かっては・・。

此の星の神を赦して、

徒らに血を流させないでやって下さい!

ネイル 嫌ってます エステ 嫌ってます

グルメ 嫌ってます そこで 怠らず 宥めて置きます!

緊急救済。

自分の命を省みず、人の命を救うことが美しいと考えられている。然るに危急の際に自分の命を省みないことをためらいなく出来るのは、少数その修練を積んだ人間だけということになっている。また人の命が危うくなるのは、それ以前にその者が人の警告を無視したが故のことが殆どだ。そんな人間を無理して救わなくても大して責められる理由はない。またそんなことをして自分が命を失えば、他の多くの心正しく生きて来た人間への大欠損になるのだからなおさらである。但しあくまで自分を危うくすることなく命を救えるならそのような人間でも先ず救って上げるのが最善とはされている。正しく働かない者には、最終的には餓死か抹殺を報いる、此の星の神の厳しい考えなのである!

階級社会の雅楽等と民謡等の分裂が、

階級関係の帝国的展開の下、帝国人民の軽歌謡(ポップス)等と、非帝国労働者の労働歌等との分裂ということになってしまっている。早く止めにしなさい!

神=仏。

愛、の宗教の超越者と、平静、の宗教の超越者は一致し、根本教、を主宰することになる。哲学的には、絶対精神、である!

日本当今政治の、愚、なるの哲学的証明。

歴史社会を大損壊する自然変動を、歴史社会の倫理性と無関係となし、さような現象の哲学的存在意味の考えられぬことにしてしまっている。真相、さような現象の存在意味は、歴史社会の反倫理の夥しきことの、超越者の譴責、として、歴史の開闢から終焉までの、絶対的真理である。そこで当今政治権力はこの道理をよく理解して、今ある愚政を賢政に転じよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月20日 (日)

全世界の陰伏せる社会主義リアリズムは、

空前の社会主義対応の観念形態としての我が宗教によりその唯物論を止揚し、この新世紀に美わしの回生を果たせ!

空即是色。

全ての誇り(色)は、超仏の誇り(空)、の、諸発現(即是)、だ。あの世の孤独地獄とこの世の精神病棟とを長く愚者弱者性不一致者として居直り行き来し、神への精進にも、悪魔への精進にも、冷水を浴びせ続けて来た者の誇りも!

何時の間にか山口組や北朝鮮と

同型の存在の仕方をしてしまっていた大学野球チームよ、我が提唱になる、本来の自分達、の底力、を皆に見せつけてみてくれ。因みにに神が求めるリ―グの理想は五割均衡である訳だが・・・

神に付いても悪魔に付いても、

どんな技量も、究極、超神の技量、には行き着かない!

風神・雷神は無論、

震神の兄弟である!

絶対記号。

シニフィアン=世界。シニフィエ=自由共産労働の要求!

唯物的吉本は、あの世なんてないという

直覚において思想的に営んで、逆に絶対あるよ、と直覚して思想的に営んだ、より頭の悪い思想家に、その思想の客観価値として劣ってしまうのである!

チュ―リップ通り。

私がその昔通っていた、工場、へ向かう、土堤の道、だ。永遠、へと、通じていたような!

自分の人生にも、多数の隣人の愛が

あったかに無論思われる。がしかし、自分のその当時、或いは荒み、或いは歪み切った心を覆し得る、愛、であったかと言うと・・・。そこで隣人を愛さんとする者には、隣人の個性故の苦労を鋭意先ず理解させて貰う苦労を御勧めするが。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月19日 (土)

存在世界を、ごっこ、

と思いなせる、本来の私達だ。だから、悲劇、は、正しく、解読、すれば、喜劇、に他ならなかった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月18日 (金)

身体障害者と健常者。

健常者は誰か身体障害者を、押してやって、他の身体障害者と競争してみな!

バルテュス、少女、という意味、から、

一切の意味、が、照明される。神、という意味、も!

先端の現代人類学が

採集・狩猟社会の生活の余裕、とそれの何らかの理由による農耕社会への移行を開示した。何らかの理由とは余裕生活を不能とする環境激変と考えられるが、これはあたかも創世記記述の推移と対応している。しかしその環境激変が仮に創世記のような仔細であったにせよ、或いは神の歴史計画通りの移行のためであったにせよ、そのような推移が地球普遍性を持つことならば、ユダヤの神話のみならず、各地の神話におなじことが伝承されて然るべきなのに皆無ということになっている。そこで採集・狩猟社会が余裕生活であったという先端認識自体、当今地震学の通説が虚偽を露わにしたように、虚偽の説であろう。因みに我々先進宗教勢力の側では、特別の霊能者の過去視、により、一万年前から三万年前あたりに、高度科学文明が、西洋に(アトランティス文明)そして東洋に(ムー文明)、未発達の原始社会と共存しており、その中途崩壊後の、移行退行農耕文明が、今次文明史の各古代文明と言われているのである。また、かような仔細が、億年以上も、繰り返されて来ているのだとも。つまり科学発達段階の歴史が神の計画通り、首尾よく物的共産から学的共産へと漸進的に変容を遂げることなく、彼等の仕掛けによる一部民族による他民族支配の帝国解放区が、その度に破砕の憂き目に会って来ているのだと!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月17日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。とりあえずの、理念としての日本農業・家電産業・自動車産業は、今の主要輸出先の米国のその産業にブラジル鉄鉱業に還元してもらい、また同じく西欧のその産業に中東石油業に還元してもらい、自分達はインド鉄鉱業に還元するパターンだ。これで、経済圏内自由共産、が一応成立する!

2014年4月16日 (水)

超々々般若心経。

空(無々)即是色(超有)。超有の胎にこの通り、蹉跌惑星根本仏、も孕まれた!

〈いきなり〉求める者は、

梅毒を報われ、バタイユ家の悲劇だった。その家族精神現象がへ―ゲルの学には見当たらなかったので呪詛となった。また我が家門に推論主義者の出入りを禁じる、だ。〈忍耐〉に、本来の自己、たることを求めて、だ。そして、原罪、の真実は、だ!

超神、理解共感ることが、

そのままその者を自己等価に祝福することとなせる者よ、今日も貴方のその万霊への隠密な祝福に深く感謝して受け止めて置こう!

絶対連続へ。

男の個、と、女の個は、互いに照明し合う者として引き合うことは間違いない。これがエロスが固有 内閉性を持つ根拠でもあろう。牽引の極点で私達は、私達としての出奔の在所を垣間見るのだと言える。しかし同時にそれぞれ対は、皆それは同じだ、という同胞感を持ち得るのも事実なのであって、それぞれ感得した極点を、実は共通原点だと観念出来れば、共産とエロスとの美わしの結合による往時の絶対連続の再現も、可能になるのかも知れない。因みにエロスには、一性と半異性、との牽引も有り得るし、同性同士の一方が異性に擬しての牽引だって有り得る。また、政治家と、非政治家との、文化人と生産民との、哲学者と芸術家との、だって有り得る筈だ。さらに、警官とヤクザの間にだって、そして何より、選良とヤクザの間にだって!

散った!

「わが母」、は果たして何を示そうとしたのか。私達の遠い昔の約束をか? 一定の耐久レベルに達した反抗者のリードになる星規模の解放区をその潰しがかかるまで突き付ける。そしてその潰しの後の霊界での責め苦にも耐えさせ、さらに反抗的に鍛え、次の企てへと備えさせる。 此の星の神に置かれましては、めいめいに散った、遠い昔の、絶対連続の昔の、約束、を想い起こし、現今の無能の返上の程、宜しく御願いします。

無々は、有、として目覚め働き、

無、として眠る、超有、を見守る主人、だ!

魂は、超有、の夫、無々、を態して、

極限の無内容に居直り得る。中性・弱気・低能なる者が、瞬時に最小限のエネルギーで、神も悪魔をも難詰して匙を投げさせる。まして、総理大臣、組長、小林、吉本、三島、にだって!

番長思想家吉本謹製の情況に、

隠れていた、絶対教師が、既に二度、鉄槌を下した。さらに三度目が待っている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月15日 (火)

震源ポイントでは色眼鏡の

見るからに、拝金主義者、という感じの、若い百姓が耕運機を片手でヤンチャ運転する有様だった。勢い昨日の、地鎮、は、緊張してスリリングなものとなった!

獣肉、魚肉とも不可欠な

タンパク源・ビタミン源でその生産は、機械化して機械製造等の労働者にその本来の労働負担を転嫁するのでなければ、あの通りの労働負担になっている。勢いそれが此の星の神の仕向ける自由共産労働一般の労働負担の基準ともなるべきものであって、当今勝手にそれを軽労働化してしまっている御仁達は考えを改め、本来の労働負担において(単位的な労働が軽労働でもスピードアップを図れば、軽労働であることを返上出来る)仕事に気合いを入れて、地鎮、に繋げて下さいますよう、ここに宜しく御願い申し上げます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

交換共産労働=自由共産労働。

貨幣を共産的物質用益供給(一を多へ)証明=共産的物質用益需要(一へと多から)資格として、貪ることない足を知る追求をして行く。つまりトヨタの車ばかりが世の中に幅を利かし、トヨタの社員ばかりが豪邸に住む図を、地鎮を込めて、未然に抑止するのだ!

2014年4月14日 (月)

性的慰藉は交換共産労働へ向けて

適量認められている。逆に交換共産労働を受容出来れば、自然にそれに自己規制がかかることになっている。然るにこの交換共産労働の忌避者が、性的な規制も犯して行くことになり、果ては近親姦などもやってしまうことになる。吉本は先に述べた資質により、遂に対幻想の生活動態的変容ということに気がつけなかったのだ。彼が集めた近親姦考察のための事例は、例外なくその者達が健全交換共産労働生活から外れてしまっているのだから!

皆、本来超神、ならば、

時間を超えて、根源的空虚、をこそ引き受けよ!

自動車が走るまで。

先ず鉄鉱石の堀取りが必要になる。言わずと知れた重労働で特に日本の主要輸入先のインドやブラジルでは同時に日本とは比較にならない低賃金になっている。さらに製鉄・鋼板製造・型枠製造・・・と段階構成して行かなければならない。然るに製鉄以下は日本で自前でやって他民族の犠牲ということが資源採掘の段階だけに止まっていたのが、今や製鉄以下も他民族に低賃金行わせる動きが出て来ている訳で、またこれも不可欠のガソリン等の製造にも同型のことがある訳であって、そこで、走らせている車、の生産に参与する基底からの労働者の一切に、軽労働とその車が及んでいるかのような、かの吉本を初めとする生産圏の隅々まで今や豊さが及んだかのような言い触らし、はとんでもないことであったので、逆に生産圏の帝国支配をさらに拡大させる動きがある時に、美わしの共産を仕向けた此の星の神が決してそれを捨て置く訳には行かったのは道理、ということになるのである。日本人を初め、資源採掘の労働者の苦痛と生活の疲弊を知らぬ気に自分達ばかり車を安楽に走らせている、心醜い自己、を早くイメージせよ!

吉本は創世記に引きずられながら、

人類の原始に、互いに不干渉自給自足の自由群生の状態があったかのように言い触らした(そして現今までの社会がその昔の人間の誰かの作為による支配構成の継続であるかのように)。真実は此の星の神が世界構造から仕向けた、採集・狩猟協働態であったことは間違いない!

自由。

人間は自分を、神に進化させるのも、悪魔に進化させるのも、蒙昧引きこもりに退化させるのも、そして現状に居直るのも、自由だ!

彼等は恐らく先進国民を***に

なるまで居直せるつもりでいる。付き従う者は覚悟を決めなさい!

こんにちは、開闢以来の原罪神、

と何時しか認定した此の星の神に億年の反抗(それが逆に神に許されるには、その年月分の労働ノルマの消化がこれから必要なところの、しかし最早、しかし自身達は時間を超えた継続意志になっているところの)という超神罰を与えて来た者達、、まだまだ此の星の神の貴方達に言わせればの居直りは続くようなのである!

かの吉本は工業学校に在学していて

文学に気が逸れてしまう不良だった。つまり彼等が戦後日本に送りこんだ、強力な思想的手先、だったのである。彼の個人主義思想は、帝国的富の蓄積が、正にその場所にこの世界の改造を擬することになる時の、その場所でのルシファ―等の長年の主張の実現であり、この星の神が世界構造から仕向ける個々人の共産精神の練成ということを個々人の心から根こそぎにして無にする反抗的企てだった。さような反抗にはいずれ追って報いが下される。それが阪神・淡路、東日本と間歇的に発出された大震災だった。吉本よ、庶民も、大衆も、貴方が想定すべく個人主義と軽労働と過剰消費の可能を喜ぶ者ばかりではない。思想家はそう庶民大衆を正視して公正であるべきだ。吉本に引きずられたかに思える庶民大衆よ、此の星に神はいて、消費をそこそこのものにしながら上に言ったように営々共産精神の錬成を求めていてまだまだその方針を変えるつもりはないようだから諦めなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月13日 (日)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月12日 (土)

謙虚。

超神は、概念未生以前の者に準々じて、この概念も我がものとされていることであろう!

旅についても、

旅程中、金の心配をしなくて済む事前の算段が苦労でもあれば、歩行の苦労もしたくない者も沢山います(いずれも、金持ちなら問題にならないことです)。勢いその者達は映像で間に合わす、ということになります。そんなこんなも宜しく御願いして置きます!

例えば、山下、にしても、

音響のフォルムが、彼の長年月、というものを望み見させてしまう、こうして、数多芸術が、一個魂実存の如何なるや、を立証する!

此の星の神も超神でなくて

本来は超神である。その欠落故の突き上げる悲痛がその本来相を示してもいよう。そして超神はその悲痛もその由縁も無論深く汲んで御前も愛(よ)し、と言うであろう。それなら神は、自分と内容遠く隔たる非神にも、しかし同じく何時か御前も愛(よ)しと言い得る程に、理解の愛、を深化すべく出直すべきであろう!

ロシア系住民が四割なら、

ウクライナ残留だ!

絶対真理は、

無々(概念未生以前)と、超有(無と有を超時系列的(存在内時系列に対し)永遠に交替させる、との番、だ。ところで超神は、さらにさらに本来化して、超々神=無、超々々神=無々、に至る!

帝国米国という、神の求める

自由共産主義からの自由非共産解放区が、経済の身体(産業連関)と精神(主体の利己心)の矛盾対立を来たさせ(謂わばゲイ経済だ)、結果世界連動のリ―マンショック等を齎したのだ!

神が超神から程遠く無能なら、

非神一々はその同じ超神の本来を態して、超人ならぬ、超非神、だ!

ミルトン「失楽園」は、

史実に即し、神による人類の原始共産社会(広義)の立ち上げが追って、ルシファ―等の唆しによるそれが真の人類の堕罪の階級社会に撓められた、と読み変えられるべきであろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月11日 (金)

儒教の徳。

智(善悪の分別、仁の智恵)義(善の実践)仁(思いやり)礼(長上への敬意、指導者への敬意)信(天への信仰)。一方、根本儒教は根本仏教であり、・・・、だ。儒教者も仏教者に学び、平静心の確立を、人格(義、仁、の実践に相応しい)の核、とするのだ。そしてさらに、超根本なるものも考えられることを提示して来た!

自分さえ好ければいいという、競争、

善ではない。ヤクザの世界の原理だ。一人一人自分の目標を地道に追求しなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月10日 (木)

ウクライナ、

当地の住民の多数意思、が優先であろう!

神テロも人テロも

帝国、を止めれば収まる!

ラヴミドル教の人間観。

マニ教に従い、善人も軟弱非善人も悪人も等分に生まれ出る、とする。然るに、ギリシャ宗教や儒教・仏教は善人多数で覆いつくし、キリスト教は軟弱非善人多数で覆いつくし、いずれも上述ラヴミドル教の人間観の部分をつくすに過ぎないことになっているかに思われる!

次期想定大震災(中日本・北米・西欧)抑止祈願 、

に毎日励まさせて頂きます。諸国キリスト教勢力の皆様も、同行の程、宜しく御願い申し上げます!

神の存在の科学的証明。

自然現象を初め一切現象が、科学法則過程を超えた、随時のある者による行使の存在、により一番矛盾なく説明出来る。その随時は恐らく科学法則過程の利己的な濫用がある一定水準を超えた時である!

ラヴミドル教とは、

超キリスト教・超マルクス主義・超ニ―チェ主義なる、超神教・地球根本教という、先進二重信仰だ!

信ずる善人はこれからは、

自分と個性の違う隣人の夥しい悪をも想定出来る、超善人に!

帝国は最終自己解体を目指して、

取り敢えず、本来道徳に則る国内改革(それすら出来ていない、両震災被害の全国的引受による全国的贅沢是正、が最優先だ)位には手を付けよ!

愛、する者は、警察まで乱れた、

帝国、の、中、段を突き、中、段、を蹴る。これが究、極、の、真、理だ。また、多義なる、ラヴミドル、の一義だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月 9日 (水)

此の星の神に置かれましては、

少しは非神一人一人の身になって、特に億年の反抗のリ―ドをやり抜いた者達の身になって、現先進帝国の、しかも一部金持ちの不労安楽生活が、即、世界中で出来るような大世界改造の決意の程も、宜しく御願いして置きます!

劣は劣の内容を持して劣なのばかりでなく、

側の平の態度でいる優に、根源的ルサンチマン、を抱かないでいられないという内容も持してずっと、劣、なのであった!

具有にして、自分も仮に不具に実存しても

泣かないでいられると言い得るには、今ある具有で、不具の苦しみを完全に取り除く苦労が出来たとしてだ。それまでは不具の苦しみが具有の苦労を上回って、価値高いのは(裏の価値、実存の苦痛、苦労が価値という価値において)価値高いのは不具の方だ。親鸞が無明の衆生へとそう考えたように!

価値エゴイスト、という、原罪者、に、

超神が、根源的な、罰、を下す。星仕切る神、も例外ではなかったのである!

二項ファシズム。

神のエデンの園では凝視すれば、超存在性の根底で存在(十割存在)と無(零割存在)の二項の押し付けになっている。その後抽象水準の移行に従い、物体・無物体、生物・無生物、動物・無動物、・・・、二項、の押し付けが重畳することになっている。これに対し超存在の数(十割存在と零割存在の合計)だけ多様な十割存在から零割存在までの間のa割存在という超存在への自由解放が考えられ、この論理は、先の抽象水準での移行に即して貫徹される筈だ。こうして神のエデンの園の、ファシスティックに調和されてあった、実存超存在総体の、相互絶対(つまり一切抽象水準での)非共通なる自由解放が可能なことであって、この願望が暫時の調和の後に、それぞれ実存超存在の心底から無償に催されてしまう筈である。曰わく、神の絶対調和は非神による絶対不調和をエロティックに高めてしまう程に、この存在世界には、超神力、が貫徹されるのだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月 8日 (火)

理性は先ず構想実存させ(作)、

与える(行)ものだ。認識する(観)ことは後になる。創世記の神の理性だ。しかし真実の伝承は、自然の直中で、採集狩猟に明け暮れる、アダムとイヴであった、とすべきだ。そしてその後天使ルシフェル等の造反劇(造反後はルシファ―)があり、堕罪とは、その者達に唆された子孫の階級社会化だった、と。

へ―ゲルよ、哲学者は

自分にその労働により食糧を提供してくれる食糧生産者との歴史社会における共存への確からしい直覚に基づき、食糧生産者に即してそして彼等に有益であるべく、思惟も存在も哲学すべきだった。そこで学的思惟の発展に後付く精神現象学も存在を根源的に問う論理学も、時宜に適わず無益で無自覚の興味本位に堕して先験的に真知の獲得の不可能であったことは、現代の宇宙論研究と抽象同一だったのである!

毎年春から秋までに、

米を稔らせることを繰り返せば、一人一人百姓の心に人生の秋までに、心の米、も稔り、それだけで満足して貰えるだろう、という此の星の神の美わしの仕向けだった。日本を初め帝国の百姓皆が、この春からでも一から出直して(連動で他の一切業界の一切労働者もだ)、阪神・淡路、東日本、と激発なさった方への、大いなる鎮め、となすべきであろう!

共産。

生活の共産、栄養の共産、音楽の共産、・・・

今日は全先進帝国民に成り代わり、

我が町内から電車で一駅の場所にも、当県の御多分に漏れぬ警察内部の退廃までをなじって地中から頭を出した(地中を通じて東日本、阪神淡路の震源ポイントにも繋がっている)、神=絶対精神、の感情を鋭意宥めてまいります!

吉本左派。

彼の思想根底にある、自由個人の群生、の理想は、帝国富裕特権国で疑似的に実現されることで、世界の全体での実現は、その世界構造から本質的に拒まれている、その下での営々たる共産精神の錬成の為に!

第二種マニ・トライアングル(ダブル)。

神・非神・物体・ルシファ―。上部のデカルト・トライアングルの、神・非神の、そして神・物体の繋がりを下部から思想的に切断して自己の下部トライアングルの虜にするのが、ルシファ―の、唯物論・無神論の仕掛けだ!

デカルト・トライアングル。

神・非神・物体。非神は物体に関わっての労働により、神に還帰する。デカルトも含めて学的特権を与えられた哲学者は、自分に食糧を供与してくれる肉体労働者(現在なら物体の他に同胞の競争的悪とも格闘になっている)その体力以前の精神力に負けることなく認識を返すのだ。これがへ―ゲル等の講壇哲学の解体を叫んだマルクス主義の画期だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月 7日 (月)

原罪、超神認定の。

神が非神を分出して、低頭御奉仕の姿勢がなかったこと。その原罪に超神罰として、造反者の余儀ない**に追い込まれることが繰り返されても、此の星の神はまだまだ悔い改めるつもりはないらしい!

マニ・トライアングル(第一種)。

サンボリスム、も、クローデル(信仰者)・ヴェルレ―ヌ(弱者)・ボ―ドレ―ル(反抗者)、と渉り歩いた!

超理性は、超感情、超感覚だ。

総体として超絶対精神(超神)だ。ほんの家庭内のヤンチャにも、極限に熱情し、極限に好感する、ところの!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月 6日 (日)

市場とは自由共産社会では結局、

全体社会ということだ。その個々成員の生活に、自社の商品を望ましく組み込んで行くところの。こうして各社・各業界の協働と一方で消費を善導する消費者運動とが相俟って、望ましい社会の消費生活が形成されて行く!

超絶対理性が、

概念、無、を作し、概念、無、として行じ、概念、無、として自己を観じ、次には概念、存在、等、を作し、・・・、絶対理性=神霊(無論、ここにおいてか、理性と言い条、感情、等、も具備される)に至る。絶対理性の、非絶対理性=非神霊、分出・自己還帰の仕向け、が反絶対理性へと違えられた。こうして一切の、超絶対理性への、弁証法的還帰、の旅程、が望み見られる!

桜、来年は、梅、を

やってみたいと言っても無駄だから諦めなさい。秀雄、中也、とあの時(「中原中也の思い出」)、隠密な関係を作り上げた、海棠、もそう言っている!

ウォーホル、ブルジョアたらし、

が巧みだった我儘者よ、少しはこの世界の、多数人間の現実、を凝視してみよう!

ズリさげてても

同じくハイてるよな 脱ぎます 脱いでいても 同じ人間だよな 猿になります ・・・・同じく生物だよな 無生物になります 同じく物体だよな 観念です 同じく存在だよな、非存在(非十割存在)です。 こうして、誰しも互いが、超存在性の根底から一切抽象水準での非共通、を実現して、非神乱舞、だ(非神自由解放の理念態)。 現実態は基本、村落で同じ百姓恰好で、共産農業労働に励まされることに(広く世界を見よ)なっている。諦めなさい!

暴力とは結合身体を

介して発現される精神力である。共産労働の懈怠を譴責すべく行使されるところの。その最たる事象が、暴力革命、ということだ。既に地震絶対精神が、この日本に先導発現させているところの!

絶対精神は超絶対精神、が

概念、無、から展開して、最終に絶対精神として完備させる。超絶対精神とは、概念構想的超理性(理性自体を構想する者)だ、そして構築した絶対精神に非絶対精神(天使霊・人間霊)の分出後、その者達による、脱構築、の運命(果ては超へと超構築さるべき)を仕組んだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月 5日 (土)

キリスト教の原罪観念。

エデンの園では、不労の生活、を保障するが、裏返しに、自分で善悪を弁別してはならぬ、その神の下ろす禁、をアダムとイヴは犯してしまったのだった。そしてそれに報われてアダム達は、不労の生活から放逐されることになった。然るに案の定、子孫も放逐後の必要生産労働に耐え得ず、堕罪を繰り返して来た。逆に言うとアダム達も子孫も、神の支え(所謂恩寵)なくば、戒律を持しての必要労働を全う出来ぬ者であることを証明した、という訳なのである。如何にも説得力ある歴史解釈だが、このキリスト教の伝承のようなことは、異教の神話には一切類例を見ない。そこで私は敢えて、エデンの園とは実は、生態系に囲繞された原始の採集・狩猟の協働状態であり、堕罪とは追って原始から生産力を発展させて定住的に確立された歴史社会の、一部分子による不法(神法に照らしての)な階級社会化だと主張したい訳なのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月 4日 (金)

不具は生活が苦労な他に

五分の不具の想像的体験すらも嫌がっている自分を自覚出来ないでしかも不具を品物評価して馬鹿にするばかりの心ない隣なる具有に精神的苦痛を与えられる。それが高じると、不具の心に、星の規模の憎しみが発出することになっている。仕切る神にすらその弁まえのないこの星では今までざらにあったことで、最早容易に消えない憎しみを携えて多くが常住の地獄霊となって来た。仕切る神位は弁まえて、標札でもぶら下げて、不具に永遠に低頭御奉仕する、心がけあったならば恐らく、星をこんな有様にされることはなかったであろう!

企業の利益追求の矛盾。

同じ労働負担で可及的な利益の追求ということになる。これは成功すれば結果として身辺に快楽物資を過剰にしその勢いで今度は殆ど必然的に労働負担の軽減へと向かうことになってしまう。ここにおいてか、その生活は此の星の神の求める苦楽のバランスした生活からは遠く外れたものへと堕落して行ってしまうのだ。この時生活者の心は不道徳を厭わぬものとなって、結果経済過程に借り倒しや税金不払いなどを横行させ(さらにそれに感応した自然変動も相俟って)全体を恐慌に陥らせることを、戦後数十年の日本経済も証明した。こうして将来に破綻無き営々たる経済発展のためには、我が提唱になる、信仰ある世界自由共産主義の追求しかないことが、多くの方に納得して頂けるであろう!

学業は学識の頭脳への定着を図る

非成人期からの広義の共産精神労働だ。曰わく、勉強せざる者に食わすべからず。特に社会はそれを子供に実情を教えられるものに正しく調えながら、社会というものをそして社会の中での学業の位置づけを教え自覚させよ!

無々(ムウ)と気を張ると、

誰しも魂のシンから、地球の開闢・終焉の繰り返しの此岸にして彼岸から全体一切を極限に愛しむ愛、を発出し得る!

某県警初め警察は、震神を態して、

内部・外部共々の引き締め、宜しく御願いします!

魂は本来、超神だから、

さして苦もなく、自分の周囲だけそしてあくまで一定時間だが、自分の努力で神の造りし世界の改造する位は出来る。それがこの先****しが予想される、六本木ヒルズ族の生活、ということなのだ!

隣無能神的虚無主義、運命愛。

魂は、此の星の神の下では、愛、ということにどんなに気張ってみても、億年、この分裂の有様だった、そして恐らくこれからも!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。両震災で*れてあの世でさらに責められたその責め苦は、この世のいかなる、反集団者への降罰の苦しみや反集団故の逃亡の苦しみの比ではなかった筈だから諦めなさい。例えば茶髪・金ラメ等、ヤンチャばらの女、が極々嫌い(好みは心身しっかりした百姓女のようだ)そのように仕置く神しかいないから諦めなさい!

2014年4月 3日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。ニ―チェ主義国家を止め、ラヴミドル教(超キリスト教)国家たりなさい!

2014年4月 2日 (水)

遺伝子が男性遺伝子の筈の美川等に

女性心が発現している。そこで遺伝子だけで人間の心身現象の発現が全的に決定されるかのような、非専門を馬鹿にした嘘の言いふらし、は早く止めにして貰いたい!

暴力嫌いには辛い、が、

口で言っても中々働かない者には、この世界の要求(つまりは此の星の神の要求)に従いそのまま生きていて貰うために暴力的強制も余儀ないものとなる。学校教育での学習もその時代までに社会先端で獲得されてある諸々の世界認識をそれぞれのレベルの広さ・深さで身につける、社会の労働に準ずる営為、として同じ道理が貫かれるしかないのである!

無為自然とは恐らく超肯定だ。

無為怠慢を矯める有為が行き着いて、自然のへ巡りと共にする共産労働が徒らな力みが取れて自然となるところの。自然道と社会道が一体化するところの。然るに社会が共産から遠く外れ、そこに修羅的有為や、無為自然とは似て非なる無為怠慢が蔓延したので、自然の、自分と一体化を求めての大譴責、がされてしまったのである!

被害少なし、チリ大地震。

政情・経済共に、霊的にまずまず、を維持しているからなのである。自然現象を先ず科学法則に乗せながら最終的にどんな生起となすかは、神の胸三寸、だ!

非神を何割神と格付けする

此の星の神の下ろす上下教導の、一切相互根元超神等価となしての超神的運用を。此の星の神の劣となす者を優となす者が、裏筋で優となし自分を反って劣となし、相手に低頭御奉仕して価値追い付くのだ!

仏教は、個人の平静心確立の宗教。

個人が煩悩(貪り・怒り)を断って、平明静謐境(涅槃)を実現することを旨とする。霊天上界の自然教(老荘 緑)、哲学教(へ―ゲル等、青)共々(仏教は、黄)、寒色霊光線系列として、個人の心境確立を旨とし、かつそれを押し広める。そこで人の心の繋がりの整えを旨とする、キリスト教(橙)・回教(赤)・儒教(紫)の暖色系霊光線系列と下辺では対立するが、根本超越者(神であり仏であり天であり道であり絶対精神であるところの者)において帰一する。そこで仏教は今文明史、東洋を主導して来たが、歴史社会を導く教えとしては、暖色系の儒教に比べ相応しくない。尚、超神、とは、その根本超越者と反抗者達の対立の彼岸の、超根本超越者、なのである!

江戸期三大金権退廃改革も

自然変動が先行した。この自然、社会に貫通しての動的構造は、有史以来不変のものがある。江戸を導いた思想学、朱子学を超える、超朱子学。理=天=絶対精神=形相賦与者。気=質料(霊質・物質)。理が気を分出し、気に働きかけて一切生物霊魂・一切生物身体を作り結合させ、地上生態系・歴史社会を作った。そこでは農業中心に、論語的仁義(思いやりと善(規律、戒律))の実践、により、大調和を実現することが求められていた。然るに、都市富集中(農村犠牲)の霊的退廃が高じた時、自然内の天・準天(地奥)が変動を行使し、また霊天上界から送りこまれる改革者が登場することとなった!

地震学の無責任が露呈している今、

今更学者の社会的責任云々は笑止なことである。私は帝国一切の学者のその同類、を推定しておいた。そしてそれが震神激発の一因であることも!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年4月 1日 (火)

御注進。

豚を殺して食い過ぎて対称形になる者が増えた場合、豚類の親分から御注進が及ぶことは、大いに有り得ることなのである。生物並べて、死は恐怖、なのだから!

性的同一性障害。

この者達が脳即精神ではないことを証明している。男性脳に女性心が発現しているのだから。此の星の神は理想男性性格(男性性が全面に出た中性)理想女性性格(その逆)を想定して一切人間に理想化を仕向けている。同一性障害は、その最低段階からあくまで心身一致理想化へ向けて心の矯正が仕向けられている。身体性転換はその後の身体失調につき精査されていない無責任なもので、彼等の攪乱策動の一環だ。また彼等は、反抗的女性霊や 居直りオカマ霊(本来男性霊であるが経緯で女性的である者への矯正要求が拒絶された場合)という地獄霊を男性身体に潜り込ませて同一性障害を発現させる(そのような同一性障害もある模様だ)策動も行って地上に、無神感覚、を醸成するのに鋭意なのである。因みに二、三人の子育てが求められているところ、夫婦身勝手な少子化、も善でない。そんなこんなも、震神激発、に対応しているのだ!

それは、全体への愛、ではない。

自分の使っている物(道路、橋、・・・)のための金を払わないで財政を赤字にし続けることが。そのための徴税による持続的な経済マイナス成長(それでも他のアジア人の水準にまで落ちるのに百年はかかるぞ)をとんでもないこと思っていることが。どんな選挙も投票率が五割に満たないのを何でもないことに思っていることが。つまり一人一人が実は狂気いみたいな国民であることが。そのことを自然があの通り、ダブルバンチキック、で教えた!

・・・ 愛とは

自然が (我々が)生きている理由 を教える仕方 だ ・・・

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。北朝鮮は共産主義は良いのだから自由経済にしてまた自主的に軍縮して韓国との統一へと向かい、飢餓を報いた、半島の神を喜ばせなさい。一方、米国は、カトリ―ナの意を汲んで自由経済に共産内容を盛り込み、同じくそうすべき西欧とともにカナダもブラジルもその他西世界の諸国も引き連れて、オバマの故郷、アフリカへと向かいなさい!

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »