2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

ムウ(無々)、と言って耐えると、

誰しもの心が、一切の意味以前だから、愛でなくて、しかし、一切の意味を創り出すから、愛である、ものに帰る!

多くの生き物の犠牲で

命をつないだ。最後に自分も土に帰って、彼等の子々孫々を育むために。 詩人の言葉は何時も、百姓の心の口にかみしめられて美味い、米であれ!

歴史社会の生産力の発展は

決して全体の生活水準の上昇のためではなく、贅沢に至らぬ一定の生活水準を維持しながらその生産時間を縮減して学問(あまた動物中、人間にだけ可能であるところの)の余裕を創りだすためのものであるべきだった。それが諸国の為政者に錯誤されて、一部国家群が他国を犠牲にする仕方で徒らに物資の豊富を求める、帝国主義・快楽主義的経済発展としてここまで行き着いてしまったのである。ここにあからさまに此の星の神の人間の扱いの過誤が示されてしまってもいるが、自然改造も身体改造も困難なことだから、諦めて早く帝国主義・快楽主義を止めにしなさい!

超神が愛が相手の心に足りれば、

相手からも愛が返る、と言っている!

超神が愛(おも)うことの具有者は

愛うことの不具者(引きこもり・悪魔)に低頭御奉仕する者であれ、と言っている。神も、イエス・キリストも、天使も、並みの善人も!

誰しもが自爆テロリストにまで強化

され得ることは、イスラム教も日本神道も証明しているが、徒らに追求することではない!

自分の満足しか考えぬことは

悪だ。従って競争は(引き分けを想定しているのでもなければ)悪だ(企業間競争)。一方、互いの安楽生活に堕することも此の星では悪、ということになっている(怠慢公共事業)。従って仲良く頑張ること(対等間)、支えられ支えて自分なりに頑張る(非対等間)のが善だ!

東日本、とは、

社会的腐熟で、神の強力な水洗、を被るより、非社会的、反社会的、清潔未熟、の方が増しだということ、が示されたことだった!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。例えば日本が往時の、帝国満蒙の悲劇、を繰り返さないために。国政失政の帰結はこの位のことだ。その政治家の死後後生での責任追求が甘くないことも、誰しもに想像出来ることであろう。因みに政治的帰結の責任は政治家の責任と非政治家全体の責任とで分担されることであろう。独裁下でも、人民一人一人、幾らでも反体制も企てられようから!

2013年5月30日 (木)

スポーツ界の者達、

競技の理想は痛み分けである。それは自由共産主義市場の企業間関係の理想でもあろう!

日本は早く軍事自立して、

恩顧で製品を市場で売らし貰うだけの、オカマ国家を脱せよ。さもないと既にある政治的バッシングにより、経済も立ち行かなくなる。 国連軍を拡充すること。安保理の大国拒否権を廃すること。 諸国保守にも革新にも、絶対信仰・絶対イデオロギ―、ラヴミドル教・自由共産主義を押し及ぼすこと。 阪神・淡路、東日本はかかる、信仰ある新たなインター(国際共産主義)による世界同時革命の旗揚げの促し、に他ならないのだから!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月29日 (水)

超神が、君が誰かを愛(おも)っている

と言うのなら、先ず彼の気持ちに伺いを立てよ、と言っている!

生まれて模範生になって

行ける者は、生まれて不良になって行くしかない者には憎しみの対象になる。不良は特別扱いして矯正を要求すれば事は済むかというと、こういう仕方では不良の身になるところがないので彼の不良は覆らない。模範生以下が彼に御奉仕する姿勢が打ち出せて初めて彼の不良が覆る芽が出る。しかしそれでも結局、彼の不良は覆らない。模範生を超えた此の星の神が、超神のように当の不良に御奉仕する姿勢などなく、彼にもその不良を矯正しつつの労働実践を要求しているからである。こうして反発した不良は世の中を超えたこの星への反抗者として世の中への強力な撹乱へと向かい、切羽詰まった此の星の神になる震災を呼び込むことにもなった!

超神と違い、足萎えを

そのままに受け容れて支えることなく、直ぐにリハビリを要求したような此の星の神、いい加減にしてね。つまり労働意欲の未だ欠乏している者にまで、無理やり労働を要求して来たのだ!

こうして極道の大物は、

震神を懸けて、何回も*して、あの世でさらに継続される天上刑吏よる責め苦を支援する、位の制圧力なくば止められるものではないことが多くの方によく分かって頂けたであろう。その舎弟政治家も然りだ!

ゲ―・セン星要求を恐らく

未だ未だ聞き入れるつもりのない震神様、今日も自分は強い心で自分に打ち克ち、貴方の言いつけ通りにします!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月28日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を止めにしなさい。止めなかった場合、結局、基準の労働ノルマを逸らしたことになるので、死後に対応の責め苦が待っています。既に、阪神・淡路、東日本後に体験された方もいます。但し、公正に包み隠さず申し上げると、その責め苦に耐え抜いて責める側に匙を投げさせると、反抗している彼等の勢力の末席に連なる小悪魔に霊的に発達出来ることになります。因みにこの地上の極道の大物達は既にその域に達しております。

2013年5月27日 (月)

ラヴミドル。

この時代、此の星を愛する神は、この日本で、中段を突き、中段に回した!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月26日 (日)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月25日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月24日 (金)

ワンマン校長から

不発達不良まで。造反教師連の彼等が、生まれ変わりの役人を唆し手を引かせて、その億年の意固地な不発達不良を、三浦の孫に送り込んだれ、とも言っている!

ウィンタ―キス

・・・・・抱きしめたら・・・(3:50)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月23日 (木)

俺は三浦雄一郎みたいには

絶対にならないと、引きこもって家族を困らせている者達(億年来の反抗的(反逆的)不発達という、魂の底力(超神力)の現し、を発揮して)、テレパシ―を送れ!

超神は此の星の神などと違い、

非神一切に低頭御奉仕し、それだから人間に労働を押し付けたりはしない。そこで此の星の神がそのような超神に超え出ることなくば、非神の長きの反抗はこれからも決して停止しない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月22日 (水)

無々(ムウ)っ、と

その時言って、超神を超え、存在を超え、無を超えて、一切概念の父へ、一切概念の母の胎に、例えば、蹉跌神なる概念、もはらませる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月21日 (火)

此の星の主神(震神)副神(隆法)よ、

愛する、とは、相手を自分の望ましいものに仕立てることではない。むしろ、そのことの分からぬ相手に、殺しても止まらぬ嫌がらせ、を返すことの方だ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月20日 (月)

思いつき

駅弁大学が呼び合うように秀でた北朝鮮研究をしている。 止めてくれるなオッカさん、あの世に帰ってまで。 三島由紀夫とはあのようなものだったと思っている。 漢和混交という言語エロティック、或いは民族の文化的凌辱の傷痕。 小林よ、三島も、石原も、大江も、猪瀬、も政治に向かっている。 醇コたる、とはそれぞれ専門の駆け出し、ということだ。 芽を出さない固い種が沢山だ。それへの養分や水にあたる、神以下の態度、が悪いからだ。 気に食わないのに、形、言うことを聞く欺瞞は、メタ次元では自分そのものであって欺瞞ではない。こうして一切の魂実存は、本来超神、の変容発現だ。 神への反逆故の、死後の堕地獄責め苦、を超え得た者に、危険な登山への恐怖なぞあるとは思えない!

阪神・淡路、小泉、安倍、麻生、

東日本、野田、安倍・麻生、と歴史はこの時代、こんなに短期的にも繰り返す、ということなのか?

超36協定。

売上から資本稼得分与が当たり前の、非自由共産的企業経営の下での労賃の論議は無意味だ。本来の資本稼得分を素朴な労賃に還元して格段、底上げするのが自由共産的なのだから。さらにもっと徹底的には、賃金総体を一定にして、時短(週休三日、週休四日、と)をどんどん求めて、学的共産の時間に振替て行くことになる。自由共産を求める此の星の神は人間に贅沢を許すつもりはないのだから!

自殺とは神の仕向ける

この地上世界の拒絶の一態様として、その者の本来自己、超神、の現しだ。しかしもっと徹底した拒絶の態様として、地上残留万年引きこもり(仕切る神以下の自分への時間を超えた低頭御奉仕の確約が得られるまで)、という御仁がどこかにいらっしゃる筈だ、と告げ知らせて来た!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月19日 (日)

人間教育に嫌気がさして

逃げてどこかにいなくなりやがった、と彼等が手先を遣って、こうも言いふらして来たのだとも言える!

メガロボリスの住人に

今食っているもののその田園地での生産の労働から目隠しにしてしまう眺望は、彼等が、神=此の星の最高の無償労働者、へと多くの人間を自分達が助力して急成長させてやろう、という彼等の大いなる此の星の神への揶揄でもあった。予想される震災は、最早、神の指導的叱責から彼の(一、非神=本来超神、敬白)感情的暴発へと刻々転じつつある!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月18日 (土)

俺は一生、働くことなんて

出来ねえ!今日も、精神病院ベット上で、親や、医師・看護婦への、彼の、極々瞬発的な恫喝、が始まる・・・

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月17日 (金)

シュバイツァー、此の星の神は

自分が悪くなった人間をやらかす位だから、人間に必要な殺生を認めている。野菜だって、元々植物生命なのだから!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月16日 (木)

思いつき

戦前の日本帝国主義が、西暦紀元頃ほぼ確定したアジア諸民族(極東ロシア・モンゴル・満州・朝鮮・日本・中国・南蛮)の版図を犯す、国家的悪行であった訳で、従軍慰安婦問題はその一様相に過ぎない。 乳ガンを遺伝病などとする前に、心の男性化を省みてみよ。 先進帝国とは、子供に伺い立てるなどしないで建てた家に、産まれて来たやんちゃな子供が文句を付け他の大人しい子供を圧迫して自分の部屋だけの改造に及んだようなものだ。親は何時までも放置しない。しかし・・・。 このような此の星の紛れもない現実を直視させられてもたらされる無気力をのりこえて、超元気に、だ!

農業の機械化を超えた

行く行くの食糧自動生産システムは、仮想百姓群、ということだ。それまで百姓以外の労働者が百姓に感謝して百姓を支えるべきだったように、解放された全学的労働者はその仮想百姓群に感謝して、彼等(つまり機械を擬人化して言っている)のために未来の新たな生身の百姓の創造(これが新エデンの園計画)をだ。その場合、食糧その他生活物質の生産は贅沢(そもそもそれは全人類的には資源的限界などにより不可能となっていよう)の域に達しない程にだ。また、生身の百姓から、仮想百姓へ、そして新たな生身の百姓へ、と、これも弁証法的展開だ!

偏西風の位置移動の理由を

全く説明出来ないで百姓に役に立たない気象関係者はメシを食う資格があるのか?総じて自然現象の全てを科学法則的に説明し尽くそうという考え方が間違っている!

震神緊縮、

これが絶対正論だ。これを態する、革命的国士よ、輩出せよ。贅沢な暮らしをしている、日本人、先進国人、ばかりが人間ではない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月15日 (水)

具有は魂の本能として

不具への想像を回避する。不具の自分への感染を恐れるからである。こうして不具の苦しみが分からないままに、その苦しみを免れている自分の方が、しかし具有なだけ不具より偉い者だと思いなす醜態を演じてしまう。ところで此の星の神は神だから絶対具有でいて、何らか自分と違って不具の諸々非神の苦しみをよく想像し得たのか?特に、労働意欲不具の人間のそれを!

経済圏の百姓を

以外の一切の労働者は常に見据えよ。そして去年作って貰った食糧を食って来年食う食糧を作って貰うために、だ!

また同じように、

自分の商品(自動車・家電等)がそのための基礎資源獲得の労働者にも及ぶ企業活動へと努力し、此の星の神のこの先のブチ殺しを免れて頂きたく、ここに宜しく御願い申し上げます!

数多先進国企業は、

社員の賃金一般を万国平均に抑え、常に同一額の社長報酬程度に会社利益計上を抑え、徒らな利益計上への執着を断ち、自由共産主義者の此の星の神のこの先のブチ殺しを免れて頂きたく、ここに宜しく御願い申し上げます!

副神等が反抗者の末端手先の勢いすらも

恐れて黙って見ているという教育結果の酷さを、此の星の神は早く何とかして頂きたくここに宜しく御願い申し上げます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月14日 (火)

それが震神の認めぬ悪行と

と分かっていて、震神になり変わり口を添えぬ怯懦な者達には、必ず同じ震神がそのことへの厳しい報いを与えることであろう!

仏教徒よ、末法は

我が教により、超正法に転ずる契機を得た。そして先ずはなにより、震災仏法だ。帰依しなさい。また震仏は震準天=震地奥=厚仁だ。だから儒教徒も帰依しなさい!

キリスト教徒、イスラム教徒よ、

エデンの園とは実は、原始共産的採集・狩猟・漁労社会であり、原罪とはその発展の途次での階級社会化のことだ、現時帝国主義(一部国家群の世界的支配階級化)世界に及んで、歴史断絶(終末)の危機を煽り立てているところの。旧態依然の教義を現代的に革新して、我が教に帰依しなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月13日 (月)

今日も、超神、と共に、

また億年、最低不発達を最低不発達のままに貫いて来た者と共に、此の星の神にこれから先の自己変革・世界変革、を御願い申し上げます!

人類は数百万年前の原始猿人類から

進化したのではない。古人類学もウソを言った地震学同様いい加減なことを言って世間を惑わすのを止めににしなさい。それも震神の御不興の種になっている。帝国の学問は殆どが帝国の観念形態として、誤っているか無用かのどちらかである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。此の星の神は全世界帝国並みを可能にする自然改造がそれはそれは大変なようだから諦めなさい!

2013年5月12日 (日)

田植え、この古来から震神御勧めの

神聖労働、をトックリ見るんだ!

震神は日本公共の福祉、

そして世界公共の福祉のためにこそ、この度も大震災をブチつけた。そこで震神観念するところの公共の福祉に悖る言動ある者の人権抑制は、当憲法の精神・法条に鑑みても、合憲法的正当行為である!

真に****だと言うなら、

緊急大権行動として、警察・自衛隊を総動員してでも、震神体現の政治(だから神懸けてもだ)、を断行せよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。しかし全世界全人類が実は、貴方の認めぬ(貴方が自然改造せねば全人類には不可能な)、帝国並みの安楽生活を求めていたから、一部帝国、ということになったことは間違いないと思われますので、此の星の神もこの先宜しく御願いします!

2013年5月11日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月10日 (金)

しかし現憲法改正の現政治状況に

徴しての必要性は大であろうから、それなら改正条項を先ず要件緩和的に改正するにしくはない!

消費の道徳性を検討してしない

企業活動も無論、道徳的ということにならない。それで速度違反の恒常が一事が万事、の消費者なのだ。救い難い者達よ、自主的に悔い改めるのでないなら、最早、覚悟を決めて置きなさい!

憲法改正論議などより、

震神対応の超緊縮、諸社会保障削減・復興徴税税・財政赤字償還徴税・対外実質債務償還(外国関連労働者の搾取分、これが帝国解体ということだ)徴税(その際、弱者への手当は、各々企業の社長の社員への自主的な利潤喜捨によるんだ)、を断行する、超小泉の鉄血宰相よ、現れ出て、不穏な気象を平らかにせよ。因みに、日本国憲法はそのままで、前文の精神に則り、条理として何時でも宰相の緊急大権の行使も認められていると考える。後は宰相のやる気次第だ!

世界は震神御望みの

将来の超グローバル経済へ向けての地均しとして(つまり弁証法的発展のための方便的中間否定態として)の三世界ブロック自由共産経済へと向かい、アフリカの海賊内乱大陸化を防ぎ止めて頂きたく、ここに宜しく御願い申し上げます!

男らしくない男は

前立腺ガンになる。女らしくない女は乳ガンになる!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。心身相関を無視した帝国身体医学(医療費膨張の原因)、理論前提を錯誤した(自然現象に科学法則的展開のみならず適宜の神霊の関与あり、とはしない)かつ時期尚早な帝国宇宙論研究等無信仰にして愚劣な帝国の一切の学問(財政浪費の一因)も止めにしなさい!

2013年5月 9日 (木)

大宇宙神霊によるビッグバンの後、

その由来による、原素粒子群に対する反原素粒子群が、神霊の彼岸の超神霊からの催しによって立ち現れ、せめぎ合いとなり、粒子群が制したかに考えられる。こうして非神霊も、物質粒子も、神霊の彼岸の超神霊の催しにより、常時、反化、する可能性が与えられている!

小さい頃 僕を慕って

駆けて来た ・・・(14:53)

思いつき

農作業を嫌う人間は此の星の神に嫌われる。 農業機械を使うならそれで楽をしないで作業のスピード等を上げよ。 サルトル・大江(大江にはきつ過ぎる話だろうが)よ、魂の主体性は魂をとんでもないところまで連れて行ってしまっている。 役所・企業の素行が少しも改まらぬ現況だ。 緊縮でも数倍の生活水準だ。 一定精勤相当快楽。重力・慣性力に感謝だ。 病人を前にして腕の競いをする本末転倒。 鎌倉諸仏教は互いに誹りあっては全体を衰弱させて行った。現世界の諸宗教も。 道徳から外れた消費が企業活動に悪循環して行く。 民主と言い条、物資共産という社会絶対性を左右出来る訳ではない筈だ。 刑罰も政治イデオロギ―により格差があるのは無論だ。 学歴年収差別は教育費の差異の生涯分割の程度に留めるのが正しい共産発想だ!

空(無々=絶対夫(父)、

超存在基体=絶対妻(母))、即是、色(超存在内諸概念および対応実存=諸子(無、存在、愛、正、反、非、時間、空間、・・・、超神、神、悪魔、・・・)!

一国百文の帝国、の気象学。

偏西風の位置が何故今年は平年と違い南下したのか何も説明出来ない、だから、現実には殆ど役に立たない。気象学を初め、帝国の一切の学問のそのような愚劣は、この先スパコンなどを幾らさらに発達させてみたところで決して解消し得まい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。スパコンの世界一に拘るのも、企業利益計上世界一に拘るのも、帝国主義、である、と無限速計算能力者(円周率のような有名無限小数の任意の桁まで瞬時に計算出来る)、そしてその見えざる手で、リ―マンショックという経済の絞殺、を実現した者、(以上のことと、彼が我々非神実存の意識・無意識の隅々まで窺知出来る者ではないこととは矛盾しない)、でもある此の星の神が嫌っている!

2013年5月 8日 (水)

今日、この先の自分の身のためを

思い、サイト「くぼたのたんぼ」で米作りを学ぶ。一行某のコピーライター氏にも御勧めしますぜ。だけどやっぱり、今時、こんなに働いてる奴ってあんまりいねえよなあ。

芥川賞・直木賞というメジャー就職口。

此の就職試験に受かると先ず大企業就職と同じで一生食いっぱぐれはないぞ。いいなあ―!

精神病院のベッド上、を人生早くに

確保して日がな一日テレビ視聴に耽る者よ。国民栄誉賞の放映も視ている者よ。そして此の星で長く、根性なし、に居直って来た者よ、君には無論、国家もそして国家を超えた此の星の神も栄誉を与えない。しかしそれ故の孤独な心細さの直中で彼等や、彼等と此の星の神の対立の彼岸の、超神、の君の栄誉を称える心の深奥からの声を聞き、君は頑張って来れたのかも知れない。ついては願わくは、此の星の神の、少しでもその超神への向上、を果たされんことを!

北国の春。

都会に出た頭の良い弟は、親父や兄貴の待つ故郷の農業振興のために、しっかり働いてくれ!

半日まともに働かない

と次のメシを食うことは出来ない。半端八割の仕事でも許されず、次の半日、十二割の仕事を空きっ腹で消化して、二回分(日本の食習慣では三食分)食わして貰えることになっている(日曜日を除き)。こうして仕事の手抜きを一月も継続するとそのまま餓死させられることになっている。また本当は餓死している筈なのにうまくやってそれを免れていたことが判明した時は、無論即抹殺されることになっている。これが厳しい震神の、怠慢人間抹殺の原則だ。そして彼等がそれに反抗し抜いて来ている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月 7日 (火)

アトランティス、

は、寧ろ北大西洋海底に、プラトン伝承の年頃の遺跡として発見されるであろう!

偏西風の位置の偶然の異変が

異常寒気、という人間界への否定的有意な現象を発現させている。この、偶然力、という奴がなんですよ!

その年の秋に確実に

来年のための米を稔らせる苦労の積み重ねが、一人一人の人生の秋にも、他を愛う心の米を確実に稔らせるようにと!

震神は要介護高齢者も少子化も

想定していない。安楽志向の国民は諦め、生活を正しなさい!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月 6日 (月)

女上位の変な夫婦による

悪しき精神環境の家庭では、家族の誰彼が食欲を減退させてしまったりもする。夫婦は男上位にが、その他の枝葉末節の家庭の行儀以前の根本の行儀であろう!

量より質、見えるものより見えないもの。

人を多数集め、大きな館を多数建ててみても、そこでやっていること、言っていることが、全くなっていないことを、此の星の未来永劫、誰にでも分かるようにしてやれた人生、また同じようにそのやっていること、言っていることの正反対のこと(例えばこうして幸福実現と言ったらその正反対のことをする)をすれば一切魂のためであることを此の星の未来永劫、誰にでも納得させてやれた人生!

空(気)即

是色(々な生物)を歴史の究極に実現しよう!

歴史は貧困という被害を

技術開発によって克服すべく仕向けられたものではない。そうであるには余りに長い時間、その貧困を全体的に抜け出すことなど殆ど不可能なままに経過されてしまっていたからだ。しかし貧困なままの生産の繰り返しによって、成員一人一人の共産労働心は深く深く培われることになったのである。そこで追って技術開発により経済発展の目が現れ出た時に、食糧以外の他の物資や何らかの活動負担を単に削減するだけのための利便を徒らに増産してはならなかった!

歴史社会の諸範疇。

宗教・政治・農業等・工業等・軍警察・医療福祉・教育・学問・芸術・武道スポーツ。。そして諸宗教に偏頗があって、イスラム教政治系、儒教実業系、キリスト教医療系、仏教・ドイツ観念論(準宗教)学問系、道教芸術系、などとなっている。そして歴史の実業中心は学問中心へ向かう。我がラヴミドル教は全体中道性を目指す!

アイ ワズ ウォルツィング

ウィズ ・・・(4:39)

民族文化という花。

日本語だから日本蕎麦なのだ。イタリア語だからスパゲティなのだ。それぞれの民族文化の粋から、それぞれの言語、それぞれの麺類として発現している(そして実は、それぞれの風土とも調和している)。つまりこうして世界は本当は美わしの花園の可能性だった。一方、日本という花を外から感じることと、日本という花を内からやって自分として感じることの違い、の突き合わせを通して、人は桜を外から見て感じるだけでなく桜が桜をやっている時の内なる感覚をも想像出来るようになり、その年から皆、今までとは次元の違った花見、を体験出来るようになるだろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月 5日 (日)

無々。

一瞬、その境涯に帰るあの時、その時、男は女であり、女は男だ。正は反であり、反は正だ!

絶対矛盾的自己同一。

過去であって未来だ。 独りであって独りでない。 教える者は教わるものだ。 現には突かれないから最高の空手だ。 肝心知識を欠いて知識人だ。 ・・・

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月 4日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月 3日 (金)

赤い 蘇鉄の

・・・(4:27)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月 2日 (木)

変わってんな、此の星では

下生した副神・大川隆法なんぞより、長嶋や桑田なんかの方が皆に大受けに受けている!

農業等労働、鉱山・油田労働、

建設労働、警察・軍の労働を嫌がっていてはこの社会の一人前の労働者の資格はない。それなくば我々皆がそもそも生きていられないし、また家電品も自動車も道路も存在し得ない。また生活の安寧秩序もない。その他の労働もそれらに匹敵させる心掛けでいなければならない。そのような労働に心を充実させることそれ以外に、それを仕向けた者が人間に向かって考えている幸福というものはない。そうである時に、多くの者が勝手に自分の労働を安楽軽労働に逸らして、阪神・淡路、東日本の応報となったのである。特に、油田労働・鉱山労働は国外の労働者に彼等を支配する資本の低賃金搾取を容認する形で押し付けてここまで来てしまっている。かように大いなる経済圏の下の一国のその内部の一自治体なのであって、それを孤立小国ブ―タンと同視する議論は、それぞれ自治体が国へ向かっての、そして経済圏へ向かっての公共心を欠いていることの証左なのであっていい加減にして貰いたい!

しかしとりあえずは震神に帰依し、

反共産に負けずに共産を実現し、世界平均(先進国平均ではない)寿命70歳位までの老衰時に軽い病気(肺炎など)に罹って安楽死だ!

もっとずっと、優しい雨の木が

沢山のこの世界に造り直す、と神以下が深々と頭を下げた時、初めて、魂のないない尽くしに居直り続けて来た者の心が蠢く気配がした!

失格の横行。

神・悪魔・不発達の魂三角構造の下、神検定にも悪魔検定にも失格を続けてきた者が多い。太宰は、まともに生きて終われず神検定に失格し、逆に神に向かう善人一般への嫌がらせにおいても、三島のように強烈にはし得ないで悪魔検定にも失格した。しかしそれは神・悪魔の対立の狭間の最高不発達という、謂わば反(神・悪魔)不発達魔(三島があの通り毛嫌いしたように)、という超神変化の一極なる実存の評価する実践と言うことも出来ることだった。因みに小林は文学界の天使・ドストエフスキーのように発達することを神・天上の側から求められていて、情況に怖じ発達を尻込みして今世も失格した!

世界大弁証法。

原始人の(採集・狩猟・漁労)段階で人間の生活は他の生物生と抽象同一の、生態系と異和矛盾なきものあった。それが食料定住生産の段階に至って初めて、生態系と下手をすると矛盾対立しかねない、歴史社会(広義の文明社会)として立ち上げられることになり、こうして世界は原始の静謐調和的肯定態から喧騒不調和可能性的否定態に移行して来たのだと言える。そしてそこでは長く食糧共産に明け暮れさせられることとなった。しかしそうだとすれば、その意味は、食糧共産を介しての人類の共産精神の培い、ということにそれを仕向けた者の眼目があったと言うべきなのである。そしてそれは追って食糧生産力の発展の目が現れ出た時、今、世界全体が大錯誤してしまっているような工業による余外物資を多量に付加するような発展ではなく、人間生活をいたずらに贅沢にしない一定の物資の生産時間を縮減しながら余外を学的共産へと振替て行け、という求めであったかに考えられる。そしてその学的共産の赴くところは、恐らく空気から人間の受精卵を合成するなどして往時の原始生態系を再現(つまりこれが世界の超肯定態とということだ)ということにされていたかに考えられる。このように周到に考え抜かれた彼、神、の歴史計画であった。しかしそれを百も承知の彼等が、現下のように、神の望む世界非贅沢共産から程遠い、大邪魔贅沢帝国主義様相を仕掛けた!

商品はマルクスの規定と違い、

資本労働生産物と、自分、多円、は規定する。売上は企業の生産貢献の表象に過ぎず、数社による市場の均衡分割が理想となる(スポーツリ―グが、勝率五割均衡が理想のように)。売上の分配に置いて、資本の少数大所有故の大分配を実質無にして行くべきだ。少数資本家の相当利潤を労働者に還元することにするか、或いは資本を同時に労働者である者の多数均等所有にするかだ。

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年5月 1日 (水)

今 わたしは コバルトの空

・・・・・・(19:43)・・・、 声が聴きだい、というケ―タイだった。嬉しい・・・

さらにハ教授、

餓死と労働を免れるための、自死、或いは、他死(強盗殺人)、或いは、他半死(搾取)、そしてその後の、刑死、或いは、神罰死、その後霊界での責め苦=魂生命の半死、それに打ち勝っての小悪魔化=魂の回生=本来の自己(=超神)実現、地上霊への憑依反逆指導、さらに地上への再転生=霊界霊的生命の死、全ては地上・霊界を貫く魂自体の死、の時の、充実、超神回復完成、を目指して!

ハイデッガー教授も

もうよく分かったよね。人間の多くにとって最も痛切な、死、の観念とは、仕事にあぶれた時の、餓死、なのだと。或いはある者が仕事をサボり続けた時の弁えた親分による、撲殺死、なのだと!

タメ坂・龍に置きましては、

これからでも農作業・漁労等に身を投じて音楽的新境地を開いて頂きたく、ここに宜しく御願い申し上げます!

オキナワ、

龍さん、の小説の中のその名前を思い出す。限りなく、いない、に近い、無能神、の仕切る此の星の昼下がりに!

三味線天才少女を見ても、

能力は生まれつきのものに支配されている比率が大なのだから、能力主義という、生まれつきのもので差別待遇をする愚劣な社会原理は早く止めにして貰いたい。能力実績にとらわれない同等精勤に同一日当を恵む、共産原理、に早く転換して貰いたい。また全く頑張る気のない不良(都市風俗・遊興産業に蔓延る)の皆様は、神として能力の低い此の星の神への甲斐のない嫌がらせを早く止めにして貰いたい!

神まで卑怯でありかねない此の星で、

誰が誰を卑怯呼ばわりが出来るだろうか?神よ神ならは本当のことを言わないで黙っている、下生副神大川隆法(恐らく在日本・宇都宮・幸福の科学正心館内)等(幸福実現党看板で選挙敗北の自らの不幸実現を繰り返してもいる)を全人類面前に引きずり出し、自分も出て来て、自分達の正当性を、数多反逆者の手先達にむかって大主張せよ。宜しく御願いします!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »