2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

世のサラリーマンよ、頑張れ、

サラリーマン副社長説法師(但、社内警察、という必要暴力行為は全くしたがらないみたいな)の十数年後、天上界帰り、までの過密スケジュールも既に決められているという話だから。しかし最早、震神主神=霊界主神の御命じのスケジュールとはなっていないであろう!

自殺とは、

神の造りしこの世界を拒絶すべく、自分の中心からガスを噴射してロケットのようにして彼岸に飛び立つようなことだ、無論、神が禁じていて報いが送られるから、止めにしなさい!

ジュダ、直線への怨恨けざやかなる曲線、

、で表されるに相応しい者よ、今日も深く眠れ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。神の創造した自然に不平不満を鳴らし、非帝国民を自分等に自動で食糧・物資を恵む、付加的自然のようにしてはならない!

秀雄よ、神よりも彼岸からの啓示とは

(無論、神までもへの)私達一人一人だ。そして、本質的に内に虚無が掴まれて孤独、であるのも!

2013年9月29日 (日)

芸術にはその極致において、

思想が感覚として表わし出される!

国家社会の悪い流れを

誰も止めようとしないので、大地震が起こった!

JR北海道社員も結局、

しっかり仕事なんかしたくなかったのね。駄目ですよ。後で此の星の神、そしてその下の役人に仕置かれ痛い思いをしますよ!

此の星の神の賞揚する肯定も

悪魔達が自慢をしている、自己欺瞞のなさ(自分が聞きたくないものは決して聞かないという)、もそれぞれに対して無価値に居直る者が現れ出られては殆ど意味を持たない。そこで魂の高貴・卑劣を云々すること自体が最早殆ど意味を持たない!

地球分け目の戦いは

これからも続いて行く。それぞれよ―く情勢を日和見して自分の身の振り方を決めなさい。大江健三郎の自民党員的諸人の此の星からの**努力もその狭間の魂の様相であろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めに!

2013年9月28日 (土)

自分の子供も良く育てられぬ教育者は、

世間がそれをそのまま許しても、金が欲しいからだと言われたくなかったら自ら襟を正して現職を辞し、少しでもの近々激発したばかりの地の鎮めにすべきであろう!

引き込もる息子の強い親は、

その強さで町内の皆に彼の外出予定時に特別に優しくなってくれるよう頼んでそれを実現出来るまでは、彼に頭を下げて謝っていなさい。それが彼に向かっての筋の通った低頭御奉仕ということで、追い詰められた彼があらぬことを口走って脅迫することもなくなる。ついでに省みて歪んだ性格としてしかし恋愛感情のままに望ましくない歪んだ結婚してしまっていたら、それも謝って置きなさい。またそれを容認した自分の親達にもあの世から来て貰って謝って貰いなさい。他の子供達にも同じようなことならそうしなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月27日 (金)

無論、震神の神経逆撫でとなる

消費税上げを実質骨抜きにする経済対策は止めにしなさい。全体を殺しては元も子もないのでこの程度の痛めつけだった。この程度で気付きなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。自分達は軽労働の機械化農業やサービス業に労働者として特化し、自分達だけ物資もサービスも満載の生活をするのを止めにしなさい。逆に本来負担の労働で関連非帝国外国人のためにも還元的交換的に、サービスや食糧も生産(つく)ってやりなさい!

2013年9月26日 (木)

日本帝国圏の構造。

資源採掘労働者・対応食糧生産労働者(低賃金低収入本来負担の労働、非欧米外国人)、機械、日用品製造労働者・対応食糧生産労働者(低賃金低収入本来負担の労働、非欧米外国人)、サービス生産労働者・対応機械化食糧生産労働者(高賃金高収入軽労働、日本人・一部欧米人))。日本及び一部欧米人のサービス生産労働者も機械化食糧生産労働者も軽労働に逸らすことなき本来負担の労働によるスピードアップで生産性を上げ生産物を帝国圏全体に還元する前提で帝国圏非欧米外国部分の食糧生産労働者を資源採掘労働者や機械、日用品生産労働者にシフトさせ、また賃金収入を平準化すれば、帝国圏に円満に本来負担の労働と食糧・日用品・サービスが満ち満ちることになる。これがこそ、帝国(支配)圏の自由共産共栄圏への変容、ということになる!

諸国共産党よ、

我が信仰と自由共産主義(第一共産党、第二共産党、・・・による議会政治、も想定する)、新たなインターへ向けてどう?恐らく、共産労働と共に、交換経済=貨幣経済=市場経済、も議会政治も此の星の神の仕向け(マルクスは見損なった)だった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月25日 (水)

両震災の犠牲者数位で、

先進帝国民全てを覚醒させられれば、安いもんだ!

吉田も巨人も、

そんなに一人勝ちして本当に、満足かい(股間が動かない)?僅差でひしめく、最上位も最下位もない勝負結果が有り得る!

100点を取って、

それを99点以下が99通りに受け止める、その気持ちも分かる、超100点!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月24日 (火)

危うきに近寄らず、

と言ったり、縁なき衆生、と言ったりするのはこれからの儒教・仏教ではない。我が教はこれからのそれをも統合してある。この日本で一部的に中東並みの戦闘を繰り返しその挙げ句その威勢で、裏筋から実質社会を牛耳ってしまっているその者達を何とかするためにも!

過った世界認識・歴史認識を

変えられない、前近代的宗教勢力は最早、超近代の政治の中心に関与することは出来ない(つまり、宗教的反動ということで)。俗人政治家やマルクス主義者が既に正しいそれを持してしまっているからである。断固たる排除(願わくは超近代のこれからの神、震神、を態しての)、が必要であろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月23日 (月)

早く気付いてくれよ・・・、

これが、震神の嘆息、であろう!

癌は諸々の貪り・怒りを断ち、

魂を成仏平静にするのが(それで食生活も自然に整う)が最優先の対策だ!

食卓で食物による健康共産、

、に感じ入り、同じく内臓の共産に感じ入り、そして勤めに出て、社会共産、に励むこと。そして帰宅しては、音響の共産により疲れを取る。御薦めは、まだ誰も聞かぬが、超ショスタコ―ヴィチ、だ!

フロイトが現実原則が

人間を疎外していると言えば、逆にその快楽志向(煩悩)が反って本来の規律志向の自分を疎外していてその回復が宗教の修行だと言い返す。或いは無意識が主導と言えば、いや意識が主導、と言い返す。此の星の神の勢力と悪魔の勢力の対立の有様はこの通りなのだ!

郷愁は遂にどんな郷愁も、

意味の一切が絶対連続して然かるが故に、無意味、である境涯へと向かう。此の星の神は早く、例えばヘッセやバタイユや三島など非神のそのような郷愁を深く満たしてやれる神、になりなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月22日 (日)

中国政治闘争の和解にも

ドイツの社会格差是正にも、我が、自由共産主義、だ!

傍若無神。

これからはそのような者こそ、真に此の星のためになって行けるだろう。彼の カ―ル・マルクスのように!

健全人類を逸らした彼も、

きっと嫌われている。笑いごとではないであろう!

伝統工芸は当代の

宗教家・政治家・経済人・庶民のそれぞれの生活具(例えば食器なら食器)を、眼前に併置してみてこそ初めて、それぞれ作品の真価を問うことが出来よう。そこで敢えて自分は非庶民向けの一切の伝統工芸は結局無価値だったし、反射的に庶民向けのそれも大した価値を持たなかった、と断言して置こう。当代の宗教家・政治家が、云わば、社会自体を杜撰に工芸していて気づかぬ、愚人ばかりだったことが原因である!

日本経済のデフレ恐怖の愚劣。

十パーセントマイナス成長百年継続でも、中国人個人世帯の現の生活水準に落ちることはない(彼我の人口差を考えよ)のだから。経済対策無用で、震神を怒らせる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。日本ならば、往時のソ連兵の銃禍の下の悲惨な満州逃散等の、言葉ではない辛い感覚体験を聞く者に出来るだけ実感して貰えるように語り継ぎなさい。原爆も結局は帝国への応報に等しいもので、往時一国でも進んで帝国解体を他の複数に呼びかけ止めさせることが出来たならその体験は無かった!

素粒子論・宇宙論は、

恐らく日常現象をその底に微小基礎素粒子の存在を想定して一切を矛盾無く説明するパズルの如きものとなっていよう。そんな高級パズルを解決することと、真実の神の宇宙創生の真実を知ることとは、月とスッボンのことだ!

2013年9月21日 (土)

完璧もその解体の可能性を

をエロティックに高める!

天才物理学者達よ、

君達は要するに、神が此の世界に科学法則と初期条件だけを与えて後は不干渉である、というアリストテレス主義者だ。錯誤である!

兵器が先端の科学理論・技術により

最高度のものであることは正当なことだ。原爆のことだ。邪悪な原爆保持国家にどうやって対抗する?

神の方程式は、

非神の非方程式の価値をエロティックに高める!

無々(概念未生以前)は、

時間=空間、ということを自然に包容する!

天才物理学者達よ、

徒らに知りたがる者は決して知ることは出来ない。寧ろ学問を捨てよ、貧民窟へ行こう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。日本の携帯電話各社も市場の制覇などという下らない企業目標(それより各社の尽力で望ましき自由共産的市場緊張をだ)を早く改め、社員を楽にしとやりなさい。また日本政権は一見日本公共福祉に悖ることが露わになった邪見新興仏教団体を、震仏の今度は彼等に向かってもの制裁を待つことなく、憲法的根拠に基づき、早く解散させなさい!

2013年9月20日 (金)

企業経営も医療・福祉も

社員や患者・対象者本位にだ、経営者等の腕自慢の競争というのではなく!

人民資本主義=自由共産主義。

誰しもがそこそこのマイホームを持ち、どこそこの社長も社員も収入に大して差のない企業の社員にして小株主であってそこそこの暮らしだ。しかし仕事はあくまで厳しく、有事に雄に銃取れる、精神力の培い、としてだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月19日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月18日 (水)

世界のどこかの精神病院の、

億年、品行・発達共々拒絶する(太宰やの文才も欠落させ)、という反抗大実績者、に、誰しもが、本来は超神なる者、として魂匹敵せよ!

a割存在という超存在。

任意の一定時間のa割しか存在しないという。そして、無限小時間=瞬時、にも!

神とエデンの園に

実存する、一切の物体実存・概念実存は、神に、存在、を一律に押し付けられた、超存在性の根底から、非神絶対非共通、として乱舞しての、絶対の弁証法的旅程、を、無償に、夢見ている。例えば、戦国の群雄割拠、がその願望を象徴表現する!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月17日 (火)

音楽は地道に働く百姓に

感謝しその疲れを健康的に慰めるものが、善し、とされています。逆に嫌々百姓をやっている者の被害的疲労を癒やす音楽は、善し、とはされていません。その嫌がっている百姓も、それを慰める歌手も此の星の神には嫌われています。そしてその者達が思い余って暴力的に社会に幅を利かすようになり、受ける此の星の神謹製の品行人間達の方が反って退勢になってしまったような時に、あの通り歯止めの自然神の大暴力が返されることになったのです、諦めなさい!

記録的な大雨は記録的な財政赤字に

対して無論報われている。そこでこの先は宜しく国民の記録的な悔い改めにより、記録的な好天を招来しなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月16日 (月)

君は全く内容の合ってない多数

とも広く付き合う極端と、少しでも内容が合っていないとそいつとは付き合わない極端、の間のどこに位置している?

公刑も私刑も掻い潜って、

善悪共々の体験を十分に積み、遂には、その彼岸、のものへ、だ!

超優等。

優等にして劣等の気持ちが隅々まで分かる。優等も劣等も御互いを目標にして行き着ける。 つまり超優等へ向かって、優等も劣等も出発点を違えて等距離であり、超優等の内容要素をそれぞれ分かち持って超優等的評価からは等価だ!

声明・雅楽・邦楽・民謡。

日本階級社会では音楽的に、宗教(仏教)楽・宮廷楽・都市商家楽・生産民楽、と対応した。かような音楽的分裂のようなことは、それぞれの生活の他範疇にも及んでいることになる。かような認識は、他国のそれへとほぼ抽象同一に押し及ぼされることだろう。これを要するに誰しもが実は、食糧生産の労苦など望んでいなかったからなのである。 三食、規則正しい食生活、など望んでいない人間が沢山いる。しかしそれを怠ると必ず身体病の報いを受ける。これも此の星の神の一つの人間の扱いだ、諦めなさい!

あい。

言語未生以前の概念が(既生以後の言語、和漢語によってこのようにも掴み返されているところの)、日本的言語身体を持った。英国的言語身体を纏付けた、ラヴ、とは、既に概念自体が差異を来している感のあるところの。あい、は不可避的に日本的文化身体一般に波及拡散して行く。うどんに、着物に(その色合いに)、入母屋造りに、・・・。民族文化はこうして内部的に固有に一体のものとして受感され、一方で他民族に花のように鑑賞されるものとなる!

震神兄弟の台風神も、

この後の日本を宜しく。消費税の帰趨などについても!

優等の根源的な態度の悪さへの

劣等の対応の根源的不満は、劣等の内部に、魂の癌ののポリープ、として潜伏する。ただ中々、現の癌化の決意はされないだけなのである。 高が一定の思想語りが、と自分を馬鹿にする御仁も多かろう(例えば近々物故の大思想家など)。がしかし、自分の胸底にある悲しみは、根源真正な思想家、である矜持、と一つのことになっているのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月15日 (日)

西洋画には

西洋の社会営為の精神が、その西洋の画家の精神に何時の間にか組み込まれて、例えば自然を描いた時にその画家の精神による現実そのもの(つまり現代では写真が実現出来るところの)のデフォルメとして表現されてしまう。つまり、西洋画を無批判に模倣することは、西洋の生活精神の無批判な受容を世俗へ向かって絵画的に賞揚することになってしまうのだ。それは民族の将来に向かって決して望ましいことではない。そこで先ず批評家は伝統画のフォルムやタッチに現れ出たる、日本伝統の生活精神の粋、を徹底的に明らめるべきだ!

全世界の一切営為の一切指導者の

皆様は、これまでの惑星主宰副仏(神)、日本宇都宮在住大川隆法、のように、自分の全く出来ていないことを掲げて人から金を取り指導する(彼の場合は、仏の世間正見、彼の見、に従った信者の多数選挙立候補が惨敗に終わっている)指導者に成り下がらないで下されますよう、ここに宜しく御願い申し上げます!

此星神、沢山に、won゛t be long、

言わせてんなよ!

生まれて来た子供が

暫くして、此の星の神が、肯(よ )しとしている人間内容の何かが身についている他の家族を、自分は何ら身につけずにに生まれて来ていたので、全員が目障りだと言ってネトライキ(夜も昼もなく寝ていて何もしない)に入った。聞こえる人には、此の星の神以下の永遠の低頭御奉仕、という無言の声が聞こえた・・・

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。そして地震・津浪のようにしてでも止めにさせなさい。神が言うように自分が行儀が良いだけでこれを全くしない者達(言わずと知れて、これまでの副神・大川隆法等が典型)はこの時代はそのことへの神からの仕置きを受けることであろう!

2013年9月14日 (土)

悪銭、灰燼に帰す。

法人税不払い・速度違反常態等の不法経営による企業の売上のことである!

笑止体罰禁止。

一定期間(形式的理屈としては、ひと月もそうすれば)こっそり働かないで食って生きていた者をいきなり打ち据え、あの世に送り責めるという建て前でいる此の星の神が、二度目の国家社会的な体罰を食らわしたというのが、現状、だからである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。帝国金権濁富の輩がこの度、震神=津浪神の水洗の目に遭ったようなものなのだから!

2013年9月13日 (金)

境涯。

反抗者の頭目の彼等は、此の星の善悪基準が変わらぬ限り、億年拒否し続けた労働ノルマ分を償わなければ、晴れて信仰者として霊天上界に帰れることはない魂の、境涯、を踏んでしまっている。つまり反抗はそれが長引いたその分だけ、帰天ということが困難になる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月12日 (木)

諦国。

震神激発下で、一切閣僚に男根感覚が欠落している。せめて神懸かりで補ってみなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。ロ―マ帝国、もそうすべきだった!

2013年9月11日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月10日 (火)

これは自分の完璧な呈出と思いきや、

暫くしてためにする批判によりあえなく不完全が露呈させられてしまった。そこで精神は、此の星の神も含めて、一方で完璧絶対を追求して自信しながら、一方でためにする批判を何時も待ち望んでいてその後の弁証法的旅程に焦がれる、如何にも絶対矛盾的自己同一たるものたれ!

思いつき

自殺とは、自覚的・無自覚的に、心身結合・共産労働不可避地上世界内存在を意志的に拒絶し心身分離して自己を霊界に移行させてその地上の一人一人の労働ノルマ対応の報いの責め苦を引き受けることだ。耐えて譴責者に匙を投げさせれば、彼等反抗者の勢力の末席に連なれるところの。 不景気でも社長が自分の利潤を削って幾らでも社員の生活保護が出来る。それが此の星の神が頭を撫でる自由共産主義者の社長だ。 此からはどんな国際政治にも、震神干渉、だ!

五輪という新規公共事業は、

その費用を対応の観光収入や五輪後の施設使用収入で賄い得ない時には、財源の当てのない無駄な公共事業の強行ということになって財政赤字をさらに積み増すことになるから為政者は弁えよ(つまり、五輪の美名の下の愚行の可能性(だから下手をすると新たな震災呼び込みの可能性だってある)を凝視せねばならないのだ)。真の経済成長とは経済(財政もその一部であるところの)へ向かっての一人一人の自己責任を怠りなく取って、経済活動推進のための強靭な精神力、を保持する外に法がないことなのだからそれを言って置きたいと思う!

中東が往時の東南アジアのように、

大国の代理戦争域に化そうとしている。そこで国際政治は東南アジアでの経験に学べ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。( 疲れ切っていた 眠りたいと思った けれど どうしてこんなに働いたのに ・・・)。最終生活物資(食糧・自動車・家電品等)生産実現のためにその基礎から支え合う一切の労働者が本当に心から御苦労さんと言い合える経済圏の営みに、だ!

2013年9月 9日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。また西洋帝国は、東洋帝国を見習って、西洋非帝国に先駆けて、反自然な秋蒔小麦作、を(秋入学も)止めにしなさい!

2013年9月 8日 (日)

歴史の帝国主義的歪曲が

この先正され、歴史の、向原始再現学的共産(新・エデンの園(ユダヤ教の意味でなく寧ろマルクスが説いた原始共産状態)計画、生態系バッチ計画)状態が実現され継続し最終歴史が円満完結して再び始められる際には、此の星の神に置かれましては、ユダヤ教の歴史誤伝承対応の、寡労楽園生活、一定期間後の共産労働への移行、という順序で推移出来るような自然改造・身体改造の程を、今の段階から宜しく御願い申し上げて置きます(これが共産から階級支配に逸らされてしまっている貴方の歴史計画の弁証法的跳躍、ということになりましょう)!

帝国の安楽生活は

今より後、世界遍く押し及ぼされることはない。技術開発により、同じ全体労働により幾らでも生活物資を豊富にすることは、此の星の神が人間にそのような生活をさせる積もりがないので、恐らく資源的限界を設けてそれを不可能にしているからである。今ある帝国の生活は刻々人を犠牲にして、またそれ自体人を犠牲にしての技術開発によって一部民族に可能になっているに過ぎないのだ。勢い世界の経済発展はそのような帝国を解体させながら、人の生活を決して贅沢にしない程の同じ全体生活物資を技術開発により、より少ない労働で生産する方向に向かわざる得ないことになっている。そしてその場合余剰時間は新たに学的共産に振替られるべきこと縷説して来た!

どうにも

感覚至上主義者が、自分にとって感覚の悪い、理性、というものを拒絶した、それだから恐らく、此の星の神をも!

ファシスト神。

ベターッと、俺と同じように、存在、し続けるんだ、と押し付けるんでなくってさあ・・・

逆立。

現実の歴史はユダヤ教の伝承と違い、楽園後の苦労な労働として始められ、特権階級だけが楽園ののように逸らすこととして推移して来た。その昔のユダヤ教のイデオロ―グ、が恐らく眼前に展開する人間の生産労働に神からの降罰のような被害感を持った訳なのである!

燃えろいい女。

一切概念を自分の女のように燃え上がらせる男として、神という概念すらも、燃えない此の星の神に落胆し続けて来た彼等のように!

オメエラカッタマケタヲ

超える崇高な五輪開催国にする気はこれっぽっちもねえのか、震神の心を鎮撫してやれる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月 7日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月 6日 (金)

癌。

長期のヤンチャ心には、此の星の神により、諸々の癌が報われます。そこで悔い改めて癌に消えてなくなって貰うか、さらに居直って長期反抗をしている彼等に近づき癌に匙を投げさせるかは個人の選択です!

坑夫トッチルは

その前に(電気をつける前に)地の底から深い声を聞いていた。自分が何時か必ず仇を取ってやるから、と。しかしさらに聞くともっとそれ以上の仇を取ってやるというもっと深い声も聞いていた。何時かあの大親方のような贅沢な安楽な暮らしが皆出来るのか、と何時も実は思っていたので。 刻々今も変わらず、抗夫は帝国のために費消され続ける!

御年寄りの皆様(

自分もそろそろだが)、死期が定量年齢の生年月日同月同日にはっきり決まっている(そして死に方も一定の安楽なものに定まっている)人生ってどう?因みに現今は、先進国なら約80歳の、世界一般なら約70歳の平均寿命位をよすがにして、働き抜いて身体を衰弱させるしかないことになっている。先進国批判を展開している自分としては世界一般の平均寿命を採用している!

反自然。

主食穀物生産が裏作の小麦であるという反自然的営為が核にある反自然的西欧文明近代が世界の帝国主義をリードしてここまで来てしまった。実はTPPなるものも、表陸半球での自然的交通を逸らして、裏海半球を跨いで営もうとする、輸送コスト・通信コスト・文化コストの大幅な浪費を省みぬ、 人間の根性の曲がった営みなのでる。ついては米国・西欧は何時までもアジアに経済の食指を向けることなく、早く、遠い昔はガ―ナ(ゴンドワナ)大陸として一体化していたアフリカ救済へと向かい、此の星の神の提唱なる、三世界中西世界自由共産圏形成をしなさい。それが人間世界を取り囲む大自然安寧の間違いのない所以であろうから。それにしてもそれからの完全回復に数十年はかかる放射能災害被災の目にあっても、一向に悔い改める素振りもない当地の人間達の魂の太さこそ、決定的な恐慌の時まであくまで居直らせ続けさせようとしている、反抗者ルシファ―等の謹製と言うべきものでもあろう!

その空港では御多分に漏れず、

相も変わらぬ無駄な公共事業(基盤整備工事)が続けられていた。被災した労働者の皆様のあの世で報いの責め苦の後の御冥福を心から御祈り申し上げます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月 5日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月 4日 (水)

不具の不自由を

具有が犠牲的奉仕で取り除いて、互いが幾らか欠損した具有の程度に、だ。例えば、被災地と非被災地との関係だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月 3日 (火)

何時かこの国に、

神が泣いて喜んでいるような、涙雨、が降るのか?

此の星の震神主神は、

未だ超神帰依ということをなさらないならば、自分を価値最高の者として君臨し自分に近い優等な非神にもそうさせ、自分の下ろす規律から外れた者にを厳しく戒めさせる神だからそれを告げ知らせて置きます。然るにこの現日本でも震神認定の魂優等なる者達が、反抗者達の仕掛けによるそして彼等の手先による破戒行動の前に全く退勢に追い込まれて、二度の震神出現ということになった訳なのである。そこでその震神を心から帰依せんとする者は、その問答無用の強硬姿勢を態さねばならない!

竜巻にも、

科学者が決して永遠に科学的には説明出来ぬ、偶然、が関与している!

帝国諸都市の

ゲーセン・フ―ゾク等は、諸国共存共栄堅実共産から一部国一部地域を大幅に逸らすべく此の星の神への反抗者の彼等が仕掛けて仕立てる人間を堕落させる快楽主義解放区の象徴商売だ。此の星の神が決して許さぬ、として示しをつけるしかないところの。此の日本でも、関東、大空襲(自己破産)、阪神・淡路、東日本、と仕置きが繰り返されて来たところの!

超巨人の星。

川上・長嶋・王も、一徹も飛雄馬も、花形も、花形が囲っているチンケな不良の深い気持ちが分からなければ、超巨人の星には決してなれない。彼はそれをよ―く分からしてやるために、周囲の一人一人の心を深く抉りたてるべく何時かとんでもないことをやらかすだろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月 2日 (月)

地道に機械化以前の百姓や

昔ながらの漁師や、昔ながらの牛飼い・豚飼い、並みの労働負担で働くのが此の星の善だ。また居直らないで少しでも望ましいものになる努力をするのが同じく此の星の善だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年9月 1日 (日)

この世界自体がイジメ

であるというのが反抗者達の主張である!

デリダと共に価値脱構築。

福音の音声言語を最高価値とするより、その福音の下で楽しまぬ、個人の嘘偽りのない私小説の文字言語を最高価値にだ。或いは福音の向こうの魂内容最高価値を誇るものより、逆に魂無内容にして言語表出すら不能な者を最高価値に、だ。そして自分の最高価値をそうやって最低価値に価値脱構築された者は何時か、逆に価値脱構築されて最高価値なる者に、ひたすら低糖御奉仕して価値匹敵せよ!

人は世間が馬鹿にしたり、

除け者にしたりしている者を種にして、自分の世間的声名をを保つようなことはするな。そうでないと、その馬鹿にされた者、除け者にされた者を強力に庇い立てる者が現れ出て君の家を訪れ、君の魂の虚偽を暴き立てることだろう!

そいつが噛みつくのは、

自分に全く無理解の、御前、こうなるんだと、という声を聞いた時だった。そしてその度に、決して自分は自分を変えない、という決意をさらに強く固めるのだった・・・。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。しかし此の星の神もあなたが自分は神だと言うのなら、非帝国を帝国と一気に変わりないものにする、また帝国民に数多いメタボを一気に解消する、世界改造・身体改造の企図も考えてみて下さい!

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »