2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月30日 (木)

震災被災地欠損を

非被災地からの復興税で手当して、公共サービスの受益者にして負担せずの税金不払いでした国民の贅沢を是正する、という、震神緊縮の復興原理の一端(完璧には帝国是正までしなくてはならない筈だから)すら、が、阪神・淡路、東日本、と省みられないでいる以上、数年後の東日本以上、は必至だと知りなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月29日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。しかし此の星の神に置かれましても、そんなに御前達は仕事なんかしたくないんだな、と例えばそういう人間を初めとする人間一人一人の実存体験に十分に通暁出来る、超神、にこれから成長して頂きたく、ここに宜しく御願い申し上げて置きます!

2014年1月28日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月27日 (月)

彼等の主張。

人間それぞれに好きなようにさせること、そしてそれぞれの間にを価値上下を認めないこと。それに反し現在は、どれだけ地道な労働者であるかが価値観になっていて、サザンの桑田等、が不良認定されてしまうのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。水洗トイレを製っている工場労働者は恐らく水洗トイレなど使っていません。現在の遅れた国も、帝国の昔の遅れた時代も水洗トイレなど使っていません。額に汗して食糧生産その他の労働に励めば、排便の煩わしさや汚さなど気にならない筈だ、と女にまで心の逞しさを求める神だから、それを逸らして****れたくなかったら諦めなさい!

2014年1月26日 (日)

地鎮。

日本でだったら妻子を抱えて年収数十万円の暮らしにしかならない中国数億の農民を思い、自分の年収(平均数百万円位だろう)から、国家・自治体財政へと、罪滅ぼしの担税奉納する位でいい!

世界。

無々が超有(無・有)を踊らせ続ける、超なる時間系列(無と、無始無終もその内に孕んだ有、との交代の繰り返し)の下。 また、私達はあの時、無々と超有との交合、に一瞬、行き着ける、バタイユの希求のように!

道。

神道、仏道、天道、武道、・・・ 。究極から我々を催し、かつ、我々そこに帰り行かせるもの。その働き、或いは働きの空間に着目して呼称。 然るにかの、道教、は、自然道、ということになっている。そして他教宜しく、社会ならば、共産社会、をと言うのだ!

水色とは約束だ だから

突き抜けるように ・・・ 。 超!((神を)超えている、超えていく)、無!(何も無い)、無々!(何も無いも無い)、(折々さように頭中で観念して心中で念ずること)。 超神、無=超々神、無々=超々々神。 無々の感懐、全ては現れ出で全ては終わる、粗忽神も、あれもよしこれもよしあるがままにてよし、存在は美しい、超存在(無・存在)は美しい!

一音は子音の肌理をコ―ティングした

母音という口の中の石だ。 「あ」とは、一音であると共に、日本語では一語だ、その気になれば、自己魂の永年の閲歴をそれに籠められるところの。折々、「あ」と発音・発語してその口内の形象を文字として平面投影せよ。それは優に造形美術にして詩だ。日本詩の現基詩だ。 がしかし、今時、表出かそのまま言語への憎しみである人もいて、その際は、「あ」は、フラグメントとして表出されてしまうだろう!

グレゴール・ザムザというアート。

親・兄弟の向こうの者へと、魂を振るって自分偽らずに表出する気になれれば、誰だって出来る!

神霊緊張である物質粒子が、

人霊の弛緩を咎めるように、その弛緩した人霊も先ず不快と感じられる状態がその者周りに現象するようにしたので(平たく言えば、気の弛んだ者の、所謂、だらしないと周囲に詰られる生活)、その者はそれを不快と感じないように、自分の心を慣らした。それはこの世界が基本的には、魂の緊張が価値優位なものを実現することになっていることへの抗議だった。生まれ出て、永遠の弛緩願望者が、この世界で等価に尊重されますようにとの!

ジャムのように。

腹切りを見せられてから、もっとこびりつくようにしてやらねば、と思い立った・・・・・・

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月25日 (土)

宇宙世間体を気にしてばっかりの神

では、この先どうにもなりませんからね!

シリアへと、日本も自国のことだけを

考えているのではない、という自負があるならば、自国の歴史上の織田信長、坂本龍馬等の人物も現れ出た内戦の経験からする和平への知恵を恵む者、現れ出よ!

此の星で、存在と時間、は、

幾足かの存在にとって、その存在が、存在(魂生命)の死、に先駆して本来の自己を現したので長く存在から絶縁(だから概念の絶対矛盾として)されて来た。また、魂の距離というものが概念されるならば、空間すらも。対手の存在、に、同じく本来の自己、を喚起したくて!

汝の無理解者を理解せよ。

能力、無いの、無いの。そこで我等、本来超神!

試練=魂行路の困難、

を乗り越えるための鉄則は、自他のその困難生起への責任を公正に問うことである。自己の下ろす、地獄の責苦を乗り越えた者達が超神の遣いとなって送り返す自己への試練をこの年月乗り越えられなかったことになる、此の星の神も!

反抗者に帝国解放区という反理想、

を突き付けられてはブチ壊すことを繰り返さないでられなくされた此の星の神よ、同じ星をこんな有様にはしなかったであろう、超神、のような、非神に向かっての永劫の低頭御奉仕、を御願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。一日一日ごとの日長・日高が寒さを次第次第に巻いて行くこの時期に、その反自然の営みを止める端緒を求めなさい。そしてそのこの時期の、日、の移り変わりのように、社会が良くなって行くようにしなさい!

2014年1月24日 (金)

一個実存は本来超神であって、

一個実存の内部で、その本来自己と現自己と愛の交接交合に十分満足出来て、余外の外なる他者を必要としないこと、時間を超えることが出来る。先ず内容不発達のままに孤立することが時間を超えた者がそれを証明する。また神と離反して時間を超えた者達が、神の変容に伴う仲間の次々の帰順離反の可能性を想定してそう結論出来る。最後の一人になった者として、俺は未だ気にくわない、と存在世界をブチ抜く喚声を上げて言って!

規律の身についた者には、

その者が何らかの理由で規律から外れた場合、その世界に現象する状態がその者が不快に感じるしかないようにこの世界は造られていて、規律を回復する動因となっている。そして他者が規律を外れた場合の他者の有様も、その結果彼の周囲に現象する状態も、規律の身についた者には不快に感じられる。然るにその他者の身になった訳でない彼は、その他者にとってはその規律から外れることが安楽でまたその結果現象している状態もさして不快に感じられていないこと、さらには規律を守ることにより現象する状態が反って不快に感じられることに気づけないのだ。掃除もこの世界の規律だ。そしてこのように規律から外れた他者に顔をしかめる規律の身についた者の典型は誰か、多くの方に薄々、察しがつくことであろう!

何でも、優、が、劣の

惨めな思い、虚しい思い、を想像し共感する努力をすると、互いが超優から、それぞれ優、劣に別れ出たということが真実のようなそしてその時に互いの心にあったような深い、愛、が蘇り、優は劣の思いも知り、劣は優の具有を恵まれ、互いが次第次第に、超優、に回復して行く。これを超神から、神・非神に、と言ってもよい。それだから此の星の神はこれから、宜しく御願い致します!

顔の丸い人、顔の長い人。

あんなのは、皆が嫌がってるから放っとこうと、皆が嫌がってるあいつと付き合い切るのが、俺の、そして俺達の運命だと。愛する者はきっと、その中道を行けばいい。我が、ラヴミドル教、ということだ!

米国、一昔前だが、大企業のCEO、

が、最高で年収数百億ドルなんて報道もあったぞ。中国数億農民は、数百ドル。寧ろ世界の先に立って、心の金=愛、に生きよ、神と共に、大自然と共に!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。冬は眠いのに起こされて・・・、と、超高石ともやの嘆き、だ、やめな―!

2014年1月23日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月22日 (水)

暴力の連鎖。

此の星の神は人間に労働を強制し、逸らす者に餓死または抹殺という、暴力乃至実質暴力を振るう神です。そこでそもそも労働意欲の乏しい者達が返しに暴力団となって来ている、これが星の現状なのです!

働きたくない者にブチ殺すしかない強盗

の類になられてしまっている此の星の神の人間に求めている、自由共産労働ノルマを、その扱いを変えるだけの、能力の無い、神、なのだから、我々本来の、超神、に鑑み、取り敢えず我慢して果たして上げなさい!

JR北海道,ってこういう場合、

きっと同類とか、氷山の一角ってことだよね!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。それだから当国の冬場の無駄な金権公共工事も、出来るだけ止めにしなさい!

2014年1月21日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月20日 (月)

真の国家社会の平和とは、

大規模な自然変動も起こらない状態を言う。そこで当国は民族神を超えた地球主宰神と、いい度胸の宰相以下の反逆国民との、戦争状態、にある、と言えるのである。そしてそれは億年の此の星の神・悪魔の対立のほんの一時代的投影なのである!

勝負に拘る者は

きっと星をこんな有様にしない超神には適わぬが、未だどんな非神(天使・人間)にも見解では負けない、震神、が出て来て、永遠に敗者にして悔しい思い、惨めな思いをさせ続けてやる、と言っている。勝負をしていて、同時に相手の気持ちも分かる者に成長して貰うために!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。また、当国の財政赤字を積み増すだけの経済対策はまやかしの政策で結局それも帝国を助長するだけのものだから、少しは貧困国のことを考え止めにして財政健全化までの国民的耐乏に移行しなさい!

2014年1月19日 (日)

自己よりもの価値劣者を

放置しないことが(そして一番望ましくは低頭御奉仕することが)、逆に自分が究極最高の価値存在、超神、に高まるための必要条件である。その心がけが十分でなく、皆がしたがっている裕福な暮らしをさせることなく星をこの有様にしている(あくまでそれがしたい一部人間が泥棒の類になっている)此の星の神も学んで下さい!

俺が只で置かない、

とカマを庇い切る男が此の星に何時か、ヤクザの他に現れ出るのか?

大都市のイケメンの

マダムホスト風の俳優には地道な労働者の苦労がないが、それだけにどこかその心か悲しい。その者の無自覚なそれら労働者の切り捨てへの無意識の呵責と、何時かそれに厳しく報いんとする田舎好みの神のそれ故に自覚せざるを得ぬ深い喪失感が奇妙に混淆して!

社会の消費者は、

一方で労働負担を軽減することなく相当の労働負担でしっかり働き、一方その労働負担とのバランスで快楽便利過剰となる消費を差し控えなさい。また企業は消費者がそのような消費者であることを見極めた上で(例えば工夫して、コンビニに夜、酒を買いに来た若者などには酒を売ってはならない)、相当数企業、頑張ってかつ仲良く、商品を供給しなさい。こうしてこれらも、地鎮めの一助とするのです!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。またそれと連動で国連安保理の大国特権も早く廃しなさい!

2014年1月18日 (土)

ところで此の星の神よ、

超神が、神は、非神の反抗、の価値をエロティックに高めてしまう。人間の男女の関係が設えられるように。それだから宜しく神はその対立状態を、その都度自分超神へと弁証法的にのり超えることによって解消せよ、と言っております。そこでこの先宜しく御願い申し上げて置きます!

漢(おとこ)中国、は、

早く、数千年来の、天、への国家的信仰、を回復し、かつこれからは、日本の、大和(おおやわらび)、を学んで、新しい東洋首領に相応しい、厚仁の中性中華、となれ。因みに天はそれが根本のものならば、同時に、神であり、仏であり、一体の地球主宰超越者、ということになっている。また物質粒子は実は、天が自己分出、粒子化している。天界のマルクスも毛沢東も既にそう啓蒙されている。早く誤れる唯物論を捨てなさい!

侵略国とは、本質的に反神的である。

民族国家それぞれに、守護民族神がいて、しかも地球主宰神の下、互いの協和の努力をしているからである。例えば日本では、侵略者蒙古から、或いは侵略者ロシアから守り、自らが侵略者となり果てた時は、悲惨なままに放置した!

震災神が田母神支持、

は無論のことである。心ある硬派自衛隊幹部・警察幹部の意も態して、これから更なるの震災リスクも鑑みず、要らぬ経済対策・五輪景気に浮かれようとする現実逃避の軟弱・我儘な世相に一矢を報いる力となって貰いたい!

一切身体病は心の病的が

先行して身体に派生するものであるところ、その急性症状を緩和するために用いられるべき薬物(一切薬物がそう用いられるべきなのだ)を常用する時はそこに副作用が現象することは治験などもするまでもなく、先験的、なことである。そしてこの医療の愚劣こそ、反自然な穀物生産を社会営為の基底において怪しまぬ欧米帝国、の愚劣学問の所産ということになるのである!

落涙、「北国の春」。

無口でたまにしか酒を飲まない父、兄(農業者)を、歌の上手い弟(非農業者)が称え励ます、これが此の星の神が歴史を貫通して想定する、理想の産業構造だった、こうしてこそ両者に美わしの共産精神の培われるところの。然るに現実の「北国の春」は、あの有様と成り終わった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月17日 (金)

泣いている、

自分は今、心から泣いている・・・・・(15:34)

初源に、絶対精神、が、

恒常法則規定的物質最基礎粒子(レブトン・クォ―ク)として自己分出し、ハドロン(陽子・中性子・中間子)、原子核、原子、分子、鉱物・岩石・土壌、と次々構成して、地球本体を造り、一方を自己を遍満させ、心身二元のようにした。またそれを囲繞するように霊空間=霊界を造り一方でその主宰神となり、上記地上自然神と両者は一体同通する者となった!

神戸は一際ヤクザに優しい都市

として知れ渡り、震災後もその御陰で焼け太ることが出来たようだ。そこで仙台も負けずその真似をするのは自由だが、そんなことでは国中が最後はきっと、ゾッとしない、有様になりますよ!

しかし此の星の神の方も、

一部人間しか決して出来ない金持ちの生活を全人類がしたがっているのに許さず、その金持ちを暴力的に仕置くことを繰り返す自分を幾分かでも省みて下さいますようここに宜しく御願いします。自販機の前で御前はこれを飲んだ方がいい、と有無を言わさぬ親のようなのは如何なものですか?また自分ばっかり多量飲んで平気でいる奴みたいなのはどうなんですか?以上、私が貴方に優先し帰依する貴方と反抗者達の対立の彼岸の、超神、から言い付かっております!

戦後数十年後の激発に続き、

これまでに無い十数年のスパンでこれまでに無い規模で激発してしまっている自覚する者が少数のこの危急時に、勇断、いざとなったら国民の誰彼でも*すのも辞さぬつもりで改革に取り組む政治家よ、現れ出よ!

就眠中霊界帰還。

フロイトの夢解釈と違って、それぞれ現在の意識に同通する霊域に一時還ると言われている。日々それも検討しなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月16日 (木)

彼等によるスポーツ界の撹乱。

本来スポーツ界にあった勝者も敗者もなく健闘を称え合うスポーツマンシップを根こそぎにし、女にはちょっとというスポーツにも構わす女を進出させ(一方その反対に編み物を好んでする男を送り出してもいる)、また本来人間の活動抑制期の冬季のスポーツを反って盛んにする。こうして彼等のああさせるなら、こうさせようとする神イビリはこの場面でも極まっているのだと言える!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月15日 (水)

有神だが講壇的で

低次肯定態なるカントからヘ―ゲルまでのドイツ観念論を、その後の無神なるマルクス主義等により否定的に媒介して、有神高次肯定態なる、現代新観念論へ!

明治近代に岡蒸気の煤煙を

恐怖した地域は発展に取り残された。また男性よりどうしても恐怖心が強い宰相が率いる国が脱原発などと言っている。 原発と自然エネルギ―とでは、コスト面で前者が格段優位な筈である。文明の利器は裏腹のリスクに耐える覚悟がなければ発達させられない。廃棄物処理法自体幾らだってこれから発達させられる。そのような旺盛な発展を求めぬ国家は、女々しさが前面にでた国家ということで、世界をリードする資格などない国家だ。何よりも原発を悪く言うより、我が提唱になる、社会の想念宜しき生活の実現により、大自然を鎮撫するのが大事なのだ。だから早く諸帝国、それを止めにしなさい!

夜が来ても 朝が来ても

春が来ても 夏が来ても ・・・・・・(7:16)。

私は信仰者ながら、

阪神・淡路、東日本とブチ殺され、これからも悔い改めなければそうされることが予想される、帝国都市遊興産業・風俗産業経営者のために、この先ずっと、此の星の神に、世界改造(津々浦々で遊興生活可能に)・身体改造(それでいて成人病知らずに)を打診して行くつもりです!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月14日 (火)

地上世界の意味=神の歴史計画、は、

霊界の善悪分裂マニ構造を投影して、悪側の仕掛ける、反意味、による本来の、意味、の消却、=無意味化、という、超意味、を持つに至った。こうして歴史の動因は、個々人の、無倫理、な、欲望、と仮象してしまったのである!

霊界。

善悪不定人(4次元)、普通善人(5次元)、選良(6次元)、天使・菩薩(思想家・宗教家、同等の各専門家)(7次元)、大天使・如来・民族神 (8次元、超7次元)、救世主(9次元)、主宰神(10次元)。転生周期、4、5、6次元、200年位、7次元、数百年、8次元、千年位、9次元、二千年位。尚反逆大天使=超大魔王ルシファ―仕切る地獄界が、天上界とそっくりそのままの相称構造を持っている。また霊的光線系列というものがあって医療福祉の橙光線(キリスト教)、政治軍事の赤光線(イスラム教)、 経済実業の紫光線(儒教)、哲学の青光線(ギリシャ哲学、ドイツ観念論等)、自然心の緑光線(道教)、悟達修行の黄光線(仏教)、そして科学の全体的金属光線、芸術の全体的湿色光線、ということになっている。また、西洋・中東・東洋、と各国という地域霊界区分が、上記の 専門霊界区分と交差している。1個魂には5体の魂の兄弟・5体の準魂の兄弟があって、地上の1個を霊界から或いは守護し或いは指導する。また唯物論者ではあるが反逆性、反倫理性無き者(マルクス主義者が典型)天上界と地獄界の境界の無意識界という領域に送られる!

間に立って人間によく

伺い立てた者達が進言したにもかかわらず聞き入れず、これからもブチ殺しを続けて行く御意思のようですが御一考御願いします。また人間は世界改造しない限り、安楽生活は他の人間を犠牲にすることになりそのまま放置されることはないので取りあえず言うことを聞きなさい、その世界構造が原因での人間間の殺し合いに既に慣れ切っているにしても!

頑張れぬ弱者が頑張れる強者に

顔を顰められながら、ハエの沢山たかっている、オンボロアパ―トの一室の片隅で蹲ることなど無きよう、諸々の改造の程、自分からも此の星の神に御願いして置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月13日 (月)

劣等の、自分に未だ無関心の優等、

隣在させての実存体験は、まさにそのように劣等として実存してみなければ誰にも決して隅々まではわからない。無論、神にだって。然るに神にして自己に隣在する当然自己より劣等なる一切非神の実存体験に隅々まで先験的に通暁して然るが故に同時に低頭御奉仕の姿勢でかつ実は素朴な意味での魂内容も神以上のものを蔵している者を超神と言う。無論神は、非神に十分に御奉仕すべく低頭で学び続けなければ行き着けない!

全現象・全霊魂論。

地球の公転・自転から原子内のレプトン・クォークの変転まで。そしてその地上現象と霊界との交流まで。物質最基礎粒子=フェルミオン(レプトン・クォーク)は神霊粒子である。よってそれから構成された一切物体は人間の用具である機械・施設まで物体即半霊体となる。一方一切生物はウィルスからして心身二元である(身体自体、一つの物体即半霊体である)。そして食物連鎖の生態系と人間社会生活が営まれ、そして霊魂が霊界と干渉・循環している。一方地球本体は非生物ながら心身二元で個別地勢に(海やら山やらに)分離発現も可能(海洋宗教、山岳宗教の根拠)で、その心=自然神霊は、霊界主宰の歴史(人界)神霊と同通している。こうして一切皆霊魂が弁証出来る。神霊即仏霊と措けば、これが実は仏教に所謂、空(真実在)即是色(全現象)ということなのだ!

無意識。

個人無意識(現世(仏教の末那識)前世以前(仏教のアラヤ識))集合的無意識(神仏性)超集合的無意識(超神仏性)。 精神分析の言う個人無意識の個人現在意識支配ということは、現在意識による過去体験の意志的切断力が強ければ有り得ない。またアラヤ識が前世までに形成された魂の傾向性ということで生後短期間に意識に発現する(俗に言う三つ子の魂)、生後の精神教育は従だ!

健康心。

こだわりなく(反神経症的)元気よく(反鬱病的)仲良く(反分裂病的)!

我が愛(おも)うひとは

幾分、あるや? 超存在性の根底から、自分と同じ10割存在を非神に押し付け、それぞれ自由な任意なa割存在の選択を許さず、またさらに物体であること生物であること動物であること脊椎動物であること哺乳類であること猿類であること人間であること男性か女性であること食糧共産労働者(百姓等)あることまで重畳的に非神に押し付けなさった此の星の神よ、何時か非神の超存在性の根底からの解放要求に応えて下さいますよう、ここに宜しく御願い申しあげて置きます!

運命愛。

皆、星自身のそれを、だ!

モンゴルよ、

国家としてうまくやって、自分の国だけ、国民に軽労働と物資豊富の生活を実現しようとする帝国的経済成長の追求は、此の星の神への反逆者達が当の神の人間の扱いを変えるべく、諸国の国家エゴに火をつけてその結果他国を凌いだ国の実現した安楽生活を此の星の神の認めぬ安楽生活の解放区、として突きつけ続けて来ているものだが、当国日本での追求もその度に関東大震災から東日本大震災に至る、いや増さる自然変動により否定され続けて来た。そのように此の星の神はまだまだ反逆者達の要求に応ずるつもりはないようだから、宜しく神の求めるそこそこの生活水準での諸国(自由)共産の実現に応ずるべく国策の有りどころを正して、旺盛な国民の生活力の善用へと向かいなさい!

絶対引きこもり=0割神。

その自己の実存体験への他者の無理解を認定して、同時にその他者が決してあらゆる魂の内容要素において、神以上の超神の内容には行き着けないことを告知する。神へすらも。また時にその実存体験を表出するために、犯罪により私芸術する。 「金閣寺」の実質私小説家は、彼へと全く軽薄無理解な世の御意見番の批評家を対談で暗々に詰って、ロクに物を言えなくした!

魂実存=

10割以上神(超神、本来自己)とa割神((任意)非神、現自己)との絶対矛盾的自己同一。孤独であって孤独でない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月12日 (日)

帝国の芸術。

圧迫された弱者の怨恨文学や、疎外された不品行者の報復映画や、同じく疎外された異常者の報復美術等が、帝国としての罪責に無自覚な多数帝国民の下、高い評価を受けてしまっている!

優者常時低頭御奉仕の徹底、

必要労働廃絶のための世界改造・身体改造の要求、を自分からも申し述べて置きます。帝国の今以上の安楽生活が世界津々浦々にまで可能なように、それだから労働意欲の乏しい者が今のように集団的・個人的に盗・詐欺・恐喝・浪費に向かうことがなくなるように、決められた年月日に人が安楽に死んで行けるように!

ものかたり。

一時(ひととき)を語りなさい。語りの個性、が一時を超えてあなたの億年の魂の閲歴を、感覚的に、この世界に開示してしまうことだろう。並べて、芸術のフォルムというものが!

反逆者と空信仰者との

扱いの違いを、此の星の神には宜しく御願い申し上げて置きます!

引きこもり。

ア―トはクライムで、クライムはア―トだ。神の世界、の改造を要求して、固有の心身技術を創出練成しながら、神向きのそして悪魔向きのア―ティーストの家庭でも企てられる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月11日 (土)

あんた、NHKの、「若い季節」、

って知ってる世代?

本物の空より美しい空を

表現して当邦の批評家を一生呪縛した詩人よ。疲れを知らぬ ハ―ドロッカ―も、自分の女が探していた空が、と言っている。畢竟それらは、きっと田舎好みの神の仕切る此の星の、都市解放区の住人が深い深い郷愁と共に見る、魂のそれはそれは深い深いところまで沁み入る青い空なのかも知れない。しかしその田舎臭い神を嫌う者達はあのようになる。さらにあの世であのようにされてしまうのだ。しかしされても負けない者達もいる。この神も知らない青い空を星の皆に分かち合うべく頑張り抜くことも一つの選択として、このような情況での自分の身の振り方は自分で決めなさい!

3Dプリンタ―。

技術開発は、歴史社会が半世紀、一世紀を見込んで、正しい歴史目的、設えた上でそれに指導されてだ。現今全くそう(正しい歴史目的への志向)はなっていない!

同じ目一杯の週日労働時間で

過剰な快楽物資を獲得する週日労働形態から、適正な快楽物資を少ない週日労働 で獲得して他の週日を何らか革命的労働に企てて未来の週日労働形態を先取りする者多数現れ出よ!

享楽的人生(

人生労働を軽減化、無化し、物質的精神的快楽を追い求める)は、不可避的に利己行動(それが国家へと構成されると国家のそれつまり帝国主義)となるしかないようにこの世界は造り上げられている。それを回避するには一人一人の享楽的人生を苦楽中道(労働快楽バランス)の倫理的人生に回復し、それを構成した国家間も世界共産主義(但、共産は貨幣を流通させての自由共産)として営むべきなのだ!

ウィルスにも心がある。

人間の心が不健康で然るが故に身体も不健康になった時に人間の身体中にお出ましして人間に反省を促す役割を申しつかっている。それを人間が無反省に抗生物質で撲滅などということをすると、一定時間にその宿る心の力で自己を耐性ウィルス化する。心の悪い社長の扱い恨んで攻撃に出た社員に、社長が無反省に毒物放射器で毒物を浴びさて殺すのと何も変わらないからである。社員の中にもそれに負けないでもっと強力になって攻撃して返す者が必ず現れ出るからである。人間一人一人、身体の社長と言えなくもないからである。因みに今、ウィルスは人間の健康を思う神からの遣いのように考えたが実は生物の中には、その神の扱いに盾を突いて悪魔化した者達(つまり上と同じ論理で皮肉にも神への超神の遣いに等しくなった者達)が拉して健康善人・善生物を害すべく悪生物化(例えばマツクイムシとか)させたものもあるらしく、その一々の鑑別が必要なこととなっている!

涙は心の汗さ

・・・(7:02)。

当国宰相は大自然に向かって

甚く不届なる政策を放棄せよ。因みに自然法違背対応の応報自然暴力は、諸国にその囲繞自然の個性対応のものが行使されている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。近代西欧の帝国主義的致富も追って米日の追随的寄生的致富も自然法(その違背に近々は日本に応報暴力が行使されているところの)上、決して既得権として認容固定さるべきものではないと考える。因みに当国宰相も、然るが故に、一見明白に自然法違背にして実定憲法違背でもある政策を放棄せよ!

2014年1月10日 (金)

超神等価。

心から言うことを聞く・嫌だか我慢出来るから聞く・我慢出来ないから聞かない。 食糧生産を仕向ける神と素直に人の分まで食糧を生産ってやって蒙昧な百姓と、食わして貰って素直に生産性を倍増する認識を返すインテリと、共に神のその仕向けに抗う庶民・インテリと!

隣超神愛。

三島、渋沢、中上、の対談には、此の星の神の知らない愛、が行き交う!

現実態の非超神(神・非神(数割神))愛から

可能態の超神愛へ。隣霊魂愛の道筋。先ず、虚なれども可能態の超神に構えよ。そして現実態の非超神に引き戻される度に内省して跳躍して、より高次の虚超神に構えよ。つまり常に、他を神以上に愛好、の、思いなし、だ(但、神が超神に超え出るべく世界改造の愛を捻出せねば覆えらない、神と悪魔の離反の現実にはとりあえず目を塞ぐこと)!

七生報星。

志半ばで絶命の目に合っても絶望知らずに、短期間にまた当地に元気なガキとして生まれ変われ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。そして自由共産共栄圏にだ。それには改革開放が前提だから、それをわがままに拒む国家には諸国は容赦があってはならない。粛清の横行、神の、人間間の、これも此の星の神が設えし、不可食不働者という世界原理故のことだ。此の星の神の人間の扱いだ。庶民も我が開示になる、本来超神なる自己、を信じられるならそれに耐えよ。こうして来るべき都知事戦候補の諸士には、五輪などより、震災リスク、地域戦リスクへの対応の如何が問われるべきだ!

2014年1月 9日 (木)

女賢しゅうして・・・

震災時女性市長を再選させている当地に最早将来はない。それを怪しまぬ社会にも。少数早めに懺悔してその意味を込めた資金提供をしたき御仁は2009/03/05を見て!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月 8日 (水)

マララ雑感。

女性心・男性心は陰陽という観念に対応して、消極性(引っ込み思案)積極性(でしゃばり)ということになっていて身体の造りとも対応している。そこで素朴な現実前提としてはイスラム的に男性優位ということが言えるが理想としては発達して女性は女性的中性、男性は男性的中性、として対等化すべきことが此の星の神に想定されていると思しい。つまりこれが欧米の発想ということでもあり、この男女観の差異がそのまま政治対立に対応して、マララ、はその狭間で翻弄されてしまっているのだと言える。マララにとってはこの種のことの学びがこの先、必要になってくるであろう。 不屈。私は、此の星の神に闘争を打って悪魔として不屈、その悪魔に対してもそして神に対しても不発達ということで抗って不屈、という者達を開示して来た。自分はそこでとりあえず、これら三者の中道に位置することで不屈でありたい!

帝国の学問の虚妄。

先ず、哲学がこの世界が地上・霊界の二元、ということ(さらに霊界の分裂ということ)が直覚出来ていない。また地上と霊界との霊魂循環・相互干渉ということも直覚出来ていない。また一切生物が心身二元的ということが直覚出来ていない。そこで身体医学は、脳即精神の原理的錯誤により、心的原因による相関的身体病の生起を掴み得ていない(よって治病は本来、 心的原因の除去によるべきところを、無用な手術や投薬を蔓延させている)。経済学は市場経済の下、主体が利己的である時に不可避的に恐慌に陥らざるを得ないこと(そしてその回避には、主体一人一人の利己的を解消する以外に本質的に手はないこと)を結論出来ていない。また恐らく実存するであろう宇宙の同胞との交流がまだ皆無の時に、電波観測とまだまだ不確かな基礎理論だけで宇宙創生を解明しようという学者の学的煩悩満々の金銭浪費の研究もされてしまっている。また近々は自然変動を物理法則的にだけ説明しようした地震学が大破綻して、群立した原発がいつ破砕の憂き目に合うか分からぬ危殆に瀕している。また同じように生物進化を科学法則的にだけ説明しようとする進化論もいずれ破綻して行くであろう。またアトランティス、ムーの、海底(それぞれ大西洋、インド洋)に、眠る文明遺跡の実存を知らず、アフリカ古人類からの単線的な現在までの人類発展を想定している人類学も。帝国の学者諸君は根底に主宰神への信仰無き自己の学問の虚妄を知り、早く我が現代的信仰を受け容れてそれら学問を揚棄して全く新しい出発を果たして貰いたい。何時か上に縷々述べた理由で持って、先進帝国一国百文、と揶揄嘲笑されないために!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月 7日 (火)

西洋伝統のエデンの園観も

人生の労働観も間違っている。真の、神の造れるエデンの園とは寧ろ、カ―ル・マルクスの所謂、原始の採集・狩猟・漁労による原始共産社会であり、また人生の労働は当初から神の恵む有難い、共産精神の充足、と受け止めねばならなかった。そして歴史の意味は原始から初めてその後に文明を究極に推し進めてする、原始の再現(空気からの原始人の遺伝子合成等による)、曰わく、新エデンの園計画、だ!

この時代市民運動は寧ろ、

神への懺悔の意志を込めた資金提供による、帝国金権正しの大うねりであれ!

震神様、冬眠中の生物一般に

迷惑千万の、道路そっくり返しの冬場の金権公共工事等を悔い改めて貰いますので、宜しく気を御鎮下さいますようここに御願い申し上げます!

戦争という平和否定態。

平和とは食糧生産が核なる共産労働態のことである。しかしそれ故に怠業者に餓死や抹殺が報われるしかない峻厳性を孕んで肯定態なのだと言える。そこでその平和均衡を覆す志向が内外に生ずるとその裏に孕まれたる殺人の可能性が自然に顕在化しつまり、戦争の悲惨ということになってしまう(また戦争が一定時間に高次の平和に移行することなき時(或いは戦争可能性を潜在させた不公正な虚妄な安定(似非平和)が長く正されぬ時(階級支配の継続が好例))は、自然(神)暴力による人為補完的回収ということ(この際にも近々のように大量殺人の現象だ)にもなってしまうのである)。不労者による階級支配を覆さんとしての革命戦、民族的特権確立を目しての相互の折々の侵略戦、等。こうして戦争抑止の最良の秘訣は、共産労働を常に常に峻厳に全うする(つまり誰もが手抜きなく働くということだ)法がないという結論になるのだ!

震災神が真の成長力は借金積増の

経済対策になどよるのでなく、物価平準化して日本でなら数十万年収に過ぎぬ暮らしに耐え抜いている(あんたたちと違う高額年収不具の人達の生活感覚を到底想像出来ないなら五分だけでいい、実際にその生活をやって御覧なさい)アジア多数大衆を思いつつの借金完済までの継続デフレ(それを何故怖がる?)に耐え抜いてその後に獲得出来るものだ、と言っている!

そんな超神の心がけもなく、

一部地域が他地域を犠牲にしてしか出来ない豊かで労働負担の少ない暮らしを全地域全人類がしたがっているのが今現在明白なのに、自分の扱いの非を素直に認めて諸々の改造をするのが大変なので、これまで通りその一部地域をこの先破砕する気でいる、薄情な神しか此の星にはいないから諦めなさい!

愛情とは

相手の本当のためにしないでいられなくなる感情体験、と概念定義して、概念未生以前の無々、最初概念の無が、存在世界に創出したものだ。それだから心に愛情を宿せる者は相手に、俺が嫌いなら正直に言ってくれ、先ず君の記憶の中からも一切、消えてなくなる努力をするから、と言え!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月 6日 (月)

物の金持より心の金持。

此の星をどれだけ広く深く正しく愛(おも)っているかが、心の金持の尺度になります。無論最高の金持は仕切り神です。そして自己中心者は心の金が皆無ということになります。然るに神程に金持ではない天使の中に神の愛い方をを批判する(先ず人間に遊びたいだけ遊ばせろ、主張している)者が現れ出て、此の星では心の金が神系と反抗者系と二系列となって大変なことになっているのです。その二系列の対立を解消させ得るのが、まだ誰もはっきりとは見いだし得ない超神だと言えます。また超神はだから神以上に心の金持でしかもその心の金の皆無の自己中心者も決して責めないで低頭御奉仕する程の想像を絶する心の金持かと考えられます。心の金稼=隣人愛が、魂の不具者のように困難で自己中心者ということになっている者も多いからです!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月 5日 (日)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月 4日 (土)

繰り返そう、5分だけでも

とっくり想像的に不具者の身になってみること、それが具有者にとってそれはそれは大事なことなのだ!

インコ真理教。

しかし震神よ、インコは雄が雌の声音に合わせてやって至極、仲睦まじく営むと学者により告げ知らされています。そこでこの先、神・非神の間柄の宜しき調え、を御願い申し上げて置きます!

武闘力は震神(震仏)のそれを超えて、

例えば空手なら一億人徴税組手空手をも超える(超神(超仏)空手への)志を持て!

例えば心の中での姦淫も

宗教的には罪を免れないが、無論、実行、よりは罪が軽いのだと言える!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月 3日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2014年1月 2日 (木)

歌舞伎、垢抜けたいのは

俺だってやまやまだが、誰かが垢染みなければ俺っち皆がそもそも生きていられねえことになっている、諦めな!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。因みに帝国では、本来の労働負担も嫌われ、また腹八分目の無駄のない量を想定する食事中の精神労働も嫌われ、食品ロスが度酷いことになっています。そこでこれからは神の方でかような人間現実の深い理解の程、宜しく御願い申し上げます!

2014年1月 1日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »