2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月30日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月29日 (月)

金権復活へ盤石、

と言わんばかりの参院選結果に向かっての、そしてそれをたしなめる者を虚仮にすることへ向かってのの空前異常豪雨であることは間違いない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月28日 (日)

集中豪雨を結果させた

気圧配置の偶然、そこに超科学的自然神力、が働いているのである!

善自然富士山と悪人為北朝鮮ミサイルが

拮抗しかねぬ現代精神状況、を世界数多の芸術家は弁えて営為せよ!

社長以下管理職が最低賃金対応の

給料で働き、他の一般社員には能力、そして意欲、に関わらず固定給を出す、神の求める自由共産企業をさらに超える、神へ反抗者の要求(自然改造・身体改造)を、先ず自然改造・身体改造なしで最大現満たしてやれるところの(その場合勤労意欲の無い者の、安楽不労生活に伴う神の仕込んだ身体病の報い、は防ぎ止めようはないので、それらの者には、自主的適度な運動を促しておくところの)、超自由共産企業、よ現れ出よ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月27日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月26日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月25日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月24日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月23日 (火)

サントワマミ―

悲しくて ・・・(8:51)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月22日 (月)

生の人間、より、行儀、の方を

愛し続けになった此の星の神、ムウっと言って聞かない者達が正に、無々=一切概念の父、のあなたへの報い、をそのような仕方であなたへこれからも送り続けることであろう!

園芸。

幾ら水や養分を与えても芽吹かぬ固い種だった。そこで遠くに放り捨てると、何時の間にか風に乗ったか舞い戻って来るのだった。そこで今度は焼いて無にすることを考えたが、何時の間にかなかなか焼けない種になってしまっているのだった。その内、側の、既に芽吹いて生長し花を咲かせていた花々が、一つ一つゲンナリと塩垂れて来てしまうのだった・・・。

震神緊縮。

厳しいが、他のアジア人の貧困現状を考えれば、或いは社長が進んで利潤を削れば耐えられることだ。既に投票率が50パーセントに満たない赤点選挙だ。税金不払い・保障過剰、諸違法企業経営、快楽過剰消費、・・・、数え上げたら切りがない社会悪だ。しかし可及的に無にして次なる大地震、を免れよ!

危険思想。

日本政治を阪神・淡路以来覆っている。大地震をそれ以前の政治行状とは無関係として財政現状お構いなしに、法外な復興予算を要求するという。この危険思想を早く払拭して、予想される国家破滅を免れよ!

邪見・邪業の選挙道楽を

看板八正道(正思・正念・正見・正語・正業・正進・正定・正命)仏教政党(だから看板と実際が背馳している)はいい加減に止めよ。ついでにこの先深い反省を込めて、震仏根本仏に皆頭を丸めて、組織を解散してしまいなさい!

民主哲人政治。

政治的哲人は、衆の願望を汲んで多数の支持を獲得しておいて、次に次第々々にその願望を自分の信ずる哲理に従い変容させ、民主政治の衆愚化を回避させるであろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月21日 (日)

リアリズムとは畢竟、

神の吐息、を画面上に感じさせることだから!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月20日 (土)

今日は青田の稲の

前での仕事だった。稲の一株一株にも魂が宿っている。そしてそれらは、人間よ、自分達もこれまで何度、此の星の神に背いて御前達のために、現のようには手の掛からない自分達になってやろう、と思ったか知れない、と言いたげだった!

大地震は社会の悪想念の

インテグレーションに対応して、その規模実現がされて来た。そこで社会の想念浄化ということが果たされれば、地震学者想定内の非大規模地震すら起こらない。つまりその時、エネルギー獲得ベストミックス一要素、の原発も向上安泰、ということになるのだ。一件明白にインチキな、原発稼働新基準作成などは止めよ!

アサリもウナギもその他も

此の星の神よ、現日本人にとっては、量が少なめだったようです。またメタボ知らずの身体を少なからずが欲しているようです!

少なからずが嫌がって逸らしている

共産労働ノルマ(今、現には、非共産社会の改革或いは革命労働ノルマに変容している)を此の星の神よ今週も、あのようにあなたに殺されその後に責められ、ということの自分には無きように、我慢して果たさせて頂きました!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月19日 (金)

あなたの燃える手で

・・・(2:30)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月18日 (木)

震神様、あなたのこれよりの

御意思の如何に関わらず、自分は超神を態して、自主的に世の聖人君子と思しき皆様に、働きたくない者への無償御奉仕を促して、その反抗心を宥めてみたく思っています、宜しく!

皆の前に引きずり出して

頭を下げさせねば済まさぬと息巻いている反抗者がいるのに、多くにその事実をひた隠しにして来た。そして遂には反抗者の手先達にこの地上で幅を利かされ、それ等の皆殺しをまだ付き従う気がある者を傍観させながらか自分が繰り返すしか法がないまでに追い詰められて来た・・・

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月17日 (水)

マサカリ神頭ブチ割りアート、は、

彼の幼年期からの親・兄弟・教師のその向こうの者への、根源的情念の集大成だ、最早、その震神だけが受けて返せるばかりの。彼の反逆的ビートは、止まることなくたけし、だ!

浅間山を怒らせた悪政田沼は、

下から来た政治家だった。次なる嫌われ改革者定信は上から来た政治家だった。日本政治が繰り返している基本の、構造、此の星全体の、マニ構造=神・悪魔(反逆天使)の対立構造、の日本的投影としての。そして東日本まで来た!

インチキ地震学が一朝一夕で

改まる筈もなかろう。後はそれを、震神の所行、と正しく信じて頼むしかない。古来、心ある政治家は大地震の度毎にそうして来た。国民に財政赤字その他の自己責任を取らせることです。無反省の景気浮揚などとんでもないことである。自分達の何分の一もの生活で我慢している、他の多数アジア人のことを考えるんだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月16日 (火)

俺は働きたくない、

じゃあ、無理無理俺に働かせようとする 御前は俺に対して何なんだ?

他者の忠告に素直な心、

大切に。これは、超神・神・非神、の上下区別を割っている!

魂は勝てば満足、

しかしそれは自己中心な心だ。魂が優等である時の自己満足も同じ。敗者や劣等の心を傷つける。此の星では神すらがこの単純な事実に気づけなかった!

此の星の神(ワンマン*殺*能神)の

御望みのように、帝国、を早く止めにしなさい。そしてその際、帝国はこれまでの罪滅ぼしとして非帝国の中の極貧国に生産物資の過半を喜捨して(その国が働かなくていい位でいい)、自分が逆に貧しい暮らしをしなさい(つまり、ボランティア国になりなさい)。また各々企業の社長以下管理職も社内のヤンチャ社員・ヒキコモリ社員にボランティアで仕えなさい(遊ばせる位でもいい)!

2013年7月15日 (月)

具有は不具より

自己が価値高い、という素朴にして愚劣な価値意識を常に転倒していよ。寧ろ不具に低頭御奉仕して、辛うじて不具の価値(実存しての苦労こそ価値)に追い付く!

超神等価。

頂上の神、とその神に引かれて首尾よく向上した者と、頑なに麓をへめぐる者と、麓から勝手に穴を掘って下降する者或いは別の山を設えつつ登坂する者、一切が。しかしそれだから、神の変わりようによっては、一切の者が一気に、神へ正順登坂者として一体化出来る。例えば麓の頑な非登坂者が、その登坂拒絶の逆説的本来超神的エネルギーを転じさせて!

マニ構造。

ヤンチャ上がりが潜り込んだ企業を牛耳ってしまうというのがそちこちのように、ユーロヤンチャ・米国が広義のユーロ圏を牛耳って、此の星の神の破砕を待つばかりになっている!

平易に書くと

言っていることの下らなさが露見し結果生きている価値もないことも露見することを恐れて難解に書く思想家ばら等は、それがちょうど良いのだから、トットとこの地上を去れ!

へーゲルよ、

乞食詩人の悲しみも、淫乱三昧の者の悲しみも、何も分からないようでは、君は、超崇高、には決して至りつけない、無論、神も、そして結局は神等を尊崇し、賢しらな推論など抜きでと願っている者達を精神の自慰性欲者、と馬鹿にしていた、日本の近々物故の、自他称、大思想家も!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。しかし神も、いきなりストリップ小屋に手入れに入る警察、のような自分、以外の自分、を見せる努力をこれからは少しはして、沢田研二に見直して貰いなさい!

2013年7月14日 (日)

啓蒙。

インチキ地震学者を初めとする諸学者の皆様まで。例えば認知症、美川憲一が男性染色体の脳に女性気質を宿してしまっている。こうして脳は即、精神とは考えられない。そこで認知症も脳細胞の破壊によって生ずるのではない。寧ろそれは結果であって、真実は、精神を固有に早めに老化させた者が、相関的に脳の認知機能部分の機能低下を齎すのだと言うべきであろう。つまり何時までも、気を若くあれ、ということなのだ!

言うことを聞かせられないから震神

である震神を、それでも自分に懸かって貰い頼み、真の信仰善人に厳しい現世相を生き抜いて下さいますよう、ここに宜しく御願い申し上げます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月13日 (土)

歌曲の楽譜は

本来、その曲想に即して、微分音程、でしか記譜出来ない。それを作曲家が仕方がないので半音程で近似的に記譜しているに過ぎないのである。そこでその近似記譜を、歌手がどれだけ正確になぞれるか、機械判定、してする、下らない勝負、は即刻止めよ。心が歌い心が受け止める良き歌唱、というものは、金輪際、機械判定など出来るものではない。またそんな歌手では、金は掴めても心の価値は掴めない!

フランス人、事故、大変ですね、

でも、事故も、どこかフランス風、だなあ、なんて!

此の星の神よ、貴方が神だというなら、

無々(ムウ)と心にリキを入れて、長年月の経過、と、瞬時、との概念同一、を証明する、奇蹟の愛の実践、を今すぐに御願い致します!

政治家とは概念・政治の権化

として、発達するなら、概念・文学の権化たる文学者と一体の境涯へであり、そこで、文学者にして政治に企てる者多い御時勢に、政治家にして文学に企て、政治をより価値高きものにする者多数現れ出よ。その際そのことへの抵抗に、無々(ムウ)と言って打ち克って、だ。無々(ムウ)とは、一切概念未生以前の謂なのだから!

火炎瓶投げ込み老男と国連演説少女。

此の星帰属の神以下一切の魂が、それぞれ自己だけ、を頼んで、双方の公正な価値評価の程、を宜しく御願い致します。因みに、此の星で長く周囲の人間強化の要求を拒んで来た弱者の中に、仕切っている神以下の時間を超えた自分への低頭御奉仕(此の星の神には、未だ、一かけらもその気がない)の要求を内に隠し持って来た(つまりそれだから、彼の人間がこれからもまず強化されることはあり得ない)者もいるだろうことを自分は想定しています。またそれだから、魂の理解、というものは結局、百バーセント、でなければ意味がない(彼の内容の百の内九十九を掴めても、肝心要な後の一が掴めなければ意味がないということで)ということが多くの方によく分かって頂けるであろう!

失格。

この場合も、この星の諸場合通有の三角構造、だった。常人失格と善人失格と天使失格とが、近々の日本文学の場合に。しかも、真に、大宰、領し、治、めるのは、常人失格、の彼だった。彼の、その底の知れない諸々の弱さの沼地、に、他の両者共々、圧倒さないはでいられなかった筈だから!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月12日 (金)

苦しい時のコンビニ頼み、

寧ろそれが、健全消費、みたいだ!

シカその他の非人間生物の害

嘆くより先ず、人間の害の方を、を考えてみてからだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月11日 (木)

そして無々(ムウ)と耐えれば、

日本国民に甘い当今総理も、きっと厳し過ぎる緊縮震神も、超えた神、位には、還り着ける!

無々(ムウ)と耐えれば、

概念・無にも、概念・存在にも、概念・愛にも、概念・先行にも、しかし絶対矛盾的に、先行、して、同じく絶対矛盾的に、概念・愛でないながら概念・愛のように、自体概念以外に概念すら皆無という、最初概念、無、以下一切の概念、等を愛しむ者、に還って行ける!

自分。

あの偉いさんが家に来たとしても、自分は幾らだって・・・

行儀とは、此の星の神のことである。

そこで君は、意志すれば即、此の星の神を超えた者、になれる!

震神世界同時多発テロが、

世界の心ある大政治家の皆様の協働により、目出度く回避されますように!

政治の実権は

現存する軍を掌握出来ている者に帰属している。民主下では選挙で選出された当期の宰相ということになるが、実質それが(実権者が)誰であるかは別問題である。またその場合、実権者は現の憲法秩序に優位して、幾らでもその憲法秩序を改変出来る。当今なら、エジプト、反モルシ派のクーデターということだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月10日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月 9日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月 8日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月 7日 (日)

労働者を眺めるような立場で経営

する者を歓ばすべく、同じように労働者を眺めて美しく描く絵は、無論その必要がないから、その労働者自体の心を動かす絵とはならない。しかしそれは此の星の神が画家に本当に求める絵ではない。絵もその表現に連太鼓打ちのような心の強さを持たねばならない、また労働の現の尊き苦痛の感覚をよく表わすように、またそのために画家も同じように額に汗する労働者たれ、と求めている。しかしその風物観照の道楽に終始する画業が、画家一般の此の星の神への無自覚の反逆を示してもいよう!

政教分離について。

近代科学の発達は、伝統宗教の世界認識・歴史認識の虚妄を暴き立てた。そこで歴史近代に差し向かい営む諸国家は並べて、旧態依然の教義の宗教によって政治が制縛されるのを嫌って、かような原理を立てざるを得なかったのである。今次のエジプト政変はムスリム母体の政教一体の復古政治(モルシ派)、がそれ以前の近代派によって転覆の憂き目に会っているのだと言える。是はどちらなのか?自分は、諸々啓蒙されてある近代人民の批判に耐え得る新宗教が確立されぬ内は、政治は自身の近代化を図らんとしている真の神への漠たる信仰心の下、伝統宗教へ向かっては分離原則を取るのが自己に取って賢明なことか、と考える。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。ついでに此の星の神よ、出来ることならその震力のままに、貴方直、での促し、宜しく御願い致します!

2013年7月 6日 (土)

銃爪、

それはもしかして、此の星そのもの、に向かってのか?

魂、思い切ってストリップすると、

きっとそれぞれの、超神、が見える!

TOKIO、

YUKIO、(HIDEOもその内な)存在の腹を掻き切って、見えない筈のもの、が今、見える!

天・槙、

いい気持ち、っす!

神、ロックを嫌ってばかりいねえで、

我慢して一回トックリ聴き通してやれよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月 5日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月 4日 (木)

ほんとうの

ほんとうの ・・・・・・

(人民=小市民)資本主義。

ほぼ均等、の給料と株式配当で一切家計が成り立つ、という。自由共産主義の別観点からのこととして!

同型(インコは真理を告ぐ)。

90年代、選挙全員落選後、暴力的な反社会行動に移行し数々の事件を起こした件の宗教も、形は、阪神・淡路の震神を態しているようではあったが、正しく社会批判をすることはなく、実質は帝国内のその輪にかけた悪徳部分のヤクザの実態を宗教的に粉飾したような存在として、反抗者ルシファ―等の手先の邪教と成り終わってしまっていた。現時注目の宗教も、震神を認識しながらそれを笑顔の下に隠した国民迎合の欺瞞者(しかも震神の意志を正しく汲み取れぬ神不孝者)として選挙落選を連ね、件の宗教と同じ末路を辿るであろう!

社長・カタギ・ヒキコモリ・ヤンチャ。

今一般に、企業内はこういう構成を持っていて、働きたくないヤンチャがカタギ・ヒキコモリを社長の目を盗んで脅して余分に働かせ給料泥棒をする、ということが横行して社会生活の波動を悪くしています。そこで社長が(むしろヤンチャ・ヒキコモリへの御奉仕の意味で)これまでのように人一倍働き、また利潤を丸取りしないで働かないヤンチャ・ヒキコモリに恵むことにすれば、この矛盾をかなり解消することが出来ます。これはそのままこの星の神が決して受け容れてこなかった、反抗者の彼等の要求する世界改造に匹敵する方策です!

無々(ムウ)と言って、

価値無し、価値有り、も区別なし、だ。無々(ムウ)と言って、価値無しが価値有りの態度を詰り続けたその果てに、無々(ムウ)と言って、価値有りが初めて頭を下げる。その時両者は、それぞれ本来の無々(ムウ)として一体だ。此の星の反抗者と神のことだ。並べて、価値有りは価値有りだからこそ、価値無しに腰を低く、だ!

仏教政党が看板でありながら、

正見・正語が全く出来なかったことを世間に弁明することもなく再びの大量立候補の件の政党においては、その今回の新たな正見・正語の程を、とくと受け止めさせて頂きます。願わくば前回同様、国家財政に金銭を喜捨するならそんな迂遠なことをするな、という結果になって、震仏の神経をさらに逆撫でにするということになりませぬように。また無論この人達は、国家社会への震仏降罰、と思っていながら、何食わぬ顔で国民へ向かって選挙活動をする人達なのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月 3日 (水)

働けるうち働かないと、

少なくとも何らか活動出来るうちは活動しないと、体を自然に衰弱させて苦痛少なき死に至り、魂が体から解放されて後は一切負担・不自由なき天国、に帰って行くことは出来ません。むしろ世界平均の70歳に寿命を想定して、帝国解消の世直しを優先にして(その際は、現の職業との兼業ということになるでしょう)活動に励みなさい。無論今までこの国の帝国金権に加担し続けたが故の、現の財政赤字分超えた(帝国的他国民収奪償還分も)個人負債は完済せねばなりません!

半日、勉強・労働、手抜きなくせざる者は

去年の皆の労働によってよって獲得された食糧による、次の一飯(午前は昼飯、午後は夕飯・翌日の朝飯)を食うべからず。また、殴っても蹴っても食わせるべからず(その仕置きを怠り続けると、結局、殺すしかなくなるので)。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月 2日 (火)

もしかしたら

もしかしたら もしかしたら ・・・、戦後の全歳月を 全歳月を 全歳月を ・・・

社長に儲けさせ、

社長クラスの顧客にいい思いをさせるばかりの空しい労働、そして果てには震災を食らうばかりの愚劣な労働、非自由共産労働、を早く止めよ、むしろ社内の脆弱労働者に社長以下がしっかり働いて恵むのだ!

百点の優等生は

零点の劣等生に点数を分かち与えて、皆五十点でいい。社長は仕事が出来なくて仕事のない劣等社員に自分の収入を分かち与えて、皆、同収入でいい。勤勉優等国は、労働嫌いの劣等国に国富を分かち与えて皆、均等国富でいい!

無々=超々々神=

絶対合=無限弁証法極(因みに、無、存在=超存在二様=超々神)。此の星の神よ、反、なるもの、をそのように厭わず、早く、一段上の超神位には超え出なさい!

唯物論・無神論。

彼等に仕掛けられた強固な神霊蔑ろの意識が、神霊の寛容の下、人間の物質・物体・生物の粗末な扱いを可能にして来た!

心身二元・霊界地上界二元・転生輪廻。

自然本体・人間・一切生物。因みに物質粒子=神霊粒子。

主意識三体。

主自然意識(大日意識(太陽光の受継)月意識(月本体意識或いは月光の受継) 地球意識(地球本体意識))。主歴史意識(大日意識(歴史社会の陽性部分)月意識(歴史社会の陰性部分)地球意識(歴史社会の自然同通部分))。

主意識。

神(キリスト教・イスラム教・ユダヤ教・マニ教・ツァラトゥストラ教)仏(仏教)天(儒教)道(道教)理(理教=哲学教=ドイツ観念論)。主・神仏天道理。主自然意識(地上意識)・主歴史意識(霊界意識)。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年7月 1日 (月)

帝国助長の科学技術研究も

止めよ。アンチクリスト、アンチネイチャ―なる、帝国国家群をこの先破砕の意志でおられるのだから。特に欧米は主食穀物生産からアンチネイチャ―で救い難いが可及的に努力せよ。そしてクリスチャナル、ネイチャ―ラルなる国家群としてアヨアの実現を、だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。一部人間にしか出来ない富裕な暮らしは此の星の神の認める善ではありません。阪神・淡路、東日本では既にその者達が死後、報いを受けています。但し、その報いを打ち破ると、此の星で長年、人間の安楽生活を要求して神に反抗して来た者達の列に連なれることになります。また、既にそうなっている者達がこの地上に潜入して、人々の利己的な安楽追求をリードしていることが多いのです。尚、東日本が報われたその事実によっても、此の星の神がまだまだ反抗者の要求を受け容れる気はないことは明らかでしょう!

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »