2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月30日 (日)

本当の自分(全知全能の)と現の自分が、

現の自分の実存体験(此の星の神にはからきし、分からないであろう)を共有しながら番っている。そこで実存は孤独であっても何時も孤独でない。また実存はその本当の自分との比較において、他者を受け容れるであろう!

此の星の神よ、男の中の女は、

男の中の男が、皆、化物って言うなと言ってくれる位では気が済まないのだ!

高橋信次・GLAから始まり

大川隆法・幸福の科学に至る、この時代この日本から始められた地球・神天上界リ―ドの正法世界救済運動は、両震災を呼び込む形で破綻してしまった。反抗者達が信仰者達の神依存的欠陥をついて、暴力的対応なくば収まらぬ強力な悪逆、で全社会を覆ってしまったからである!

勤労意欲の欠如した者の

生活保護、ということを此の星の神は考えていない。諦めなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月29日 (土)

音、きっと、貴方達を、

楽、しんでます、ありがとう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月28日 (金)

点数取引。

俺と違って惨めな彼に、自分の点数を分けてやろうなんて優等生は、今の今まで、この星にはいなかった。 金持ちの浪費が社会的に責められない社会では、一切の法務も虚しかろう。 地震規模が想定外だったなら、薬物の副作用だって同じく想定外として言い逃れるのだろう。今、世界のどの学者を信用出来る?

世界の諸国で暴動を鎮めるのに

四苦八苦している政治家が少なからずいるのに、この日本では自分の周囲に毛ほどの波風も立つのも恐れて状況を静観する副神(しかもそれだのに何時までもその看板は降ろさぬ副神)、と副神をそんな風にしか教育出来ず、そして現下の彼の振る舞いに業を煮やしなかのように二度の震災をブチつけた主神しか此の星にはいないから諦めなさい。因みに二度の震災は繰り返しの当国の財産制の神による否認ということでもあり、現下当国の一切の法務は神法の観点からは既に虚妄ということになっている。また、宗教者が(無論とりあえず然らざる者も)墨守すべき戒律も当国実定法に即するのでは意味がない!

あれは三年前

止めるあなた ・・・( 2:22)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月27日 (木)

端座書見する村夫子が、

農、の深い意味を極め、百姓にそれを分かりやすく教えて日々の労働を励ます。共に凝視すれば心身労働であるものの、美わしの互換。これが此の星の神の理想であったと思しい。然るに、現実は貴族化した武士や遊民化した庄屋が、既にもっと深い真理(魂への強制は、神が、引きこもるような人間に対してすら出来ない、という)をそういう仕方で現して次第にそれを拡大させて、ここにまで行き着いてしまったのである。我等皆本来超神!

今日も芸術と経理との区別なき

境涯を目指して、無々(ムウ)と言って、保険証券の説明書の熟読、に励まさせて頂きます!

青、が、ピカソ、に、

二人の女、は共に不具だ、と言っている。そしてその内、番のままに、転落死、するであろう、とも。防ぎ止めるには、自分も無々(ムウ)と言って超え出て、 赤と何も区別なき真青、に向かう意志、が必要であろう、とも!

正・反・無。

神・悪魔・引きこもり。生徒会長・番長・引きこもり。クラシック・ロック・ジャズ。・・・。 無々。超神。超生徒会長。超クラシック・・・!

真の強い経済力は、

帝国金権自己責任の償いの忍耐の果てに、現れ出る。経済力とは実は、その経済に内包される、精神力、なのだから!

空足。

阪神・淡路が中段突きなら、東日本は中段蹴りだから。空、とは、実在が空し気で疑われる真実在、のことだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月26日 (水)

しかし反神的、反自然的歴史攪乱は実は、

反抗者の彼等の神への世界改造の要求の突き付けだ。神も此からはそれを少し考えてみたら。世界改造まででなくても、私が先に提唱した、無償労働者が不労者を支える社会構成は可能であろう!

来年食う米を作る労働を

怠る者は、去年作った米を食うべからず。こうして東洋では営々、人民の共産労働心が培われることとなった。そこで反自然的主食穀物生産が基底の西洋はお話にならない、精神的に病的、文明であることがよく分かって頂けるあろう。いっそ春巻き小麦に転換し東洋を見習ってみたら?

村落の体罰原理。

そこでされる一日の共産労働を怠った者は不可避的に他の者に少しずつ過労を強いたことになったので、他の者のそれ故のストレス解消の標的にちょうど良かったのである。またそれを一回ごとにくらまし累積させると最後はどうされなければならないかも、多くの方によく分かって頂けたであろう!

同じ労働で物資を幾らでも

増やそうという経済原理から、一定の物資をより少ない労働で生産し、余剰の労働を学的生産に振り替える経済原理に転換しなさい。そうして人民皆が次第次第に中肉中背の超ソクラテスになって行くのです!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。例えば往時の満蒙開拓団の悲劇も当時の帝国主義争闘の報いだ(しかも命を失った人民はそれだけ済んでいる訳ではない)、そして無論、国家を過って導いた政治家も死後後生にまでにわたり厳しい報いを受けている。それだから現下諸政治家も宜しく、襟を正せよ!

2013年6月25日 (火)

TOKIO・HIDEO・YUKIO。

日本中がもうTOKIOだ。でも神はこの世界を造り変えて世界中をTOKIOにしてあげる気はまだまだないから阪神・淡路、東日本、だ。諦めなさい!

限りなく無信仰に近い

醒めた信仰!

屈折。

ボードレールに呪縛され、ランボーによって解放されたかに思い、しかし次にはドストエフスキーの論策に惹かれて行く。しかし追い切れす、戦後当初は悪との付き合いを絶つことを宣言し、信仰ある音楽や絵画への論策に逃れようとしていた矢先に、その悪の直中で営む作家との交差を強いられる。心は騒いだが辛うじて均衡を保ち、後は民族神への信仰を文学的に謳い上げて人生をまとめ上げる算段だった。しかしその途次にも作家の衝撃的な自決に甚く心を揺さぶられることともなった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月24日 (月)

出て来て

彼等を初め非神に頭を下げた方が・・・

先進国が、全人類が決して出来ない

その暮らしを全人類がしたがって来たことを明々白々に証明している。しかしその安楽でもありまた自分達ばかりでもある暮らしを許さず止めなければその多数を***す気でいる、非神に十分な想像的理解共感を欠いたまま自分の意向を押し付ける超神から程遠く非神に愛情薄き神しかいないから諦めなさい!

涙が

出て来た・・・

無々(ムウ)。

そこでは最早、無も存在も区別はない!

いっそ西洋は秋蒔きの小麦作という

反自然的主食穀物生産を止め春蒔きの小麦により、病的な宗教キリスト教・イスラム教が反って願っているような必然的歴史没落、をこれからでも食い止めよ!

超階級社会。

此の星の神よ、無償労働者・有償労働者・不労者っていう階級構成の社会はどうです、無償労働者が不労者を支えるという!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月23日 (日)

こんな時だがブラジルよ、

貴国の内政発展の所以は実は、米国・西欧と集ってアフリカへと向かうことだ、と断言しておこう。そして対応して日本は、東アジアへ、だ!

社長=社内最強者は、

反ってそれだから超神のように、社員に腰低き者であれ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月22日 (土)

準日本人。

日本への工業資源供給国の当該労働者・農民、工業製品輸出先国の労働者・農民 は、準日本人である。然るに前者が日本と比較にならない低賃金・低収入で働かされ・働き、また農業が国によっては主食農業が小麦裏作(冬季栽培)であり、また輸出先国の農業は小麦裏作であることが多く、経済圏の裏作ならぬ健全農業準拠の、負担待遇均等の美わしの自由(貨幣流通乃至交換経済を廃さずの意味の)共産労働、を不可能にしているのである!

ナチ支配を逃れて

亡命するドイツ人の(米国の方がまだ増しであろう、と)気分だった。県都南方海浜別荘の多くのブルジョアが一気に行ってしまわれた、その地から逃れる時に!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。阪神・淡路呼応の小泉改革が次に軟弱安倍・反小泉麻生と継がれて骨抜きにされ反って阪神・淡路以前より社会状況が悪くなったので、想定外の東日本が報われた(同時に、地震学者その他のいい加減さも明々白々になるように)。それだのに、小泉改革に比べれば可愛いものの野田改革にすら国民は反発して阪神・淡路後自分達宰相が次なる東日本を呼び込んだ形の安倍・麻生が総理・副総理、という愚劣な日本国政になり果てた。ここ数年内の東日本以上、は必至であろう。多く国民は震神によるこの先の君達の抹殺・堕地獄責め苦に覚悟を決めよ。ついては自分は腰抜け隆法等と違い、この先時代少しでも貴方に近づく努力をさせて頂きます。尚、震神様におかれましても、自分の自分以外の者への教育能力の低さへの重々の自己反省の程、ここに宜しく御願い申し上げます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月21日 (金)

キリスト教イスラム教西洋。

隔政治的前者と政治一体的後者、が同じ世界認識・歴史認識(これは事実と背馳している)を共有しながら相補的になっている。一方儒教仏教的東洋は、現世的前者と来世的後者が、世界認識・歴史認識を不十分にしながら相補的になっている。一方、キリスト教・イスラム教の下敷きになったマニ教・ツァラトゥストラ教は、この地球霊団の善悪分裂を正しく掴んで提示している。またマニ教がその分裂の何時果てるとも知れぬという、真実にして悲観的展望をも示している。我がラヴミドル教(超神教にして地球根本神仏天教)は、マルクス主義によりそれらを否定的に媒介しながら大統合をして、新幸福の科学・真幸福の科学である!

経済成長の核心。

食糧生産を機械化迂回生産をして生産力を上げ、他の消費物質生産の労働力的余裕を作った。そこで経済の過程的緊縮のために、何時でも非食糧生産者が前時代的非機械化的食糧生産の生産者に回帰すれば、持続的マイナス成長でも社会成員幾らでも食っていけることを弁えるべきだ!

日本の地震学者も社会学者も

歴史学者も欧米におもねることなどなく、自己の罪滅ぼしの意味も込めて、学際的協力により、有史以来東日本大震災まで、一定期間の社会成員の利己想念の集積の極に置いて常に大震災が勃発して来ていることを証明せよ!

キリスト教とマルクス主義の歴史観念。

前者は寡労楽園から追放降罰共産労働、そして楽園復活、ということになっている。後者は原始共産から階級社会、そして革命後共産、ということになっている。後者が歴史事実に適っている。ラヴミドル教ではさらにそれに、神の存在を付加する!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月20日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月19日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月18日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月17日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。サミット首脳連も既によく分かっているであろう。またこの時代この地球に蝟集しているかも知れぬ心ある宇宙人同胞、もそれを願っていよう!

2013年6月16日 (日)

体罰禁止論者は、

トルコのデモ隊のようなものにまでか?

副神・大川隆法は出て来て、

一生、仕事仕事でやってきて、死ぬ間際にさらに癌苦に苦しまねばならぬ、人生の意味、を主神に成り代わり誰もが納得するように説明せよ!

感謝。

神自体が根源的な感謝(反抗者の彼等への)をしないでいるので、一切の他の感謝、が虚しいものになり終わっているこの星だ。この先多くの者が体験するであろう地獄の責め苦は並の苦痛ではないはずだから。そしてそれを遠に打ち破って、神批判をこの年月、貫徹して来た彼等なのだから。我等本来超神!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月15日 (土)

ベンチャラ副神大川隆法は、

この時代も、この星の悪が、主神の愛によって何時か流れ去って行くものだ、と現実隠蔽も甚だしく言って回ろうとした。そこで主神に置かれましては、この者の再教育及び自己の再教育の程、宜しく御願い申し上げます!

此の星の神に置かれましては、

存在させた弱者非神の意識体験が我が事として痛切に分かり、その痛切に分かったということを彼に頭を下げて彼のため初めにこの世界を造り変える魂のエネルギーに転化させ得る、超神近き神に生まれ変わって頂きたく、ここに宜しく御願い申し上げます。そうすればこの年月、あなたを恨みつつ、弱者を貫いて来た者の恨みも、初めて解けるであろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月14日 (金)

幸福実現と言って選挙全敗の

自己不幸を即実現した、該政党は、早くその所業を世間に釈明し、それをしない間は、全国中の選挙ポスターを自主的に撤去する位の、正業、はしなさい。また、その宗教顧問の自称再誕仏陀、大川隆法、現下は、世間正見不能の似非仏陀に堕したことを、世間にも、根本仏(震仏)にも素直に認めて、後生の報いを免れなさい!

此の星の神は、

非神への低頭御奉仕、という、本来超神的義務、をこの年月自覚出来ず怠り、この年月を経過させた。これからどうなさるおつもりなのか?

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。此の星の神の御望みのように、帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月12日 (水)

日本・宇都宮の、下生副神、

大川隆法、君は、トルコの武力衝突、も怖がって横目で見ているのか?一方、主神震神は、これからこの有り様の副神の再教育を宜しく御願い申し上げます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月11日 (火)

社用車を速度違反させながら

儲ける企業は罰金分の損失を不正に免れている、その分だけ、それも震神が企業行動として許さぬ悪徳が常態、の企業である。だからこそ、その横行蔓延も一つの理由で、震神の再びの御出まし、ということになったのだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月 9日 (日)

ヴァイオリン協奏曲。

ヴァイオリンはむしろ、個人男性、と言って良いだろう。無論、オ―ケストラは社会だ。だからこれは、苦悩するショスタコ―ヴィチとソ連社会、ということだ!

日***の武*さん、

今では自分も、まわり皆、自己中・者に囲まれた、貴方のその昔の唸り声を上げたい程の苦しみが分かる。それはそのまま、震神の苦しい唸り声に通ずるものであろう!

ゲー・センはゲー・セン三昧を

可(よ)し、とされる星の改造を体を張って要求して(彼等に仕向けられ)、諸国中心都市で大繁昌させられて来た!

裏作の麦では

主食穀物として腹持ちが軽く、勢い、副食過剰の反自然的食習慣となった。ついでに自然対決的文明を作り上げ、近々の帝国主義戦を現出させることにもなった。バックボーンのキリスト教が世俗をいずれ終末が到来して滅び行くものという反世俗的病的教義を提供し続けたこともあった。こうして西洋世俗はキリスト教の教義の御粗末さに彼等が漬け込んで、農耕習慣・食習慣から積み重ねて、反神的・反自然的に蹂躙したことは間違いない。そして世俗に健康な順自然的自由共産を仕向けている根本キリスト教ならざるキリスト教と反神・反自然的世俗が共存するという、キリスト教の言う意味での終末とはまた違った終末様相、を現西洋は呈してしまっている、と言ってよい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月 8日 (土)

当国の総理・副総理は、

他のアジア人の生活水準を持ち出して、震神緊縮、を国民に説得して数多先進国に範を示す、気の利いた者であって頂きたく、ここに宜しく御願い申し上げます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月 7日 (金)

寧ろ、外地の油田や鉄鉱山の

労働者を食わせている百姓と共に、日本の全労働者は働き直すんだ。日本経済圏(他の先進二極それぞれの経済圏も同じく)の自由共産化を願いつつ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。定住農耕以後、農業は田舎、農政は都会で、お互いに額に汗しての美わしの掛け合いの共産が此の星の神の求めだった筈だ。超国家的経済圏次元でも、国家次元でも、地方自治体次元でも。それが今はどうなっている?都会の農政者が堕落すると、共同体は自己の悪徳なる階級共同体化を、都会の田舎の支配という仕方で空間投影し、都会直下の者を不興不穏にする!

2013年6月 6日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月 4日 (火)

超神

=構築者と脱構築者の絶対矛盾的自己同一。つまりその者へは、それを結果破壊して貰い再び考え直し造り直すために、完璧な創造、をという意志、によってだ!

新薬濫造は、

生活習慣を変えさせることなく、目先の症状を薬で消させてその後にその者の身体を返って易病体質にさせてしまう、という彼等の仕掛けだ!

地鎮緊縮。

アベノミクスなんてとんでもないこである。両主要政党それぞれ、小泉、野田、緊縮・途上国(特にアジアの)支援派系列主流に回帰すべきである。日本国民に、他国民にしてアジア同胞、そして地球同胞 、である者達の、同時的生活窮状、を気遣わせつつ。そしてそれがまた、他先進帝国への範だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月 3日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月 2日 (日)

竜巻御不興の理由、を、

アメリカ人皆、で真剣に考えるんだ!

アヨア。

アフリカは近くのヨ―ロッパ、アメリカにまかせ、TPPからも撤退し、日本は三世界(西世界・中央世界・東世界)中、東世界として纏まる取り敢えずのリ―ダージップをとりなさい。これによりこれまで世界経済において大幅に浪費された、輸送コスト・通信コスト・文化コストの削減を図るのです!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年6月 1日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »