2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

帝国の解体要求とは、

人を犠牲にして創出し得た研究時間・研究費用により自己民族だけのために追求して来た技術発展一切の一旦の解体無化の要求ということにもなる。それは世界共産の円満な発展に資する技術発展とは決してなり得ていない筈だからである!

魂の欠落の引け目の体験が

それを体験しなくて済む者には与えられぬ逆転の価値をその者に与え、然らざる者を睥睨させる。超神力!

万人絶対芸術家。

あの時、ムウ、と言って、迸らせれば、その、迸り、こそは、一瞬、その絶対のもの(シニフアン)の絶対の表出(シニフィエ)となることであろう。バタイユの郷愁が希求して止まなかった一切概念絶対連続の在処のものの!

キリスト教を未だ信じぬ校長と

信じる中堅教師の関係のように、我が超神教と此の星の神とは!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月29日 (月)

軍備について。

周囲に核保有国が参集しているのに、未だ非核三原則などと言って、海の向こうの大国に頼ることばかり考えている。自分が率先して非核と言えば諸国の核保有が何時か無に帰するという考えは小児的という誹りを免れまい。軍事弱体は、経済の場面でも不当な圧力を許す、ということも近々経験されている。軍備は、国家互いが我意を通す可能性がある故をもって相当に保持されて然るべきものなのである。こうして日本政治の課題は膨大な財政赤字の解消に尽きるものではなく困難を極めていることが誰しもに納得されることであろう。因みに軍備と言えば、形、世界政府を標榜しているかの、国連、の軍、が大国の軍に規模的に遥かに及ばぬオモチャの如きものであることが、国際世界に恒常的な不安を醸し出している現実を皆が直視せねばなるまい。自然神はあくまで、人類の自己統制の後衛に構える考えでいらっしゃる筈だから!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月28日 (日)

内容最低の非神までの

その意識内容の隅々までに通ずることなくして、魂は神すらも、その能力その他の内容を、超神の最高内容に行き着かせることは出来ない。それだから魂は究極にまで伸びたかったら、後進に寧ろ頭を下げてその後進である時の様々な気持ちを理解させて貰いながら、御奉仕としての指導に明け暮れるべきなのである!

再びの神罰の衝撃醒めやらぬ時節に

晴れやかな褒章、という此の星ならではの、きつい冗談、をこれから少しずつ無きものにして行こう!

菓子持って来い、

と言って駄菓子を持って来たら何時までもそれをはねつけ続けるような、他の自分への愛の判定、に厳しい彼等に、今日も敬礼、だ!

政治とは主に、経済を望ましく

秩序付ける営みであって、従って経済が経済圏として数国に跨がる場合には不可避的に、その数国の共同政治でなければならない!

百姓が皆の分食糧生産しなければ、

来年皆で生きていられないことになっているこの世界で、自分は百姓に一体何を返していることになるのか、他の一切の労働者は日々考えていなさい。それがこの世界の、物資・用益共産、の基本原則だ。通貨は本来、労働の成果の、交換手段にしか過ぎない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月27日 (土)

無々=絶対男。超存在=絶対女。

無々=超存在(一切概念)未生以前。 超存在=無・存在。存在=超神・神・非神。あの時、男が女を恰も超存在と思いなし、ムウと唸ると、一瞬、絶対慕情の己の本来の、超神、をさらに遥かに超えた、無々、に帰り着ける。自然改造・身体改造を渋る神なぞ、物の数ではない!

春がまた廻っても

何も変わらなければ、同じく盾を突くだけだ、と遂に、時間、を降参させた者達。彼等に匹敵する努力しかない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月26日 (金)

此の星ではタメ(同年齢)に魂が、

向生徒会長・向番長・向引きこもり、という魂三角構造の下に生まれ出る。さすれば中道個性とはその三角の偏らない中心ということにもなろう!

思考、は、

原始の蒙昧、から、此の現代の先端知識において、思考する時の、大脳細胞の素粒子レベルからの多層連関的運動や、意識の多層無意識連関的運動や、意識の身体下部構造的経済的規定性や既存の思想観念による関係的規定性や霊界関与性、やらを直覚しつつの思考に行き着いてしまった。この先どこまで行くのか?

記号・脱構築・構造・欲望。

世界は超神(シニフィアン)の、記号、(シニフィエ)として、神の構築へ向けての非神の不可避的、脱構築、として、本質的弁証法、構造、を持つ、非神一人一人が、その、欲望、を偽らなければ!

創世記(しかし歴史現実とは違う)

のように安楽生活から、労働生活への移行、というように歴史を推移(無論、中途での自然改造・身体改造により)させれば、現のように歴史中途で、一部民族に大きに安楽生活に逸らされる事態は恐らくなかった。こうして超神から程遠い位に、無能な神、の下、我々一人一人、本来は、超神、なる者でなければならない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。帝国外の、非帝国付加の疑似自然のように原自然を改造し、また安楽生活にして身体病薬療無用に身体改造をすれば、全世界が帝国並にして病気知らずの安楽生活がすぐ出来そうだが、此の星の神にはそれはとても荷が重くてその気がないみたいだから諦めなさい!

2013年4月25日 (木)

否、という自分を誤魔化さない、

芥川賞を初め、その作物を携えての投身の可能性をほのめかせる、その魂の最高の愛の実践、により輝いて来た。無論、その通り、地獄という超天国に、堕昇、した者も少なからずだ!

戦い抜いた大島さんに、

魂の愛が極まると、戦・不戦未生以前だ。言いなりになって実は相手の要求を骨抜きにしている。魂の半分は女性なのだし、またそのような深い術策の可能性も秘めている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。政権内の反金権下ろしに震災潰しが報われる、実は自然に宿る神にまで及んでいる、ダイナミックな現実政治過程が誰にも納得出来たことであろう。そして反金権はさらに、反帝国にまで行き着かなければならないのである。帝国戦の報いの惨禍を勃興して来た世界共産の追求により大きに超えて行くことが戦後に展望されていたのが、スターリニズムや毛沢東主義の不全により全体的に破綻して(無論、現北朝鮮等の共産理念も、既に過去のものであろう)世界共産の掛け声が空無に化したかのような世界を覆う思想的錯誤に、その世界共産をあくまで支持する此の星に神により、震災という形で大きに楔をさされたことだった。共産主義者はだからめげることなく、新たな発達した共産理念、そしてそれを支持する震神主神信仰と共に、突き進むのだ!

2013年4月24日 (水)

物資・用益自動生産・学的共産へ。

食糧生産・非食糧生産の機械化。そしてその機械・燃料製造(鉱物採取・現燃料採取からの)の機械化、そして最初の機械化(食糧・非食糧生産)よりの規模縮小化、さらにそのための機械製造の・・・。

超般若心(超仏心)経。

空(超仏心)、即是、色(根本仏(震仏)・如来・菩薩・衆生・欠陥衆生・悪衆生・悪魔・魔王・大魔王)!

都市の非都市の収奪の構造について。

一県一国の食糧生産を秩序づける、都市に住まう政治家・役人の労働と田園地の食糧生産の労働が政治家の恣意で不等価交換の下におかれ、都市は政治家・役人以外の者を養う余裕の下(さらに鉱山地と林業地とその近辺田園地を犠牲にして)、食品生産・非食品生産の工業者や遊興産業者を住まわせ、都市に偏った物資・用益生産を実現して、此の星の神の期待する、都市・非都市均等相当生活水準の共産構造を都市快楽肥大に逸らして、直下型を呼び込むばかりになるのである。経済圏として数国に及ぶ場合には中心支配国=帝国、が一国内都市と抽象同一な存在の仕方をして、国全体の破砕を呼び込むばかりとなる!

この地上での反逆をリードする者

の中には、殺してその後に責めてやっても効能なく、直ぐに地上残存の悪霊への憑依指導霊となったり、直ぐに地上へ潜入転生出来る者までいるから震神に帰依する者は弁えなさい。入り込まれた地上内の一組織から、適時に追放も出来ないような弱腰では仕方がないのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月23日 (火)

労働や規律を嫌う

不可避的に心の愛の希薄脆弱な男女の、相互グルメ的結びつき(御互いという品物が何らかの理由で損なわれたり、御互いという品物にそれぞれが飽きがこない限りの)、目の前での横行に此の星の神は我慢がならなかった。無論反抗者の彼等が神への嫌がらせに状況的に仕掛けたことなのであり、しかし此の星の神に置かれましては、それらに顔をしかめることなく、寧ろ自分もそれらの振る舞いに合わせてあげられる位な超寛容な超神に超え出て頂きたく、ここに宜しく御願い申し上げます!

荒れ果てた土に

・・・(3:11)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月22日 (月)

阪神・淡路でも東日本でも

若い人の命までやってしまわれている。他民族を苦しめ続けて平気でいる民族人民一人一人の苛烈な運命。阪神・淡路の改革の促しを結局なし崩しにした当の政治家ばらが東日本後も既に上に立って、要は震神の決して許さぬ軽労快楽三昧と同義の少子高齢化というものを怪しまぬ社会を仕切っている度酷い居直りようの、この日本及び諸先進国人民の数年後の運命(死後後生の報い)は確定したのだと言える。皆、覚悟を決めて置きなさい!

震神主神が一山百文の

日本政治家、を早く返上せよ、と言っている!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。十字軍の現代的再興の悲劇、のようなことが回避されるように!

ボストンにも家に引きこもりたい

精神弱者は少なからずいるはずだ。此の星の神は自らこの地上に現れ出てその態度を調え宜しく御願いします。同時多発テロの余波とも思しきこの事件の際に!

流石に震神主神は、副神隆法と違い、

人の心は自由にならないなどと怯懦な自分に都合の良いことを言って世間に斜に構えたりはしない。愛ってそれが必要な時は無理にでも自分の自由にする。それだから隆法等に対しても或いはそうされるであろう!

2013年4月21日 (日)

性懲りもないのは此の星の神、

日本も中国も変わらないみたいだね!

魚は必須食物、

その獲得がこの位の労働なら、公平という見地から、それを人類の全労働の労働負担の標準と考えている筈だから諦めなさい!

帝国の贅沢な暮らしは

此の星の神が全人類に向かって想定している暮らしではない、そのような神しかいらっしゃらないから諦めなさい!

花もこれからは心醜い金持ち

の前では髑髏に変身して虐げられた労働者に喜ばれる気の利いた花になりなさい!

数多宗教家は綺麗な自然を

此の星を仕切る神を紹介するのに持ち出すより、地道になんぞ働きたくない人間にまで仕事を押し付けている、その結果、例えばボロ儲けを狙っての都市風俗商売を横行させてしまっている間違いのない事実を持ち出して頂きたく、ここに宜しく御願い申し上げます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月20日 (土)

オメエみてえなの

要らねえ、ッテカ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月19日 (金)

しゃくぇ、と発音した方が、

さけ、と発音するより酒を飲んだような気分になれる。そこで疲れた時に、酒は飲まずとも、この手の発音で歌う曲を聴く者も多い!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月18日 (木)

超神が優等に低頭御奉仕

して貰えない劣等は自力で這い上がって、同時に優等のその昔の怠りをずっと詰り続けよ、と言っている。ヤクザ上がりが選良に、自分で安楽解放区を作り上げ、そのためにとりあえず犠牲にした遅れた貧しい国の人民にも自分達も即豊かな暮らしが出来るようにこの世界、この自然を造り変えよ、と此の星の神に文句を言わそうとしている彼等が此の星の神に、そうしている、とも!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月17日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。また北朝鮮は早く普通の国になりなさい。星全体の軍事力総体を超える物理的超能力者でもあられる、神、を畏れなさい!

2013年4月16日 (火)

此の星の神は人が人を犠牲に

しての都市・帝国解放区を破壊するより、自分が創造した、少なからずの人間を苦しめ続けるる御粗末な自然をこそ、改造する前提に破壊したら?

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月15日 (月)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

あなたのリ―ドで・・・

姉よ、早く自分の歪み、そして結婚の歪みを素直に認め、家庭の不幸を乗り越えなさい!

2013年4月14日 (日)

此の星の副神=人類の総責任者は、

何時まで日本の田舎(宇都宮)に引っ込んでいる?主神震神も、御前等は黙って見ていろとばかり言っていないで、一発突き上げてやったら、或いは自分が直接出て来て何か言ったら。とこう、思わず今朝は自分が言ってしまいましたよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。また帝国内の公共事業の金権体質位はもっと早く止めにしなさい!

2013年4月13日 (土)

震神様、私の悔い改めの促しの努力

全く足りず、今朝のこの有様にしてしまい、ここに心から御詫び申し上げます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。一方、北朝鮮は同じく此の星の神の御望みのように、自制して早く詰まらない国家的非行を止め、普通の国になりなさい!

2013年4月12日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月11日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月10日 (水)

自分は優等が平に

そのままの態度でいたら、悪者だと思っている。それだのに此の星では神すらその弁えなく(或いはそれを悟っていると思しき反抗者の側も十分にはそれなく)この有様じゃないか。神以下早く(或いは悪魔以下も十分に)それを悟って,世界改造の可能性も含めて出直しをしなさい!

最低非神の弱みに

付け込むリ―ダ―は、その者の心の底に、とんでもなく恐ろしい心の種を植え付ける!

反抗者の彼等が、

此の星では、働かざる者、人のものを盗んで食って行くべし、という悟りを、末端にまで分かち合っている!

此の星の町では

町内会長が町内の引きこもりに対してロクななことが出来ていないのに偉ぶっている(或いはその引こもりの親が)。またあんなふうに寮長が偉ぶっていり寮には決して生活したくはないという者を寮外に存在させてしまっては、その寮生活もあまり価値はない!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。しかし此の星の神は、自分や強国の方があくまで価値高いという価値意識を超神のようには転倒出来ず、神が非神に、強国が弱国にしてやる、を半端なしてやるにしか出来ず、結果相手の中のそれを決して許さずとする者(つまり不完全は無だとする者、これが正に概念未生以前だ)に徹底的に背かれ、星全体をこの有様にしてしまっている!

2013年4月 9日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月 8日 (月)

星座。

我が太陽系のみならず、宇宙の諸惑星系ごとにその太陽相当の中心恒星とその系内の地球相当の生命惑星に絡めての、美わしの黄道十二星座相当の星座が存立するように、この宇宙の星々が神霊によって相互に存在させられているのだろうか?。因みに天球面に張り付いた星座の、惑星から星座構成のそれぞれの星までの距離マはチマチで実際の星座は宇宙内部でとんでもない立体構造(優に現代美術たり得る)を持つことが理解出来る知のレベルには、誰しもが到達してくれ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月 7日 (日)

人の気持ちが何も分からない、

と相手に判定されてしまった者に、当の相手のために何が出来る?!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月 6日 (土)

神・発達性非神と不発達非神(

下超太宰、下超大江、慢性自閉症、等)との相剋。神・発達性は一旦不発達に一体化せよ。つまり、精神病院と世界とのバリアフリー、ということだ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。その労働の心が曲がっているので一切の産業成果がパアにされてから二年、早くしなさい。プロはプロでも、実質、泥棒(予算泥棒その他)のプロに等しいのでは仕方がなかったということなのである。それくらいはなら、その仕事を嫌がって、その結果周りから能なしに思われた方がまだ増しだったということなのである!

2013年4月 5日 (金)

震神も孔子もマルクスもレーニンも

金祖父も金父も、東洋のため、世界のため、に自制をもとめている。早く先ず普通の国家になれ、と求めている!

科学の段階的深化学習としての

学校教育。人文科学(心理学、言語学)=国語、社会科学(政治学・経済学・歴史学・社会学)=社会、自然科学(数学・物理学・化学・生物学・地学・天文学)=数学・理科。これが大学教養過程まで段階的に深化させられることになっている(さらに社会人教育として)。しかし、超越者の想定や霊界の想定、ということがなく、また、社会生活の根底実相や学校教育自体の位置付けや、家族の意味や、生活道徳、の根拠、というものが十分に教えられその実践が仕向けれず(下手をすると、子弟に社会革命的運気が喚起されてしまうことを恐れてか)、全体として空しいものになってしまっている!

女は

男をその、絶対理想=無々、化するために嫌がらせの限りを尽くすために存在している。 女=一次元的反、男、から、数が空間を作り(一次元、二次元、・・・)、空間が数を作り(実数=一元数、複素数=二元数、・・・)、の操作の繰り返しを極限無限回(可算無限(一般人が観念する最小の無限)から、カントル的無限観念の無限増産、によって行き着けると想定した)行って行き着く空間次元の多数基軸方向の、反男(非男)、に展開せんとする衝動が眠っている。同じように、粒子に対する反粒子の観念にしても!

SE(x)(x=1、2・・)。

超存在関数。SE(1)=1(=存在)、SE(2(=10))=0 (=無)、SE(3(=11))=non(1、0)、・・・。此の星の神の、存在ファシズムに抗って、銘々自由な超存在の電脳産出を!

あんた(超神)のバラード。

神、あんた、何時になったら、このあんた、に嵌まってくれるの? ブチ髪・ラメ・バンプス・夜遊び(昼寝)・歓楽街・ガン黒・美食・ベルモット・煙草・カジノ・セックス・ハ―ドロック・LSD・ちょくり・詐欺(以上2つ下部構造、所謂どうやって金銭を獲得しているかという)・ナナハン・アメシャ・喧嘩・カラーネイル、・・・阪神・淡路、東日本、と此の星の神は我慢がならなかった訳なのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月 4日 (木)

世界の宇宙科学者は

宇宙諸現象が科学法則的展開だけで現象すると考えて根底的立論を錯誤させている徒労研究を早く止めよ!

経済の身体病への徒らな投薬治療は

反ってその後に身体病を重くするだけであろう。あるべきはその身体の悪しき生活習慣を正すことなのであって、何より局部肥大をさせてしまっている栄養循環の歪みを正すこと、そしてその局部で労働負担の回避や快楽過剰の消費や行政サービスへの自己負担回避や借りた金の借り倒しが横行してしまっているのを何とかすることである。またその身体病が元での転倒事故の手当ても自己責任でされねばならないであろう!

無々(夫)が

自分以後(概念既生以後)の全体=超存在(絶対無と絶対存在が永遠交替する)を、妻、のように、絶対に愛して、男神・女神の対を向こうに超えて(何故なら、極道の夫婦は此の星の神(男神・女神)の愛を拒絶して来たことが判明しているので)現実の夫婦の愛の究極に行き着く境涯、を示している。それだからどんな夫婦もあの際旦那が無々(ムウ)と言って、一瞬、その境涯に帰れ!

漁師等の頭脳で理解不能のインテリ、

は極論すれば本当は生きていられなかった、と言って来た。詰まらない思想的伝統保守帰り、は止めよ。あるべきは革新に弁証法的に媒介された、新保守、超保守、だ!

軍事力は交流国の我が儘を

断つべく、ひとえに防衛に徹する、ということも許さない。つまり、利己国への国家的体罰行使の能力を常に留保していなければならないのである。例えば中東諸国にいきなり断交の挙に出られた場合などを考えよ!

しかししかししかし、

誰が何が立派だなんてことは、遂に空しいことだ、と自分は一方で夙に言い抜いて来ている!

自分の仕事も漁師の仕事

並みに、と思っている者は暴力反対とは言わない。彼等が網を引く手が緩んだら、魚を食わしてやらなければならない世間様に申し訳ないと思って働いているだろう、と想像するからである。まして人民が食い詰めさせられても革命を起こす気にもなれないほどにきつい政治強制がかけられていると思しき隣国に不穏な動きがある時である!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月 3日 (水)

ゲノムが何時か皆の協働で

解明し合成して返せ、という神の求めを無言で語っている。そこで徒らな贅沢な追求を止め、発達させた生産力を、社会の物的共産から学的共産への転換のために、だ!

インチキ地震学者の言うように、

国民生活に大被害を与えた地震が、国民が国民としてやって来ていることと何も関係ないというのなら、この先国民はこの列島に住んでいても仕方が無い。科学法則を超えた神の関与がある!

時間・空間を超えるべく

次の一歩を。長い時間による蓄積を超える、次の刹那の無限量企投を。超時空的境地に至り得てこの年月来た、彼等や、彼等と神の対立の狭間の全くの不発達者に、この先近々ちに此の星の神は、自分が間違っていた、と言うだろうか?

日本の近世以前は、

人間の神にも楯を突ける可能性を悟り現した者による、下克上がベースのダイナミズムを持った!

太宰の文学能力やあの世への投身力

を軽蔑する、より内容御粗末な御仁が、精神病院のベッドに座って風情大威張りで、この時代の財政赤字拡大の元凶になっている。何か発達させたかったら、神以下、悪魔以下、土下座して頼みに来い、と無言で言って!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月 2日 (火)

同時代の百姓の泥臭さや

汗臭さを知らぬ気な呆けたように洗練された舞台造作が自分には悲しい。しかしだから意識同型の現日本国の国民意識に相応しくて。しかしそれだからこの先、この国は危ない!

超神の愛。

親や教師や実の兄貴や姉貴やその向こうの者なんぞのより、俺には、この店の兄貴の愛、だ!

概念・超存在が霊魂実存化して

神のエデンの園創造の際の、ベターッとダサい、存在、という超存在の、専一採用のファシズム、を詰っている。我が愛う人は存りや無しやと。あなた、わたしはこの頃は、存ったり無かったりしております!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年4月 1日 (月)

存在。

ミミズの世界。主観(みえ)るものは点で、客観(あ)るものは線(一次元)。ワニの世界。主観るものは線で、客観るものは面(二次元)。人間の世界。主観るものは面で、客観るものは三次元立体(三次元、この大宇宙)。超人間の世界。主観るものは三次元立体で、客観あるものは四次元立体(四次元、超大宇宙)。・・・=存在。そこに全ては現れ出で、そして全ては終わる!

自由共産。

社長が半端社員にまで低頭御奉仕すれば社内に超社長の愛が満ちる。親企業が半端な子企業にまで低頭御奉仕すれば系列内に超親企業の愛が満ちる。有力企業が仲良く頑張れば市場に超神の愛が満ちる!

日本の国内生活を支える

外国の油田労働者・鉄鉱山労働者及びそれを支える百姓その他食糧生産労働者に早く、日本人一般と同じ生活水準を実現せよ。他の先進国もそれに習え!

書物に傍点を付して

この世界を理解するしようとすることなどなく、この世界の存立の意味を直覚出来る善良な非インテリは、その時代も多数存在していた・・・

邪教。

南無 南無、言えば、楽して金を獲得出来るようなことを言う宗教はなべて、神への反抗者の仕掛けて作らせる邪教である。此の星には、地道に働きそこそこの暮らしで、精神的な満足をと、そして死後、精神=霊魂、そのものになって、明るい暖かい天国に帰れ、と仕向ける、悪く言えば、渋ちん、の神しかいらっしゃらないのだから!

ヤメナ―、

生まれて来て、富士山、ダセ―ッ、浅間山、ダセ―ッ、・・・、誰かそうしたんだなんて!

魂は、感情、が恐らく一切共通

のものだ(人間以外にも)。生まれて来て何でも百点の優等生は、何でも三十点の劣等生の、自分と正反対の感情体験を想像出来るようになり、自らの振る舞いを正しなさい。なべて諸々不具なる者がその感情体験が苦しい。これが世間に弁まえられれば、ヤクザ横行の世間が良くなって行く!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »