2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月28日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月27日 (水)

此の星の愚弱者には

庇い助ける者の、此の星の神の意向(愚弱者を支えて徐々に発達させよという)と違う手放しの甘やかしにより、長期の不発達をし遂げて来てしまった者も多い。此の星の神への反抗者達は、愚弱者に関わるべき愚弱者ならざる者に、愚弱者を手放しで甘やかせと言ってみたり、逆に全く助けるなと言ってみたりして、此の星の神の意向と反対のことをさせようとして来た!

超神・大宇宙神・

中間諸天文単位(超銀河団、銀河団、・・・)神・地球神(惑星神)・信仰者達・反逆者達!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月26日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。霊界の旧共産主義領袖(マルクス、レーニン、毛沢東、・・・)も、神への信仰と貨幣流通を回復させた、我が世界自由共産主義を支持するものと信ずる。東アジア東世界は他の二世界(西世界・中央世界)に先駆けて、自由共産主義共栄圏へと迎え!

2013年2月25日 (月)

環太平洋なぞより環大西洋=

アヨア(アメリカ・ヨ―ロッバ・アフリカの一体化)だ。オバマの象徴する。グローバル自由共産主義の過程的三世界ブロック(通信コスト・輸送コスト・文化コストの大幅な節約のための)の一つの西世界であるところの。取り残されたアフリカを海賊大陸にしないために!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月24日 (日)

ダーウィン(あの世で悔い改めた筈の)、

生態系・食物連鎖(命の犠牲の連鎖)の核の、人間社会、は帝国争闘の巷から努力して美しく自由共産化して、生態系へと現の破壊に変えて感謝の恩恵を返せ、と語れ!

休みにも気を張って(

つまり精神を緊張させて)茶碗洗いをしないと、その重力由来のその重みにより茶碗を落として壊して、精神への不快状態がすぐ出現する(ことになっているから(無論、気を張らねば茶碗だってキレイにならない、一事が万事だ、だから重力や慣性力は、神霊の精神緊張由来だ、と言っている)諦めなさい!

ボットン便所でも

額に汗する労働者なら気にならないだろうという此の星の神の考えで今でも世界の主流なのだから、自分達ばっかり水洗トイレに整えるようなことは止めなさい。さもないと逆に自分達がそれでは心がク*だというので、あの通りいきなり、海の水の水洗、に晒される!

此の星の神におかれましては、

どうかこれからは非神の一人一人に頭を下げて、億年の多数の非神への無理解を解消して頂きたく、ここに宜しく御願い申し上げます。あまりにそれを求めて得られぬ者は、反って相手からの叱責の苦しみを求めるようになる、そうすることが相手にとって自分の苦しみ以上の苦しみになるだろうことを魂が直覚してである。自分がそれはそれは苦心惨憺してこの世界を造ったと言い条、反抗している者達には、それ以上の苦しみになっているでしょう!

・・・自分を騙しちゃ

いけないよ―(3:16)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月23日 (土)

眠りたいと思った

でも どうしてこんなに働いたのに

勉強しないで東大合格を果たした、

俺の言うことを聞くんだ!

各々民謡は確実に民族神から

庶民に降ろされて歌い継がれて来ているから、耳を済まして聴いて神が民族庶民皆に求めた美わしの心を偲んでみよう。因みに日本民謡はいかにも、その後不可避的にせわしなくならざるを得なかなった、近代、以前の島国の安息生活を彷彿とさせている!

神仏が下生したら、

人間の集団に没入することも孤高に構えることも自在であろう!

百姓だって俺は嫌がらないで

出来るしかし今は、この専門家だ、でなくてはね。食糧生産の労働者が一切労働者(無論、精神労働者を含めての)の準拠だ!

社長の還元。

米作に即するなら、土地と種籾と生産具を持った資本家社長が、社員労働者の労働に結び付けて実らせた米を、生産寄与分として資格を持って半分取ってしまう、この資本主義の根本矛盾を、社長の資本私有を廃することなく、社長の取り分の社員への自主的な還元により解消せよ、と言っている(現実は、生産された諸物資の交換(例えば米と魚との)となるが、本質は同じ)。

安楽死。

カスカスになるまで働き抜くことです!

自由共産主義。

貨幣は、企業の、社会の一般生活(衣食住、パソコン、自動車、・・・)形成のための生産貢献の証明、としてだけ流通させよ。徒に他社を圧迫しない、そこそこの売り上げで満足せよ。また社長は可及的に利潤を社員に還元して社員と一体化せよ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月22日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

どうしてどうして、

何もかも良くしてくれている神だなんて伝えられるだろうか!

**ンの長姉よ、生来・老年*呆の

二重苦の次姉のためにも、出社会拒否の息子長男のためにも、自分の女上位の結婚の歪みを認めよう。同じく歪んでいた、父母も義父母もそれを認めると言っている!

2013年2月21日 (木)

阪神・淡路後にそれを日本への

神罰と受け止め密かに隠遁を決め込み、今次の東日本の難を逃れた者がいたら、この際日本に向かって勇気を出して声を上げよ。宜しく御願いします!

震神の徴税忌避向け体罰、を、

逸らしているな。アベノミクスとは、誰彼に突き上げられた、無責任な国民甘やかし以外の何物でもない。ついて民主の形式の下、実質、震神を態して、哲人独裁する政治家よ、現れ出よ。この時代、ポピュリズム政治家も、ポピュリズム宗教家も要らない!

大選挙で二回も自らの**を実現した

某政党のウソポスター(一々世間が読み変えるのに苦労する)即刻取り去りも、震神様の望むところであろう。同じように関連宗教団体の施設の撤去も!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月20日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月19日 (火)

盗む・殺す・寝取る、

共々、労働極忌避者、には必然性となって、此の星の神の不全、を鏡に見せている、と言っていい!

オブリ―ジュ エ

ノブレス。魂の内容恵まれた者は、然らざる者に、その、存在的義務、を果たし切ってこそ初めて、高貴と言われる。この、超神の格律、を此の星の神以下これより宜しく御願い申し上げます。この時代この社会のように、デスク足上げヤクザ、をそちこちの企業内に跋扈させないために!

阪神・淡路後の小泉改革が、

福田・安倍の軟弱後継によりなし崩しになり、さらに麻生に至って震災前以上の金権復活により、阪神・淡路以上の震災を呼び込むこととなった。今次震災後の、以前の小泉改革対応の、しかしずっと穏健な野田改革も、あっという間に潰しに合うことになり、以前の小泉改革潰しを経過させた、安倍・麻生が総理・副総理を務めるという国政惨状となってしまっている。真の景気回復は経済圏の自由共産化、倫理化(つまり帝国解体、ということだ)によるしかない。それを国内金権・財政赤字の自己責任を取らせることもしない、反震神的軟弱政治に堕してしまっているようでは、阪神・淡路、東日本間のスパンより短いスパンでの、何事三度目の次の大震災の到来は必至であろう。しかしこのような言い立て自体、神への反抗者に無自覚に仕掛けられ居直り国民には殆ど無効で、その意味でも数年内の次の大震災の到来は必至であろう!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月18日 (月)

「失楽園」について。

霊界で神に反抗を企てたルシファ―等の気概の描写から始めて、エデンの園の開闢とルシファ―によるアダムとイヴの誘惑へと記述は進む。現代古生物学によれば、生物は数十億年前のアメ―バから系統進化したことなっており、一方下生副神と思しい大川隆法が、人類発祥が中世代爬虫類と共生の三億数千万年前、非生物進化的なる、この星の神の固有創造と開示したのだった。こうして人類史=文明史はそれ以来、数万年から数十万年単位で、何度となく盛衰を繰り返したことになっている。一方ルシファ―等の造反劇が一億二千万年前のことで現在まで至り着いていることになっている。以上が真実ならば、「失楽園」、は次のように読み変えなければ意味をなさない。先ず、旧約の創世記の記述取り入れた部分は、無機的自然創造、生物創造は、ルシファ―等の造反劇のずっと前のことである。またアダムとイヴの創造とは、神・天上界による新たな原始人からの人類史の立ち上げを意味し、かつその初期状態は決してそこに書かれているような食糧獲得が寡労(少ない労働)で済む状態ではなかったこと、寧ろエデン追放後のような額に汗する労働が必要で原始人一人一人の全体愛の培いとなっていたこと、造反者ルシファ―等の人類へ誘惑とは、一部人間の出来心に火をつけ、歴史社会に階級社会を持ち込ませ、その支配階級に霊的堕落の限りを尽くさせ、一方被支配階級に支配階級への火のような怨恨を燃え上がらせることだったかに思われる。そして皮肉にも唯物論者マルクスがこの近代、此の星の神の意を態して、階級社会的歴史社会の正準の共産歴史社会への革命のリ―ダーシップをとることとなったのである。こうして現代にまで至るユダヤ教徒・キリスト教徒・回教徒、未だに旧約の創世記記述や新約記述の黙示録的終末を鵜呑みにして信じ込んでいる、その部分では全く蒙昧者の集団と論定せざるを得ないのである!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月17日 (日)

慕情。

女にはやはり先ずは到底適わない

内容の持ち主であってしかも女の気持ちが女のように分かる・・・

純粋不発達。

あの世の愚弱者孤独地獄とこの世の精神病院個室収容一生とう、輪廻転生、を繰り返して来た。あの太宰のように、文学的知性も入水能力も発達させることもなく。無論此の星の神など露知らぬ、極限の実存体験を噛み締めつつ!

概念展開論。

一切概念未生以前から、過つ可能性ある神まで、どう順次概念が展開され形成されたのか?

罪(労働強制)と

罰(忌避遊興都市の傷心的破砕)!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月16日 (土)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月15日 (金)

食物の電送は何時か可能になるのか?

今や例えば、映像・音楽等の精神快楽が瞬時に搬送出来るることになっている。役者や歌手が何らかの交通手段で現地に赴いていた時代からである。では精神快楽のみならず、物質快楽=食物、の瞬時の電送は不可能なのか?物体から光子プラズマ体、さらに電磁波、・・・、物体、という変換連鎖により。彼が物質とエネルギーは等価だと言った。因みに物体から霊体、超光速移動、再び物体にという仕方、でUFOの霊宇宙空間経由渡来がされていること、知る人ぞ知るなのである!

非神誰しもが一面で神に向かって

、超神力を喚起して、あの歌、「慕情」、の男女の、男の立場に立てる。超神の、非神の実存体験への通暁という要素において、誰しもが神に優位してしまうからである。アダムとイヴの神への違背心の子細はアダムとイヴが神よりもよく知る!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月14日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月13日 (水)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。然らずんば、帝国は神により地震等で無に帰され、残存非帝国域の歴史の後進的段階から、自由共産世界形成のやり直しがなされるでしょう!

2013年2月12日 (火)

もしかしたら日本史の全歳月を

無化しようとするモチーフがあったかに思える。けれど此の星の主神そして東洋主宰神を崇める民族主宰神=天御中主神、そしてそれを崇める日本霊天上界高天原の八百万の神々が苦労してこれだけのかたちにした、日本史、を無化するわけにはまいるまい!

死んだばっかりの思想家などによって

日本の労働者皆がどこに連れて行かれることになったか?死後の責め苦の直中でよ―く反省せよ!

階級社会に目くじらを立てないのは、

神でも下端神である。主神は共産労働を仕向けてマルクスと共に階級社会を認めない。一方、マルクスと違い交換経済=貨幣経済も仕向け肯定し、自由共産主義者だ!

科学は伝統的智恵の正当性の

近代的確認の手段であれ!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。帝国のおいしい生活を貪る者には、死後に、超おいしくない責め苦が待っている。その生活を主導したこの日本のルシファ―等の手先の思想家は既に死後に報いを受けている。またその者と抱き合わせのコピーライターにも早晩、報いが待っている。彼等の、個人個人の自由で富裕な暮らしの要求は、此の星の神の受け容れるものではない。阪神・淡路も、東日本も彼等の思想的リードにより生起したと言っても過言ではない。この先さらに居直れば、東海あたりが待っている!

2013年2月11日 (月)

自分の目標、それは

各分野のエリートでも、不登校の少年・少女でも、達成が大変なことでは同じだろう。励まし合える!

半端な仕事をして一人前のメシを

食うと恐らく、ブクブク太ってメタボになり果ては死に至ることになっています。まただから半端なメシで済まそうとすると恐らく、体が衰弱してこれも最後には死に至ります。これらを生活習慣を改善することなく薬などを使っ回避しようとすると、(生活習慣は結局改善されまいと判断されて)まったく働かないのとさして変わらず神による一気抹殺、を被ることになります。結局、一人前に仕事をして一人前のメシを食う心懸けが大事になります!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月10日 (日)

神が非神を創造し実存させると、

神が超神でないので、非神一般の内懐に直ぐに不満感を生じさせそれがそれぞれの実存体験となるので、その反照としての神の、自己の喪失感覚ともにある実存体験共々、その体験を根拠にして、私達皆が即、根源的に、超神等価、と評価されることになる。だから、永年、神の下で、諸事低能引きこもりを続けて来た者も、創造当初即そう評価されてそれをその者がいち早く自覚し、魂実存への他の一切の価値評価を嘲笑うことが出来たのである!

弁証法的。

否定を媒介として高次の肯定へ!小林を畏怖させたドストエフスキー、の文学の放棄?

一切の専門家よ、最早神に

向かっての登山ではないのだ。頂上の神と谷底の悪魔の対立の彼岸にある、誰も未だ見ぬ、超神山の頂上、が目指されなければならない!

自分は何時も、赤の時代、だ、

と謳歌する画家よ、仏教者にも、キリスト者や、回教者に近くて、魂、仏教者にして赤らんでいる者も多い。それ等の実存実相の芸術的開示をこそ宜しく頼む!

イジメ対策。

超神・震神信仰の二重信仰を持って対処。震神による掃討後にも、あの世でそのまま反抗的憑依霊として構えられる者もいる筈なので。放校後に、在校生の行き帰りに待ち構える不良のように!

仕切る者に現には反抗せずしかし、

折々、現に反抗している者の存在を持ち出して仕切る者に威張らせない・・・

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月 9日 (土)

優等がちょっと怠けても

平凡程度には中々落ちまい。一方、酷い劣等(狭義、平凡以下ということ)はどんなに頑張っても、中々平凡程度にも達し得まい。然るにこの社会では出した実績に従い所得分配がされ生活水準が決まる下劣な慣わし(怠け者の方が精励者より遥かに生活水準が高いという)が今の今まで継続していて、下生した副神がその下劣さ自体認識出来ずに放置しているのだ!

超優等(超神、・・・)へは、

優等(神、・・・)も、劣等(諸事低能引きこもり、・・・)も、出発点を違えて等距離だ!

都市ならではの諸便益を

工夫して均等に非都市部に押し及ぼし得ねば、都市は不可避的に直下型を呼び込む悪徳地だ。神戸、重慶、仙台、のように。南房総鋸南町、も如何にも不便そうな土地柄よ!

此の星の神の御望み のように、

帝国、を早く止めにしなさい。帝国とは、一国内の、都市部(行政機能・市場機能地)が非都市部(田園地=食糧生産地、岩山地・山野地(鉱物採掘・木材伐採(非食糧物資の基礎)地)を一方的に収奪するという、階級社会国家形態、を多国間に拡大すること、を意味する。日本の、中東の収奪(当地の資本に金銭が落ちても労働者には落ちないから)が典型!

2013年2月 8日 (金)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月 7日 (木)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月 6日 (水)

女子の弱みに付け込んだかの

ような暴力指導が報いを受けたみたいだが、バスケ事件と相俟って鍛錬に全く暴力排除、は偏った主張であろう。此の星の神自体が、労働怠業に暴力も辞さない神なのだから(然るに一方、その怠業者=給料泥棒を横行させて、度々、暴力を振るってばかりなのが現状なのだ)!

尖閣の埋蔵資源を含め、富裕国日本は、

貧困国中国へ向けて低頭御奉仕せよ。然らず知ったことではないと居直っていると、優勢な軍事力による攻撃が返る!

無無即我。

無、以降、の一切の概念が、我が内で、最高度の発達の果てに他の一切の概念と一体化すべく、競い立っている。例えば、神、と低能引きこもりの非神、とが。また、神よ、自分、存在の穴(ケツ)の**、を拭く、紙、になって下さい、という切なる願いとして。 文学の三角関係。聖書・失楽園・給料泥棒日記。 金閣焼亡・金閣寺・当該三面記事。辛いが相互に低頭御奉仕する努力をすれば、超神の愛、が蘇る。 愛の可能最高態(超神)と現実最低態(低能引きこもり非神)。然るに現実最低態に、不可避的に最高に悲惨な実存体験が満ちる、可能最高態において、最高度と言っても、あくまで実体験ではなく想像的に肉薄出来るばかりの。 染み通るような絶対の孤独感、エーゲ海の真珠、のような、そしてそれぞれその時々の、それも、超神、ということだ!

自分のヴァ―チャル・リアルとリアルを

混同することなく、国情への一切の御沙汰をこれからは震神様に御任せ申し上げます。ということで阪神・淡路後の改革潰しで再びの東日本を引き出しながら、さらに居直っている政治家諸士には、震神様のこの後の御意志ばかりは、しっかと御伝え申し上げて置きます!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月 5日 (火)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月 4日 (月)

超神は仕切る神が余りに半端な

此の星では、魂の内容の追求は正(選良)・反(ヤクザ)、発達(選良・ヤクザ)不発達(ひきこもり)、の中道でよい、と言っている!

とんでもないキリスト教の教義。

人生労働を、原始の楽園エデンの園での原罪故の、その後の神による体罰だなどと言っている。現代考古学によれば、歴史の原始がキリスト教の説くような食糧獲得が寡(すく)ない労働で済むことなどなかったし、東洋では伝統的にその食糧獲得の一定の労働が精神的価値(或いは人間愛)の培いとなるものとして尊ばれて来ており、恐らくそれが人生労働の解釈として正当なものなのである。まただからそれを怠る者には仲間からの体罰がちょうど良いということにもなろう。また、本来のその相当の人生労働が一国的に怠られたが故に、一国規模の体罰になった訳なのである!

体罰嫌々(増税嫌々とセットの)の

国情へ向かってもの東日本体罰だって言うの!

帝国とは、

経済圏を拡大(資源・労働者(裏側で市場))その総体の生産の分与分を政治的経済的支配力を背景に自国に片寄せ、一国であっては最早それ以上には出来ない生活水準達成を実現しようとすることである。一国を牛耳る悪徳政治家・経済人が、他国支援を美辞麗句にしての実質の政治・経済支配によって追求して来た!

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。但、地上の懲役もあの世での責め苦も効能のない反抗強い者達をこの地上に潜り込ませてこの地上での反逆をリードさせそのことにより繰り返しされ続けた此の星の神への世界改造の要求、をこの度、此の星の神が初めて呑むことになるかも知れません!

2013年2月 3日 (日)

若い 若い破滅は

やって来た この身半分の溶けるまで

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい!

2013年2月 2日 (土)

お前が探していた

・・・(19:57)

生きているなら

何時かは・・・(19:54)

此の星の神の御望みのように、

帝国、を早く止めにしなさい。例えば日本製造業の低賃金の海外移転は、日本資本を介しての日本労働者による海外労働者の搾取の助長(日本労働者が機械的な解雇にもなるまいから)する、とんでもないさらなる震災引き寄せの愚劣な帝国の拡大以外の何物でもない。また魚類の絶滅危機も、帝国の過剰消費の所産以外の何物でもない!

2013年2月 1日 (金)

徹底的には食糧生産力に余裕が出来たら、

工業拡大による余計なその他の生活物資生産に向かうことなく、それまでの食糧その他の生活物資生産の生産時間を縮減して、余剰時間を社会成員全体での世界認識の学問へと振り替えるべきだった!

この人の方がきっと星を仕切っている神より

余程・・・

建設現場の労働者諸君、

君達その他なくして高層ビルは存在しえないように、この世界は造られてあるぞ(鉱物の所在を初めとして)。そのようにこの世界をした此の星の神は、君達のことを目を細めて喜んでいるぞ。そしてそれを嫌がる不良(その高層ビルに住まう、電卓その他はじきの強欲社長が典型)は君達を見習ってその自分の不良を矯正するんだとも。こうして高層ビルは、一定時間後の破砕必然性(例えば、同時多発テロによる、大地震による)、が自覚されることなく、建設され続ける。 この星の神よ、やっばり、反抗者の主張のように、あんたが全部そんな建設労働をやるか、そんな建設労働が不要なようにこの世界を造り変えるか、どちらかにしたら!

ピアニストとして此のレベルまで

昇ったから、きっと他の専門のそのレベルへの横道やトンネルが見つけられ筈だ。そしてそれを見つけて行って帰って来れば・・・

超神は此の星の神のように、

自分が最高内容として存在して常時最高に自己満足し、一方、最低内容の非神を一方的に存在させ何の手当もせず、常時最高に惨めな思いにする、という、目の前の饅頭を自分ばかり取って食って満足する我儘者ような真似をしない。無論、その我儘者も、それに似たような此の星の神も、その酷い振舞、扱いをされた隣なる者に強く詰られることになるのは必然だった!

此の星の神の御望み のように、

帝国、を早く止めにしなさい!

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »